« 学術先端情報―学術情報誌「CPC Journal」の最新号紹介      | トップページ | 超人の面白映画『おくりびと』 »

2009/02/21

かつおくんリポート続 2009

200902191908000_2新物の千葉産の生かつお。一柵30%引きでゲット。233円。多少硬かったが、味はまあまあ。値段が手頃なのがいい。話はかわるが、2、3日前に鰹削り器(木製)を購入した。つい先日鰹節を久しぶりに食べて味を見直した。で、本格的にやってみょうと考えてのことだが、噺家の誰かもそれらしき物を持ち歩いては、そばなどに鰹節を入れて味を楽しんでいるらしい。鰹の塊を買わなくちゃ。

追記1.千葉産生かつお。一柵、346円。やわらか、味もまあまあ(2009.2.22)
追記2.千葉産生かつお。一柵、344円。まあ。(2009.2.25)
追記3.三重県産生かつお。一柵、580円。こりこりしていて美味。(2009.2.28)200902282040000
追記4〜6.千葉産、三重産生かつお。平均350円前後。こりこり系。値段表示のラベルを紛失したのだ !
追記7.紀州産。生かつお。一柵。大きめ。680円。やわらか。(2009.3.14 )
追記8.勝浦産。生かつお。一柵。小さめ。680円。多少硬め。味はまあまあ。(2009.3.28)200903281343000_2
追記9.鹿児島産。生かつお。一柵。860円が100円引き。味はまあまあ。(2009.4.12)
追記10。紀州産。生かつお。一柵。598円。多少硬い。まあまあ。(2009.4.18)
追記11。鹿児島産。生かつお。一柵。480円。小ぶり。まあまあ。(2009.4.22)
追記12。鹿児島産。生かつお。一柵。480円。まあまあ。(2009.4.23)
追記13。勝浦産。生かつお。一柵。492円。色味ともまあまあ。(2009.4.29)
追記14。千葉産。生かつお。一柵2ヶ入り!。698円。思ったほどではなかった。
追記15。千葉県産。生かつお。一柵。698円が半額。色味とも今年一番。美味。(2009.5.14)
追記16。千葉産。生かつお。皮つき。498円。まあまあ。(2009.5.19)
追記17。千葉産。生かつお。一柵。背。598円。やわらか。美味。(2009.5.25)
追記18。宮城産。生かつお。一柵。背。380円。小振り、鮮度イマイチ。(2009.6.3)
追記19。千葉産。生かつお。一柵。380円。まあ。(2009.6.6)
追記20。千葉産。生かつお。一パックに2つ。580円。小振りだがやわらか。美味。(2009.6.19)
追記21。福島産。生かつお。一柵。皮付。398。美味。
追記22。福島県いわき市中乃作産。いわき駅近くの「スズキ水産」で゙購入。生かつお。一柵。1050円。高いが色艶柔らかさ良く、超美味。(2009.7.4)
追記23。宮城産。生かつお。一柵。380円。最後の一つをゲット。色艶多少悪かったがまあまあ。(2009.7.3)
追記24。千葉産。生かつお。一柵。396円。小振り。高い!(2009.7.5)
追記25。宮城県気仙沼産。生かつお。一柵。485円。小振り。やや高。味多少落ち。
追記26。宮城県産。生かつお。腹。一柵。598円。まあまあ。(2009.7.11)
追記27。宮城県産。生かつお。580円。一柵。まあまあ。(2009.7.13)
追記28。千葉産。生かつお。480円。一柵。まあ。(2009.7.18)
追記29。宮城産。生かつお。380円。1柵。まあまあ。(2009.7.19)
追記30。千葉産。生かつお。880円。四半身。高値。やわらか。(2009.7.25)追記31。千葉県産。生かつお。698円。四半身。皮付き、高値。やわらか。(2009.7.29)
追記32。鹿児島県産。生かつお。489円。四半身。まあまあ(2009.8.5)
追記33。宮城産。生かつお。680円。四半身。まあまあ(2009.8.6)
追記34。宮城産。生かつお。480円。四半身。まあまあ(2009.8.8)
追記35。三陸沖産。生かつお。298円。四半身より小さい。やわらか。(2009.8.9)
追記36。宮城産。生かつお。880円。四半身。やわらかだが超高い。(09.8.13)
追記37。宮城産。生かつお。590円。四半身。皮付き。タイムサービスで1180円(超高 ! )の半値。やわらか。食べきれず。(09.8.26)
追記38。宮城産。生かつお。200円。四半身。皮付き。やや小振り。タイムサービスで480円が200円に。やわらか。まあまあの味。(09.8.29)


« 学術先端情報―学術情報誌「CPC Journal」の最新号紹介      | トップページ | 超人の面白映画『おくりびと』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かつおくんリポート続 2009:

« 学術先端情報―学術情報誌「CPC Journal」の最新号紹介      | トップページ | 超人の面白映画『おくりびと』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31