« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009/01/31

超人のジャーナリスト・アイ 103 最新の面白新聞記事をピックアップ

 このところ昨年秋のリーマンショック以降急激な業績悪化で大企業の人員削減が新聞を賑わしている。トヨタ、ソニーに続き、今度は日立が7,000人、NECが20,000人削減の見出しだ。非正規雇用人員の失業が3月には12万人以上に達するとみられている中での発表である。特に大手自動車、電機メーカーなどが凄い。アメリカ、ヨーロッパ、ロシアをはじめ、中国やオーストラリアなどグローバル的で、それらの地域への輸出が振るわず円高が進んでいるのだ。日本経済においては致命的だ。活性化の糸口は政府がいち早く現状を直視し抜本的な政策を打ち出すことだ。製造業など産業構造が一大転換を迫られているのだ。百貨店は軒並み売り上げダウン、業界再編の動きが活発化しているし、テレビ局も広告収入などの減収でここでも存立の危機感を募らせている。

 そんな中小国アイスランドで動きがあった。以下はアメリカのCNN電子版が伝えた最新のニュース。月曜日にグリムソン大統領がオルデ首相率いる与党連立政権の辞職を受理、事実上崩壊した。2008年10月の金融破綻に陥ってから3ヶ月、先週土曜日の一般市民の大規模な抗議デモを受けた形だ。目下与党連立の社会民主党と独立党の間で今後の新政権樹立に向けて話し合いが続いているが、そこで後任の首相として浮上しているのがヨハンナ・シグルザルスドッティル社会問題相。彼女は同性愛者を公表、首相になれば女性初かつ世界初の同性愛者の首相誕生となる。客室乗務員時代に労働組合体験、議員歴は30年に及ぶ。パートナーは54才の女性で作家・脚本家だ。

 毎日新聞1月25日付書評欄で評者帳競氏が佐伯順子著『「愛」と「性」の文化史』の書評冒頭で、アメリカのサンディエゴ在住の22才の女性が、大学院の授業料を払うために、インターネットで自分の貞操をオークションにかけたら、入札金が370万ドルに達したという話。オーストラリア人が落札中とは他の新聞で読んだ。スタイルもいいらしい。勇気ある行動と言うべきかは筆者には分からない。この評者いわく。「愛」と「性」は、観念としてもまた社会的事実としても時代とともに大きく変化する。いつの時代の「愛」と「性」について語っているのか、常に最新の注意を払わなければならない、と。

 また、「日刊ゲンダイ」2009年1月31日号。作家の並木伸一郎氏のコラム「平成の新都市伝説」では、去年アフリカのコンゴの首都キンシャサで男のペニスを盗む呪術師が現れて街中がパニックになった話を取り上げていた。この記事によると、噂の火種は地元のラジオ局で「金の指輪をはめてバスに乗っている人物に要注意」という情報が次第にエスカレート、呪術師と疑われたバスの乗客へのリンチが相次ぐ惨事に発展したらしい。警察は呪術師と目された人たちを逮捕、被害にあった男性は「呪術師が触れると、ペニスが消えたり、縮んだりした」と訴えたという。この珍妙な事件の真相は、実は「ペニス・パニック」という集団ヒステリー現象で、「コロ(KORO)/性器収縮症候群)」によって起こされるという。ペニスが体の中に吸い込まれるような幻覚症状で、アフリカでは今もこれが魔法や呪術師の仕業と信じられているらしい。被害者には警察は、「自宅でじっくり確かめるように」と指導している。可笑しい―。

2009/01/28

超人のジャーナリスト・アイ 102 アメリカの著名な作家ジョン・アップダイクの死

アメリカの著名な作家ジョン・アップダイクが肺ガンのため亡くなったとCNN電子版が今朝のニュースで伝えた。享年76才。『走れウサギ』『帰ってきたウサギ』『金持ちになったウサギ』などのrabit seriesをはじめ、最近の『テロリスト』まで多作の作家だ。
ハーヴァード大学卒業後、雑誌『ニューヨーカー』誌のスタッフライターになり、「街の話題 」などを担当。『ケンタウロス』(1964年)で全米図書賞、ピューリッツアー賞2回受賞。短編、詩、エッセイなどを書き、都会的で洗練された作風が魅力的とか。
筆者は『ニューヨーカー』の書評欄でジョン・アップダイクの知的な文章を読んだことがあるが、今までそんなに関心を払ってこなかった作家だ。この機会に少し彼の作品を読んでみたい。

ジョン・アップダイクの著作を新潮文庫でと思って書店に出向くもほとんど絶版になっていた。今は白水社から出ているらしい。初期作品の『ケンタウロス』(新装復刊 白水社 2001)とペーパーバック版『RABIT, RUN』を手に入れて、訳者解説と著者あとがきを読んだ。ジェームス・ジョスか。

2009/01/24

Journalist's eye No.101: Chojin's comment on Barack Obama, a new American President

Dear Ms.Sarry,

How's goin' ? I'm here in my library.
Now, please read my short comment on Mr. Barack Obama, a new American President as follows.
 Mr. Barack Obama, a new American President, is fond of emailing on mobile phone, I hear. He has got a special mobile phone with a cipher, which costs ca 300,000 yen, CNN and other TV reported. To be ridiculous, its name is “Barackberry” mixed blackberry and Barack of Barack Obama. He is younger to have an up-to-date communication tool.
 Well, Barack Obama's historical address seems to be welcomed here in Japan .His address has no phrase of “CHANGE”, but American traditional way of thinking and behavior, called “working hard” and “honest John”. Well, he seemingly tells American citizens back to their good old days based on esthetical standard as long as I read his inaugural speech. There, I'll point out, America has had sudden economic crash which originated from so-called subprime loan of housing and money game. Saving is virtue and economical life is better, you know. Anyway, America is a great consumer as well as a great producer in the world.That's why Japan(see Toyota now), China(see recent great number of business bankruptcies) and other Asian countries have much difficulties without being perspective. Changing paradigm in economic field, America will recover no matter how long it may be, I hope.
 By the way, the newspapers said that Obama’s masksE1232432963012_1_s
made in Japanese company were sold out and there’s a lot of demand for them, so manufacturing has fallen behind. Today’s news tells that Mr. Barack Obama, a new American President, took the oath of office again before a judge because of following his wrong order without going public. In the first press meeting that made it an object of attack.
Besides,in an evening newpaper here in Japan, I found out the article that a famed Japanese novelist who wrote some stories on religion wondered why a certain Japanese newspaper did not put the important last phrase of “God bless you.God bless you.God bless America.” into Japanese in Obama's inaugural address.
What did you think of it ?
Take it easy.
 .
Yours,
Chojin

Img168


P.S

Obama's mask
cool if you wear,
hot if you walk.

Obama's mask
trash if you throw,
harm if you burn.

masked
masked
Ms.Sarry's mask !

(giggling)

オバマのマスク
被ればクール
歩けばホット

オバマのマスク
投げればごみ
燃やせば害

変身
変身だ

サリーさんのマスクに

(笑)

In addtion to Mr.Obama's email, TV reported last night that email service was not reopened yet because it had troubles.
wrote:Jan.28,2009

2009/01/23

超人の面白ラーメン紀行 107 新座市『ぜんや』

超人の面白ラーメン紀行  105
超人の面白ラーメン紀行  105
以前から一度は訪ねてみたかったラーメン店は、JR武蔵野線新座駅から徒歩7分、小学校の脇にあった。昨日とは打って変わって気温15℃はある好天気の昼下がり、15人が店の前で行列を作った。勿論筆者もその一人だ。20分近く待って中へ通されたのだ。カウンター席8人の、人の好さそうな店主と優しい奥さんが切り盛りしている、個人まわりしたラーメン店である。店の名前はなんと『ぜんや』(夫婦善哉から取ったのかは分からないが)。評判のぜんやラーメン(700円)を食した。この塩ラーメンのスープは絶品に近い。老鶏と昆布(と雑誌には書いてあった)、野菜も煮込んでできた透明感のあるあっさり味だが、見事に口の中で調和して甘み成分を充分に引き出している。何か身体に効くのかなと勘違いするほどなめらか、まろやか―。チャーシューも量は少なめだが美味。麺は玉子太麺ストレート系で硬さもちょうど良い、しこしこ感がある。塩も中国の福塩を使用しているとか。1日100食限定。
メニューはラーメン(700円)、チャーシューラーメン(900円)、メンマラーメン(850円)、餃子5個(370円)など。正統派ラーメンの典型的な店。パンチがほしい人には物足りないかも。営業時間は午前11時半〜午後4時頃。火水定休日。
『ぜんや』1.スープ★★★2.麺★★☆3.トッピング★★4.接客・雰囲気★★★5.価格★★☆


2009/01/22

超人の面白ラーメン紀行 106 津田沼『必勝軒』

超人面白ラーメン紀行 106
JR津田沼駅から徒歩5分、習志野郵便局近くにある『必勝軒』。昨日バスの中からこんなところにラーメン屋さんがある、おいしいのかなと思っていた。今日の昼は昨日食べた『無限大』の津田沼店に行ってみようと考えていたら、携帯で西永福『大勝軒』で修行を積んだ『必勝軒』が人気だと書いてあったので変更してそこを訪ねた。行き過ぎて戻って場所を見つけると、何と昨日バスの中から見た小豆色の暖簾、アッチャー、おバカである。
冷たい雨の中にもかかわらず、行列ができていた。6人。日替わりでスープの味が変わるらしく、木曜日の今日は濃厚魚介と入口にはメッセージが書かれていた。7分位経ってカウンター席に座った。筆者は16席のほぼ中央だったが、2つ隣の中年男性は、常連なのかラーメンの前にビールの小瓶を注文していた。こんな寒い日にだ!
ラーメン(750円)は2玉入り260g、スープは溢れるくらいたっぷり、メンマと玉子半分がトッピングのシンプルなラーメンだ。普通のラーメン店では大盛りに属する一品に違いない。しかし、この濃厚魚介スープは大分あとまで尾を引いたのだ。胃には強烈過ぎたのかもしれない。西永福の『大勝軒』で食べたことがある読者諸兄なら分かると思うが、いろいろと類似点が多いようだ。鰹出汁や麺やトッピングと。麺はこちらの方が硬いか。店主の客の目線での接客態度には頭が下がるほど。明るく振る舞っていて好感が持てる。
ところで、店主と客との会話で面白かったのは、後から入ってきた活発そうな女性と店の特典についての会話。その女性は友人をこの店に誘ったが特典がないとねと言われたらしく店主にそのことを告げた。すると店主いわく、サービス券では安っぽくなるし、店に来て言って頂ければチャーシュー一枚乗せるくらいはできるよ、と粋な計らいで切り返しをしたのだ。と活発な女性も応酬。ネットにイケメン店主のラーメン店と書いておくからね、だって。これが可笑しかった―。メニューはチャーシューラーメン(1100円)、もりチャーシュー(1050円)等。営業時間11時30分〜14時、18時30分〜21時。水曜日11時30分〜15時。土日祝日10時〜14時。いずれもスープなくなり次第閉店。不定休。
『必勝軒』1.スープ★★☆2.麺★★3.トッピング★☆4.接客・雰囲気★★★5.価格★★★

超人の面白ラーメン紀行 105 千葉市『無限大西千葉店』

超人の面白ラーメン紀行  105
千葉県JR西千葉駅そばのラーメン店『無限大』(茨城大勝軒グループ)。最近できたカウンター席10席のラーメン店だ。メニューは豚骨系醤油、味噌、塩ラーメン(各700円)がメインメニュー。醤油ラーメン(700円)のチケットを券売機で購入していると、店の人が背脂、スープ、麺、もやしの量が増加できると声をかけてきた。とりあえずスープ多めでと筆者。飛び込みで入ったせいか、正直言って期待していなかったが、醤油ラーメンの豚骨スープの味はまろやかで美味。オプションの豚バラ(4枚)もやわらか、太麺も食べ応えがあった。しかしだ、ここのラーメンの特徴はあのラーメン二郎も顔負けだろう、1.2倍、2倍、3倍、4倍と4段階のもやしの大盛トッピングがあるから驚きだ。確かサービス! カウンター席中央の学生さんが3倍のを頼んでいて、それを見た筆者はえーえっ!と思わず息を切らしてしまったほどだ。どんぶりのなかに塔を造っているのだ、
崩れやしないかこちらがハラハラしたのだ。でも、筆者より早く完食していた。この辺は千葉大学、千葉経済大他高校もあって、ちょっとした学生街だから当然客にも学生が多い。だからこういう大盛が受けるのだ。
『無限大西千葉店』1.スープ★★☆2.麺★★3.トッピング★★4.接客・雰囲気★☆5.価格★★

2009/01/21

超人のジャーナリスト・アイ 100 第44代アメリカ大統領オバマ氏の就任演説

My fellow citizens:

 I stand here today humbled by the task before us, grateful for the trust you have bestowed, mindful of the sacrifices borne by our ancestors. I thank President Bush for his service to our nation, as well as the generosity and cooperation he has shown throughout this transition.

 Forty-four Americans have now taken the presidential oath. The words have been spoken during rising tides of prosperity and the still waters of peace. Yet, every so often, the oath is taken amidst gathering clouds and raging storms. At these moments, America has carried on not simply because of the skill or vision of those in high office, but because We the People have remained faithful to the ideals of our forebearers, and true to our founding documents.

 So it has been. So it must be with this generation of Americans.

 That we are in the midst of crisis is now well understood. Our nation is at war, against a far-reaching network of violence and hatred. Our economy is badly weakened, a consequence of greed and irresponsibility on the part of some, but also our collective failure to make hard choices and prepare the nation for a new age. Homes have been lost; jobs shed; businesses shuttered. Our health care is too costly; our schools fail too many; and each day brings further evidence that the ways we use energy strengthen our adversaries and threaten our planet.

 These are the indicators of crisis, subject to data and statistics. Less measurable but no less profound is a sapping of confidence across our land -- a nagging fear that America's decline is inevitable, and that the next generation must lower its sights.

 Today I say to you that the challenges we face are real. They are serious and they are many. They will not be met easily or in a short span of time. But know this, America: They will be met.

 On this day, we gather because we have chosen hope over fear, unity of purpose over conflict and discord.

 On this day, we come to proclaim an end to the petty grievances and false promises, the recriminations and worn-out dogmas, that for far too long have strangled our politics.

 We remain a young nation, but in the words of Scripture, the time has come to set aside childish things. The time has come to reaffirm our enduring spirit; to choose our better history; to carry forward that precious gift, that noble idea, passed on from generation to generation: the God-given promise that all are equal, all are free, and all deserve a chance to pursue their full measure of happiness.

 In reaffirming the greatness of our nation, we understand that greatness is never a given. It must be earned. Our journey has never been one of shortcuts or settling for less. It has not been the path for the fainthearted -- for those who prefer leisure over work, or seek only the pleasures of riches and fame. Rather, it has been the risk-takers, the doers, the makers of things -- some celebrated, but more often men and women obscure in their labor -- who have carried us up the long, rugged path toward prosperity and freedom.

 For us, they packed up their few worldly possessions and traveled across oceans in search of a new life.

 For us, they toiled in sweatshops and settled the West; endured the lash of the whip and plowed the hard earth.

 For us, they fought and died, in places like Concord and Gettysburg; Normandy and Khe Sahn.

 Time and again, these men and women struggled and sacrificed and worked till their hands were raw so that we might live a better life. They saw America as bigger than the sum of our individual ambitions; greater than all the differences of birth or wealth or faction.

 This is the journey we continue today. We remain the most prosperous, powerful nation on Earth. Our workers are no less productive than when this crisis began. Our minds are no less inventive, our goods and services no less needed than they were last week or last month or last year. Our capacity remains undiminished. But our time of standing pat, of protecting narrow interests and putting off unpleasant decisions -- that time has surely passed. Starting today, we must pick ourselves up, dust ourselves off, and begin again the work of remaking America.

 For everywhere we look, there is work to be done. The state of the economy calls for action, bold and swift, and we will act -- not only to create new jobs, but to lay a new foundation for growth. We will build the roads and bridges, the electric grids and digital lines that feed our commerce and bind us together. We will restore science to its rightful place, and wield technology's wonders to raise health care's quality and lower its cost. We will harness the sun and the winds and the soil to fuel our cars and run our factories. And we will transform our schools and colleges and universities to meet the demands of a new age. All this we can do. And all this we will do.

 Now, there are some who question the scale of our ambitions -- who suggest that our system cannot tolerate too many big plans. Their memories are short. For they have forgotten what this country has already done; what free men and women can achieve when imagination is joined to common purpose, and necessity to courage.

 What the cynics fail to understand is that the ground has shifted beneath them -- that the stale political arguments that have consumed us for so long no longer apply. The question we ask today is not whether our government is too big or too small, but whether it works -- whether it helps families find jobs at a decent wage, care they can afford, a retirement that is dignified. Where the answer is yes, we intend to move forward. Where the answer is no, programs will end. And those of us who manage the public's dollars will be held to account -- to spend wisely, reform bad habits, and do our business in the light of day -- because only then can we restore the vital trust between a people and their government.

 Nor is the question before us whether the market is a force for good or ill. Its power to generate wealth and expand freedom is unmatched, but this crisis has reminded us that without a watchful eye, the market can spin out of control -- and that a nation cannot prosper long when it favors only the prosperous. The success of our economy has always depended not just on the size of our gross domestic product, but on the reach of our prosperity; on our ability to extend opportunity to every willing heart -- not out of charity, but because it is the surest route to our common good.

 As for our common defense, we reject as false the choice between our safety and our ideals. Our Founding Fathers, faced with perils we can scarcely imagine, drafted a charter to assure the rule of law and the rights of man, a charter expanded by the blood of generations. Those ideals still light the world, and we will not give them up for expedience's sake. And so to all other peoples and governments who are watching today, from the grandest capitals to the small village where my father was born: Know that America is a friend of each nation and every man, woman and child who seeks a future of peace and dignity, and that we are ready to lead once more.

 Recall that earlier generations faced down fascism and communism not just with missiles and tanks, but with sturdy alliances and enduring convictions. They understood that our power alone cannot protect us, nor does it entitle us to do as we please. Instead, they knew that our power grows through its prudent use; our security emanates from the justness of our cause, the force of our example, the tempering qualities of humility and restraint.

We are the keepers of this legacy. Guided by these principles once more, we can meet those new threats that demand even greater effort -- even greater cooperation and understanding between nations. We will begin to responsibly leave Iraq to its people, and forge a hard-earned peace in Afghanistan. With old friends and former foes, we will work tirelessly to lessen the nuclear threat, and roll back the specter of a warming planet. We will not apologize for our way of life, nor will we waver in its defense, and for those who seek to advance their aims by inducing terror and slaughtering innocents, we say to you now that our spirit is stronger and cannot be broken; you cannot outlast us, and we will defeat you.

 For we know that our patchwork heritage is a strength, not a weakness. We are a nation of Christians and Muslims, Jews and Hindus -- and nonbelievers. We are shaped by every language and culture, drawn from every end of this Earth; and because we have tasted the bitter swill of civil war and segregation, and emerged from that dark chapter stronger and more united, we cannot help but believe that the old hatreds shall someday pass; that the lines of tribe shall soon dissolve; that as the world grows smaller, our common humanity shall reveal itself; and that America must play its role in ushering in a new era of peace.

 To the Muslim world, we seek a new way forward, based on mutual interest and mutual respect. To those leaders around the globe who seek to sow conflict, or blame their society's ills on the West: Know that your people will judge you on what you can build, not what you destroy. To those who cling to power through corruption and deceit and the silencing of dissent, know that you are on the wrong side of history; but that we will extend a hand if you are willing to unclench your fist.

 To the people of poor nations, we pledge to work alongside you to make your farms flourish and let clean waters flow; to nourish starved bodies and feed hungry minds. And to those nations like ours that enjoy relative plenty, we say we can no longer afford indifference to suffering outside our borders; nor can we consume the world's resources without regard to effect.

 For the world has changed, and we must change with it.

 As we consider the road that unfolds before us, we remember with humble gratitude those brave Americans who, at this very hour, patrol far-off deserts and distant mountains. They have something to tell us today, just as the fallen heroes who lie in Arlington whisper through the ages. We honor them not only because they are guardians of our liberty, but because they embody the spirit of service; a willingness to find meaning in something greater than themselves. And yet, at this moment -- a moment that will define a generation -- it is precisely this spirit that must inhabit us all.
 For as much as government can do and must do, it is ultimately the faith and determination of the American people upon which this nation relies. It is the kindness to take in a stranger when the levees break, the selflessness of workers who would rather cut their hours than see a friend lose their job which sees us through our darkest hours. It is the firefighter's courage to storm a stairway filled with smoke, but also a parent's willingness to nurture a child, that finally decides our fate.

 Our challenges may be new. The instruments with which we meet them may be new. But those values upon which our success depends -- hard work and honesty, courage and fair play, tolerance and curiosity, loyalty and patriotism -- these things are old. These things are true. They have been the quiet force of progress throughout our history. What is demanded then is a return to these truths. What is required of us now is a new era of responsibility -- a recognition, on the part of every American, that we have duties to ourselves, our nation and the world; duties that we do not grudgingly accept but rather seize gladly, firm in the knowledge that there is nothing so satisfying to the spirit, so defining of our character, than giving our all to a difficult task.

 This is the price and the promise of citizenship.

 This is the source of our confidence -- the knowledge that God calls on us to shape an uncertain destiny.

 This is the meaning of our liberty and our creed -- why men and women and children of every race and every faith can join in celebration across this magnificent Mall, and why a man whose father less than 60 years ago might not have been served at a local restaurant can now stand before you to take a most sacred oath.

 So let us mark this day with remembrance, of who we are and how far we have traveled. In the year of America's birth, in the coldest of months, a small band of patriots huddled by dying campfires on the shores of an icy river. The capital was abandoned. The enemy was advancing. The snow was stained with blood. At a moment when the outcome of our revolution was most in doubt, the father of our nation ordered these words be read to the people:

 "Let it be told to the future world ... that in the depth of winter, when nothing but hope and virtue could survive... that the city and the country, alarmed at one common danger, came forth to meet [it]."

 America. In the face of our common dangers, in this winter of our hardship, let us remember these timeless words. With hope and virtue, let us brave once more the icy currents, and endure what storms may come. Let it be said by our children's children that when we were tested, we refused to let this journey end, that we did not turn back, nor did we falter; and with eyes fixed on the horizon and God's grace upon us, we carried forth that great gift of freedom and delivered it safely to future generations.


 国民の皆さん

 私は今日、厳粛な思いで任務を前にし、皆さんの信頼に感謝し、我々の祖先が払った犠牲を心にとめて、この場に立っている。ブッシュ大統領が我が国に果たした貢献と、政権移行期間に示してくれた寛容さと協力に感謝する。

 これまで、44人の米国人が大統領としての宣誓を行った。その言葉は、繁栄の波と平和の安定の時期に語られることもあったが、暗雲がたれ込め、嵐が吹きすさぶただ中で行われた宣誓もあった。こうした試練の時に米国が前進を続けられたのは、政府高官の技量と展望だけでなく、「我ら(合衆国の)人民」が、先達の理想と、建国の文書に忠実でありつづけたためでもある。

 それが我々の伝統だった。我々の世代にとっても、そうありつづける。

 だれもが知る通り、我々は重大な危機にある。わが国は(イラクやアフガニスタンで)戦争状況にあり、敵は憎悪と暴力のネットワークを持っている。経済状況も悪く、その原因は一部の人々の貪欲(どんよく)さと無責任さにあるものの、我々は困難な選択を避け、次世代への準備にも失敗している。

 多くの人々が家を職を失い、企業も倒産した。健康保険制度もカネがかかりすぎ、多くの学校(制度)も失敗した。毎日のように、我々のエネルギーの使い方が敵を強め、地球を危険に陥れている証拠も挙がっている。

 これがデータや統計が示した危機だ。全米で自信が失われ、アメリカの没落は必然で、次の世代は多くを望めない、という恐れがまん延している。

 今日、私は我々が直面している試練は現実のものだ、と言いたい。試練は数多く、そして深刻なものだ。短期間では解決できない。だが知るべきなのはアメリカはいつか克服するということだ。

 この日に我々が集ったのは、恐れではなく、希望を選んだためで、争いの代わりに団結を選んだからだ。

 この日、我々は実行されない約束やささいな不満を終わらせ、これまで使い果たされ、そして政治を長いこと混乱させてきた独断などをやめる。それを宣言するためにやって来た。

 我々はいまだ若い国家だ。だが、聖書の言葉を借りれば「幼子らしいこと」をやめる時が来た。我々が、不朽の精神を再確認する時がきた。より良い歴史を選ぶことを再確認し、世代から世代へと受け継がれた高貴な理想と貴重な贈り物を引き継ぐ時が来た。それはすべての人々は平等、自由で最大限の幸福を追求する価値があるという、神の約束である。(2につづく)

我が国の偉大さを再確認する時、我々は偉大さが決して与えられたものでないことを理解する。自分で手に入れなければならないのだ。我々のこれまでの旅は、近道では決してなかったし、安易に流れるものでもなかった。それは心の弱い、仕事より遊びを好み、富と名声からの喜びのみを求める人々の道でもなかった。むしろ、リスクを選ぶ人、実行の人、創造の人の道だ。恵まれた人の場合もあるが、多くはその仕事については知られず、長く困難な道のりを歩み、我々を繁栄と自由へと運んでくれた人々だ。

 我々のために、彼らは、ないに等しい荷物をまとめ、海を渡って新しい生活を探した人々だ。

 我々のために、彼らは額に汗して働き、西部に住み着き、鞭(むち)打ちに耐え、硬い土地を耕してきた人々だ。

 我々のために、彼らは(米独立戦争の戦場の)コンコードや(南北戦争の)ゲティズバーグ、(第二次世界大戦の)ノルマンディーや(ベトナムの)ケサンで戦い、死んだ人々だ。

 歴史の中で繰り返しこうした男女がもがき、犠牲を払い、我々がよりよい生活を送れるように苦労してきた。彼らは、米国が我々の個人的な希望の集大成よりも大きい存在だと思っていた。生まれや富、党派の違いより偉大だと思っていたのだ。

 この旅を今日、我々は続けている。我々は今でも地上で最も繁栄し強力な国だ。我々の労働者は今回の危機が始まった時と同様、生産性は高い。発明心に富み、商品やサービスは先週、先月、昨年と同様に求められている。

 我々の能力は落ちていない。だが、過去に固執し、狭い利益しか守らず、面倒な決定は後回しにする時代は終わった。今日からは、我々は立ち上がり、ほこりを払い、アメリカ再建の仕事に取りかからねばならない。

 どこを見回してもすべき仕事がある。経済状況は、大胆で迅速な行動を求めている。我々は新しい職場の創造だけでなく、成長のため新しい基盤を作らねばならない。

 我々は道路や橋、電線やデジタル通信網をつくり、我々の商業を支え、我々の結びつきを強めなければならない。我々は科学を本来あるべき場所に引き戻し、技術を活用し医療の質を引き上げると共にコストを下げる。

 太陽、風や土壌を使って我々の自動車の燃料とし、工場を動かす。我々の学校や単科大、大学を新たな時代の要請にあわせるようにする。これらすべてが我々には可能だ。これらすべてを我々は実行するのだ。

 我々の志の大きさに疑問をはさむ人もいる。我々のシステムでは大きすぎる計画は達成できないという人々だ。彼らは覚えていないのだ。彼らはすでにこの国が成し遂げたことを忘れているのだ。想像力が共通の目的に出会った時、必要が勇気と出会った時、自由な男女に達成できることを忘れているのだ。

 皮肉屋が理解できないのは、彼らの下で大地が動いたということだ。我々を余りに長期間、消耗させた使い古しの政治論議はもはや適用されない。今日、我々が問うのは、政府が大きすぎるか小さすぎるかではなく、機能しているかどうかだ。家庭が人並みの収入を得られるよう仕事を見つけ、威厳をもって引退できるよう助けているかどうかだ。

 答えが「イエス」の施策は継続する。「ノー」の施策は廃止する。公金を預かる我々は、説明責任を果たさなければならない。適切に支出し、悪い習慣を改め、誰からも見えるように業務を行う。それによって初めて、国民と政府の間の重要な信頼を回復できる。

 市場が正しいか悪いかも、我々にとっての問題ではない。富を生み出し、自由を拡大する市場の力は比肩するものがない。だが、今回の金融危機は、注意深い監視がなされなければ、市場は制御不能になり、豊かな者のみを優遇する国は長く繁栄することはできないことを我々に気付かせた。

 我々の経済の成功は国内総生産の規模だけでなく、繁栄が享受される範囲や、望む人すべてに機会を広げる能力にかかってきた。慈善としてではなく、公共の利益に通じる最も確実な道としてだ。

 我々の防衛一般に関しては、我々の理想と安全のどちらかを選ぶという間違った考えを拒絶する。建国の父らは、想像もできないような危険に直面しながら、法の支配と人権を確約する憲章を起草し、それは何世代もの血で拡大されてきた。これらの理想はいまだに世界を照らし、我々は方便のためにこれらをあきらめることはない。

 だから、我々を今見ている他の民族や政府に対して言いたい。巨大な都市から、私の父が生まれたような最も小さな村まで、米国は平和で尊厳ある将来を求めるすべての国々とすべての男女、そして子どもの友人であり、もう一度、指導力を発揮する用意があることを知ってほしい、と。

 先人がミサイルや戦車を使うのみならず、信念と確固たる同盟をもってファシズムや共産主義に勇敢に立ち向かったことを思い出そう。先人は軍事力だけが我々を守るのではないことや、またそれを好き勝手に使えないことを知っていた。

 代わりに、彼らは慎重にそれを使うことで力が増し、安全は目的の正しさや、他国の手本となる振る舞い、謙虚さや自制心から発することを知っていた。

 我々はこの遺産を引き継ぐ。これらの原理に再び導かれ、解決により一層の努力が求められる新しい脅威に対抗できる。我々は責任を持ってイラクから撤退し始め、イラク人に国を任せる。そしてアフガンでの平和を取り戻す。古くからの友人とかつての敵と共に、核の脅威を減らすために絶えず努力し、さらに地球の温暖化とも戦う。

 我々の生き方について言い訳はしないし、それを断固として守る。無実な人々を殺したり、脅迫で自己の目的の実現を図る者に対し、告げる。我々の意思の方が強く、我々の意思を曲げることはできない。我々の方が長く生き、そして打ち負かす。

 我々の多様な出自は強みであり、弱みではない。キリスト教徒、イスラム教徒、ユダヤ教徒、ヒンズー教徒、そして無宗教者の国だ。地球上の津々浦々から来たあらゆる言語と文化で形作られている。内戦(南北戦争)や人種差別という苦い経験もしたが、その暗い時代をへて、我々はより強くなり、きずなも深くなった。かつての憎しみはいずれ消え、我々を分け隔てた壁はいずれ消える。世界が小さくなるにつれ、我々が共通に持つ人類愛が出現する。そしてアメリカは平和の時代をもたらす役割を果たさねばならない。

 イスラム世界との関係では、互いの利益と互いの敬意を基本として共に歩む方法を探す。対立をあおったり、国内の社会問題が生じた責任を西側世界に押しつけようとする指導者たちよ、何を壊すかでなく、何を築けるかで、国民に評価されることを知るべきだ。

 腐敗、策略、口封じで権力にしがみつく指導者たちは、大きな歴史の過ちを犯していることを知るべきだ。しかし、その握りこぶしをほどくならば、我々も手を差し伸べる。

 貧しい国々の人々には、我々が一緒に汗を流すことを約束する。農地が豊かになり、きれいな水が流れるようにし、空腹を満たすとともに、飢えた心も満たす。そして我々のように比較的豊かな国々は、国外での苦しみに無関心でいたり、影響を気にとめずに、地球の資源を浪費はできない。世界は既に変革しており、我々もそれに合わせて変わらなければならない。

 我々は進む道を熟慮しながらも、今まさに、遠く離れた砂漠や山々で警戒に当たる勇敢なアメリカ人たちへ謙虚に、そして感謝の念を持ち、思いをはせる。彼らは今日、我々に教訓を与えてくれる。アーリントン国立墓地に眠る英雄たちと同じように。彼らが自由の守護者だからだけでなく、彼らは奉仕の精神を体現し、自分たち自身よりも偉大なものが存在し、それに意味を見いだす人たちだからこそ、たたえる。そして、この歴史的な瞬間に、まさにこの精神を我々がみな共有しなければいけない。

 政府の能力や義務は、究極的には米国民の信念と決意が決定する。それは、堤防が決壊した時に見知らぬ人をも招き入れる親切や、友人が仕事を失うことになるよりも、自分の労働時間を削ってでも仕事を分け合おうという労働者たちの無私無欲のおかげで、最も暗い時を切り抜けることができる。煙に満ちた階段を駆け上がる消防士の勇気や、子どもを育てる親たちの意志が、最終的に我々の運命を決定付ける。
我々の試練は新しいのかもしれない。それに立ち向かうための道具も、新しいかもしれない。我々が成功するかどうかは、労働と誠実さ、勇気、フェアプレー、忍耐、好奇心、忠誠心や愛国心にかかっている。古くから言われていることだ。だが、真実だ。それは歴史を進歩させた静かな力だった。今求められているのは、こうした真理への回帰だ。責任を果たすべき新たな時代だ。我々米国人一人ひとりが、自分自身や国家や世界に義務を負っていることを認識し、こうした義務を嫌々ではなく、喜んで受け入れることだ。私たちにとって、困難な仕事に全力で立ち向かうことほど、自らの性格を定義し、精神をみたすものはない。

 これが市民であることの代償と約束だ。これが私たちの自信の源泉だ。神が未知の運命を自らの手で形作るよう、我々に求めたものだ。

 なぜ男性も女性も子供たちも、どのような人種、宗教の人々も、こうして就任式に集まることができるのか。なぜ約60年前なら地元のレストランで給仕されなかった可能性のある男の息子が、こうして皆さんの前で宣誓式に臨むことができるのか。これこそが、我々の自由、我々の信条の意味なのだ。

 我々が誰なのか、我々がどれほど遠くまで旅してきたか。今日という日を、それを記憶に刻む日にしよう。

 アメリカ建国の年、最も寒かった時、愛国者たちは氷で覆われた川岸で、たき火のそばに寄り添い合った。首都は見捨てられ、敵は進軍し、雪は血で染まった。独立革命が本当に実現するか不確かな時、建国の父たちは、この言葉をきちんと読むよう求めたのだ。

 「未来の世界に語られるようにしよう。厳寒の中で希望と美徳だけが生き残った時、共通の脅威にさらされた国や地方が前に進み、それに立ち向かうと」。

 アメリカよ。共通の脅威に直面した非常に困難なこの冬に、これら永遠の言葉を忘れないでいよう。希望と美徳をもって、この氷のような冷たい流れに勇敢に立ち向かおう。そしてどんな嵐が来ようとも耐えよう。

 将来、我々の子孫に言われるようにしよう。試練にさらされた時に我々は旅を終わらせることを拒み、たじろぐことも後戻りすることもしなかったということを。我々は地平線と注がれる神の愛を見つめ、自由という偉大な贈り物を前に送り出し、それを次世代に無事に届けたのだ、ということを。<毎日新聞より>


2009/01/19

超人の面白読書 50 水村美苗著『日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で』

Img026 文芸雑誌「新潮」8月号に特別評論として掲載されてから3ヶ月近く経った10月下旬に、『日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で』が、第4章から第7章を書き下ろして単行本として筑摩書房から出版された。すでに話題づくりは出来ていて、案の定アマゾンドットコムではこのところ売り上げ第1位だったらしい。また、ネット上での書評も賛否両論があって賑やかだ。朝日新聞の文芸時評を担当している文芸評論家斉藤美奈子は、その状況を11月26日の文芸時評の冒頭で書いている。多くのブロガーが刺激したのは、この本がまさにネット時代の日本語と日本文学の未来を論じていたからだろう。続けて斉藤はいう。この本の議論の別れるところは、第7章の「英語教育と日本語教育」の章で、そこには作者水村美苗の国策として国民の一部を優れたバイリンガルとして育てよ、日本の国語教育は日本近代文学を読み継がせるのに主眼を置けと主張していることに対して批判が出るのももっともだと言っているのだ。その美しい日本語を守れと主張する言説はナショナリストとほとんど見分けがつかないと語り、平等を原則としてきた日本の学校教育を覆すエリート主義の肯定だし、「日本文学の現状」を幼稚と決めつけるのも拙速すぎると批判している。

 さて、本書は下記の第7章からなる。
1章―アイオワの青い空の下で<自分たちの言葉>で書く人々
2章―パリでの話
3章―地球のあちこちで<外の言葉>で書いていた人々
4章―日本語という<国語>の誕生
5章―日本近代文学の奇跡
6章―インターネット時代の英語と<国語>
7章―英語教育と日本語教育

キーワードは<現地語>、<普遍語>、<国語>、<叡智を求める人>だ。筆者はすでに第3章まで雑誌掲載時に一気に読んだ。そしてその拙文を書いた(2008年8月10日、12日、15日)。昨日、買い込んでしばらくそのままにしていた本書の残り第4章から第7章までこれまた一気に読んだのだ。後半部分を読むと、この作者の評論のトーンが大きくうねり、<国語>の詳説、<文学>の読まれ方の詳説をやや文明論的な展開を踏襲しながら、結局は日本語というよりはむしろ、"奇跡的になりたった日本近代文学"の<読まれ方>が衰弱し、まさに危機的であると主張していることがよく解る。最近、と言ってもここ20年かそこらか、日本文学の衰退が叫ばれて久しい。巷間いわれていたことは、文学書はもはや以前ほど売れない、書き手が貧弱、問題意識が低い、文章力がない、日常雑辺的、文学賞の水増し現象、価値低下等々だったが、それはむしろ背景には経済価値優先の時代が続いたからではないのか。そのことは大学における文学部の衰退を見ればわかる。いや、人文科学の価値低下とも言ってもいい。実学の優先である。本書でも江戸後期緒方洪庵の緒方塾での福澤諭吉に言及していたが、その福澤諭吉が唱えた実学―。もう一つにはここで読みかえてみると、幅広く深い教養の復権だろう。但し、あまりに保守的にならずに適度にバランスの取れた格好でと、筆者は言いたいが。
 英語教育と日本語教育の問題提起。
この問題は以前から提起されては断ち切れし、また、浮上しては消えるという、いわば、その時代の背景から出てくることがしばしばだ。戦後すぐの頃、昭和30年代後半のオリンピックの頃、昭和40年代・・・平成と何度となく起きている。先月亡くなった加藤周一氏も、かつて朝日新聞の「夕陽妄語」で日本に住んでいる以上は英語を覚えたところで使う必要性に駆られないから上手くならない、日本語で充分なのだと書いていたし、作家・評論家の四方田犬彦氏も語学=会話力はその国に住んだ年数と比例するとも書いていた(『先生とわたし』。そして議論が沸騰すると右左の構図よろしく二分化、やがて曖昧のまま中断、もやもやで終わっている。しかし、今やインターネットの時代だ。ちょうど13年前の今頃、アメリカから入ってきたこの便利なツールについての議論が関係者の間で盛んに議論され、テレビはその普及の効用と悪用を報道していたのだ。そしてその普及に時間はかからなかった。むしろ法律的なものがついていけない状態がずっと続いたのだ。それではその言語はというと、プログラミング言語 ! いや、英語が主流だった。が、今や多言語でも可能。それだけインターネットが進化している証左だが、グローバル化が一気に進んだおかげで、負の遺産も背負い込まざるを得ない状態にもなったことも事実。ここで問題なのは英語を読めればインターネット上で外国の図書館、大学、研究者や書店などと手軽にアクセスでき、いろんな知識を即座に吸収し、知の蓄積、強いて言えば、幅広い教養も身につけることができることだ。ただ知の確かさは本のそれとはまた違って、著作権他いろいろと確認作業が必要なのだが。簡単に手に入るものほど身につかないのも事実だろう。本書にある福澤諭吉が塾長であった緒方洪庵の緒方塾の話。緒方塾の面々は、当時大名から2日間だけ借りた洋書を、筆写した貴重な辞書とみんなでにらめっこしながら、一人はその字句を覚えて次の人に読み、写しては翻訳を進めていった。しかも食事する間も寝る暇も惜しんで科学書の翻訳をした。そうして2日間でその原書を約束通り返したのだ。余談だが、この貴重な辞書は今大阪大学の文書館でみることができる。筆者は1年前に関係者の紹介で訪ねたのだ。このような話は『解体新書』の翻訳のところでも出てくるエピソードである。だが、それから150年以上が過ぎた現在、時代は変わった。英語が普遍語、昔の漢文、ギリシャ語・ラテン語に匹敵、そして日本語は亡びる運命に・・・。確かに6000語もある世界の言語は、ヨーロッパ、アフリカ、アジアなどの地域の一部では滅亡の危機に瀕している。言語学者や文化人類学者などがプロジェクトを組んでこれらの言語の保存に取り組み始めていると報告されている。たまたまその報告書の一部は筆者の手許にもある。言語帝国主義の行き過ぎも問題なのだ。英語は日本人にとっては便利な言語かも知れないが、コミュニケーションの手段、<共通語>程度に留めておくのが日本語を生かす道だと思うのだ。言語優位性を政治レベルで弄くり過ぎると、ベルギーのような言語紛争になり、泥沼化に発展しかねない。言語問題はデリケートな問題も孕むのだ。フランス文学者の鹿島茂氏はあるPR誌(朝日新聞出版『1冊の本』)で面白いことを言っていた。外国語の運用が上手い人は日本語が下手だ、逆に日本語がそれほど使っていない人は外国語の運用が上手いと。脳内に入る情報量の臨界点があって、バランスを取っているというのだ。近代の文学者や学生を調べたらしい。面白い見解ではあるが。
 作者水村美苗は優秀な帰国子女で後にその深い教養に裏打ちされて、誰も想像しなかった夏目漱石の『明暗』の続きを創作という形で『續明暗』を書いた作家だ。誰もがそのような半分不純な動機(大文豪の小説の続きを書くなんて!)で自ら小説を書かないが、この<外>からのアプローチは文学土壌的に不思議でも何ともなく、情報量の遮断されたところでは却って、新鮮なアプローチが可能だったろうと想像がつく。それが帰国後作家として成就した今、<内>からの日本語や日本人や教養の糧としてきた<近代文学>のよりどころが崩れてきていることを目のあたりにして憂い、アンダーソンにも助けられながら、このような書物を著すことになったのかもしれない。私の日本は、私の日本語はそして私の近代文学はどこに行ったの、と自問して悶々としている作者がいるような気がする。
この提言に応えようとすればの話だが、今の日本の教育の現状の全体的な座標軸のズレを大分直さなければならないと筆者は思うのだ。教育の機会均等、平等をベースに豊かな想像力と突飛な創造力のある力を組み合わせて教育力をつけることが先決問題だと思うのだ。思考回路と濾過装置という大きな人間の営為を考え直すパワーが必要だ。新たな価値の創出とも言い換えてもいい。それにしても、日本語は、日本文学は持続可能だろう、か―。
最後に文芸雑誌「新潮」2月号 追悼 加藤周一の水村美苗の声はどんなものだろうか、聞いてみよう。
 英語の世紀に入った今、英語の世紀が続く今、私たちの日本語は、加藤周一のような人に、科学の道に進まずに、そこへと帰っていきたいと思わせる言葉であり続けられるか。そこに自分の精神の足跡を刻みたいと思わせる言葉、その土壌こそを豊潤なものにしたいと思わせる言葉であり続けられるか。この問いを問わなければならないのは、今、すべての非英語圏の人間の宿命である。


2009/01/18

超人のドキッとする絵画 16 アンドリュース・ワイエス死す

昨日アメリカのABCテレビが画家アンドリュース・ワイエスの死を報道していた。享年91歳。アメリカの原風景を描いたリアリズムの巨匠だ。実は去年の11月頃だったかアンドリュー・ワイエス展が渋谷の文化村で開催されるとポスターで見ていたが、忘れていて観に行けなかった。そんな矢先のテレビ報道だった。ある新宿のバーにはアンドリュー・ワイエス作『クリスティーナの世界』(この写真はネットから)Photo_2
の複製が飾られていて、狭いその空間に存在感溢れる位置を占めている。筆者の遠い記憶を辿れば、確か東京で展覧会開催時に観に行って図録を手に入れたはず。そして自問、その図録はどこに行った ? また、20年以上前にはニューヨークのニューヨーク近代美術館(MoMa)でも観ていた。確かジャスパー・ジョーンズの『星条旗』の近くだったか。
最近このコラムでも書いたが、若くして交通事故で亡くなった画家石田徹也のスーパーリアリズム的な絵画(その一つはマッチ箱の中の人々の表情、その眼差しの鋭さをリアリスティックに描いている)に今人気が集まっている。その先駆的なスーパーリアリズムの巨匠アンドリュー・ワイエスは日本でも人気が高く、彼の作品を購入している美術館も多々ある。たとえば、『松ぼっくり男爵』は福島県立美術館蔵だ。水彩やテンペラを使ってアメリカの田園風景を描いた。代表作には『1946年の冬』(1946)、『クリスティーナの世界』、『海からの風』、『踏みつけられた草』、『アルヴァロとクリスティーナ』やヘルガシリーズなど。モデル問題でも話題に。
愛知県美術館ではアンドリュー・ワイエス展が「アンドリュー・ワイエス 創造への道程」と題して2009年1月4日〜3月8日まで開催中だ。

2009/01/16

超人の面白ラーメン紀行 104 千代田区『覆麺』

Nec_0041一昨日探した神田神保町のラーメン店『覆麺』。15番目に並んで30分くらい待ったわりには、チャーシューともやしの量それに焦がしネギ以外特別なコメントはないようだ。意味不明のナンガーラ、ナンガーラという言葉が不思議な響き。'デストロイヤー風の覆面'二人、ラジカセからはプロレスの応援歌が流れる、かなり野性的でユニークな店だ。隣の男性がラーメン撮影の許可をもらったので便乗して筆者もパチリ、ここまでは良かった。その後ファイルに収めた画像を操作ミスで消してしまったのだ。故に今回はラーメンの画像はない!パフォーマンスの店かなと書くはずだったが、自分がすべってしまった。今回は★印は控えたい。

覆面や剥がすほどにか福麺は

Nec_0042

2009/01/14

クロカル超人が行く 101事件の現場 中央大学理工学部キャンパス

クロカル超人が行く事件の現場
クロカル超人が行く事件の現場
クロカル超人が行く事件の現場
大学のキャンパスで衝撃的な事件が起きた。ちょうど神保町の『味噌や』でラーメンを食べ終えて次の仕事に向かう地下鉄のなかで知った。場所は春日にある中央大学理工学部のキャンパスのトイレ。時間は午前10時半頃。大学の先生が刺されたのだ。血が流れ出血多量で死亡。一時キャンパスは騒然としたらしい。それから4時間半過ぎの現場。ちょうど仕事で地下鉄後楽園駅に乗り換える途中だった。春日局の銅像を横目に見たあと、ちょっと先に人だかりが出来ていた。テレビ朝日などの報道関係者だ。30才過ぎの黒い服を着ていた男性が逃走して行く姿が目撃されているとか。果たして犯人は?何故刺した?それにしても近頃殺傷事件や酷い事件が多すぎないか。暗い予感・・・。

超人の面白ラーメン紀行 103 千代田区『味噌や』

超人の面白ラーメン紀行 102
先週横浜家系ラーメンの一つ、六角家本家のラーメンを食したが、期待はずれでしばらくこの手のラーメンから距離をおこうと考えていた矢先、テレビでやっていたのを思い出し、そうだ、神保町の覆面ラーメンに行こうと考えた。が、見当をつけていったが見つけられず、前から気になっていた三省堂書店本店近くの『味噌や』に入った。看板には北海道直送の麺とあり、味噌にこだわった北海道系否札幌系ラーメンだ。5人目に並んで10分、16席あるカウンターのほぼ真ん中に座った。すでに並んでいるときにオーダーは取っていたのだが、注文の味噌ラーメンが出てくるまで多少時間がかかった。昼時忙しい時だからだが。
「味噌ラーメン」(750円)はてんこ盛りで出てきた。もやしとキャベツなど炒めたトッピングは、同じ神保町界隈にある『ラーメン二郎神保町店』も顔負けそうなほどだ。そう、シャキシャキ感はある。ネギ、メンマ、タマゴの常連がいない。ノリは2枚どんぶりの端の方に置かれている。そしてスープを一啜り、思い出した、思い出したのだ、20年ほど前に札幌は時計台の近くで食べたもやしたっぷりの札幌味噌ラーメンを。この『味噌や』の方が炒めた分もやしは柔らかい。しかし、体調がイマイチのせいか、黄色縮め中細麺の多少の固さとバターの味が色濃かったスープに、ちょっとついていけなかったのだ。こうなると俄然昔の味噌味がなつかしくなる。チャーシューは3片、これは柔くて美味。
メニューは味噌オロチョンらーめん(750円)オロチョンらーめん(700円)醤油らーめん(650円)塩らーめん(650円)つけ麺(700円)。
味噌や』1.スープ★★☆2.麺★★3.トッピング★★★4.接客・雰囲気★☆5.価格★★☆

2009/01/11

超人の面白読書 49 吉本隆明著『詩の力』

 Img025
 遅い朝寝惚け眼のまま炬燵に入って新聞の書評欄を読んだ。ピエール・バイヤール著『読んでいない本について堂々と語る方法』(筑摩書房)、今福龍太著『群島―世界観』(岩波書店)や書評賞などこの新聞の書評スタッフの年初の意気込みが多少感じらた紙面構成だ。書評1本が400字詰原稿用紙で最低でも3枚半(1400字)、普通で5枚(2000字)の長さは、他紙の書評欄より紙面を割いている格好。字数が書評の良し悪しを決定しかねないが、中途半端な展開がないのがいい。取り上げる本の分野も多岐に渡っていてバランスが取れているようにみえる。強いて言えば刺激的な書評がほしいところだ。ただ気になるのは、新聞広告の出稿量が減少しているようで広告に元気がないのだ。
 さて、書評。新年早々読んだ『詩の力』(新潮文庫 2009年1月1日刊)は、評論家・詩人の吉本隆明が新聞の文芸記者と語って構成した単行本の文庫化。三木露風、秋山清、谷川俊太郎、田村隆一、塚本邦雄、岡井隆、夏石番矢、中島みゆき、松任谷由美、宇多田ヒカル、俵万智、佐佐木幸綱、寺山修司、西条八十、吉増剛造、角川春樹、野村喜久夫、城戸朱理、鮎川信夫、田村隆一、近藤芳美、西東三鬼、吉岡実、谷川雁、入沢康夫、天沢退二郎、茨木のり子、永瀬清子、清岡卓行、大岡信そして飯島耕一などの現代詩人、歌人、俳人や歌手まで幅広くしかも簡潔に平易に解説している入門書だ。はしがきで吉本隆明は言う。戦後の現代詩を主軸にして詩歌の全般を取り上げて短い解釈を試みた。現代の詩歌を表現としての特徴をもとにして出来るかぎり類別し、それぞれの共通点を読解しようとするものである。
詩の解説・解釈には解説者の感受性が見事に反映する。そして同時代的に生きた詩人の共感もまた、強烈に反映する。吉本隆明は戦後派詩人の一人であり、その評論の卓越性は鮎川信夫等の戦争体験の中で培った知性派の詩人たちと整合する。筆者はこの評論家の詩にも接して幾度か読んだものだ。いま手許にテキストはないが、この作家のもつ抒情を抑えた硬質な詩群を思い出す。
 この文庫、193ページの詩の概説書はとても解り易く親しみ易く構成されている。聞き手の文芸記者の引き出し方もまた、心得たものだ。感性と論理、主観と客観の狭間の展開が明快である。たとえばアトランダムに引用すれば、若い特にミュージシャンの宇多田ヒカルの歌詞の解釈、歌人俵万智の解釈には分析力を超えてこの評論家の感性の襞の分け入り方が新鮮だ。若い。普通ならついていけないとつき離すことでもきちっと整理して端的に解釈することがスゴイ。それにしても面白いのは、吉増剛造の詩に対する解釈だ。疾走する詩人、吉増剛造には何か解釈の施しようがないように見受けられた。意味の拒絶、音韻の轟くまま自由にイメージの闊歩が続く、しかも地球の果てまで・・・の吉増ワールド。そして吉本はこう書く。読者の側からいえば、詩の価値が文字の上に現れておらず、詩人の内面に隠されているわけで、その価値を受け取るのがとても難しくなっている。このことは吉増剛造さんの詩に固有の問題ではなく、現代詩全体が陥っている状況の問題でもある。そう考えると、俳句や短歌に比べて、詩は表現としての寿命が短いように思えてならない。また、吉本は「優れた詩の条件」という章で、愛唱される要素を備えた優れた詩の条件の一つは、その詩がある種の「流れのよさ」をもっていることだ。詩の「流れ」とは、意味の移り変わりの速さと、その多様さ複雑さを含んでいる。流れのよい詩であれば、読む者、聞く者に入っていきやすいということになる。詩と散文を分ける最も大きな要素は何か。どんな複雑な意味でも表現しようとすればできるのが散文の特徴であるのに対し、言葉の選択力が強く、行と行との結び付きも有機的で強いのが詩だといえるだろう、と書いている。
特記すべきは第1次戦後派の西東三鬼という俳人。「馬酔木」や「旗艦」に参加した主観性の俳句を書いた俳人らしいが、筆者は勉強不足で読んでいない。

風邪の子の熱く小さき手足はも

水枕ガバリと寒い海がある

前者は1934年の句で時代の暗さを表現しようとした意図があったし、後者は音声を実にうまく使い、ウィットに富んでいて、作者自身革新的な表現に達していたと思ったと吉本は書いている。

 現代詩に親しんできた筆者も、当然時代の新しさを感じた時期があった。それは荒川洋治の『水駅』、小説での新しい息吹、村上龍の『限りなく透明に近いブルー』などと符号する。構成後記に書いてあるように日本の文学表現の情景は一変したのである。筆者には新鮮かつ強烈だった。
 筆者としては本書を再確認の詩として読んだが、吉本隆明流明晰な解釈には詩のチカラがあり、新しい発見もあった。時おり声を出して読み返したくなる本だ。最後に本文からの引用を少々。

荒川洋治

まなざし青くひくく
江戸は改代町への
みどりをすぎる

はるの見付
個々のみどりよ

朝だから
深くは追わぬ
ただ
草は高くでゆれている

(冒頭部分、『水駅』より)


俵万智

「嫁さんになれよ」だなんてカンチューハイ二本で言ってしまっていいの
(『サラダ記念日より』)

寺山修司

売られたる夜の冬田へ一人来て埋めゆく母の真赤な櫛を

(『田園に死す』より)

夏石番矢

東京に破顔の千年樫ありき

(『巨石巨木学』)より

大岡信

さわる。
木目の汁にさわる。
女のはるかな曲線にさわる。
ビルディングの砂に住む乾きにさわる。
色情的な音楽ののどもとにさわる。
さわる。
さわること見ることか、おとこよ。

(「さわる」冒頭一連より)

著者の吉本隆明は今年85歳。『マチウ書試論』、『芸術的抵抗と挫折』(未来社 1959年)から始まって『抒情の論理』、『吉本隆明詩集』、『言語にとって美とは何か』、『共同幻想論』、『異端と正統』、『戦後詩史論』、、『最後の親鸞』、『鮎川信夫論』、『マス・イメージ論』、『ハイ・イメージ論』、『心的現象論・本論』など単著で158冊もある ! また、最新の吉本隆明論には、雑誌「iichiko」編集長の哲学者・山本哲士著『吉本隆明の思想』(三交社 2008年)などがある。

2009/01/08

クロカル超人のグルメの話 カツオ 11  かつおくんレポート 続 2009年初かつお 和歌山産

クロカル超人のカツオの話  11
 いきなり年初をちょい過ぎた今日、何と和歌山産の生かつおが手に入った。かつおを食べ始めた去年の2月14日から購入日記を付け、9ヶ月経った11月11日81回で終了してからわずか2ヶ月だ。こんなことは初体験。やはり異常気象のせいか。ともかくこの季節外れの1月上旬に食べられるのが何より。驚きである。
一柵、100g498円。和歌山産刺身用。色艶、やわらかさ、味ともまあまあ。筆者はこれを少しの間冷凍庫に入れて食したのだ。

初鰹季語の定義や今何処

2009/01/03

超人のスポーツ観戦 第85回箱根駅伝 続 優勝は東洋大学

第85回箱根駅伝優勝者 東洋大学
第85回箱根駅伝総合優勝は東洋大学で、タイムは11時間9分15秒。初優勝。山登りが全てを制した格好だ。
おめでとう !下記はテレビ画面から撮った順位。残念ながら1位が見えにくい。すみません。
Nec_0037

超人のスポーツ観戦 第85回箱根駅伝

 第85回東京箱根間往復大学駅伝。往路の108.0は東洋大が5時間33分24秒で制した。往路初優勝の快挙だ。しかも12月に不祥事が発生、監督が辞任しての出場だ。この往路には2つの驚嘆するメイクドラマが生まれたのだ。2区を走った日大のダニエル(ケニア出身)が20人抜きをやってのけ、一方、往路最後の山登りの区間5区で、柏原竜二(1年・いわき総合高校)が4区で9位の位置から次々と抜き去り、最後には首位を走る早大を抜いて堂々の1位になったことだ。嬉しい番狂わせ、奇跡が起こったのだ。しかも無名の1年生ランナーである。アッパレと言うほかない。夜BS日テレでその山登りの場面を再確認したのだった。GREAT GREAT GREAT GREAT SUGOI。
 
 2日目の復路も面白い展開が続いている。東洋大の気合の入った走りぶりが感動的だ。久し振りに明大も躍進中。レースは終盤10区をトップで東洋大が快走中だ。
ところで、筆者は久し振りに沿道に立ってレースを見守った。なかなか"連れ"とでは定位置が見つからなく往生した。何しろ伝統の箱根駅伝、沿道は旗を持っている人で一杯なのだ。天気は快晴、11℃。選手にとっては多少暑苦しいかもしれないと思いながら、カメラ付携帯電話で選手を撮ろうと試みるも見事に失敗。その写真がこれ。この足は一体どの大学の選手か ?Nec_0035_2
このあと東洋大が往路・復路を制し、総合優勝した。しばらく東洋大の時代が来るかもしれない。去年の覇者、駒沢大は何番目 ? ヒーローや時代は変わるのだ。だからオモシロイ。

2009/01/01

超人の新年の詩 2009  グリーンイアー

グリーンイアー

エイブラハム・リンカーンは人民の人民による人民のための政治とゲディスバークの演説で説いた 奴隷解放令から200年後アフリカ系アメリカ人初の次期アメリカ合衆国大統領バラク・オバマは20日の大統領就任式でリンカーンが使った聖書を携え世紀の大演説をする 1929年以来の株価下落 グリーンニューディール政策に期待ともマスコミは書く 日本時間の1日午後2時コンピュータの映像はニューヨークのタイムズスクエアの新年カウントダウンのシーンをリアルタイムで映し出した そこには元アメリカ合衆国大統領のクリントン夫妻が新年を祝福して抱き合うシーンも見えた 群衆は老若男女を問わずキスし合い 風船が飛び交い マンハッタン上空には花火が上がった 一方 中東のガザ地区ではイスラエルの爆撃で少なくとも300人以上が死亡 戦いは続いている バンコクではナイトクラブが火事で大惨事 日本は雪の富山で火事 一家4人死亡と断片的にニュースが入ってきた 元旦の関東は晴れのち曇り 日本海側は雨 雪 強風 すでに新年 今年はグリーンイアー みどりがあちこちで飛び回り 一色になるだろ

グリーンイヤー
グリーンイヤー

年明けが怖い
年が明けたくない

みんなそろって
たいへんだぁと言っている

経済システムの妄信
確率論だとかで
天気まで買っている

天罰なのだ
カミのお達しなのだ

グリーンイヤー
グリーンはいやー

囃したてる評論家は
言葉を転がすだけ転がして
はみ出ている

マルクスは草叢の陰で
今頃嗤っているな
マルクス兄弟は
笑えないでフリーズしているか

初詣も賽銭が少なかったからか
末吉と出た
たまたま50円玉二枚で
ひとつだけ願ったのだ

グリーンイヤー
グリーンイヤー

グローバル資本主義の行方は
破綻の連鎖で縮こまってしまった
どの国もオカネのカシカリに躍起だっている

自分たちがゲームに参加したではないか
当て所もないゲームに酔いしれたではないか

小国アイスランドよ
大国アメリカよ
そして中国よ日本よ
明らかに修正せよ

くらしを
足元をみよ

200万円以下の年収が今や1000万人の
ニッポン
中産階級はすでに崩壊したのだ

グリーンイヤー
グリーンいやー

立て直すには100年前に戻れと
エコノミストたちは言っているが
戦争はできないのだ
グリーンの
クリーンな
精神が今必要なのだ

いい加減な為政者には
石を投げてやれ


« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31