« 超人の面白ラーメン紀行 106 津田沼『必勝軒』 | トップページ | Journalist's eye No.101: Chojin's comment on Barack Obama, a new American President »

2009/01/23

超人の面白ラーメン紀行 107 新座市『ぜんや』

超人の面白ラーメン紀行  105
超人の面白ラーメン紀行  105
以前から一度は訪ねてみたかったラーメン店は、JR武蔵野線新座駅から徒歩7分、小学校の脇にあった。昨日とは打って変わって気温15℃はある好天気の昼下がり、15人が店の前で行列を作った。勿論筆者もその一人だ。20分近く待って中へ通されたのだ。カウンター席8人の、人の好さそうな店主と優しい奥さんが切り盛りしている、個人まわりしたラーメン店である。店の名前はなんと『ぜんや』(夫婦善哉から取ったのかは分からないが)。評判のぜんやラーメン(700円)を食した。この塩ラーメンのスープは絶品に近い。老鶏と昆布(と雑誌には書いてあった)、野菜も煮込んでできた透明感のあるあっさり味だが、見事に口の中で調和して甘み成分を充分に引き出している。何か身体に効くのかなと勘違いするほどなめらか、まろやか―。チャーシューも量は少なめだが美味。麺は玉子太麺ストレート系で硬さもちょうど良い、しこしこ感がある。塩も中国の福塩を使用しているとか。1日100食限定。
メニューはラーメン(700円)、チャーシューラーメン(900円)、メンマラーメン(850円)、餃子5個(370円)など。正統派ラーメンの典型的な店。パンチがほしい人には物足りないかも。営業時間は午前11時半〜午後4時頃。火水定休日。
『ぜんや』1.スープ★★★2.麺★★☆3.トッピング★★4.接客・雰囲気★★★5.価格★★☆


« 超人の面白ラーメン紀行 106 津田沼『必勝軒』 | トップページ | Journalist's eye No.101: Chojin's comment on Barack Obama, a new American President »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 107 新座市『ぜんや』:

« 超人の面白ラーメン紀行 106 津田沼『必勝軒』 | トップページ | Journalist's eye No.101: Chojin's comment on Barack Obama, a new American President »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31