« ある評論家の死 評論家・作家加藤周一 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 98 ノーベル賞受賞式 »

2008/12/10

超人の面白ラーメン紀行 101 八王子市『吾衛門』

超人の面白ラーメン紀行 101
 西八王子駅まで遠征して食べたラーメンはごく普通、強いて言えば昭和30年代の味。しかし侮るなかれ、チャーシューはやわらかくて美味。あとはごくごく普通だ。鶏ガラ醤油のあっさりしたスープ、やや縮れやや黄色っぽい極細麺、玉子はないが、海苔、メンマ、刻み葱などがトッピング、チャーシューは多少小さめ、5枚。息が合っている感じだ。若店主も感じがいいし、同じような格好の従業員の方(?)もgood。昨日と打って変わって汗ばむ陽気の今日は、歩くと一枚また一枚と脱ぐ羽目に。店の常連かバイクが趣味みたいで、やれエンジン替えて70万円だとか自慢のバイク談義に店主と花咲かせていた。
『吾衛門』は飾っけなしのカウンター10席の店。中華そば(500円)、ネギラーメン(650円)、チャーシューラーメン(750円)他
『吾衛門』1.スープ★★2.麺★☆3.トッピング★★3.接客・雰囲気★★☆5.価格★★★

« ある評論家の死 評論家・作家加藤周一 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 98 ノーベル賞受賞式 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 101 八王子市『吾衛門』:

« ある評論家の死 評論家・作家加藤周一 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 98 ノーベル賞受賞式 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31