« 超人のジャーナリスト・アイ 96 アメリカの雑誌を読む 小国アイスランド報告 9 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 96 アメリカの雑誌を読む 小国アイスランド報告 11 »

2008/10/24

超人のジャーナリスト・アイ 96 アメリカの雑誌を読む 小国アイスランド報告 10

 その洪水と自然喪失のビデオでは、ガチョウの場面や卵を暖めている鳥たちをフィーチャーしている。カラニュカルの貯水地の上昇水が巣を溶かしたり卵を洗ったりするまでだが。鳥たちは歩き、戸惑い、哀しくなっていた。 50代の優しい波型風の髪の女性、ルリは、過去10年間ほとんどすでになくなってしまっているアイスランドの滝の悲しいビデオカタログを制作することに没頭してきた。ダムプロジェクトの中で、これは世界で一番古い民主主義社会の悲しくも馬鹿げたことなの、と彼女が言った。
 アイスランドの国会またはアルシング―会合という言葉はアイスランド語てthing―は、ノルウェーから渡ってきた最初の移住者から約60年経った930年に形成された。彼らはある場所で会った。'thingの平原'を意味するThingvellirは今尚この古代の集まりを記念してるが、議会、裁判公判と国の公平さと結びついていた。

« 超人のジャーナリスト・アイ 96 アメリカの雑誌を読む 小国アイスランド報告 9 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 96 アメリカの雑誌を読む 小国アイスランド報告 11 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人のジャーナリスト・アイ 96 アメリカの雑誌を読む 小国アイスランド報告 9 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 96 アメリカの雑誌を読む 小国アイスランド報告 11 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31