« 超人のジャーナリスト・アイ 96 アメリカの雑誌を読む 小国アイスランド報告 12 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 96 アメリカの雑誌を読む 小国アイスランド報告 14 »

2008/10/26

超人のジャーナリスト・アイ 96 アメリカの雑誌を読む 小国アイスランド報告 13

 スカルプ―ヘディンはジャンプして氷の土手の間にある経路を開け、安定させてからすぐに滑りに入った。氷はグラスのようになめらかで、彼は鳥のように素早く通過した。スラインはその時鉄兜を被ろうとしていた。スカルプ―ヘディンが斧を振りかざしながら彼に襲いかかってきたのだ。斧は彼の頭上で壊れて顎骨を割き、奥歯が氷の上にこぼれた。

« 超人のジャーナリスト・アイ 96 アメリカの雑誌を読む 小国アイスランド報告 12 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 96 アメリカの雑誌を読む 小国アイスランド報告 14 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人のジャーナリスト・アイ 96 アメリカの雑誌を読む 小国アイスランド報告 12 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 96 アメリカの雑誌を読む 小国アイスランド報告 14 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31