« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/31

超人のジャーナリスト・アイ 93 ハリケーン・グスターフ報道

T1homegustavcaymans 筆者は今堤未果著『ルポ 貧困大国アメリカ』(岩波新書 2008年刊)を読んでいるが、その中に書かれている3年前のハリケーン・カトリーナは実は自然災害ではなく人災だったと元FEMA(連邦緊急事態管理庁)職員 の話を載せている。また、「再建」ではなく「削除」されたニューオーリンズの貧困地域と小見出しが踊るリポートは、ハリケーン・カトリーナのその後を追い悲惨な現実を見せつけている。
 ところが、日本でこのところ連日"ゲリラ豪雨"が発生して首都圏などの交通が一時マヒしたり河川の決壊で床上浸水など被害が出ているなか、今度は海の向こうでハリケーン・グスターフが、カリブ海沿岸の地域、キューバ、ハイチ、アメリカのマイアミ、ミシシッピーそして再び ルイジアナ州ニューオーリンズにさしかかってるというニュースが飛び込んできた。ハリケーン・グスターフはハリケーンの規模を示す数字でカテゴリー4まで勢力を拡大しているという。下記はCNN電子版の直近のニュースだ。


Gulf Coast residents flee 'extremely dangerous' Gustav

BELLE CHASE, Louisiana (CNN) -- A hurricane watch was issued Saturday afternoon for southeastern Texas to the Alabama-Florida border as Hurricane Gustav's sustained winds reached 150 mph on its expected path to the U.S. Gulf Coast.


New Orleans residents leave Friday via Interstate 10 westbound ahead of Hurricane Gustav.

1 of 3 more photos » The watch means hurricane conditions are possible within about 36 hours. It was announced Saturday as thousands were in the process of fleeing parts of Mississippi and Louisiana, three years after Hurricanes Rita and Katrina ravaged the area.

Gustav "could be as bad as it gets", Louisiana Gov. Bobby Jindal said of the hurricane, which reached Category 4 strength Saturday.

"We could see tidal surges of as much as 15 to 20 feet. We could see flooding even worse than what we saw in Hurricane Katrina," he said Saturday.

At 5 p.m. ET, the eye of the storm was about 130 miles (210 km) east-northeast of Cuba's western tip and moving northwest about 15 mph.

Hurricanes are ranked 1 to 5 in intensity on the Saffir-Simpson scale. A Category 4 has winds of 131 to 155 mph and can cause extreme damage. Watch a report on the hurricane watch »

Hundreds of people lined up for buses and trains to take them out of New Orleans and thousands of other Gulf Coast residents drove inland, clogging major highways. iReport: Are you there? Send photos, video

More than a dozen parishes in Louisiana have declared states of emergency, and St. Bernard Parish began a mandatory evacuation Saturday afternoon, with authorities calling it "a matter of survival."

The evacuation began at 4 p.m. in the parish, which sits just east of New Orleans and was hard hit by Hurricane Katrina.

"We're advising people that, if you stay, as of 4 p.m., there will no longer be any services," Sheriff Craig Taffaro said.

In New Orleans, Louisiana, still recovering from Katrina, anxiety was high Saturday as residents fled, leaving behind a virtual ghost town of boarded-up homes and empty streets.

"I am strongly, strongly encouraging everyone in this city to evacuate," Mayor Ray Nagin said Saturday. "Start the process now." Watch Nagin urge people to leave »

At the Union Passenger Terminal in downtown New Orleans, people began arriving as early as 5:30 a.m., forming a line that snaked behind the main Amtrak terminal. Armed patrols and Humvees circled the crowds of people, many who waited as long as 2½ hours, enduring the heat and relentless sun, unsure of their destination.

New Orleans officials had designated 17 sites for people without transportation to board buses to take them to the terminal, where they will be moved to shelters outside New Orleans. However, scores of residents went directly to the terminal, carrying one bag, as the city had instructed. The snafu prompted confusion, as did a glitch in the computer system that was being used to register people. Watch people flee New Orleans in buses »

Jindal suspended registration at the terminal and instructed people to register when they arrive at shelters, Nagin said.

By afternoon, 1,100 to 1,200 people had left the city on those buses, Nagin said.

Don't Miss
Gustav prompts talk of altering RNC agenda
Hurricane Gustav intensifies on its path to Cuba
After Katrina, New Orleans won't be fooled again
iReport.com: Are you there? Send photos, video
"I'm not sure where I'm going," Margie Hawkins of New Orleans said. "My last 24 hours have been somewhat worrisome and very, very prayerful, because this is a very serious threat, and it's a lot of people to get to safe ground or be safe where they are."

In addition, the city arranged with Amtrak for more than 7,000 seats to evacuate the elderly by train. About 1,500 people left for Memphis, Tennessee, Nagin said.

There were also crowds at New Orleans' Louis Armstrong International Airport, which the city plans to keep open through 6 p.m. CT Sunday. Both Delta Air Lines and AirTran Airways said they planned to continue flights in and out of New Orleans until the airport is closed.

Buses arrived unloading evacuees, many of whom said they had no idea where they were going. Watch residents prepare to leave the city »

Vehicles jammed Interstate 10 headed west toward Texas. Cars also clogged Interstates 55 and 59 heading north out of eastern Louisiana. Heavy volume was also reported on Interstates 65 and 59 as Mississippi evacuees streamed north.

The hurricane's western eye reached the Cuban Isle of Youth on Saturday, and thousands of anxious Cubans boarded up their homes and sought safety.

It is projected to pass over western Cuba later in the day and to move into the southern Gulf of Mexico early Sunday and into the central Gulf by early Monday, according to forecasters. Gustav could make landfall as a Category 3 or 4 on the U.S. Gulf Coast late Monday or Tuesday, the National Hurricane Center said.

The storm called up uneasy memories Friday of the deadly 2005 hurricane season, particularly of Katrina, as Gulf Coast residents found themselves preparing for Gustav on the third anniversary of that devastating storm.

When Katrina hit, more than 1,800 people died in five states, 1,577 of them in Louisiana.

Residents and officials were determined not to be caught off-guard again.

"I'm very worried that the city is going to get hit again, and I don't want to be here when that happens," New Orleanian Sara Suggs said. Residents, at least initially, praised the efforts of the government.

"I think it's great that they are on top of the game early this time," said Fred Boyd of New Orleans. "I think a lot more people will be satisfied this time than last time."

Unlike the situation during Katrina, there will be no "shelter of last resort," the city said. In 2005, the city's Louisiana Superdome housed thousands of New Orleanians who couldn't, or didn't, heed the mandatory evacuation order. Watch FEMA administrator talk about being proactive »

The arena -- which grew dark, hot and increasingly fetid after the electricity failed and the plumbing was overwhelmed in the storm -- became a symbol of the disaster and the much-maligned government response to it.

Mississippi Gov. Haley Barbour announced Friday that Hurricane Katrina victims living in government-issued trailers or mobile homes along his state's coast would begin evacuating Saturday.


Notice was being given to people living in Federal Emergency Management Agency trailers or mobile homes, as well as people living in more permanent structures known as Mississippi cottages, he said.

About 4,300 families live in FEMA trailers or mobile homes, and 2,800 live in Mississippi cottages, the governor's office said.


CNN's Chris Lawrence and Sean Callebs contributed to this report

■スウェーデンの有力紙ダーゲンスニーヘーテル紙の2008年8月31日付電子版の「ハリケーン・グスターフ」報道

"Gustav" drar in över Kuba
Invånarna på Kuba bävar för "Gustav" som uppgraderats två gånger under lördagen och väntas dra in som en kategori fyra-orkan senare i kväll. Hundratusentals människor har evakuerats från sina hem på västa delen av ön.

Orkanen "Gustav"

Fler artiklar
• Julia tvingades lämna sitt hem
• New Orleans invånare flyr undan "Gustav"
• Orkanen Gustav stärkt till kategori tre-orkan
• Lämnar New Orleans inför orkanen
• Nära 80 döda i "Gustavs" spår


Webb-tv
• Webbtv: Stormen Gustav 29 aug


Bevaka via mejl Lägg till på MySpace Lägg till på Facebook Lägg till på del.icio.us Vad är det här? Vad är detta? "Gustav" har tilltagit i styrka mycket snabbt över de varma karibiska vattnen på väg mot Kuba.

Strax innan den nådde Kuba på lördagen uppgraderades "Gustav" av USA:s nationella orkancenter i Miami - vindarna har nu hastighet på nära 64 meter i sekunden.
Orkanens centrum, "ögat", låg vid 19-tiden, svensk tid, över Isla de la Juventud, söder om huvudön. Den lokala flygplatsen stängdes och båttrafiken stoppades redan tidigare på lördagen.

"Gustav" väntas dra in över västra Kuba i närheten av Pinar del Rio på lördagkvällen. Orkancentret i Miami varnade för att tidvattenvågor på närmare sex meter över det normala kan bildas i orkanens öga.

Civilförsvarsmyndigheter på västra och norra Kuba uppger att nära 200.000 personer har evakuerats, i första hand från kustsamhällen i väst och norr, som riskerar att drabbas hårt av översvämningar. Tusentals människor har också evakuerats från Havanna, liksom omkring 1.200 turister från Varadero, 15 mil öster om huvudstaden.

- Det är värst för den fattiga lokalbefolkningen. Hotellen där våra gäster befinner sig är byggda med tanke på orkanrisken och har speciella orkanrum, säger Kajsa Moström, informationschef på Apollo, till TT.

Apollo har sammanlagt 17 personer i Havanna och Varadero, uppger TT.

- Vår personal på plats har varit i kontakt med alla och uppmanat dem att följa de nationella råden och hotellpersonalens råd, säger Moström.

Starka vindar och ösregn föregick orkanen.
På "Gustavs" väg hittills har ovädret krävt över 80 liv i Jamaica, Dominikanska republiken och Haiti. Minst tio människor saknas fortfarande på Haiti, som härjades av "Gustav" i tisdags.

Kuba är extremt utsatt vid oväder. Många byggnader på ön är gamla och nedgångna. Särskilt i huvudstaden Havanna, med många hus från kolonaltiden, är risken för ras överhängande.

Invånarna i tvåmiljonerstaden har uppmanats av myndigheterna att vara försiktiga och många har bommat igen dörrar och fönster som skydd mot de kraftiga vindarna och skyfallet. Innan "Gustav" drog in försökte invånare bunkra mat och andra förnödenheter. Många affärer hade dock redan hunnit bomma igen tidigare.

Det amerikanska National Hurricane Center uppgav på lördagskvällen att "Gustav" kan öka i styrka ytterligare, rapporterar AFP. Orkancentret i Miami befarar att ovädret kommer att uppgraderas till en kategori fem-orkan, den högsta på skalan, då den passerat Kuba och drar sig vidare över Mexikanska golfen mot den amerikanska sydkusten.


Lilly Hallberg och AFP

■ミシシッピーのローカル新聞 The Times-Picayuneのハリケーン・グスターフ報道。

WAITING FOR GUSTAV
CATEGORY 3 PREDICTED, EVACUATION URGED Saturday, August 30, 2008By Robert Travis Scott,
Residents of vulnerable coastal parishes should evacuate as soon as possible in anticipation of an expected dangerous Category 3 Hurricane Gustav, packing winds of 115 mph and arriving early Tuesday, Gov. Bobby Jindal said Friday.

A Louisiana State University scientist working with state emergency preparedness officials warned late Friday that Gustav could push as much as 15 feet of storm surge onto a wide stretch of the state's coastline west of New Orleans.

"If it stays on this southwest Louisiana track, Gustav will be like a hybrid between Katrina and Rita," Robert Twilley said. "And right in the middle, you've got the huge Atchafalaya basin. . . . I just hope people don't wait too long" to get out.

Advertisement

The state will open contraflow traffic patterns on interstates "early, early Sunday morning" to assist the exodus, Jindal said as he announced preparations to move people out of at least 19 parishes in which a state of emergency has been declared.

For the first time, the state's contraflow plan, in which all lanes of interstate highways flow in a single direction away from the storm, will be implemented for southeast and southwest Louisiana simultaneously, Jindal said.

Jindal and other officials urged residents of the New Orleans area to move north or east -- not west, where Gustav appears to be headed.

He said more than 1,500 National Guard troops moved into New Orleans today, adding that he expects the state to deploy an additional 7,000 Guard soldiers to secure the areas that are evacuated.

"We don't want folks worried about their property," Jindal said at the state's Emergency Operations Center in Baton Rouge. "We want people to be worried about their personal safety."

State officials by Friday had noted a 400 percent increase in demand for gasoline, Jindal said. State officials had requested gas from Texas and from stored winter blends to ensure that fuel supplies hold up, he said.

By mid-afternoon Friday, officials in the New Orleans area had called for residents of coastal communities most vulnerable to storm surge flooding in St. Bernard, Plaquemines and Jefferson parishes to pack up and head north.

Officials also set in motion plans to help residents who don't have the means to evacuate to get out of harm's way. In the region's population hubs of Orleans and Jefferson parishes, officials estimated that about 43,000 people may need assistance.

Buses were scheduled to begin shuttling around designated pickup sites this morning in Orleans, Jefferson, St. Bernard and Plaquemines parishes, ferrying residents to central locations where they will board state-chartered buses to shelters in north Louisiana and Tennessee.


In New Orleans, elderly and infirm residents will board Amtrak trains to Memphis.

--- No shelter in N.O. ---

Jerry Sneed, the city's director of homeland security and emergency preparedness, emphasized that there will be no shelter of last resort for Gustav. In previous storms, authorities have allowed people to take refuge in the Superdome, though usually not until the last minute.

"There are no shelters of last resort in the city, and our citizens have to understand that," he said.

Sneed also said authorities cannot offer evacuees any choice about their destination.

"They're going to go to safe places," he said. "That's all they need to understand. If they have another way out and they have a place to go, I encourage them to use that other system."

Those who board buses will not be allowed to bring weapons, drugs or alcohol with them, Sneed said. Some bedding will be provided in shelters. Evacuees should bring clothing, medications and important papers.

Though no mandatory evacuation orders were in place by Friday, St. Bernard Parish President Craig Taffaro said he intends to issue the call today at 4 p.m. The Sheriff's Office signaled that it would strictly enforce a 24-hour curfew during the mandatory evacuation by throwing violators in jail.

New Orleans Mayor Ray Nagin and Jefferson Parish President Aaron Broussard, who represent a combined 800,000 residents, were expected to issue mandatory evacuation orders Sunday. They warned that anyone caught off their private property would be arrested.

Advertisement

For residents planning to drive their own vehicles to points north, State Police Superintendent Mike Edmonson said he had orders from the governor to be prepared to begin contraflow traffic as early as Saturday at 10 p.m. but that as of Friday evening he planned to begin Sunday between 4 and 6 a.m.

--- High winds Monday ---

Tropical storm-force winds are expected to reach the Louisiana coast before dawn Monday, followed by tropical storm winds in New Orleans and other densely populated areas between 8 and 11 a.m., Jindal said. State officials are urging citizens to get out of the storm areas before those winds hit to avoid getting caught in unsafe driving conditions, Jindal said.

The arrival of high winds, rather than the eye of the storm, is the factor that residents should consider when timing their departures, he said.

The storm's landfall is expected Tuesday.

"Don't wait for contraflow, don't wait for mandatory evacuations," Jindal said. Residents should leave as soon as they can, he said.

National Hurricane Center forecaster Todd Kimberlain warned late Friday that it was still too early Friday night to predict an exact landfall location; computer models suggest the storm has a chance of crossing the Gulf Coast anywhere between Pensacola, Fla., and Corpus Christi, Texas.

But the forecast indicates Gustav will become a strong Category 3 hurricane with 127-mph winds by Monday as it reaches the central Gulf, before dropping to 115 mph as it comes ashore. When it reaches Eunice, 12 hours after landfall, Gustav will still be a strong Category 1 hurricane with 98-mph winds.

. . . . . . .

Frank Donze, Richard Rainey, Paul Rioux, Gordon Russell, Victoria St. Martin and Bob Warren contributed to this story.Robert Travis Scott can be reached at rscott@timespicayune.com or 225.342.4197. Michelle Krupa can be reached at mkrupa@timespicayune.com or 504.826.3312.

追記。ハリケーン・グスターフはルイジアナ州に上陸したが勢力が弱まり被害はそれほどでもなかったと報じられた。今週はその後のハリケーン・アナの出現、熱帯性低気圧っぽいが、大西洋で発生→カリブ海沿岸→アメリカ沿岸部とハリケーンの通過する地域は死者が出たりして大変である。今回死者150人以上が出たハイチの被害が大きい。そしてまた、ハリケーン・アイクも接近中とか(2008年9月7日 記)。
追記2。そのハリケーン・アイクが13日テキサス州に上陸、子供を含む3人が死亡、100万人が非難と報道された。すでにハイチでは50人が死亡したと伝えられている(9月14日 記)。

2008/08/24

超人の面白建築 W.M.ヴォーリズ 

P001_2今回のテレビ東京の番組「美の巨人たち」は日本の建築スペシャルで建築家W.M.ヴォーリズ William Merrell Vories(1880-1964)を取り上げていた。題してウィリアム・メレル・ヴォーリス作「浮田山荘」("ヴォーリス"とテレビ東京の番組では表記していたが正式な読み名は"ヴォーリス゛"だろう)。いつものことだが、ナレーターの俳優小林薫の渋い落ち着いたナレーション。その声にのって紹介される建築群、その建築には簡素で優しく安らぎを与えた空間があったのだ。それではこの番組のHPから引用してみよう。

避暑地・軽井沢の小道沿いにひっそりと佇む小さな建物。ドアを開けると、暖炉を備えたおよそ5坪ほどの広間を中心にして、2段ベッドがある一坪ほどの寝室と同じくらいの大きさのキッチン。贅沢さはないものの、家族で夏のひとときを過ごしたいと思わせる素朴な魅力にあふれる空間。ここは元々ヴォーリスが妻と過ごした別荘でした。
戦前にアメリカから来日したヴォーリスは、神戸女学院などの学校やデパートなど約1500の建築を手がけました。しかし、彼は建築の教育を受けたことのない、いわゆる “素人建築家”でした。さらに、彼の建築にはモダンで洗練されたデザインは見当たりません。そんな彼の建築がなぜこれほど日本人に受け入れられ、今なお愛されているのだろうか。その秘密に迫る。 ―という文言。

 この「浮田山荘」は思ったより小さいが、光がよく入るような大きな窓、料理が食卓にすぐ届くような便利な食器棚、小さな寝室、暖炉等々狭いながらも工夫された配置は江戸時代の長屋の9尺2間(4畳半と竈)の簡素な生活空間に倣った建築になっているという。その個人まわりとした西洋風の別荘は声が届くような距離で優しさや安らぎを覚える空間なのだ。建築家藤森昭信よれば、ヴォーリスは図面書きも下手な素人の建築家だったらしい。しかし彼は教会、学校、図書館、講堂、郵便局、百貨店、個人宅などを手がけその建築物は1500を超すという。しかも彼は始めはアメリカから来たキリスト教の伝道師、高校の英語教師に任命されるもキリスト教の布教に熱心なあまり解雇を余儀なくされ挫折(近江八幡は仏教の盛んなところだった)、後にはメンソレータムの近江兄弟社、建築事務所を設立して信仰と事業に一生を捧げた。1941年には日本に帰化し一柳米来留と名乗り日本の女性と結婚して1964年83才で他界している。その簡素と優しさを象徴したデザインなど西洋風の建築はヴォーリズスタイルと呼ばれている。具体的な建物を千代田郷土史のHP他などから拾ってみよう。ちょっとその前に、近江兄弟社は昭和49年に倒産、その後富山の売薬業者、大鵬薬品会社、キリスト教関係者などの支援を受け再建、今日に至っている。この倒産劇はシカゴにあるメンソレータム本社が支援しないとかするとかあるいは日本の他の製薬会社との提携を拒否するとかでもめて当時新聞を賑した。だからこの倒産劇を筆者も記憶している。御茶ノ水駅を降りてスクランブル交差点を渡り駿河台下方面に歩くとすぐに緑色の近江兄弟社の看板に出くわすが、筆者はいつもこの看板をみては何か不思議な感じがしていたのだ。その謎は千代田郷土史のHPで氷解した。あっ、そうか、そうだぁ。brotherhood―(兄弟2人で創業した会社だと思い込んでいたのだ)。最近の建築は癒し系っぽいが・・・。それではその建築の数々を―。

浮田山荘、軽井沢ユニオン教会、近江兄弟社学園、近江金田教会、近江八幡YMCA博愛社礼拝堂、近江郵便局、神戸女学院大学礼拝堂・図書館、明治学院大学礼拝堂200812041136000
、同志社大学今出川キャンパス内校舎、西南大学博物館、関西学院大学、大阪医科大学、西南女学院ロウ講堂、旧百三十三銀行今津支店、旧寺庄銀行本店、旧居留地38番館[旧ナショナルシティ神戸支店]、大丸百貨店心斎橋店、石川記念館、主婦の友社写真館、佐藤新興生活館(後の山の上ホテル)等々。この番組で雑誌「主婦の友」(1922年2月号)―すでにこの雑誌は最近その長い歴史に終止符を打ったばかり―が特集を組んだほどでその隆盛を伝えていた。建築にかける情熱は相当なものだったことは想像にかたくないが、それよりもヴォーリズは私有財産を持たなかった。キリスト教の奉仕精神を実践したのだろうか。

追記。筆者は明治学院大学、関西学院大学、聖和学院大学、神戸女学院大学、主婦の友社、山の上ホテル、水口図書館などヴォーリズ建築物を外側からしか観ていないが、屋根の赤っぽい色、壁の色合いと木造の構図に素朴な温かみを感じたのだ。ヴォーリズ建築に関しては最近山形政昭監修『ヴォーリズ建築の100年』(2008年 創元社刊)が出ているし、ヴォーリズ自身の著書『失敗者の自伝』(1970年)なる本も出ている。各地で音楽にも造詣が深かったこの建築家のイベントが盛んらしい。

2008/08/21

超人の面白読書 45 梅森直之編著『ベネディクト・アンダーソン グローバリゼーションを語る』

 Img008_3

 森直之編著『ベネディクト・アンダーソン グローバリゼーションを語る』(光文社新書 2007年5月刊)をこの暑い中読み終えた。新書版にしては内容が濃くいろいろと考えさせてくれる本だ。もともとは2005年5月に行われた早稲田大学21世紀COE-GLOPE&CAS共催国際シンポジウム「グローバリゼーションと現代アジア」での講演が基になっている。講義1日目と2日目、アンダーソン事始、『想像の共同体』再説、グローバリゼーションの思想史に向けて、アンダーソンをめぐる14の対話からなる227ページ。講演録のあとは編者がやさしく解説を施したベネディクト・アンダーソン入門書だが、概念理解が型通りに行かないところが憎い。ナショナリズム、グローバリゼーション、国民国家、本質主義、構築主義、均質で空虚な時間、出版資本主義、巡礼、海賊行為、公定ナショナリズム、メシア的時間、クレオール、リゾーム上の歴史等々。概念作りが巧いのだ。と同時に座標軸をずらして見える視点がいい。
筆者は最近異文化理解や言語について考えているが、ベネディクト・アンダーソンは講演の締括りで語っている。日本語と英語だけで考えていてはダメで、本当の意味での国際理解は異言語間のコミュニケーションでもたされるという。これは前に書評した水村美苗の評論でも言及されている。続く

2008/08/16

学術先端情報―学術mini情報誌「PS Journal」の最新号の紹介 9    

2008年第13号 特集: 研究者の現在ⅩⅡ歴史研究の地平
  Img005_8
目次
■水曜会と新水曜会 東海大学教授 井上 孝
■歴史研究の醍醐味 敬愛大学教授 村川庸子
■「リテラシー史」という領域 早稲田大学教授 和田敦彦
■大蔵官僚の天下りと銀行業務の近代化 横浜国立大学准教授 邉英治
■北部九州の炭鉱史料群を前にして 九州大学准教授 宮地英敏
■ヒトの行為を中心に地域経済の変動を考える 東北学院大学准教授 白鳥圭志
■現在の研究と関心 明治大学教授 佐々木聡

内容詳細はこちら→「img006.pdf」をダウンロード

■水曜会と新水曜会
東海大学教授 井上 孝

 マリオン・グレーフィン・デーンホフ(Marion Gräfin Dönhoff(1909-2002)という女性ジャーナリストの存在を、専門外とはいえ、寡聞にして知らなかった。ドイツの影響力ある週刊新聞 Die Zeit の主筆そして発行人であった著名人である。彼女はその名が示すように、貴族の出であるが、東プロイセンにあった所領の城で育ち、当時の女性としては珍しい大学教育を受け、一時所領の経営をしたが、やがてナチへの抵抗運動に加わり、戦後は東西融和に力を注ぎ、波乱の多い生涯を送った。その経歴は大いに興味を誘う存在である。
 デーンホフがその晩年の1996年、文化、学術、経済、政治の各界の一流のメンバーを集めて、現代の「焦眉の問題」を論じるべく企図して設立したのが、「新水曜会」(Die neue Mittwochsgesellschaft)である。この会は、彼女の没後も活動を続け、その成果を公表している。では、なぜ新・水曜会なのか。
 そもそも曜日名を冠した会は19世紀から各地にあったようだが、彼女が意識した「水曜会」なる名称は、19世紀の後半、ベルリンで設立された会合に由来する。1863年「学問的対話のための自由な会」(freie Gesellschaft zur wissenschaftlichen Unterhaltung)は、時のプロイセン国務大臣にして文部大臣であったB.ホルヴェークが主としてベルリン大学における各分野の教授を自宅に集めて自由な学問的集まりを意図したのに発する。1 会員はつねに16名であり、大抵は死去に伴って、新会員が補充された。創立時のメンバーは、まさに当代の各分野の第一人者であり、プロイセン、後にはドイツ帝国の知的エリートたちであり、その後、これに選ばれることは学問的な勲章と思われていたようである。思想・信条は問われなかった。月に2回、会員宅の持ち回りで会合を開き、自宅を提供した者が専門の講演をして、簡単な食事を供することになっていた。ただし、その際、狭い意味での時事的問題(Tagespolitik)は論じないことが、会の方針として決められていた。
 会は、1863年1月14日を第一回として、1944年7月26日まで、80年間にわたり1056回を数えたが、これを最後として、再び開かれることはなかった。例の、1944年7月20日のヒトラー暗殺未遂事件に、この会のメンバーのポピッツ、ベック、イェッセン2 そしてハッセルの4人が連座し、処刑された。事実上の最後の会は7月12日であり、講演者は理論物理学のハイゼンベルクであった。
 いま述べたように、戦後、会を再興しようとする動きはなかったようである。その理由は明らかではないが、水曜会メンバーは精神的自由が前提であっただけに、とりわけヒトラーの政権獲得後では、親体制も反体制も呉越同舟であった。上記の対ナチ抵抗運動のメンバーと同時に、ナチ支持者で有名な人類学者フィッシャーなども一員であったので、ナチ体制の崩壊後のドイツにおいて、そのメンバーが再び集まるのは所詮無理であったろう。
 さて、ではなぜその52年後に、「新」と銘打って、「水曜会」が再び結成されたのか。会は、1996年9月25日の初会合からの記録を順次公刊しているが、1998年におけるその第一巻(第5回目の会合までの記録収録)において、デーンホフ自身が、以下のような前言を述べている。今日、学問と科学も資本主義法則と相俟って業績と物質的成果をなによりも重視している。そのため精神・文化・芸術が次第に周辺に追いやられ、経済優先となっている。倫理規範なき社会ともみられる。方向を失いつつある社会では、これについて諸所で論じられているが、舞台と登場人物の交代はそうした議論の影響力をそいでいる。このときに想起されるのが、「無類の仕組み」としての、かの「水曜会」である。今日、事態は異なるが、この閉塞状況を打破するには、世界観は違っても、むしろ倫理的信念および法と正義という観点で結びついたグループの持続的な会合・討論を通じた、見解表明が必要であろう。そこで、今日のドイツの知性を集めて、この会合を持つことにした、と。3
メンバーは、デーンホフのほか、元ドイツ連邦大統領のリヒャルト・ワイツゼッカーや同じく首相のヘルムート・シュミットをはじめとする政治家やジャーナリスト、学者、実業家、著述家などであるが、旧東ドイツ出身者が三分の一を占める。公刊された23回分の会合記録で見る限り、狭く採っても時事的なテーマがその半数を占めているのは、メンバー構成からみても当然であろうし、彼女の現代に対する危機意識の現われであろう。デーンホフは、旧水曜会では純粋に学問的会話に限り、時事は除くことを規定に謳っていることを知っていたはずである。したがって、時事問題を論じつつも、個人と社会、道徳と正義、大学の危機、などをテーマにしたり、また劇場の危機や、宗教の復興など、彼女が前言で述べたように、精神文化的主題が含まれる。こうした構成を見ると、現代社会に対して批判的なジャーナリストであると同時に、東プロイセンにおいて出自でも知性でもエリートであったデーンホフは、ベルリン水曜会はやはり一種の憧れの存在であったのかもしれない。

註。
1 この会に関しては、中澤護人・田澤仁・増田芳雄『ベルリン「水曜会」 - ヒトラー暗殺未遂事件に関与した将軍と教授』、近代文芸社新書、2002に詳しい。著者のお一人の中澤氏は、同書に登場するベック将軍(ヒトラー暗殺首謀者の一人として処刑される)の父『鉄の歴史』の著者L.ベックの研究者として知られた学者であるが、偶然の機会からお近づきを得て、同書のもとになる自家版の小冊子なども頂いていた。
2 「民族的」経済学者として華々しい立場にいたJens Jessenがなぜ反ナチになり、命まで投げ出すことになったのか、その生涯と業績がこのところの私の関心事である。
3 Marion Gräfin Dönhoff(Hrsg.), Die neue Mittwochsgesellschaft – Gesprache über Probleme von Bürger und Staat,1998.

■歴史研究の醍醐味 
敬愛大学教授 村川庸子

 昨年末、拙著『境界線上の市民権-日米戦争と日系アメリカ人』(御茶の水書房)を出版した。着想から25年で博士論文に仕上げ、更に出版までに4年を費やした、と言うと、一様に戸惑ったような反応が返ってくる。逆の立場であれば私も同様の反応をするであろうと、寧ろ微笑ましく感じたりもする。だが、本の出来栄えはともあれ、これほど歴史研究の醍醐味を味わわせてもらったことはなかったし、恐らく今後もないであろうと思われることから、その経験について少しだけ紹介しておきたいと思う。
 本研究は、日米戦争中の日系アメリカ人の強制収容政策の研究から始まった。その政策に反発し、米国への忠誠を拒否した上に市民権まで放棄した(とされてきた)5千5百名余の二世の姿を追ってきた。アメリカを裏切った、と見なされたことから、一般のアメリカ社会でも日系アメリカ人の社会でも、またその歴史の中でも、幾重にも周辺化され、不可視化されてきた人々であった。
 この研究、実は最終盤に思いがけない展開をするのだが、その点については後述するとして、この30年近い歳月は、ユングの言うシンクロニシティを地でいくような人や資料との偶然の出会いに支えられてきた。それは、例えば、ある人の経験談を読んでいる最中にその当人から突然電話がかかってくる、たまたま見つけた昔の雑誌記事を知人に見せたらそこに載っていた数枚の写真が全てその家族のものであった、30年前に出会い本研究のきっかけになった家族と最後に出会った家族の名前が戦後送還船の8千名もの乗船リスト上で並んでいるのを見つける、といった形で、繰り返し目前に立ち現れた。
 研究の最終盤の2000年の研究休暇中にワシントンDCの国立公文書館で一連の行政文書を入手した。先行研究が皆無に近く、直接的な一次史料も見つけることができなかった本研究は、それまで周辺の政策に関する資料調査や、当事者や家族、関係者などへの面接調査を中心に行っており、隔靴掻痒の感を否めなかった。何年も公文書館を訪ね続け、「ここには無い」と言われ続けていた司法省の、それも本研究に直接かかわる文書が突然引き出されてきた。他の史料の収集に追われていて「貴女が興味を持つかも知れない資料があったから、手続きをしておいたよ。忘れずに引き出しなさい」というアーキビストの声にも生返事であったような気がする。ともかくも、この史料の発見により、私はその時点で概ね書き上げていた博士論文を一から書き直すことになる。
 強制収容の歴史に関しては、これまで数多くの研究が積み重ねられてきたが、大部分が陸軍に主導された(後に戦時転住局に移管される)11万名の一世・二世に対する政策に注目し、背景となった西海岸の排日運動や陸軍の政策決定に関与した人々の人種・民族差別を厳しく批判するものであった。他方、本研究で注目した司法省は、開戦直後に陸軍の政策に先んじて国内の治安維持に危険性をもつと思われる外国人の管理・統制にあたっている。戦前から用意されたリストに従い、6千名の日本人を逮捕し、2千名を抑留したが、対象となった人数が小さかったこと、個人ベースの調査が行われたこと、戦時に危険な外国人を国家が管理することは当然だと考えられたことから従来の歴史の中では等閑視されてきた。第一次大戦時の在米ドイツ人に対する政策などに比べれば、はるかに抑制の利いた政策であったと論じる研究者も多い。開戦後、両省の間では陸軍の政策を承認するか否かについての論争が続くが、司法省の動きが従来の歴史の中で見えているのは1942年2月半ば、陸軍の政策の実施が決定される頃までである。陸軍の政策は不必要で合憲性に疑いありと主張し続けていた司法省は、最終的には圧倒的な軍部の圧力に屈しその政策を認めてしまう、という図式が描かれた。
 だが今回発掘した資料を通して、@戦前から司法省内部で戦時の敵性外国人政策が周到に準備されていたこと、Aこの準備が陸軍省などには知らされず秘密裏に進められていたこと、B当初から予防措置としての拘禁と平時にも通用する恒久的な法整備が企図されていたこと、C彼らの言う「潜在的な危険性をもつ外国人」の中に一部市民が含まれていたこと、D危険な市民を排除するために彼らから市民権を剥奪し、「外国人」に変えること、即ち、ドイツ系帰化市民の帰化取消と日系市民(当時、アジア人には帰化が認められず、日系の帰化市民はごく僅かしか存在しなかった)の生得の市民権放棄、しかもE国内における(無国籍者を生み出す可能性があり、国際法では禁止されていた)自発的市民権放棄に向けての法整備が検討されていたこと、Eその目的が1944年の国籍法改正で実現したこと、そしてF時限立法であったその法が現行の国籍法に読み込まれ、ほぼ原形のまま生き残っていることが明らかとなった。
 これまで強制収容は日系アメリカ人に特殊な経験として描かれた。戦前からの排日(排アジア人)運動の歴史と真珠湾攻撃をきっかけにそのクライマックスとして位置づけられる強制立退き、という文脈の中で語られた。人種主義を中心に展開された日本人特殊論は確かに補償要求など政治的には効果的であったが、これを過度に強調することで見過ごされるものもある。その一つが国家的危機における外国人政策の歴史の視点、ナショナリズムの視点である。アメリカでは大きな戦争に際しては常に何らかの形で外国人や市民の自由が制限され、治安維持に危険であると見なされた者の逮捕・拘留、時に国外退去が行われてきた。リンカーン大統領に始まり、第一次大戦中の司法長官パルマー、第二次大戦中の司法長官ビドル、いずれも進歩的政策で知られる人物が人身保護律の停止に踏み切った。いずれも条件とされる戒厳令は敷かれておらず、違憲の疑いもある。危機における外国人政策の文脈の中では第二次大戦中の日本人・日系アメリカ人の経験は決して特殊なものではないのである。
 従来の「歴史」とは全く異なる展開に誰よりも驚かされたのは筆者自身である。この驚きと興奮を少しでも多くの方に共有していただければ幸甚である。

2008/08/15

超人の面白読書 44 雑誌「新潮」8月号 水村美苗 特別評論 日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で 3

 1998年、パリ。水村美苗は小説家としてシンポジウムに招かれ、『日本近代文学―その二つの時間』と題してフランス語で講演をする。 そのパリでの話は12ページも続く。アメリカ滞在中の「Par Avion」から「Air Mail」の移行の話、日本人の西洋に流れる時間(Temps)と日本に流れる時間(temps)、この二つの時間を生きるとは近代という時代の根本にある、非対称的な関係に足を踏み入れること、普遍と特殊との非対称的な関係だと語る話、フランス語と日本語の関係そしてヨーロッパの言語の多様性、それらを読んだ近代の日本の作家が国語という観念を植えつけ、国民文学を植えつけて「日本文学」は花開いた、いわば非対称的な関係の中で生きることを強いられた作家たちだったが、今やすべてが変わってしまったと書く。ラテン語でも中国語でもアラビア語でもなく、英語が普遍語だと強調する。「普遍語」の英語で書く作家は日本語(今やフランス語もだ)で書く作家よりも思考を強いられる運命にはないのだと「特殊語」の言語を憂う。そんなフランス語の講演終了後、一人の中年女性が近づいて来て、「日本文学のような主要な文学とは比べられませんが・・・」と言ったという。何でも両親がイディシュ語の作家でイスラエルの大学で教えている、元はフランス語圏の繊細な精神の持ち主の女性だった。彼女の一言がずっと耳に残ったという。

Une littérature majeure.

それは源氏物語があるだけではなく、近代文学があってこそと水村美苗は書くのを忘れない。まあ、ここまで引用しなくともと筆者は思うのだが、日本文学の翻訳者はそもそも米軍情報局に雇われた日本語通訳者たちだった。昨年亡くなったサイディンスティッカーやドナルド・キーンしかりだ。彼女は世界で一番権威のある百科事典『ブリタニカ』のドナルド・キーンの書いた「日本文学」の記事を引用している。日本文学は、その質と量において、世界の主要な文学の一つで、その歴史の長さ、豊かさ、量の多さにおいては英文学に匹敵する、と。

 3章―地球のあちこちで<外の言葉>で書いていた人々では、普遍語、現地語や国語について考察している。ベネディクト・アンダーソン著『想像の共同体』を援用しながら、国民国家と国民文学について語る(この著者については別途書くつもりだ)。
そうして、今や普遍語は英語となりつつあり、現地語化しつつある日本語は亡びる可能性が出てきたと書くのだ。この特別評論の最後に人は、<叡知を求める人>であればあるほど、日本語で書かれた文学だけ読もうとしなくなってきていると書く。かつては栄華を誇った文学がいつの間にかふきだまりの感を禁じえないところに追いやられているという感受力を携えて・・・。どこへ行く、小説家水村美苗―。
筆者の手元にはいま安田敏朗著『「国語」の近代史 帝国日本と国語学者たち』(中公新書)と雑誌「をちこち 23 特集 翻訳がつくる日本語」(国際交流基金発行 山川出版社発売)が置いてある。待ってましたとばかりのタイミングだ。その後者の雑誌に面白いデータが載っているので紹介しよう。データで見る日本の翻訳文化である。

■日本語に翻訳された言語(出版点数)             
1 英語
2 フランス語
3 ドイツ語
4 ロシア語
5 中国語
6 イタリア語
7 スペイン語
8 韓国・朝鮮語
9 スウェーデン語
10 オランダ語

■最も多くの言語へ翻訳された言語(翻訳元)
1 英語
2 フランス語
3 ドイツ語
4 ロシア語
5 イタリア語
6 スペイン語
7 スウェーデン語
8 ラテン語
9 デンマーク語
10 オランダ語
11 古代ギリシャ語
12 チェコ語
13 ポーランド語
14 日本語

■他の言語からの翻訳が最も多い言語(翻訳先)
1 ドイツ語
2 スペイン語
3 フランス語
4 英語
5 日本語
6 オランダ語
7 ポルトガル語
8 ロシア語
9 ポーランド語
10 イタリア語

 この刺激的な表題の長い評論を覆う主調低音は哀しい色をした言語論だ。近代文学に惚れ込んだ一人の人間のまなざしは絶望と裏腹の希望をさしているのだろうか。文章はなめらかさの中にちょっとした飛躍と軽い知的装置が施され、若干の感傷を包み込んでは古めかしい語句が小さな金属音を奏でているように感じた。果たしてこの作家のロゴスはパトスに先導したことに成功しただろうか。夫君は『ヴェニスの商人の資本論』の著書などを持つ著名な経済学者の岩井克人氏だ。

 きしくもナショナリズムの高揚が顕著な北京オリンピックには当局の報道規制が"事前"に厳しく敷かれていたと報道された。暴動報道、偽装ギョウザ発覚報道、北京オリンピックを貶す報道に対しては厳重な処罰を下すらしい。ここにはカメレオン的な国家の貌が覗く。自由で批判精神に富んだ言説が健全な国家を創るのではないか―。開会式の一部の花火はCG、合唱していた美少女たちはただ口をパクパクしていただけと虚がバレた。統制化された言語、虚の言語はこの評論でも国家は自然なものではない、国語は自然なものでもないと、ナショナリズムの本質をアンダーソンの『想像の共同体』から教えられつつ鋭く突いていた。

 この書評を書き終えた今日も関東地方は猛暑で最高気温が続出した。37度以上記録した府中市、この辺でも気温35℃だ。

2008/08/12

超人の面白読書 44 雑誌「新潮」8月号 水村美苗 特別評論 日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で 2

 2章パリでの話では英語圏にいて英語を毛嫌い、フランス語に触れてその優位性を示したかったと嘯くこの作家はこのあとフランス語について語る。近代に入るにつれて英語が力を伸ばしてきたが、フランス語はまだまだ尊敬される言語だった。そしてフランス語を大学で専攻する自分の背景を語り、フランス語の威力とその起源を素描し「アカデミー・フランセーズ」の設立過程を紐解き、英国、ロシアなどは教養としてフランス語を身につけていた、いわばヨーロッパ文明の神髄を表す言葉として広がっていたと書く。
朔太郎の

ふらんすへ行きたしと思えども ふらんすはあまりに遠し

の有名な詩を引用して大正時代の日本の作家の憧れを、上田敏、堀辰雄の詩を写しては日本の作家がフランスにいかに憧れていたかを強調する。しかしフランス語の凋落はヨーロッパの凋落のあとの第二次世界大戦後にはっきりした。日本では戦後志賀直哉のフランス語の国語化採用論があり、その後実存哲学、構造主義と難解なフランス文化がもてはやされた。

2008/08/10

超人の面白読書 44 雑誌「新潮」8月号 水村美苗 特別評論 日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で 

 2,3日前の毎日新聞朝刊一面下のヤツワリの広告欄に文芸雑誌「新潮」8月号の広告が載っていた。久しぶりに刺激的な表題の評論と思い飛びついたのだ。
 水村美苗―筆者には久しく忘れかけていた作家だった―は確か17年前の1991年に漱石の『明暗』の続きをその文体を借りて書いた『續明暗』(筑摩書房)でデビューした。遅いデビューだったが、海外帰国子女ということも手伝って当時大分話題になった女性だ。あれから『本格小説』(新潮社)、『私小説 from left to right』(新潮社)、作家辻邦生との往復書簡『手紙、栞を添えて』(朝日文庫)刊行、芸術選奨新人賞、野間文芸新人賞、読売文学賞と次々に賞も取っている、決して多産的な作家ではないが本格派の小説家だ。そしてこの「新潮」8月号に掲載されている「日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で」があと4章加筆されて筑摩書房から今秋に刊行されるという。また、この作家のweb siteでは来年の読売新聞の新聞小説連載も決まっており、離婚を考えている女性をテーマに箱根周辺を舞台に描くことまで書かれていた。
 「日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で」は123ページから209ページまで86ページもある評論だが、この作家特有の英語との関わりの中で日本近代文学を考えることがテーマである。もちろんいろんなところですでに書かれて来ていることなのだが、12歳で父親の仕事でニューヨークのロングアイランドに住み、アメリカの東海岸の典型的な教育を受けて育つが、英語嫌いでその反動かもしれないが、家では1926年(大正15年)発行の改造版の『日本文学全集』を読み耽っていたらしい(こういう古い本を赴任先まで持っていく父親も凄いが)。おかげで夏目漱石の小説などは暗記しているほどだ。
 2003年アイオワ大学国際創作プログラム(IWP: International Writing Program) 招聘作家として参加したときの様子から書き出し、<自分たちの言葉で書く人々>が1章、最近の自分の健康状態、大学のことをはじめ、そこには事細かく大学が用意したホテルでの1ヶ月間の人間模様がこの作家特有の観察眼で描かれている。特に印象に残ったのはモンゴル人の、ウクライナ人の、リトアニア人の、アルゼンチン人の、ミャンマー人の、ボツワナ人の、中国人の、韓国人の、ポーランド人の、ノルウェー人の作家を語る彼女特有のことばに関するsensibilityである。そして1章は英語が<普遍語>になるとは、どういうことかの命題を引き出して次のように書く。

 それは、英語圏をのぞいたすべての言語圏において、母語と英語という、二つの言葉を必要とされる機会が増える。すなわち、母語と英語という二つの言葉を使う人が増えていくことにほかならない。そのような人たちが今よりはるかに増え、また、そのような人たちが今よりはるかに重要になる状態が、百年、二百年続いたとする。そのとき、英語以外の諸々の言葉が影響を受けずに済むことはありえないであろう。ある民族は<自分たちの言葉>をより大切にするかもしれない。だが、ある民族は、悲しくも、<自分たちの言葉>が「亡びる」のを、手をこまねいて見ているだけかもしれない。中略。私が言う「亡びる」とは、言語学者とは別の意味である。それは、ひとつの書き言葉が、あるとき空を駆けるような高みに達し、高らかに世界をも自分をも謳いあげ、やがてはそのときの記憶さえ失ってしまうほど低いものに成り果ててしまうことにほかならない。ひとつの文明が「亡びる」ように、言葉が「亡びる」ということにほかならない。(P.150)

 気温が30℃近くの関東地方で真夏日の連続が途絶えたとは言え、蒸し暑い。ソファベットでこの雑誌を午前中から読み始めた。途中遅いブランチを摂り、また、横になって読み続けたのだが、ブランチにビール缶を付けたのがいけなかった。何行目か読んでいると眠くなっていつの間にか雑誌が落ちているのだ。拾い上げてまた、捲る。あっ、パリの講演の話だった―。
Une littérature majeure―主要な文学の話、パリでの話は第2章。 

2008/08/03

超人のジャーナリスト・アイ 92 Harper's Magazine: cartoon

web購読の「ハーパーズマガジン」2008年8月1日号の漫画。

Somethingstinks_600_2Roycenib_600_2
Mr. Fish (mrfishmail@verizon.net) lives in Los Angeles, California. He never asked to be born. Occasionally, he laughs his head off. His mother has no idea what he's up to. She cries easily. For more information, date him.
CARTOONS (201)WEB ONLY August 1, 2008

右上の漫画の文句。ロイス・ニブは新聞産業の終焉に気をもんでいる。また、その下の文句。薄っぺらなナショナリズムそれに腕時計や下着の広告で粉砕された自己満足的な企業の戯言をどこでゲットしょうか―。

2008/08/02

超人のジャーナリスト・アイ 91 ウィーンで発刊されて人気の新聞復刻版『NachRichten』

 偶然にNHKBSを観ていたら面白い番組に出くわした。こだわりライフヨーロッパ 70年前の新聞を読み解く 〜オーストリア ウィーン〜という番組。NHKエンタープライズヨーロッパ制作のものだ。70年前に発行された新聞『NachRichtenナッハリヒテンFrontpage_new_2の復刻版が毎週水曜日一部650円(発行部数は2万部)でスタンドで売られ、今注目されているという。この新聞のユニークさは単に当時の新聞記事を載せて出すだけではなく、時代背景や解説を加えた記事も入っている点だ。編集責任者のウィーン大学マスコミ学科のフリッツ・ハウスイェル准教授Prog_080802_kodawari_2たちが図書館の地下一階を編集会議に使い、当時の新聞記事を拾いながら独自の視点で発刊している。この新聞はオーストリアのウィーンで出されたものと近隣諸国で出されたものと二つあるらしく、記事の内容も違うというが、それも取り入れている。読むと記事の違いが判るのだ。70年前、オーストリアはナチス・ドイツに併合されて第二次大戦に突入していったが、そのナチス政権下で新聞は政治的に利用された。
「過去に果たした新聞の役割などを再認識し、古い新聞からジャーナリズムのあり方を問い、オーストリア人が新聞を通じて政治とどう向き合ってきたか知ってほしい。また、ジャーナリストを目指す若者も考えてほしい」とはハウスイェルさんの言葉だ。当時の関係者を呼んで戦争体験などもヒアリング、学生に語り継ぐことも忘れない。なかなか気骨のあるジャーナリストと映った。さて、翻って日本ではこのようなユニークな新聞作りは可能か、特に若い人が読んでくれるか―。わずか20分の番組だったが印象に残った。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31