« 超人のジャーナリスト・アイ 87 HOKKAIDO TOYAKO SUMMIT 5 | トップページ | 超人の面白読書 39 石川榮吉著『欧米人が見た開国期日本一異文化としての庶民生活』 6 »

2008/07/11

超人の面白俳句 2008年夏

赤魚鯛食べる先生梅雨知らず

京の夏ぎおんギオーンと山車を組み

立松さん何を見てたの京の汗※

夏に咬んで尾張名古屋は地下でもつ

恋狂いモナの身体は二度死んで

チャン・ツィイー昇る龍かよ富豪獲り


※追記。京都駅でみかけた立松和平氏は、2010年2月8日多臓器不全で亡くなった。

« 超人のジャーナリスト・アイ 87 HOKKAIDO TOYAKO SUMMIT 5 | トップページ | 超人の面白読書 39 石川榮吉著『欧米人が見た開国期日本一異文化としての庶民生活』 6 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白俳句 2008年夏:

« 超人のジャーナリスト・アイ 87 HOKKAIDO TOYAKO SUMMIT 5 | トップページ | 超人の面白読書 39 石川榮吉著『欧米人が見た開国期日本一異文化としての庶民生活』 6 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31