« 超人のジャーナリスト・アイ 88 最近の新聞書評欄斜め読み | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 90 雑誌「ニューヨーカー」の風刺画 »

2008/07/16

超人のジャーナリスト・アイ 89 芥川賞・直木賞受賞

 昨日芥川賞受賞の揚逸氏についてはすでに書いた。一つ思い出したことがある。「ワンちゃん」が雑誌「文学界」に載った時に毎日新聞の文芸評で評論家の川村湊氏が取り上げていたことだ。その時の新聞を取り出せば分かることだが、なんて書いてあったか、確か有望な新人登場の類の言葉だったろうか。中国文学者の藤井省三氏は日本文学の開国、新しい「越境文学」と評していた(「日経新聞」2008年7月16日朝刊)。
 直木賞受賞は「切羽へ」の井上荒野氏。気骨の作家井上光晴の娘だ。この作家については筆者も雑誌のインタビュー記事かなにかで読んでいた。
選考委員の平岩弓枝氏は現在日経新聞の私の履歴書を執筆中で、今朝の記事は自分の直木賞受賞の日を回想していた。彼女は昭和34年7月、第41回の直木賞受賞者である。当時は今みたいに大騒ぎをしなかったらしい。文藝春秋社の宣伝効果はいかに―。

« 超人のジャーナリスト・アイ 88 最近の新聞書評欄斜め読み | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 90 雑誌「ニューヨーカー」の風刺画 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人のジャーナリスト・アイ 89 芥川賞・直木賞受賞:

« 超人のジャーナリスト・アイ 88 最近の新聞書評欄斜め読み | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 90 雑誌「ニューヨーカー」の風刺画 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31