« 超人の面白読書 42 石川榮吉著『欧米人が見た開国期日本-異文化としての庶民生活』 3 | トップページ | 超人の面白読書 42 石川榮吉著『欧米人が見た開国期日本―異文化としての庶民生活』 4 »

2008/06/28

超人の面白ラーメン紀行 94 杉並区『地雷源』

超人の面白ラーメン紀行 95
ここはスープが切れたらお仕舞い、せいぜい3時間の営業時間とは2003年のラーメン店紹介での話(今は12時〜15時、18時〜22時30分が営業時間、金曜日定休日)だが、筆者も気に掛けていて一度訪れたいラーメン店だったのだ。その噂の店は地下鉄丸ノ内線方南町から徒歩8分の環七通りを少し右に入ったところの、通り過ぎれば分からないマンションの一階にある。梅雨の晴れ間の土曜日の昼下がり、方向間違いをして20分は鍵状に歩いてしまった。店に入るなり汗はピークに達し額を覆ったのだ。そうか、店の名前はと狭いジャズ風の店内をキョロキョロ、あった、ローマ字で“JIRAIGEN”地雷源 だ。洒落ているのか、それとも“地雷”を踏まそうと思ったのか、いや、そういう意味でもあるまい。
我流旨味そば(醤油)750円を頼んだ。一啜りするやあの永福町の「大勝軒」の味だと舌が教えてくれた。それは昔懐かしい味でもある。鰹出汁、鶏ガラやその他独特の素材がミックスされたやや濃そうに見えるがあっさり系のスープ、ストレート系細麺、トッピングは柔らく味もいいチャーシュー、海苔、刻みネギ、メンマ、海藻などは他のラーメン店よりは量が少なく“上品”なのだ。店内は8席のカウンターのみ、やはりジャズが流れていた。店内の色調は黒、切り盛りは無口っぽい男性二人だ。店の紹介記事が二ヶ所に貼られていたのが印象的。つけ麺850円、フランキー中華そば800円、ロイクーメーン850円など。
『地雷源』1.スープ★★★2.麺★★☆3.トッピング★★4.接客・雰囲気★☆5.価格★★

« 超人の面白読書 42 石川榮吉著『欧米人が見た開国期日本-異文化としての庶民生活』 3 | トップページ | 超人の面白読書 42 石川榮吉著『欧米人が見た開国期日本―異文化としての庶民生活』 4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 94 杉並区『地雷源』:

« 超人の面白読書 42 石川榮吉著『欧米人が見た開国期日本-異文化としての庶民生活』 3 | トップページ | 超人の面白読書 42 石川榮吉著『欧米人が見た開国期日本―異文化としての庶民生活』 4 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31