« 超人の面白読書 40 伊集院憲弘著『客室乗務員は見た!』(新潮文庫) | トップページ | 超人の面白文学発見 ある文学研究会見聞記 1 »

2008/05/15

超人の面白文学発見 トルコのノーベル賞作家オルハン・パムク氏来日、大学のシンポジウムで大いに語る

ノーベル賞作家オルハン・パムク
  青山学院大学総合文化政策学部・藤原書店・国際交流基金主催シンポジウム「オルハン・パムクとの対話」
を二三日前の毎日新聞夕刊の記事で知り直接申し込んだ。異文化接触・交流に関心のある人間にとっては最良の機会である。

 パムク、自作を読む、パムクと語る―東洋の西端と東端からの二部構成。総合司会梅津順一青山学院大学総合政策学部教授、詩人・小説家の辻井喬、国際交流基金理事長小倉和夫が第二部でパネラーとして出席。2時間半はあっという間に過ぎたほどこのイベントは盛り上がった。客席は定員200名だったが優に越していた。会場の青山学院大学総研ビル12階の大会議室も快適だ。
パムク、自作を読むでは自作の『カルスの雪』ノートからの文章をトルコ語と児玉朗氏の日本語訳朗読それにパムク氏自身による英語のコメント付きで構成。
トルコ語は20代の頃言語学者の服部四郎(ウラル・アルタイ語の専門家)がその著作で音韻論、統語論、語彙論、文化論を展開していたことをふと思い出した。ウムラウトのある文字、日本語に似て膠着語、フィンランド語やモンゴル語にも見られる母音調和それに何といっても“こたつ”を備えた生活様式のイスラム教国、実際にその朗読されたトルコ語の響きはドイツ語やスウェーデン語風。アクセントがやや単調で短音の連なりが心地良い響きを醸し出していた。

 2002年刊の『雪』(邦訳藤原書店)Img019_3
は、「9.11」事件後のイスラームをめぐる状況を予見した作品として高い評価を受けた。異文化の接触の只中でおきる軋みに耳を澄まし、喪失の過程に目を凝らすその作品は、複数の異質な声を響かせることで、エキゾティシズムを注意深く排しつつ、ある文化、ある時代、あるいは都市への淡いノスタルジーを湛えた独特の世界を生み出している。ヨーロッパとトルコの文学者たちによる描写とモノクロ写真を自在に織り合わせながら、“憂愁”の町イスタンプ゛ールを描いた『イスタンブール』(邦訳藤原書店)では、町と一体化した自らの来歴を見事に描いている。
 作品は世界各国語に翻訳されベストセラーとなっているが、2005年には、トルコ国内でタブーとされている「アルメニア人問題」に触れたことで、国家侮辱罪に問われ、トルコのEU加盟問題への影響が話題となった。
 2006年、トルコの作家として初のノーベル文学賞を受賞。受賞理由は「生まれ故郷の町に漂う憂いを帯びた魂を追い求めた末、文化の衝突と交錯を表現するための新たな境地を見いだした」とされている。ノーベル賞としては何十年ぶりという感動を呼んだ受賞講演は『父のトランク』(邦訳藤原書店)として刊行されている(「オルハン・パムクOrhan Pamukとの対話」、当日配られたパンフレットより抜粋)。
 
そして、この「カルスの雪」ノートの自作朗読は音としての国境の街の都市風景だが、筆者には作者の内面の鼓動がその土地の地霊(そこに生活する人々の声の叫び)と重なりうねりと化していたように感じられた。誠実な声の小説化-。
因みに、気になるキーワード「カルスKars」を検索してみた。
Map_of_turkey

カルス (都市)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カルスとカルス県の位置カルス(Kars)はトルコ北東部の都市。カルス県の県都。人口は約78,000人。アルメニアとの国境から45km。

[編集] 歴史
9世紀末から10世紀にかけてアルメニア王国の首都として栄えた。セルジューク朝の占領の後、13世紀にはモンゴル人に、1387年にはティムールに破壊される。16世紀末、ペルシアへの対抗のため、ムラト3世によって要塞が築かれた。1731年にはサファヴィー朝のナーディル・コリー・ベグが町を包囲、1807年にはロシア帝国の攻撃を受けたが抵抗を続ける。1828年7月23日、イヴァン・パスケーヴィチ将軍の率いたロシア軍に降伏する。
カルス城塞1853年からのクリミア戦争ではカフカス攻略の拠点としてオスマン帝国の守備隊が駐留していたが、同年11月30日のシノープの海戦で主な補給線を断たれてしまい、1855年11月に包囲戦の末ミハイル・ニコラエヴィチ・ムラヴィヨフ率いるロシア軍の前に降伏。パリの講和会議でセヴァストポリと交換に返還されるが、これによりオスマン帝国をはじめとする諸国は戦勝国としての立場を事実上失った。
1877年から1878年にかけての露土戦争で再びロシア軍が占領し、サン・ステファノ条約によってロシア帝国に併合された。露土戦争にロシアが勝利し、カルスを占領したことを記念して、ムソルグスキーが荘厳行進曲「カルスの奪還」を書いている。
1918年3月3日のブレスト・リトフスク条約で、ロシアはアルダハン、バトゥミとともにカルスを失った。1918年4月25日、カルスはトルコによって占領される。1919年1月にはアルメニア軍が反撃し、カルスを占領。アルメニア軍はカルスのムスリムの虐殺を行ったとされる。その後、1920年9月にトルコがカルスを再び併合した際に、報復として多数のアルメニア人が殺された。
1921年11月、カルスにおいて国境画定の会議が行われ、カルス条約によって現在の国境線が最終的に決定された。

第二部はオルハン・パムク氏と詩人・小説家の辻井喬氏、国際交流基金理事長の小倉和夫氏交えてのパネルディスカッション。Nec_0247
筆者のメモ書きをアトランダムに記すとこうだ。
雪のイメージ、雪の価値、雪の結晶、神秘さ、詩的イメージ、新しい文学、一人一人が主人公、「雪」が最初から最後まで降り続いている、本当は詩人、象徴でまとめる感性の持続がすごい、幻想小説、ファンタジーと現実、コンラッドを思い出す、イスタンブールに今もって住んでいる、カルス-国境の町、マルケスの『百年の孤独』を想起、社会に目を配った文学、政治的ではなく目に見えないものを見る、新しいことを発見していくことが小説家、自由と束縛、トルコの自由、登場人物を通じて問題を提示、女性、抑圧、301条、一般化はむずかしい、EUに入ってほしい、「雪」の428ページ、われわれは個人ではない→5,60年代の知識人、西洋主義と東洋主義、祖国を見捨てる勇気、「雪」102ページ→日本人には理解しがたい、西洋人になりたい、私もその一人だがとパムク氏、日本人は西洋人にはなれない、そうならなくともいい、ジェラシーやアンガーなどを含んだ堕落的快楽が理想、谷崎文学、魅力的な悪女ナオミ、三島文学、自殺、個人差、源氏物語を評価、アラビアンナイト、西洋と東洋を越えて、人間性・・・。途中で切れてしまった断片、ドフトエフスキー『悪霊』、他者の痛み(筆者、太字)、小説の神髄、ポリフォニー、調和、フィクション化、倫理的な問題→みんなで読めるものにする・・・。
充分に論理的かつ感性的なオルハン・パムク氏は書くことで社会に切りこむ。その眼は鋭い。56歳。
このあと質疑応答の時間があって年配の研究者男女4,5人が行ったが、日本語でのやりとりは良いとして(同時通訳つき)、ある若い女性がキャラクターが変わっていくことについての質問を英語で出したが、パムク氏がその英語を理解できなく、"I didn't understand."と言っていて、慌てて日本語で質問の要旨を伝えてやっと質問の意味が解った一幕もあった。パムク氏の英語は3年間ニューヨークに住んでいたこともあってか、ゆっくりとしかもはっきりとした英語で解り易い。そういっても筆者はまだまだとヒアリング不足を痛感したのだ。
 さて、じっくりと『イスタンブール』、Img016_2
『私の名は紅』、Img018_2
『雪』そして『父のトランク』を読もう。まだ触り程度しか読んでいないのだ。
【写真下: サイン中のオルハン・パムク氏と講演終了後書いて頂いたオルハン・パムク氏のサイン】
Img017_2
Nec_0248_2付記。トルコと言えばいろんなことが浮かぶ。バザール、ビザンティン建築、オスマン帝国、トプカプ宮殿、スルタンアフメット・ジャーミー・モスク、別名ブルーモスク、トルコブルー、トルコ石、タイル、ステンドグラス、トロイの遺跡、ヒッタイト遺跡、奇跡・洞窟のカッパドキア、トルコ料理、ドネルケバブ、トルココーヒー、チャイ、水タバコ、トルコアイス、サッカー、ベリーダンス、遊牧民、ケマル・アタチュルク、クルド問題、イラク戦争のアメリカ軍駐留用基地の拒否、スカーフ着用問題、日本の神田や秋葉原などで売っている移動販売車、濃い顔、人懐こい、いや、映画もあったなど筆者がすぐ浮かぶものはその程度だ。今朝の某テレビ番組の看板コーナー「世界の朝ごはん」では地中海に面した風光明媚で観光客が増えているアンタルヤの町を取り上げていた。しかし何度かテレビの旅行番組や本で見る限りでは、やはりイスタンブール(正確にはイスタンブル)の街に魅かれる。東西の架け橋、歴史遺産の旧市街、ボスフォラス海峡、マルマラ海、金角湾に囲まれた歴史的要衝の都市と佇まい、そしてオルハン・パムク氏が感じる憂愁(ヒュズン)、筆者はなぜかリスボンの、ボードレールのパリの憂愁を想った。(2008年5月17日 記)
Img022_3【NHKテレビ: アジア語楽紀行 旅するトルコ語テキスト 2006年刊より】
付記 2。オルハン・パムク氏の公式サイトで『イスタンブール 思い出とこの町』のニューヨークタイムズ紙書評を見つけた。
下記はその引用。

A Walker in the City

By Christopher De Bellaigue

ISTANBUL
Memories and the City.

By Orhan Pamuk.
Translated by Maureen Freely.
Illustrated. 384 pp. Alfred A. Knopf. $26.95.

NEAR the end of ''Istanbul,'' a dissolute and errant architecture student called Orhan Pamuk sits in the family apartment with his mother -- his father is out with his mistress and his older brother, Sevket, is studying in the United States -- while she lays out with appalling precision how his passion, which is to paint, will lead him either to the bottle or to the asylum. ''Everyone knows that van Gogh and Gauguin were cracked,'' she says, and goes on: ''You'll be plagued by complexes, anxieties and resentments till the day you die.'' Seized by guilt but revolted by the bourgeois life his well-born mother has mapped out for him, Pamuk steps out into Istanbul's ''consoling streets,'' but not before experiencing a dramatic conversion. In a parting shot to his mother -- and also to the reader, for these are the book's final words -- he says: ''I don't want to be an artist. . . . I'm going to be a writer.''

To judge by the spasms of self-abasement that Pamuk records here -- ''I belong to the living dead,'' he writes in a late chapter, ''I am a corpse that still breathes, a wretch condemned to walk streets and pavements that can only remind me of my filth and my defeat'' -- the old lady had a point. Pamuk is not a sunny memoirist, but neither is he a sunny novelist. In this memoir of his youth, as in the six novels he has set in the city, Istanbul bears only a fleeting resemblance to the smiling and vibrant place many Westerners know from vacationing there. Pamuk's hometown is rarely consoling; it is more often troubled and malicious, its voice muffled and its colors muted by snowfalls that happen more often in the author's imagination than in real life. ''From a very young age I suspected there was more to my world than I could see,'' Pamuk writes, and so it goes. Far from a conventional appreciation of the city's natural and architectural splendors, ''Istanbul'' tells of an invisible melancholy and the way it acts on an imaginative young man, aggrieving him but pricking his creativity.

As a Turk, a painter and -- eventually -- a writer, the journey Pamuk depicts in ''Istanbul'' lies between what many outsiders, in his sardonic observation, ''like to call East and West,'' but which he terms past and present. The past is represented by the Ottoman Empire, a vast many-limbed polyglot whose heart once beat in Istanbul, its dazzling capital. But the empire no longer exists, and its surviving memorials -- the imperial mansions and expanses of woodland, the marble fountains and clapboard waterside villas -- are being devoured by developers, fire and neglect. The present is the Turkish Republic, Ataturk's secular, Western-oriented, homogenizing nation state, which has its seat in a big Anatolian village. Istanbul is no longer a city of consequence, let alone a world capital. It is an insular little place sinking in its own ruins, ''so poor and confused that it can never again dream of rising to its former heights of wealth, power and culture.''

Pamuk is himself a product of the Ataturk revolution. Born in 1952 into a quarrelsome, irreligious family, surrounded by ''positivist men who loved mathematics,'' he grew up, as he tells us, in a family-owned apartment building in the upmarket Nisantasi district, free to read Freud and Sartre and Faulkner, drink alcohol and have a love affair (beautifully evoked in Maureen Freely's fine translation) with a schoolgirl. As a young painter, he saw his city through the pictorial and written accounts left by visiting Europeans, and also through four republic-era Turkish writers who have been, ''at one point in their lives, dazzled by the brilliance of Western (and particularly French) art and literature.'' Naturally, the reader pauses to reflect on Pamuk's own debt to the West -- on the architectonic precision of his novels, on their assured leaps from Proustian introspection to a narrative sorcery that recalls Borges and García Márquez. If, as Pamuk writes, ''there is no Ottoman painting that can easily accommodate our visual tastes,'' it is because ''we'' have been schooled to see things in a different, Western way. He is drawn to the 18th-century painter Antoine-Ignace Melling because Melling ''saw the city like an Istanbullu but painted it like a cleareyed Westerner.''

Ka, the protagonist of ''Snow,'' Pamuk's most recent novel (and his first to be set outside Istanbul), feels a Turkish secularist's distaste for religion, but suffers too from an aching spiritual emptiness. Pamuk's achievement in ''Istanbul'' is to show the human damage done by Ataturk's revolution without succumbing to the benighted nostalgia of many Turkish Islamists. He is appalled that many secular Turks (including, presumably, Pamuk himself) must ''grapple with the most basic questions of existence -- love, compassion, religion, the meaning of life, jealousy, hatred -- in trembling confusion and painful solitude'' but he offers no solution. Mapping his own complexities, he turns to the streets of his hometown, to the ''last traces of a great culture and a great civilization that we were unfit or unprepared to inherit, in our frenzy to turn Istanbul into a pale, poor, second-class imitation of a Western city.'' One of Pamuk's qualities is his constant striving to be worthy of that inheritance; all his novels, and particularly ''My Name Is Red,'' testify to the author's self-education in the Persian and Islamic origins of Ottoman culture -- an education that had no place in the progressive curriculum of his private high school.

For many secular Turks, that word ''imitation'' has a disagreeable resonance. Naturally, they bridle at suggestions that their pursuit of a European identity is mimicry. Pamuk is an exception, a secular Turk who has too much integrity to seek authenticity in so contrived a national mission -- which he finds exemplified in his parents' house, where the piano is untouched and the porcelain is for show and the Art Nouveau screen has nothing to hide. Again, he turns for meaning to Istanbul's decrepit outlying neighborhoods, and to the photographer Ara Guler, whose images illustrate Istanbul and who shares Pamuk's fascination with decay and snow. Above all, Pamuk identifies with his four ''lonely, melancholic'' Turkish writers, who use European tools to evoke a peculiarly Turkish sense of loss.

''Istanbul'' is full of byways that lead the reader into Pamuk's fiction -- sometimes with a jolting literalness. The quarrels between young Orhan and Sevket mirror the rivalry of two siblings, also called Orhan and Sevket, in ''My Name Is Red.'' In ''Istanbul,'' the young Pamuk recalls reading that Flaubert once imagined writing a novel about a Westerner and an Easterner who ''come to resemble each other, finally changing places''; this happens to be the plot of Pamuk's ''White Castle.'' But it is ''Black Book,'' the story of a quest that begins (and ends) in a family-owned apartment building in Nisantasi, that flickers most vividly across the pages of ''Istanbul.'' There is so much of Pamuk in the novel's solitary flâneur, Galip, and also in Galip's missing cousin, Jelal -- a collector, like Pamuk, of semihistorical trivia about Istanbul and forgotten curiosities of Turkish history.

''Istanbul'' stops when Pamuk is still a young man. A sequel would reflect subsequent changes. As Turkey puts its economic house in order and edges closer to European Union membership, parts of Istanbul are acquiring gentrified airs. Three formerly down-at-the-heels streets in Pamuk's beloved Beyoglu district were recently transformed into a sort of Disneyfied ''French Quarter,'' with security guards, chic boutiques and outside tables where rich Turks can nibble Camembert and lip-sync to the Brassens soundtrack. It would be nice to hear what Pamuk thinks of that.

(THE NEW YORK TIMES BOOK REVIEW, 12.6.2005)

« 超人の面白読書 40 伊集院憲弘著『客室乗務員は見た!』(新潮文庫) | トップページ | 超人の面白文学発見 ある文学研究会見聞記 1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人の面白読書 40 伊集院憲弘著『客室乗務員は見た!』(新潮文庫) | トップページ | 超人の面白文学発見 ある文学研究会見聞記 1 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31