« 超人のジャーナリスト・アイ 79 毎日新聞書評欄「源氏物語」特集など | トップページ | 超人の面白読書 40 伊集院憲弘著『客室乗務員は見た!』(新潮文庫) »

2008/05/04

超人のクラシック音楽鑑賞 東京丸の内「熱狂の日」ポーランドのヤツェク・カプシク指揮シンフォニア・ヴァルソヴィア演奏のウィーンの舞曲を聴く


  5月4日は筆者的には特別な日だが、クラシック音楽を聴きに東京丸の内の東京国際フォーラムに出かけた。開演は午後5時、その前にインターネットラジオのクラシック専門局「OTTAVA」の公開生放送をしているサテライト
(ゲストはこのラ・フォル・ジュルネのコンサートに出演している、フランスではスター的存在のピアニストのアンヌ・ケフェレックさん)
へ寄った。余裕持って行けば良いものの、開演すれすれ、それでも開演30秒前だった。AホールR11入口入って2階の席。このAホールは大きく、結構壮観である。演奏者たちが入って来て着席するが何せ2階だ、彼らの姿が遠くて小さく見えにくいのだ。1階に座っている連中が羨ましい。3才の子供から入れているせいかあちこちで幼い子どもの泣き声が聞えて多少うるさかった(この「熱狂の日」のクラシック音楽祭には子ども参加できるイベントも組まれているらしい。楽器に親しむイベント、小学生だけのビックバンド演奏会や子どもだけとは限らないけれども、音楽家から直接レッスンを受けられる教室も開催されていて長い列ができたらしい。それはNHKの番組「ピアノスーパーレッスン」などの影響もあるとか)。すぐに演奏が開始された。ポーランドのヤツェク・カプシク指揮シンフォニア・ヴァルソヴィア、33名〜40名の編成チームがまずはシューベルト、ウェーベルン:ドイツ舞曲、ヨハン・シュトラウス二世:「こうもり」序曲、ブラームス:ハンガリー舞曲など約45分間にわたって演奏した。透明感のあるやや優しい演奏は素人の耳に心地よく繊細な響きを充分に楽しませてくれたのだ。

  帰りはまたインターネットラジオクラシック専門局「OTTAVA」へ、しばし公開生放送を聴いた。お馴染みの宮前景さんは清楚な知的美人、語りの上手い本田聖嗣氏、クラシックならこの人と言われている村田直樹氏の面々、普段はラジオは顔が見えないのでこういう機会は有り難いのだ。あとでわかったことだが、筆者がコンサートを聴いている時間帯に衆議院の小池百合子議員もゲストに出演していたらしい。ゲッ。筆者は聴けなかったため、おみやげに今回の目玉でもあるカリブ海の国から来たRenegades Steel Orchestraのドラム缶でのシューベルト演奏のCDを購入(2000円)。楽しい一時だった。来年はもっと早めに予約してやはり1階の良い席を確保し、ピアノの演奏などをはしごして聴きたい。そして筆者は今ある光景を思い出した。2007年2月にさいたま芸術劇場でノルウェーのピアニストレイフ・オヴェ・アンスネスのピアノリサイタルでグリーグの主に抒情小曲集を聴いた帰り際、最寄のJR駅の待合席である大学の先生とおぼしき人が若い女性二人に何やら話しかけている光景に出会った。音楽を愛する人に悪い人はいないんだよという言葉が漏れ聞こえた・・・。
【写真上:会場のパネルから 写真下:「OTTAVA」サテライト筆者撮影】

追記。家で誕生日のチーズケーキNec_0235_2
を食べながらインターネットラジオクラシック専門局「OTTAVA」を聴いていたら、5月6日の「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」の最終日の追加公演が先程決ったというニュースが飛び込んで来た。演目他はこれから決めるそうだ。ということは大盛況という嬉しいニュースだ。もう一つ、夜遅くだが昨日この「OTTAVA」の公開生放送に出ていた宮前景さんがレギュラーを突然お休みしたニュース。代わりに今週はミュージックデレクターなる人がピンチヒッターでプレゼンターを勤めると言っていたが―。ちょっと心配だ。(2008年5月5日 記)

追記2。インターネットラジオクラッシク専門局「OTTAVA」が最終日のラ・フォル・ジュルネ、「熱狂の日」の関係者を次々ゲストに呼んでいて臨場感溢れるインタビューが面白い。特にこの音楽祭のプロデューサー、ルネ・マルタンさん、フランス語で出演者や次のテーマを語る情熱はまさしく「熱狂」だ。で、来年はバッハ、バロックがテーマだそうだ。1月からチケットを販売するそうでこれは早く買わなくちゃ。日本にこういう音楽を定着させる戦略はなかなか見事だ。
 今年から始まったもう一つの開催地金沢での話。一回チケットを購入すればどのコンサートも聴けるチケットを発売日したところ、クラシックを聴いたことがない人がどっと押し寄せたという。インターネットの時代に好奇心をくすぐったと想像するのは容易いが、こういう現象はクラシックの裾野を広げることに大きく貢献したと思うのだ。アンサンブル金沢を持つもやはりローカル、近隣諸県からかけつけたのかな。
このフランス人仕掛けの音楽祭はブラジルでも開催されるなどテーマ、演奏家や開催地がグローバルかつクロスカルチュラル的だ。フラン人もやるね、ドイツ語圏のウィーンのシャイなシューベルトをやるのだから、天晴れ、ルネ・マルタンさんよ(5月6日 記)。

« 超人のジャーナリスト・アイ 79 毎日新聞書評欄「源氏物語」特集など | トップページ | 超人の面白読書 40 伊集院憲弘著『客室乗務員は見た!』(新潮文庫) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人のジャーナリスト・アイ 79 毎日新聞書評欄「源氏物語」特集など | トップページ | 超人の面白読書 40 伊集院憲弘著『客室乗務員は見た!』(新潮文庫) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31