« 超人の面白文学発見 ある文学研究会見聞記 2 | トップページ | 超人の面白読書 41 オルハン・パムク著和久井路子訳『父のトランク』 »

2008/05/18

超人の面白文学発見 ある文学研究会見聞記 3

Nec_0243シンポジウム モダニズムと中原中也(司会阿毛芳・疋田雅昭)が始まった。 1.中原中也とタダイズム 澤正宏 2.中原中也における「近代モダン」 中原豊 3.中也からのまなざし/中也へのまなざし 米村みゆきだ。そしてその後質疑応答と続く。ここでしばしその時を反芻してみたい。ここまで書いてハプニング。帰宅途中の東京駅で電車に乗り込んだところ、人身事故(これが最近多いのだ)のアナウンスだ。電車が動くまで約40分、その間昨日の続きを書いていたのだが筆者の思考も停止した。もちろん筆者の眠気も手伝って。<続く>

« 超人の面白文学発見 ある文学研究会見聞記 2 | トップページ | 超人の面白読書 41 オルハン・パムク著和久井路子訳『父のトランク』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白文学発見 ある文学研究会見聞記 3:

« 超人の面白文学発見 ある文学研究会見聞記 2 | トップページ | 超人の面白読書 41 オルハン・パムク著和久井路子訳『父のトランク』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31