« 超人の面白ラーメン紀行 番外編 ラーメン店一覧と気ままな評価★★★が最高 2005.1.29~2008.3.29 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 78 最近の新聞記事 The New York Times電子版 »

2008/04/05

クロカル超人が行く 83 帝国ホテルのバイキング料理『SAL』  

東京の桜も今年のこの時期天候に恵まれて長持ちしているが、そろそろその桜も散り始めている。散り際にある感慨、もののあわれ、美学を感じる日本人は古来和歌にその想いを馳せてきた。

 願はくは花の下にて春死なむそのきさらぎの望月のころ 西行

 散ればこそいとど桜はめでたけれ憂き世になにか久しかるべき

長い間一度は行ってみたかった帝国ホテルのレインボールームのバイキング料理。筆者は"花見散歩"という特別な昼時間を利用して日比谷まで仲間二人と足を運んだ。帝国ホテルのホームページにはレインボールームの名称変更とバイキング料理について書いてあった。曰く、「レインボールーム」は開業110年を迎え創業当時の名前『SAL』に戻し、2月5日にグランドオープンした。バイキング料理は日本だけの呼び方で、海外ではビュッフェなどと呼ぶが、もともとバイキングとは、北ゲルマン族のことで、1957年にスカンジナビア航空が「東京−コペンハーゲン」路線で映画「バイキング」が公開されたのを機に、東京の帝国ホテルが北欧料理を食べ放題で紹介し、話題集めたことから始まるそうだ。それ以来「食べ放題」の料理が「バイキング」料理と呼ばれるようになった。(「インペリアルバイキング」帝国ホテル東京HP)
フランク・ロイド・ライトの建築で有名な帝国ホテル。立て直された新生インペリアルホテル、その14階からの眺めは
Teikoku_hotel_nec_0095
真下に青々とした日比谷公園、遠くは新宿高層ビルあたりまで見える。「お客様、お待たせしました」との声がかかった。午後1時過ぎ、バイキング料理『SAL』に入った。
Teihoku_hotel6nec_0098_2
皇居など眺められる窓際のテーブルは無理かなと筆者が考えているうちにウェートレスは右奥近くの4人掛けのテーブルを案内した。「残念ながら窓側のテーブルは予約で一杯です」予想したとおりだ。広い部屋の真ん中には最初何からと迷うぐらいの料理が並べられていた。まずは有名なローストビーフのコーナーに出向いたが、「お客様、残念ながらローストビ−フは夕方のメニュ−です。昼はオレンジソースのポークローストですが」「はい、それで結構です」(本当はローストビーフが食べたかった ! umum)。レンズ豆のスープ、三種類のパン、ナポリタン、オムライス、白身魚のから揚げ、エビフライ、ポテトで第1回目、それにオプションのイタリアワイン「キャンティクラシコ」(1グラス、1,280円)付き、二回目は国産牛ほほ肉の赤ワイン煮込みニョッキ添えとエスカルゴのフリカッセ香草バター風味、三回目はサラダ、四回目はスモークサーモン、各種ハム、五回目はデザートとフルーツそれにコーヒーだ。三人で入ったのだがそのうちの二人は更にビーフカレーも食べるほど食欲旺盛、彼曰く「雰囲気が変れば入るんです。旅行と同じですよ」それにしてもビックリである。もう一人は盛んに腹を擦っていた。普段食べなれていないものを食べると人間は無理するのだ。ナポリタン以外は美味しい、おいしゅうございました。「200人は入れるレストランです。今日は180人以上入っています。天候にはあまり左右されません」と筆者の質問にウェーターが答えてくれた。昼の一時思い切った食事もそうだが(5000円代で手頃な値段)何よりゆったりとした時間が流れていた。また、「ここは違うな、好みの女性がいた」と仲間の一人が言っていたのが印象的だ。

桜散る皇居見たさにヴァイキング
Img168_2


 Telkoku_hotel3nec_0097_4 Teihoku_hotel4nec_0099_2Teikoku_hotel2nec_0096_3Teikoku_hotel5nec_0100_2

バイキング料理『SAL』 4月ランチメニュ−

Our Chef's will give the last touch in front of you

お客様の前にて仕上げます


マルセイユ風 ブイヤベース
Bouillabaisse Marseillaise
国産牛ほほ肉の赤ワイン煮込み ニョッキ添え※
Cheek of Japanese Beef Stewed in Red Wine, with Gnocchi
ゴルゴンゾーラチーズのピッツァ
Pizza with Gorgonzola
若鶏のバロンティーヌ
Chicken Ballottine
エスカルゴのフリカッセ 香草バター風味※
Fricassee of Escargots with Herbal Butter
ポークのロースト オレンジソース※
Roast Pork, with orange Sauce

デザート&フルーツ※
Fruits and Dessert

Cold Dishes
冷たい前菜
タコとオリーブのレモンソース添え
Octopus and Olieves with Lemon Sauce
グリーンピースのムースとコンソメゼリー
Green pea moussevwith Consomme Jelly
カリフラワーのスープ アーモンド風味
Almond Scented Cauliflower Soup
シーフードマリネ カプリ風
marinated Seafood Capri
コールドミート盛り合わせ
Chilled Meats with Cornichons and Olives
スモークサーモンとメダイの盛り合わせ※
Smoked Salmon and Smoked Sea Bream
テリーヌ3種の盛り合わせ マヨネーズソース※
Assorted Terrines
グリルしたズッキーニと茄子の香草マリネ
Marinated Zucchini and Eggplant
帝国ホテル伝統のポテトサラダ ミモザ風
Potato Mimosa Salad
マグロのカルパッチョ 春野菜のサラダ添え
Tuna Carpaccio with Salad of Spring Vegetables
本日のスープ
Today's Soup
パン各種※
Breads Selection
チーズ盛り合わせ 季節のドライフルーツと共に
Cheese Selection
季節のサラダ※
Seasonal Salad

Hot Dishes
温かいお料理

本日のおすすめパスタ※
Today's Pasta Dish
白身魚のから揚げ アンチョビソース※
Deep White Fish with Anchovy Sauce
白身魚のオーブン焼き レンズ豆のソース※
Baked White Fish with Lentils
若鶏のバスク風
Basque Style Broiled Chicken
オムライス デミグラスソース※
Steamed Rice in Omlet with Demiglace Sauce
春野菜のグラタン
Vegetable Gratin
季節の温野菜※
Warm Seasonal Vegetable
野菜のグリーンカレー
Vegetable Green Curry
ビーフカレー
Beef Curry
ミックスフライ※
Fried Selection

※筆者が食したもの



« 超人の面白ラーメン紀行 番外編 ラーメン店一覧と気ままな評価★★★が最高 2005.1.29~2008.3.29 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 78 最近の新聞記事 The New York Times電子版 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 83 帝国ホテルのバイキング料理『SAL』  :

« 超人の面白ラーメン紀行 番外編 ラーメン店一覧と気ままな評価★★★が最高 2005.1.29~2008.3.29 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 78 最近の新聞記事 The New York Times電子版 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31