« 超人の面白ラーメン紀行 91 大阪・北浜『とみ膳』 | トップページ | クロカル超人が行く 90 東京丸の内・東京国際フォーラム クラシックの祭典「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」開催会場 »

2008/04/26

クロカル超人のグルメの話 カツオ 10 いわきの初鰹

カツオの話 10
JR常磐線いわき駅徒歩2分のところにあるS鮮魚店。筆者は開店間近を直撃した。仕入れから戻った車から小振りなカツオ一匹を取り出しながら、店主曰く、半月遅れで小名浜で今年初めて獲れたカツオだと。半身を皮付きとそうでないものとに分けて柵にしてもらった。2000円也。ついでに「めひかり」一箱(22匹)購入。1575円也。今年は不作だという。写真はS鮮魚店で撮ったもの。

俎板に小振りな動き初鰹

帰宅して早速この初ガツオをにんにくと生姜で味わった。
最高に美味 ! 超マイウ !

色艶や柔らかさも溶ける鰹色

ああ美味、美味ってるんだ海の幸

追記。寒さが多少感じられる季節の9月29日、法事の翌朝用事があって役所などに立ち寄った後、お土産にと忘れかけていたかつおの刺身半身とめひかり一袋をS鮮魚店で久しぶりに買った。戻りかつおは宮城産だが鮮度が今一つ、味もイマイチだった。決して安くはないかつおの刺身に正直がっくりである。その代わりめひかりは軽く焼いて丁度美味。家人も珍しく口に入れ、お騒がせ娘も食したのだ。実は法要でいわきに帰ったのだ。故人を偲ぶ気配はあったが、別の話題で沸騰、呆れる話はむしろ滑稽ですらあった。この非常識、草葉の下で眠る故人もきっと苦笑いしているのではあるまいか。かつおの話のオチだって?それは叔父の“かずお”さんの話。詳しくは関係者にお訊ねあれ。

年取れば“かつお”さんでも騙されて

お後がよろしいようで。
(2008年10月1日 記)

« 超人の面白ラーメン紀行 91 大阪・北浜『とみ膳』 | トップページ | クロカル超人が行く 90 東京丸の内・東京国際フォーラム クラシックの祭典「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」開催会場 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人のグルメの話 カツオ 10 いわきの初鰹:

« 超人の面白ラーメン紀行 91 大阪・北浜『とみ膳』 | トップページ | クロカル超人が行く 90 東京丸の内・東京国際フォーラム クラシックの祭典「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」開催会場 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31