« 超人の面白読書 39 第138回芥川受賞作品 川上未映子著『乳と卵』 | トップページ | 超人面白ラーメン紀行 87 北区『みの麺多』 »

2008/03/11

超人の面白ラーメン紀行 86 中央区銀座『梟』

春らしい天気は銀座にそよ風を運んでいた。しかしこうも外資系のブランドが並ぶ銀座はその数といいロンドン、パリやニューヨークを遥かに抜いて世界一だろう。やがていつかは撤退してしまう運命を辿るのだろうかと先読みしてしまう筆者だ。

銀座2丁目にあるラーメン店『梟』。Nec_0062_3
豚の臭みを抑えるため魚介エキスを使用している「関東とんこつ」が特徴だ。取り立てて言うほどのラーメン店でもない。強いて言えばごく普通のラーメン店だ。実はこの辺にベトナムラーメンがあると聞いて来たが見つからなかった。白味噌ラーメン(650円)は多少塩辛かった。
中央区銀座『梟』1.スープ★★☆2.麺★☆3.トッピング★☆4.接客・雰囲気★5.価格★★☆

« 超人の面白読書 39 第138回芥川受賞作品 川上未映子著『乳と卵』 | トップページ | 超人面白ラーメン紀行 87 北区『みの麺多』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 86 中央区銀座『梟』:

« 超人の面白読書 39 第138回芥川受賞作品 川上未映子著『乳と卵』 | トップページ | 超人面白ラーメン紀行 87 北区『みの麺多』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31