« クロカル超人が行く 78 春遠からじ 如月の頃 江ノ島 2 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 75 最近の国際情勢 コソボ自治州独立問題 »

2008/02/08

超人の面白ラーメン紀行 81 鎌倉 『湘南麺屋 海鳴(うなり)』

Nec_0029JR鎌倉駅から徒歩2分の、東急ストア前にある湘南麺屋『海鳴』。カウンター5席と6人用のテーブル一つの小さな和風が売りのラーメン専門店だ。2006年10月にオープンしたニューウェーブのこのラーメン店は、女性2名を含め3名のスタッフ全員が若い。
早速注文したゆず塩ラーメン(800円)を食べた。魚介系と動物系をミックスしたスープにストレート系細麺、トッピングはチャーシュー、ホウレンソウ、ネギ、メンマそれにノリでどんぶりの中は、ちょっとした繊細な小宇宙。ネギの飾り細工と半透明なスープがそう感じさせたのかもしれない。炙りチャーシューは軟らかくとても食感がいい。美味そのもの、参りました!スープは薄味あっさり系でゆずのアクセントが憎いほど効果的だ。筆者は細麺を啜るうちに関西風のうどんを食べてる錯覚に捉われたのだ。ほんとに餅が入っていても違和感がないほどだ。出汁の取り方は東西で違うはずだが、チョウー和風なのだ。しかしまた、パンチの効いたラーメンからは程遠いのも確かだ。
常連客が若い女性スタッフをからかうも、ケラケラと笑い屈託がない。あれっ、ここはラーメン専門店か、一瞬戸惑ってしまったほど。
メニューは和風湯麺700円、梅塩ラーメン800円、辛醤油/塩ラーメン800円、つけ麺850円他。     
和風ラーメン『海鳴』スープ★★☆麺★★☆トッピング★★接客・雰囲気★☆価格★☆

和風麺ケラケラ笑うも古都の春

« クロカル超人が行く 78 春遠からじ 如月の頃 江ノ島 2 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 75 最近の国際情勢 コソボ自治州独立問題 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 81 鎌倉 『湘南麺屋 海鳴(うなり)』:

« クロカル超人が行く 78 春遠からじ 如月の頃 江ノ島 2 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 75 最近の国際情勢 コソボ自治州独立問題 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31