« クロカル超人が行く 80 宇治市の世界遺産『平等院』 | トップページ | 超人の面白読書 36 樋口一葉作・伊藤比呂美訳『 にごりえ』 »

2008/02/28

超人の面白ラーメン紀行 84 京都中京区『壱蔵』

超人の面白ラーメン紀行 84 <br />
 壱蔵
京都は阪急河原町駅徒歩3分、西木屋町にある『壱蔵』。炙りチャーシューが売りの店だ。早速特製炙りチャーシューラーメン(750円)を注文。少し経って出された炙りチャーシューは2枚、思ったより小さく薄い。柔らかいがとろけるような柔らかさでもない。豪華さがちと足りない、言ってみれば京都らしさが出ている感じだ。とんこつ醤油はあっさり、トッピングも刻みネギとそう、炙りチャーシューの二大アンサンブルでシンプルだ。この味かとブツブツ言って食べているうちに完食した。客は25席あるテーブルに7人だった。その割りには店内はそれ炙り某、熟成味噌だのコマーシャルがうるさいほど。この手なら仏教大学近くの『たんぽぽ』の方がパンチがある。メニューは浜塩ラーメン(600円)、肉味噌ラーメン(700円)、角煮ラーメン(900円)、担々麺(700円)など。
京都中京区『壱蔵』1.スープ★★☆2.麺★★☆3.トッピング★★4.接客・雰囲気★☆5.価格★☆

« クロカル超人が行く 80 宇治市の世界遺産『平等院』 | トップページ | 超人の面白読書 36 樋口一葉作・伊藤比呂美訳『 にごりえ』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 84 京都中京区『壱蔵』:

« クロカル超人が行く 80 宇治市の世界遺産『平等院』 | トップページ | 超人の面白読書 36 樋口一葉作・伊藤比呂美訳『 にごりえ』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31