« 超人のドキッとする絵画 12 ジャン・ミッシェル・バスキア | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 84 京都中京区『壱蔵』 »

2008/02/27

クロカル超人が行く 80 宇治市の世界遺産『平等院』

クロカル超人が行く 80 <br />
 宇治市

平等院は早春の様相。
平等院は永承7年(1052)に関白藤原頼通によって開創、鳳凰堂は翌年の天喜元年(1053)、阿弥陀如堂として建立された。国宝の梵鐘、鳳凰一対もあるが、何といっても圧巻は雲中供養菩薩52躯だ。様々な楽器を奏で舞うなど伸び伸びと繊細に彫られている(一部パンフレットから)。どの楽器を奏でているのか観察していると、楽しくて飽きないのだ。
約一千年と悠久の時を刻んだ建造物には確かな年輪を感じることができる。平成7年に世界遺産登録。平等院は修学旅行依頼の見物だが、確か女優ジュディ・オングさんの寄贈した版画があるはずと、関係者に尋ねると私たちも見ていないのだいう。彼女が来たときにだけ特別に出されるとのこと、普段は収納庫にあるらしい。
 

帰りに宇治茶の本場で“吉右衛門はん”ではないが、創業260年の伊藤久右衛門で店長お奨めのお茶一袋(1560円)をお土産用に購入。この店内にあった萩焼のご飯茶碗(3500円)に未練を残しつつ。

早春に古のこだまここにあり

追記。一昨日の集中豪雨が宇治市を襲った。この平等院も鐘楼のある付近の木々などが損壊、ダメージを受けた。(2012年8月15日 記)


« 超人のドキッとする絵画 12 ジャン・ミッシェル・バスキア | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 84 京都中京区『壱蔵』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 80 宇治市の世界遺産『平等院』:

« 超人のドキッとする絵画 12 ジャン・ミッシェル・バスキア | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 84 京都中京区『壱蔵』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31