« 珍しい北欧料理の店紹介 7 六本木スウェーデン料理店『リラ・ダーラナ』 | トップページ | クロカル超人が行く 75 福島県いわき市 新設館『いわき総合図書館』 »

2008/01/18

超人の面白ラーメン紀行 79 南相馬市『タロー食堂』

超人の面白ラーメン紀行 79
JR常磐線原ノ町駅(原ノ町は毎年夏7月に開催される戦国時代絵巻・相馬野馬追い祭で有名)から徒歩7分のところにあるラーメン専門店『タロー食堂』。去年10月開店したばかりの浪江町から新参入した味噌ラーメンが売りの店である。早速味噌ラーメン(650円)と手作り餃子(450円)を注文。出て来る間に多少の仕事をこなし、さて、先ほどまで読んでいた本を次の降りる駅まで一気に読んでしまうかと思考を巡らしていたら、はい、味噌ラーメンですとやや多めのラーメンが目の前に現れた。例によって味見をするためレンゲで一啜り。ややあっさりしたブレンド味噌の味だった。体調のせいもあったが、取り分けて言うほどの味ではない。普通プラス1と言ったところか。ストレート系中細麺、トッピングは茹でモヤシに挽き肉、若干の刻んだ昆布それにトウモロコシだ。海苔やメンマや玉子はない(味付け玉子はオプション)。食べているうちにあ、これはその昔流行った「サッポロラーメン」の味だと気づいたのだ。多少アレンジはしてあるけれど。メニューは味噌バターラーメン(700円)、四川味噌ラーメン(720円)、タロースペシャル(1100円)、とんこつラーメンしょうゆラーメン(650円)、中華そば(550円)などいろいろ。山小屋造りで木の温もりを感じさせる店内はテーブルが中心、カウンターは切り株を椅子代わりにした席4席だが30名は入るスペース。厨房も広いが却って緩慢に見えてしまうのは筆者の思い過しか。
『タロー食堂』1.スープ★★2.麺★☆3.トッピング★☆4.接客・雰囲気★☆5.価格★★☆

« 珍しい北欧料理の店紹介 7 六本木スウェーデン料理店『リラ・ダーラナ』 | トップページ | クロカル超人が行く 75 福島県いわき市 新設館『いわき総合図書館』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 79 南相馬市『タロー食堂』:

« 珍しい北欧料理の店紹介 7 六本木スウェーデン料理店『リラ・ダーラナ』 | トップページ | クロカル超人が行く 75 福島県いわき市 新設館『いわき総合図書館』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31