« 超人の新年の詩 2008 | トップページ | 超人の面白翻訳 36 携帯翻訳 『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』 »

2008/01/01

超人のジャーナリスト・アイ 74 2008年元旦の新聞社説

  今年2008年(平成20年)はどんな年になるのかなかなか予測しにくい。北京オリンピック、アメリカ大統領選挙、日本での先進国首脳会議(洞爺湖サミット、2008)などがあるが、内外とも地球温暖化問題、格差と貧困それに年金問題と問題は山積である。自助、公助、互助など根本的な人間の倫理観、豊かな想像力そして知識・教養に裏打ちされた人間の本当の知恵などが今求められているのかも知れない。資源や地球の生態系も有限であることの事実をもっと人間個々人が考えて実行していく時代に入ったのである。環境問題に先進的な役割を果たしているデンマークの実践をテレビで観てさらにその観を強くした。完全に循環型の暮らしに変り始めたのだ。
  ということで、年のはじめにあたって日米の代表的な新聞の社説を比較することである程度の現在性を読み取れるのでないかと考えた次第。
■アメリカのThe New York Timesの2008年1月1日の社説は「環境問題」。下記はその電子版からの引用。

Editorial: In Office
The One Environmental Issue
Published: January 1, 2008
The overriding environmental issue of these times is the warming of the planet. The Democratic hopefuls in the 2008 campaign are fully engaged, calling for large — if still unquantified — national sacrifices and for a transformation in the way the country produces and uses energy. The Republicans do not go much further than conceding that climate change could be a problem and, with the notable exception of John McCain, offer no comprehensive solutions.

In 2000, when Al Gore could have made warming a signature issue in his presidential campaign, his advisers persuaded him that it was too complicated and forbidding an issue to sell to ordinary voters. For similar reasons, John Kerry’s ambitious ideas for addressing climate change and reducing the country’s dependence on foreign oil never advanced much beyond his Web site.

Times have certainly changed. It is not yet clear to what extent Americans are willing to grapple with the implications of any serious strategy to reduce greenhouse gas emissions: more specifically, whether they are ready to pay higher prices for energy and change their lifestyles to reduce their consumption of fossil fuels.

Polls suggest, however, that voters are increasingly alarmed, and for that Mr. Gore is partly responsible. His film, “An Inconvenient Truth,” raised the issue’s profile. Then came four reports from the United Nations Intergovernmental Panel on Climate Change, which shared the Nobel Peace Prize with Mr. Gore, predicting catastrophic changes in weather patterns, sea levels and food production unless greenhouses gases can be quickly stabilized and then reduced by as much as 80 percent by midcentury.

There is also a growing appetite for decisive action — everywhere, it seems, except the White House. Governors in more than two dozen states are fashioning regional agreements to lower greenhouse gases, the federal courts have ordered the executive branch to begin regulating these gases, and the Senate has begun work on a bipartisan bill that would reduce emissions by nearly 65 percent by 2050.

Still, the country is a long way from a comprehensive response equal to the challenge. That is what the Democratic candidates are proposing. Senators Joseph Biden, Hillary Clinton and Barack Obama, former Senator John Edwards, Gov. Bill Richardson and Representative Dennis Kucinich have all offered aggressive plans that would go beyond the Senate bill and reduce emissions by 80 percent by midcentury (90 percent in Mr. Richardson’s case), much as called for in the United Nations reports.

These plans would rest primarily on a cap-and-trade scheme that imposes a gradually declining ceiling on emissions and allows power plants, refineries and other emitters to figure out the cheapest way to meet their quotas — either by reducing emissions on their own or by purchasing credits from more efficient producers. The idea is to give companies a clear financial incentive to invest in the new technologies and efficiencies required to create a more carbon-free economy.

None of the Democrats trust the market to do the job by itself. All would make major investments in cleaner fuels and delivery systems, including coal-fired power plants capable of capturing carbon emissions and storing them underground. Every Democrat except Mr. Kucinich says that carbon-free nuclear power has to be part of the mix, although all are careful to say that safety issues and other concerns must first be resolved.

Internationally, the Democrats say they would seek a new global accord on reducing emissions to replace and improve upon the Kyoto Protocol, which expires in 2012. Winning agreement among more than 180 nations will be slow-going, so several candidates, including Mrs. Clinton, have suggested jump-starting the process by bringing together the big emitters like China very early in their administrations. China and the United States together produce about 40 percent of the world’s total emissions and neither has agreed to binding reductions.

The only Republican candidate who comes close to the Democrats with a plan for addressing climate change is John McCain, one of the authentic pioneers on the issue in the Senate. In 2003, along with Joseph Lieberman, Mr. McCain introduced the first Senate bill aimed at mandatory economywide reductions in emissions of 65 percent by midcentury. He also regularly addresses the subject on the campaign trail.

The other leading Republican candidates — Mitt Romney, Rudy Giuliani, Fred Thompson, Mike Huckabee — talk about energy issues almost exclusively in the context of freeing America from its dependence on foreign oil. All promote nuclear power, embrace energy efficiency and promise greener technologies. Only Mr. Huckabee has dared raise the idea of government regulation, embracing, at least theoretically, the idea of a mandatory cap on emissions. The rest prefer President Bush’s cost-free and demonstrably inadequate voluntary approach, which essentially asks industry to do what it can to reduce emissions.

So far, the Democratic candidates seem more engaged with the issue than some of their interrogators in the news media. In a recent study, the League of Conservation Voters found that as of two weeks ago, the five main political talk-show hosts had collectively asked 2,275 questions of candidates in both parties. Only 24 of the questions even touched on climate change.

One result is that even the candidates who urge comprehensive change have not been pressed on important questions of cost: How do they intend to pay for all the new efficiencies and technologies that will be necessary? And what kind of sacrifices will they be asking of people who almost certainly will have to pay more for their electric bills and their greener cars?

Addressing these questions will require more courage of the candidates than simply offering up broad new visions. The voters deserve an honest accounting and the candidates should be prepared to give it.

■日本の朝日新聞2008年(平成20年)元旦の社説は「平成20年の意味―歴史に刻む総選挙の年に」。
下記はその電子版からの引用。

平成20年の意味―歴史に刻む総選挙の年に
 不穏な年明けである。

 と、元旦の社説に書いたのは5年前のことだった。米国がイラク攻撃へひた走り、北朝鮮の拉致と核でも緊迫の度が高まるばかり。世界はどうなるのか、せっぱ詰まった重苦しさがあった。

 今年もまた、穏やかならぬ年明けだ。

 外から押し寄せる脅威よりも前に、中から崩れてはしまわないか。今度はそんな不安にかられる。

 日本防衛の重責を担っていた官僚トップに、あれほどモラルが欠如していようとは。暮らしの安心を保証する年金が、あんなにずさんに扱われていたとは。日々のニュースがこれほど「偽」の字に覆われようとは……。

 ただでさえ、年金制度の将来設計は危ういし、借金づけの財政にも、進む少子高齢化にも、これといった策が打ち出せない。経済のかげりは隠せず、生活苦のワーキングプアも増えた。日本は沈みつつある船ではないのか。

 私たちが昨秋から社説で「希望社会への提言」シリーズを展開しているのも、そんな危機感からである。

 だが最も切実なのは、深刻な課題に取り組むべき政治が混迷の中にあることではないか。「ねじれ国会」でますます迷路をさまようのか、それとも出口を見つけるか。今年は大きな分岐点にある。


蛇行の末のねじれ

 平成も、はや20年を迎えた。

 昭和から平成に元号が変わったのは89年1月8日。時の竹下登氏から福田康夫氏に至るまで、日本の首相は何と13人を数えた。小泉政権の5年半を除けばあきれるばかりの数であり、政治の非力と蛇行をうかがわせるに十分だ。

 平成元年は激動の入り口だった。

 リクルート事件が山場を迎え、政治改革が課題に。消費税がついに導入され、参院選で自民党が大敗、一時とはいえ初めて与野党が逆転した年だった。

 世界史の上では、東西冷戦の象徴だったベルリンの壁が崩れた年である。

 冷戦終幕は「55年体制」からの脱却に向けて日本政治の背中も押した。小沢一郎氏らが自民党を出て「非自民」連立の細川政権をつくったのは93年。これが政界再編の第1章であり、政治改革の目玉として衆院に小選挙区制導入の改革が行われた。政権交代を当たり前とする「二大政党」時代への条件整備だった。

 再編第2章は、いまの民主党が結成された98年。これで二大政党の準備はできたが、小選挙区制の果実は自民党が先に味わった。05年に小泉首相が郵政総選挙で大勝し、与党が議席の3分の2を獲得したのだ。だが、小泉後のしっぺ返しも強烈。昨年の参院選で民主党が圧勝し、衆参「ねじれ時代」に突入した。

 正月休みが終われば越年国会が再開され、「給油新法」の対決にけりがつく。参院で野党が、衆院では与党がそれぞれ数にものを言わせ、最後は衆院で「3分の2」ルールが使われるという。この半世紀、なかったことだ。

 しかし、与党はこの方式を毎度あてにはできないし、参院の民主党優位は6年は続きそうだ。ねじれ国会をどうするのか。それが切実に問われている。


沈没を防ぐため

 昨秋、「大連立」の話が降ってわいて大騒ぎになった。あっさり消えたのは当然として、与野党が対決を乗り越えて必要な政策を力強く進めるには、どうすればよいのか。政治が重い宿題を負わされたことは間違いない。

 どんな道があるだろうか。

 与野党が政策をすりあわせて合意を探ればよいのだが、いまは簡単ではない。参院選で勢いづいた野党は「民意はこちらに」と譲らないし、与党も最後は衆院の「3分の2」に頼るからだ。

 ここは衆参の1勝1敗を踏まえて、改めて総選挙に問うしかあるまい。政権選択の、いわば決勝戦である。

 結果をおおざっぱに考えてみよう。

 もし民主党が勝てば、いよいよ政権が交代して衆参のねじれも消える。政権交代の実現は、もともと政治改革のねらいだったはず。それが果たされる。

 一方、与党にとっては、勝ってもねじれは変わらぬうえ、「3分の2」を失うリスクも大きいが、それでも「民意」の旗を取り戻すことができる。もはや野党も「反対」だけを通せまい。

 今度の総選挙はそんな勝負だけに、あらかじめ厳しい節度を求めておきたい。まず、与野党とも受けねらいのバラ色の政策ではなく、政権担当を前提に、可能な限り現実的な公約を競うこと。

 第二に、敗者は潔く勝者に協力することだ。自民党の下野は当然として、もし民主党が負けたら参院の多数を振りかざさず、謙虚に政策調整に応じるのだ。仕組みを工夫して、ねじれ時代のルールを確立する必要がある。

 選挙の勝敗が鮮明でない場合など、政党再編や連立組み替えもありえよう。場合によっては大きなテーマを軸に「大連立」が再燃するかもしれないが、それもこれも総選挙をしてからの話だ。

 世界は待ってはくれない。冷戦後、統一ドイツはしっかり国の基盤を固め、フランスとともに欧州連合(EU)を引っ張ってきた。ソ連に代わって登場したロシアも、経済混迷の時代などいまや昔の物語。中国やインドをはじめ、アジアもダイナミックな伸び盛りだ。

 今秋には米国で大統領選があり、「ブッシュの時代」は終わりを告げる。世界の中の日本も曲がり角にあるが、まずは日本の沈没を防ぐため、政治の体勢を整えるしかあるまい。

 平成20年。政界再編第1章から15年、第2章からは10年――。今年、政治の歴史に大きな節目を刻みたい。

« 超人の新年の詩 2008 | トップページ | 超人の面白翻訳 36 携帯翻訳 『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人のジャーナリスト・アイ 74 2008年元旦の新聞社説:

« 超人の新年の詩 2008 | トップページ | 超人の面白翻訳 36 携帯翻訳 『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31