« 超人の面白ラーメン紀行 78 五反田『らーめん極』 | トップページ | 学術先端情報-学術mini情報誌「PS Journal」最新号の紹介 7 »

2007/12/07

超人の面白翻訳 27 携帯翻訳 『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』

  期待しつつ私はコートの袖をのばしに洋服屋に持っていかなければならなかった。極端な状態で試したくなかった。なぜならクリスマス前の寒い日を今尚思い出すからだ。
比較的若い世代はバザーでたくさんものを買うようだ(それを何と呼ぶのか)。市の中心部にある通り二つ幅の場所にはブーツ、ソックス、高い帽子や安いイアリングなどが売られている。ここは多くの歩行者で溢れていることがしばしばでヨーロッパの“corso”とよく似ている。道を散策することやウィンドーショッピングをすることもあれば、知人と出会うことを期待する場所でもあるのだ。
日本でも同じだ。若者は仲良く交際することを好む。ショッピングすることが重要なのではなく、今尚贈答品が全てなのだ。洋服の量を見て驚いたが、それはセール用に仕上げられていてしわはのばされていた。どんな流行だろうと質がなんだろうとも、ショッピングセンターでは同じだと気付いた。直に見てみよう。あるものは判らないままだ。

« 超人の面白ラーメン紀行 78 五反田『らーめん極』 | トップページ | 学術先端情報-学術mini情報誌「PS Journal」最新号の紹介 7 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人の面白ラーメン紀行 78 五反田『らーめん極』 | トップページ | 学術先端情報-学術mini情報誌「PS Journal」最新号の紹介 7 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31