« 超人の面白翻訳 34 携帯翻訳 『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』  | トップページ | 超人の北欧音楽鑑賞 エドウ゛ァルド・グリーグ »

2007/12/28

超人の面白翻訳 35 携帯翻訳 『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』

30年前に数学から言語学に切り換える決心をしたスロヴェニア人とスロヴェニアの首都、リュブリャナからやってきた日本人の学者と会うのは楽しいことだった。私たちの話題は専らリュブリャナ大学哲学部の日本学の長をめぐる話だったが、それは過去の経験、研究業績、将来計画についての意見交換だったのだ。言語学の普遍的理論をずっと持ち続ける必要性と同じく自国でのスロヴェニア語研究の立場のことなどであった。また、その分野は海外の教育とも密接に結び付いている。私たちの議論もまた、ヨーロッパのスラヴ語学の出来事、もちろん日本のその分野の研究の現状にも及んだ。

« 超人の面白翻訳 34 携帯翻訳 『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』  | トップページ | 超人の北欧音楽鑑賞 エドウ゛ァルド・グリーグ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人の面白翻訳 34 携帯翻訳 『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』  | トップページ | 超人の北欧音楽鑑賞 エドウ゛ァルド・グリーグ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31