« 超人の面白読書 32  ミシュランガイド東京『MICHELIN GUIDE 東京2008』 | トップページ | クロカル超人が行く 73 広島再訪 »

2007/11/29

超人の面白翻訳 携帯翻訳26 『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』

 日本に来る前に警告していたが、日本でのモノの値段には今尚驚いている。私が知っているヨーロッパのブランド品は、現在の日本のものよりずっと高価だが、自国のよりはまだ安価だ。日本は物価が高い国と言われている。私の持ってきたコートはこの気候に合わなかったので新しいものを買う必要があった。店の店員は日本のブランド品は特別だから価格はちょっと高いのだと私を説得しようとした。私が見せられたものは本当に特別にみえたことは認めてもいい。しかしそれで暖かさが保てるだろうか。
 ところで、店員は流暢な英語を話したが、以前に二度ほど店内で見かけたと言った。品揃えは価格通りの値打ちがあり、セール中には恐るべき量を売ると説明しながら店内を案内してくれた。彼女は私の望む洋服をいくつか見せてくれた。値段の範囲内で買えたし、結局丁寧に出口まで付き添ってくれた。彼女は流暢な英語を私に示そうとしたが正しくは私の優柔不断さを解らなかったと思うのだ。そうだ、ともかくコート一着を買ったのだ(もちろん日本製のをね)。

« 超人の面白読書 32  ミシュランガイド東京『MICHELIN GUIDE 東京2008』 | トップページ | クロカル超人が行く 73 広島再訪 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人の面白読書 32  ミシュランガイド東京『MICHELIN GUIDE 東京2008』 | トップページ | クロカル超人が行く 73 広島再訪 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31