« 超人のジャーナリスト・アイ 67 北欧映画の巨匠・イングマル・ベルイマン監督の死 | トップページ | 超人の創作・小説 『風に魅せられて』 2 »

2007/08/01

クロカル超人が行く 64 横浜・野毛 イタリア料理店『La casa di Marco 』

200708011213000_38月に入った今日、やっと梅雨明け宣言。午後から気温が上がってきた。本格的な遅い夏の到来だ。みなとみらい周辺、特にJR桜木町駅界隈は若い女性の浴衣姿の和ものファッションが目につく。そうか、夕方から新港埠頭で花火大会があるらしい。
さて、野毛にある「横浜にぎわい座」で落語のチケットを予約購入した後、筆者は少し探してイタリア料理店「ラ・カーサ・ディ・マルコ」で一足早い昼食を取った。テレビの「途中下車の旅」か何かの番組でやっていたのをメモしておいたのだ。全部で24席、ラーメン屋の規模ほどの狭い店に歯切れがいいパスタみたいな女性を含めて4名のシェフで切り盛り。ランチはレストランによくあるパターンで3択、1のカボチャのスープ、カジキマグロとインゲン豆をトマトソースで和えたパスタにズッキーニ、それにデザートの1600円コース。普通の昼食の約2倍の値段だ。味は特別に“bono”、“まいうー”というわけではないが、まあまあか。ボリューム感を期待していたが見事にはずれ上品そのもの。隣の席のマダム風の女性2人は3年前にここにあった前の別なレストランのカウンターの場所探しに夢中、迷惑だよな、パスタが美味いので評判の店だというのに・・・。しかしだ、慣れないホワイトソースのズッキーニには参った、合わなかったのかも知れない。30分後には体調を少し崩した。カンツォーネが似合う陽気なシェフには申し訳なかったが。
イタリア料理店「ラ・カーサ・ディ・マルコ」の住所は横浜市中区野毛1-22-1。営業時間はランチ12:00-14:00、ディナー18:00-23:00。2号店も近くに出来ていて、そちらの店は夜のみでイタリアン懐石料理だ。北イタリア出身のオーナーは代々続いたレストランテだったことから店の名前もその出身地の店名から取ったらしい。手広くビジネスをしているとは先ほどマダムに顔に見惚れてメニューを頼むのを忘れさせてしまった(多分ジョーク?)シェフのチョイ自慢気の話。【写真左上: ランチのメインデッシュ 写真下:カボチャの冷たいスープ、デザート、 店内と入口】200708011204000_3Desert_2200708011200000_5
200708011233000_2                    


ところで、夕方からの花火大会には行けないが、代わりに一句。

浴衣色港夜空にアーチ描く


■グルナビサイトで店紹介。
ラ・カーサ・ディ・マルコ業態 イタリアン
TEL 045-232-8872
※お問い合わせの際はぐるなびを見たとお伝えになるとスムーズです。

お料理お飲物
本日のコース
当たり前の事ですが、「ラ カーサ ディ マルコ」では前菜からドルチェまで全て自家製、マルコシェフとスタッフが一生懸命調理致しております。
自分の家に招くつもりで、大切な家族や友人を迎え入れるような…
1本の生パスタや1粒のチョコレートにはそんな想いが込められております。
イタリアンサラダ
800円
牛肉のカルパッチョ 黒トリュフソース
1,200円
トリッパ (牛の胃、トマト煮込)
1,300円
イタリア直輸入、ハム・サラミ盛り合せ
1,500円
帆立貝のイタリアン焼き
800円
タコのローズマリー煮
1,000円
海の幸盛合わせ
1,500円
◆◇◆ピッツァ◆◇◆
1,200円〜
自家製の生地を使用しております。
マルコシェフ独自のレシピにより、
生地の美味しさと最新型のピザオーブンで焼き上げた香ばしさを
熱々のままお召し上がり頂けます。
マルゲリータ
1,200円
シチリアーナ
1,300円
プロシュート
1,500円
◆◇◆パスタ◆◇◆
1,000円〜
自家製生パスタのみを使用しております。
通常の乾燥パスタとは異なるモチモチした食感や小麦粉本来の香り。
世界チャンピオンのパスタをお楽しみ頂けます。
デッラ カーサ〜自家製という事のこだわり〜
<チーズクリーム>
ゴルゴンゾーラチーズ
ニョッキのパスタ
1,000円
新鮮な黒トリュフ
ルオーテ(タイヤの形をしたショートパスタ)
1,500円
<野菜類>
ペンネアラビアータ
ピリカラのトマトソース
1,000円
新鮮なトマトのソース
パッパルデッレ(幅広のパスタ)
1,200円
イタリア産キノコのポルチーニクリーム
クレスタ ディ ガッロ(鶏冠形のショートパスタ)
1,300円
<魚介類>
カラスミのペペロンチーノ
スパゲッティー
1,200円
渡り蟹のトマトソース
スパゲッティー
1,200円
しらすと生トマトの塩味
イカ墨のタリオリーニ
1,200円
うにのクリームソース
スパゲッティー
1,200円
エビのクリームソース
フェットチーネ
1,300円
海の幸、ペスカトーレ
赤カブのスパゲッティー
1,500円
<肉類>
鴨肉のミートソース 
パッパルデッレ(幅広のパスタ)
1,200円
<リゾット>
エビのリゾット
甘エビのだしでソースを作ってます
1,500円
ポルチーニのリゾット
イタリア産ポルチーニキノコを使用
1,500円
チーズのリゾット
イタリア、パルマ産パルメジャーノチーズを使用
1,500円
◆◇◆魚・肉料理◆◇◆
1,800円〜
故郷のイタリアや修行したフランスのレストランを彷彿とさせる、
魚介やジビエ料理等をお楽しみ頂けます。
鮪(マグロ)のタリアータ
1,800円
イトヨリ又はカサゴ、のロースト
1,800円
イトヨリ又はカサゴ、のアクアパッツァ
1,800円
カルトッチョ(紙包み焼き)
2,300円
仔羊のココット焼き
1,800円
うずらのオーブン焼き
1,800円
ホロホロ鳥のコンフィー
2,000円
フランス産 カモ肉のロース
2,300円
◆◇◆ドルチェ◆◇◆
オリンピック、ワールドカップでの金メダル受賞経験を持つ、
マルコシェフのドルチェワールドは夢いっぱいのお菓子の世界が広がっています。
本日のマルコシェフ、スペシャルデザート
1,200円
※季節に依り(本日の仕入に依り)メニューが多少変わる場合がございます。※

« 超人のジャーナリスト・アイ 67 北欧映画の巨匠・イングマル・ベルイマン監督の死 | トップページ | 超人の創作・小説 『風に魅せられて』 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人のジャーナリスト・アイ 67 北欧映画の巨匠・イングマル・ベルイマン監督の死 | トップページ | 超人の創作・小説 『風に魅せられて』 2 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31