« クロカル超人の面白翻訳 携帯翻訳 24 前編最終章『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』 | トップページ | 超人の面白読書 27 最相葉月著『星新一 1001話をつくった人』 2 »

2007/07/15

超人の面白読書 27 最相葉月著『星新一 1001話をつくった人』

本書はSF作家・星新一の評伝だが、参考文献を入れると570ページの大部の本を短期間で読んだのは久しぶりである。それほどこのノンフィクション作家は人を惹きつけ読者を魅了した。そのトーンは悲歌、エレジーそのもの、シンイチの唄になっている。シンイチの入院で、父、一の無言のまま横浜港帰国の場面で、シンイチのショートショート量産後のマンネリ、枯渇場面で筆者は何度か涙が零れんばかりだった。否、正直に言えば2,3滴は零れたのだ。最近では珍しい出来事である。著者、最相葉月は何者か、と問いつつこの感動物語の書評を書き始めている。その前にその一。シンイチに見出された作家・新井素子の評が例によって素子節と言おうか、飛んだ日常語で図書新聞に載っていた。そこには多少の照れ隠しさえ感じられる言辞が散りばめられていて書評の類になっていない文章との印象を筆者は持った。因みに、シンイチが自分の蔵書まで寄贈して後継者たらんことを仄めかした江坂遊の『あやしい遊園地』を探し出すも絶版、ようやく図書館から借り出して読んだ。「花火」。シュールなショートショートだ。闘鶏、軍鶏の尾っぽに火をつけ、やがて線香花火化していく様子の、原子爆弾E=MC²の導入よろしく展開するあたりの、発想の斬新さとそれを語る関西弁の妙技にシンイチもオドロキ賞賛した傑作、ナルホド。他にホラーっぽい「地下鉄御堂筋線」、ファンタスティックな「虹細工」もいい。いまや彼、江坂遊のショートショートの数はケータイ小説も含めて2007年1月現在745編(本文P.461)に達するという。これは「恩師」を抜く勢いかも知れない。その前にその二。シンイチの父・星一の故郷、いわき市植田の江栗にある書店にはこの新刊書がたった2冊しか配本がなかったらしい。地元がこの本に関心ないのかも知れないが、2007年3月30日発行で5月20日には5刷の本だ、もっと大々的に宣伝してもよさそうなものだと勝手に思ってしまう。版元はもっと違う販売戦略を考えても、普通ならシンイチの父、星一の出身地のこの地域に多少なりとも重点配本するはずだが。時代錯誤と思われるかも知れないが、大正・昭和前期のホシチェーンを見習ったらいかがか、それとも息子・シンイチの話だから都会、トカイの読者と言いたげ・・・。話しは大分逸れた、最相葉月のシンイチの本に取りかかろう。

 序章    帽子    
第一章   パッカードと残骨
第二章   溶けた鉄 澄んだ空
第三章   解放の時代
第四章   空白の六年間
第五章   円盤と宝石
第六章   ボッコちゃん
第七章   バイロン卿の夢
第八章   思索販売業
第九章   あのころの未来
第十章   頭の大きなロボット
第十一章 カウントダウン1001編
第十二章 東京に原爆を
 終章     鍵
あとがき

これが全編を貫く目次である。著者・最相葉月は『絶対音感』なる書物ですでにノンフィクション分野で評価の高い作家だが、ここでも足で稼いだ取材がものをいっている。130余名の取材を取り付けている。その筆致は淡々としているけれども、事実に裏づけられた証言のモザイクが活字のモノトーンから抜け出しある種の立体化、言わば最相流建築の美を醸し出していると言っても過言ではない。

第十二章 東京に原爆をの章でこんなことを著者はシンイチについて引用している。
ショートショートを淡々と発表し続け、「慾ハナク 決シテ瞋ラズ イツモシズカニワラッテヰル」。作家たちがあれこれと争いを起こしても自分は一切関わらずに「ツマラナイカラヤメロトイヒ」、親や会社からは「デクノボートヨバレ」、作家としての20数年間の仕事も結果的には文学の世界からは「ホメラレモセズ クニモサレズ」(「アメニモマケレズ」)。これは晩年の心境を如実に物語る一節である。シンイチは宮澤賢治と共通点は農芸化学を専攻したぐらいと言っていたらしいが・・・。〈続く〉

« クロカル超人の面白翻訳 携帯翻訳 24 前編最終章『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』 | トップページ | 超人の面白読書 27 最相葉月著『星新一 1001話をつくった人』 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白読書 27 最相葉月著『星新一 1001話をつくった人』:

« クロカル超人の面白翻訳 携帯翻訳 24 前編最終章『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』 | トップページ | 超人の面白読書 27 最相葉月著『星新一 1001話をつくった人』 2 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31