« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/31

超人のジャーナリスト・アイ 67 北欧映画の巨匠・イングマル・ベルイマン監督の死

北欧映画の巨匠・イングマル・ベルイマン監督の死を伝えるスウェーデンの有力新聞・ダーゲンスニーヘーテル電子版のトップ記事。

Publicerad 30 juli 17:13
Blommor_3


Världens blickar riktas mot Fårö
Fårö. Ingmar Bergman älskade sitt Fårö. Och öborna älskade sin Fårögubbe. DN:s Anna-Maria Hagerfors besöker ön som återigen tar emot reportar från hela världen.

Himlen hängde regngrå över Fårös kalkvita vägar. "Dämonerna" hade slutligt kommit till ro ute hos enslingen på Fårös vackraste udde. Grindarna, som ligger i smultronskogen med skyltarna "Enskilt område" och "Varning för hunden", var låsta.

- Jag hade bara en liten tax, men det där skrämde bort folk, hehe, skrockade han en gång.

Klapperstensstranden med raukar inhägnade han med stenmurar och gav blanka fan i allemansrätten.

- Och nu har jag fått en tjurhage till granne, så då kommer inga turister in från det hållet heller, frustade han nöjt när han beslöt bosätta sig på ön året runt år 2003.

"Var bor Ingmar Bergman?" har turisterna frågat i Konsum och Ica i 47 år nu. Alla Fåröbor har satt en ära i att peka åt fel håll. Ingen ville lämna ut "våran Bergman".

Deras kärlek var djupt besvarad och på dödsdagen hissades Bygdegårdens flagga på halv stång, den gård han hjälpte dem att rusta upp med en rejäl bunt sedlar.

- Det är klart att vi älskade Ingmar Bergman. Han satte ju bortglömda Fårö på världskartan. Han hade stor respekt för oss och var aldrig nedlåtande, säger Fårö sockens taleskvinna, läraren Kerstin Kalström.

- Han var mycket mån om att se till att vi fick arbeta med hans olika byggen och renoveringar, bygga filmkulisser och agera som statister. Och när hans fru Ingrid levde skickade de alltid julkort.

Telefonen ringer i ett på Kalströms gård, och snart kommer nog all världens medier att hitta hit och göra intervjuer med Kerstin som sitter med barnbarnen runt benen i köket.

- Nu hoppas vi att det blir ett Bergmancenter här året runt med hela världsarvet av hans produktion och möjlighet att inbjuda forskare. Vi har ju märkt under vår årliga Bergmanvecka hur oändligt många det är som forskar om Bergman över hela världen. De ringer hit och vill veta mer. Många av dem kan allt, allt& varenda scen i hans filmer!

Bergmanveckan hölls i år för fjärde gången, men huvudpersonen satt i rullstol och orkade inte vara med. Journalister från världens största filmtidningar var besvikna, men fick ändå se hans privata biograf i en stuga i filmbyn han skapade på Dämba. En gång om året samlade Svenska Filminstitutet in alla aktuella filmer som han var nyfiken på och körde ut dem till bion med sin 1970-talsinredning och en textil vävnad av Anita Grede med motiv från "Trollflöjten", där Bergman själv är med.

- Det finns också att optiskt ljusfenomen där. Dörrens nyckelhål är stort, och håller man ett tunt tyg framför blir det rena camera obscura. Man ser Fåröheden utanför upp och ned, berättar Jannike Åhlund som bor vid ett fiskeläge på ön om somrarna. Hon var tidigare chef för Göteborgs filmfestival och fortsätter att hålla i Bergmanveckan.

- Jag fick äran att bli en av hans telefonkompisar, och det var väldigt roligt. "Det är Fårögubben", sa han alltid.

Privat hade han en humor som inte liknade den burleska i filmerna. I telefonen kunde han vara både elak och sarkastisk på ett roligt sätt. Han gillade kulturskvaller och var ytterst välinformerad, trots att han levde så isolerat.

- Det roligaste på Bergmanveckan var i fjol när han och Harriet Andersson munhöggs. Då kände man att man satt på filmhistoriens första parkett, säger Jannike Åhlund.

Den store har redan sin gravplats bokad på Fårö kyrkogård, vid ett gotländskt stentun. Utanför har man nyss klippt lammen och ulltussarna ligger i stora högar.

Inne i kyrkan brinner ljusen stilla, medan regnet strilar och turisterna står tysta. Kyrkan där han satt så ofta, i ensam meditation och andakt.

Enligt författaren och svärsonen Henning Mankell kommer begravningen att äga rum i Fårö kyrka och förrättas av en präst i församlingen.

- Det blir en väldigt handboksmässig förrättning inför de allra närmsta anhöriga, säger han.

Anna-Maria Hagerfors


"Bergman välkomnade döden"
Natten till måndag avled Ingmar Bergman stilla i sitt hem på Fårö. Mästerregissören blev 89 år.

Ingmar1

Ingmar Bergman var en av Sveriges största konstnärer och internationellt erkänd som en av filmhistoriens främsta. På måndagen dog han lugnt och stilla, hemma på Fårö.

I många filmer har han bearbetat döden - han hade tidigare en dödsskräck - men det var länge sedan Ingmar Bergman slutade vara rädd för döden. Det säger SVT-jornalisten Marie Nyreröd som var en av de som umgicks med honom närmast på senare år.

- Det har han sagt många gånger, i flera år, att han ska välkomna döden den dag den kommer. Han var övertygad om att han då skulle återförenas med sin sista hustru, Ingrid von Rosen, säger Marie Nyreröd.

Något datum för Ingmar Bergmans begravning är inte fastställt men hans dotter, regissören Eva Bergman, säger till TT att den ska ske i en nära krets av familj och vänner. Självklart kommer han dock nu att uppmärksammas offentligt på flera håll och sätt (se artikel intill).

Budet om bortgången kommenterades officiellt av såväl stats- som kulturministern.

- Jag tror att det är svårt att till fullo förstå och förmå överblicka det enorma bidrag till svensk film och dramatik i Sverige och utomlands som Ingmar Bergman nu lämnar efter sig, säger statsminister Fredrik Reinfeldt.

Lena Adelsohn Liljeroth, som även berömmer dramatikern och författaren Ingmar Bergman, riktar sina tankar främst till hans stora familj, men hon säger också att "en stor man har gått ur tiden, en internationell ikon för Sverige har lämnat oss".

- Ingmar Bergmans filmer är utan tvekan milstolpar för hela filmkonsten. Hans betydelse kan inte överskattas. Från lättheten och allvaret i filmer som Smultronstället till de oförglömliga, existentiella samtalen i Scener ur ett äktenskap och de senare filmerna, har Ingmar Bergman frikostigt delat med sig av sin kamp med de inre demonerna och påverkat människor världen över. Hans filmer finner ständigt en ny publik.

Cissi Elwin, vd för Svenska filminstitutet, betonar hans stora betydelse för institutet och säger i ett pressmeddelande att:

- Det finns ingen som arbetar med film i Sverige som inte har en relation till Ingmar Bergman. Men han har också influerat filmskapare över hela världen. Under mer än ett halvt sekel har han lett oss in i sina alldeles egna filmiska landskap - och konfronterat oss med oss själva. Ingmar Bergman har lämnat oss, men hans filmer kommer att leva vidare, långt långt efter att han är borta.

Marie Nyreröd säger att Ingmar Bergman aldrig gav upp livet eller framtiden. Något han fantiserade över var att flytta tillbaka till Stockholm under delar av året och i vintras bad han Marie Nyreröd att titta efter en lägenhet i hans barndomskvarter på Östermalm - vid Hedvig Eleonora där hans pappa en gång var kyrkoherde.

- Han hade en vision om hur han skulle kunna smyga in på Dramatens repetitioner, eller lyssna på någon orkester. Även om han konsumerade mycket musik på skiva och teater på tv, så saknade han den levande musiken, den levande teatern. Han kände en sorg över att inte ha den omkring sig.

I oktober genomgick Ingmar Bergman en höftoperation på Sophiahemmet i Stockholm - där hans far en gång var sjukhuspräst - som han lämnade för Fårö efter tre veckor.

Sedan dess har rykten om hans hälsa och ohälsa gått, men enligt Marie Nyreröd har han varit pigg hela tiden, eller åtminstone så pigg som man kan vänta sig av en 89-åring.

Ingmar Bergman var också medveten om vad som väntade den dag han lämnade livet - att människor skulle gräva i hans liv, forska om hans person och gärning.

En berättelse om detta har Bibi Rödöö, projektledare för Sommar i P1. Ingmar Bergmans Sommar den 18 juli 2004 resulterade i programmets hittills största lyssnarrespons och Sveriges radio skickade två stora kartonger med handskrivna brev till Fårö.

Han tyckte om de personliga breven, att de var skakande och rörande, men planerna på att trycka en bok med dem gick bokstavligen i rök. Så här sade han till Bibi Rödöö:

- Jo, du förstår det är så många som är ute och vetenskapar på Ingmar Bergman och de här breven är så personliga, så jag har bränt brevena. Jag lämnar inget efter mig...jag organiserar min epilog.

Ossi Carp

■Radio Sweden電子版2007年7月30日の記事。
278800_336_250

2007-07-30
Film Legend Ingmar Bergman Dead at 89

Legendary film maker Ingmar Bergman has died at his home on the Swedish island of Fårö.

The famous director of such films as ”The Seventh Seal” and ”Scenes from a Marriage” was 89. Many considered Ingmar Bergman to be the best film director of the 50’s and 60’s.

In 1982 his film ”Fanny and Alexnader” won four Oscars, including Best Foreign Language Film.

Altogether Bergman directed more than 40 films, as well as over 100 theater productions, and many plays for television.

In recent years he left the world of film and directed a series of highly acclaimed plays at Stockholm’s Royal Dramatic Theater.

■スウェーデン大使館の記事。

2007-07-31

イングマル・ベルイマン監督死去 89歳
伝説的なスウェーデン人映画監督、イングマル・ベルイマン氏が30日、フォーロ島の自宅で死去した。89歳だった。

ベルイマン監督は、まぎれもなく世界的に最も知られているスウェーデン人であり、世界の映画史を代表する巨匠の一人と言われている。

映画芸術家としてのベルイマン氏のキャリアは、とてもユニークである。監督としてのデビュー作品、危機(46年)から自伝的作品「ファニーとアレクサンデル」(82年)まで、40作品以上を製作した。

名作といわれる作品は、’The Seventh Seal’「第七の封印」(1957), ‘Wild Strawberries’「野いちご」(1957), ‘The Silence’「沈黙」(1963) and ‘Persona’ 「仮面ペルソナ」(1966)など。

■イングマール・ベルイマン サイトから最新版の記事。

イングマール・ベルイマン
 Ingmar Bergman

生年 ■ 1918/07/14
出身地 ■ スウェーデン/ウプサラ
没年 ■ 2007/07/30
[IMDB Search]

■大学時代に演劇に目覚め、ストックホルム王立オペラ劇場などを経て演劇方面のキャリアを築く一方、映画のシナリオを手がけるようになる。44年、自作脚本の「もだえ」が映画化される際に助監督を務め、46年「危機」で監督デビュー。代表作に「野いちご」、「第七の封印」、「処女の泉」、「秋のソナタ」などがある。82年の「ファニーとアレクサンドル」以降は、テレビと演劇に活躍の舞台を移した。5度の結婚の末に8人の子供がいてダニエルは監督、アンナは女優、その他二人の子供も俳優とTVの監督になった。

【関連人物】
アンナ・ベルイマン   娘
ダニエル・ベルイマン   息子

【フィルモグラフィー】
[001] ■   サラバンド (2003) 監督 /脚本
[003] ■   不実の愛、かくも燃え (2000) 脚本
[004] ■   日曜日のピュ (1994) 脚本
[005] ■   愛の風景 (1992) 脚本
[006] ■   ベルイマンの世界/ドキュメント「ファニーとアレクサンデル」 (1985) 監督 /脚本
[008] ■   リハーサルの後で (1984) <TVM> 監督 /脚本
[010] ■   ファニーとアレクサンデル (1982) 監督 /脚本
[012] ■   夢の中の人生 (1980) <未> 監督 /脚本
[014] ■   秋のソナタ (1978) 監督 /脚本
[016] ■   蛇の卵 (1977) <未> 監督 /脚本
[018] ■   鏡の中の女 (1975) 監督 /製作 /脚本
[021] ■   ある結婚の風景 (1974) 監督 /脚本
[023] ■   ある結婚の風景 (1974) <TVM> 監督 /脚本
[025] ■   魔笛 (1974) 監督 /脚本
[027] ■   叫びとささやき (1972) 監督 /脚本
[029] ■   愛のさすらい (1971) <未> 監督
[030] ■   沈黙の島 (1969) <未> 監督
[031] ■   夜の儀式 (1969) 監督 /脚本
[033] ■   仮面/ペルソナ (1967) 監督 /製作 /脚本
[036] ■   狼の時刻 (1966) <未> 監督 /脚本
[038] ■   ベルイマン監督の 恥 (1966) <未> 監督
[039] ■   この女たちのすべてを語らないために (1964) <未> 監督 /脚本
[041] ■   沈黙 (1962) 監督 /脚本
[043] ■   冬の光 (1962) 監督 /脚本
[045] ■   鏡の中にある如く (1961) 監督 /脚本
[047] ■   悪魔の眼 (1960) <未> 監督 /脚本
[049] ■   処女の泉 (1960) 監督
[050] ■   女はそれを待っている (1958) 監督
[051] ■   魔術師 (1958) 監督 /脚本
[053] ■   野いちご (1957) 監督 /脚本
[055] ■   第七の封印 (1956) 監督 /脚本
[057] ■   夏の夜は三たび微笑む (1955) 監督 /脚本
[059] ■   愛のレッスン (1954) 監督 /脚本
[061] ■   道化師の夜 (1953) 監督 /脚本
[063] ■   シークレット・オブ・ウーマン (1952) 監督 /脚本
[065] ■   不良少女モニカ (1952) 監督 /脚本
[067] ■   夏の遊び (1951) 監督 /原案 /脚本
[070] ■   歓喜に向って (1950) <未> 監督 /脚本
[072] ■   渇望 (1949) 監督
[073] ■   牢獄 (1949) 監督 /脚本
[075] ■   愛欲の港 (1948) 監督 /脚本
[077] ■   闇の中の音楽 (1948) 監督 /脚本
[079] ■   エヴァ (1948) <未> 脚本
[080] ■   インド行きの船 (1947) 監督 /脚本
[082] ■   われらの恋に雨が降る (1946) 監督 /脚本
[084] ■   危機 (1946) <未> 監督 /脚本
[086] ■   もだえ (1944) 脚本 /助監督

【その他のおすすめ】

DVD通販まとめサイト DVDネット通販の比較サイト。各社サービスの徹底比較。
dvdshop.ei66.com


傷ありDVDも買取り致します! DVDなら何でも買います.手軽で簡単・高額査定のDVD4649へ!
www.dvd4649.com

【ニュース】
DVDリリース情報:「スキャナー・ダークリー」「サラバンド」etc. 2007/03/22
ケネス・ブラナー、「魔笛」を映画化へ 2005/08/18
過去25年のベストワン映画は? 2002/11/08

【ユーザー評価】
作品名 投票数 平均

 
監督

野いちご 6 9.83
秋のソナタ 8 8.50
 
脚本

野いちご 6 9.83
秋のソナタ 8 8.50

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
アカデミー賞
1983年 □ 監督賞 ファニーとアレクサンデル
□ 脚本賞 ファニーとアレクサンデル
1978年 □ 脚本賞 秋のソナタ
1976年 □ 監督賞 鏡の中の女
1973年 □ 監督賞 叫びとささやき
□ 脚本賞 叫びとささやき
1970年 ■ アーヴィング・タールバーグ記念賞
1962年 □ 脚本賞 鏡の中にある如く
1959年 □ 脚本賞 野いちご
 
カンヌ国際映画祭
1973年 ■ フランス映画高等技術委員会賞 叫びとささやき
1960年 ■ FIPRESCI(国際映画批評家連盟)賞 処女の泉
■ 特別賞 処女の泉
1958年 ■ 監督賞 女はそれを待っている
1957年 ■ 審査員特別賞 第七の封印
1956年 ■ 詩的ユーモア賞 夏の夜は三たび微笑む
1947年 ■ 特別表彰 インド行きの船
 
ヴェネチア国際映画祭
1983年 ■ 国際評論家賞 ファニーとアレクサンデル
1971年 ■ 栄誉賞
1959年 ■ 審査員特別賞 魔術師
■ イタリア批評家賞(コンペティション) 魔術師
1958年 ■ イタリア批評家賞(コンペティション外) 野いちご
 
ベルリン国際映画祭
1962年 ■ 国際カトリック映画事務局賞 鏡の中にある如く
1958年 ■ 金熊賞 野いちご
 
全米批評家協会賞
1975年 ■ 特別賞 魔笛 素晴らしいオペラがいかに映画になるかのお手本を示したことに対して
1974年 ■ 脚本賞 ある結婚の風景
1972年 ■ 脚本賞 叫びとささやき
1970年 ■ 監督賞 沈黙の島
1968年 ■ 監督賞 ベルイマン監督の 恥 「狼の時間」に対しても
1967年 ■ 監督賞 仮面/ペルソナ
 
NY批評家協会賞
1983年 ■ 監督賞 ファニーとアレクサンデル
1974年 ■ 脚本賞 ある結婚の風景
1972年 ■ 監督賞 叫びとささやき
■ 脚本賞 叫びとささやき
 
ゴールデン・グローブ
1983年 □ 監督賞 ファニーとアレクサンデル
 
ヨーロッパ映画賞
1988年 ■ 生涯功労賞
 
セザール賞
2004年 □ EU(欧州連合)作品賞 サラバンド
1983年 ■ 外国映画賞 ファニーとアレクサンデル
1975年 ■ 名誉賞

【DVD リリース】
発売中

洋画

商品名 発売日 税込価格
【DVD】愛の風景 2003/06/27  \5,880
【DVD】愛のレッスン 2001/03/25  \4,935
【DVD】愛欲の港 2000/06/25  \5,040
【DVD】秋のソナタ 2000/04/25  \5,040
【DVD】イングマール・ベルイマン コレクション <初回限定生産> 2004/09/17  \13,440
【DVD】エヴァ 2001/02/25  \4,935
【DVD】渇望 2000/08/25  \5,040
【DVD】仮面/ペルソナ 2002/09/25  \5,040
【DVD】危機 2002/02/25  \5,040
【DVD】サラバンド 2007/05/26  \5,040
【DVD】処女の泉 2000/04/25  \5,040
【DVD】第七の封印 2000/06/25  \5,040
【DVD】夏の遊び 2002/05/25  \5,040
【DVD】ファニーとアレクサンデル 2000/12/21  \8,190
【DVD】魔術師 2002/02/25  \5,040
【DVD】ベルイマン/魔笛 2003/05/24  \5,670
【DVD】もだえ 2001/02/25  \4,935
【DVD】夢の中の人生 2002/05/25  \5,040
【DVD】リハーサルの後で 2000/08/25  \5,040
【DVD】悪魔の眼 2002/07/25  \5,040
【DVD】ある結婚の風景 2001/07/25  \8,190
【DVD】鏡の中にある如く 2001/08/25  \5,040
【DVD】歓喜に向かって 2001/07/25  \5,040
【DVD】この女たちのすべてを語らないために 2002/01/25  \5,040
【DVD】叫びとささやき 2002/01/25  \5,040
【DVD】シークレット・オブ・ウーマン 2002/03/25  \5,040
【DVD】沈黙 2001/08/25  \5,040
【DVD】夏の夜は三たび微笑む 2002/07/25  \5,040
【DVD】野いちご 2001/07/25  \5,040
【DVD】不実の愛、かくも燃え 2002/08/21  \4,935
【DVD】冬の光 2001/08/25  \5,040
【DVD】不良少女モニカ 2001/03/25  \4,935
【DVD】夜の儀式 2002/03/25  \5,040

■イギリスのThe Independent紙の2007年7月31日の電子版の記事。

Ingmar Bergman: A morally flawed recluse, but a director touched by genius
By Geoffrey McNab
Published: 31 July 2007
"He doesn't have to meet people here. He can be alone with the stones and the heavens. It is good for the soul," the actress Barbro Hjort af Ornas said of Faro, the remote, windswept island in the Baltic Sea where Ingmar Bergman died yesterday.

She first met Bergman in the late 1930s, when she appeared in amateur plays that he directed. As a Faro resident, she understood why he sought refuge there. "The air is different, the light is different. There is a peace you can get here - an absolute peace. No one to see and nothing to disturb you, just nature."

When we were on Faro last month for Bergman Week, a series of lectures and screenings dedicated to him, it was midsummer. It didn't get dark at all. Not that this changed the island's eerie atmosphere. As Bergman testified, "my ghosts, my demons, phantoms and spirits never appear at night. They often appear in broad daylight."

Bergman would have wanted Faro to be his last resting place. In January 2004 he emptied his apartment in Stockholm, quit his office at the Dramatic Theatre, anddeclared that he would never leave the island again.

The attendees at the Bergman Week knew that Bergman wasn't well. He had had a hip replacement and was reportedly confined to a wheelchair. His eyesight was fading and he had stopped watching films in that specially built cinema where he used to screen Charlie Chaplin's The Circus every Christmas. There were rumours that he was beginning to deviate from the rigorous daily routine he had followed for so long - brisk early morning walk, three-hour writing stint, lunch, reading and then an afternoon film. Now, his main consolation was music. On Sunday evenings, his former wife Kabi Laretei - a concert pianist - would play music for him.

Even so, no one suspected quite how fast he was fading. After all, last year, when Ang Lee had visited the Bergman Week, the director himself had been much in evidence, attending talks on his work, joshing from the audience with Harriet Andersson and debating the religious themes in one of his starkest films, Winter Light, with a leading theologian. We all hoped we would spot him this year too, but he didn't show. Kenneth Branagh, the event's special guest, was unable to meet him. (Bergman was aware of Branagh's work, and had screened Branagh's In The Bleak Midwinter in his cinema.)

Everyone was looking forward to his 90th birthday next July. Events were being planned all over the world: retrospectives, travelling exhibitions. Now, one guesses, these events will be rushed forward.

Death was Bergman's subject. As he told the film-maker Marie Nyrerod, "not a day has gone by in my life when I haven't thought about death." It is there in one way or another in almost all his films. Don't just think of the (now clichéd) image of the Knight playing chess with the grim reaper in The Seventh Seal. Death comes in all different ways in his work.

In Wild Strawberries, the mood is lyrical as an old man looks back over his life. Contrast this with the misogynistic fury of the killing of the prostitute in From the Life of the Marionettes, one of his most disturbing and underrated films. There is the ballet dancer lamenting her lover who died in freakish circumstances in Summer Interlude. In The Serpent's Egg, set in 1920s Germany as the seeds of fascism are sown, death is as brutal as in any Hollywood revenge thriller.

Bergman's magisterial autobiography The Magic Lantern is full of death. He writes vividly - and with an occasionally morbid relish - about relatives killed by trains, pregnant servant girls who commit suicide and drowned bodies with eels coming out of all their orifices.

In some quarters, there will be relief at Bergman's passing. The Swedes, who sometimes gave the impression of being embarrassed by this monumental figure in their midst, will be able to honour him without reservation. The old spats - the battle with the tax authorities that led him to live in exile, the debates about his stifling effect on younger film-makers - will be forgotten. He will take his place in the list of their major cultural figures, at least the equal of his beloved Strindberg.

His achievements are indeed remarkable - more than 50 films, over 120 major theatre productions, the radio plays, the TV dramas and the books. In sheer volume and consistent quality, it is hard to think of anyone who matches him.

Bergman possessed a relentless artistic drive. Even in the 1930s, when he was directing amateur drama, Barbro Hjort af Ornas testifies that he was already subject to his famous tantrums. By his own admission, Bergman wasn't the perfect family man. "I've been married five times, I won't deny it," he told Marie Nyrerod. Most of his marriages lasted five years, but he was self-evidently more obsessed with his work than with his children. "I've been family lazy. It is quite simply that. I haven't put an ounce of effort into my families."

He told one devastating story about how he broke with his wife after falling in love with the journalist Gun Hagberg. He returned home, sat on the bed and told his wife (who was delighted to see him home sooner than expected) that he was leaving her - and then off he went. "It still feels terrible to think that I could have been so incredibly cruel ... but ... I was."

It may be prurient and reductive to pore over the messy private lives of artists. In Bergman's case, it is unavoidable. He drew so heavily from his private life in his work that some knowledge of the former can't help but elucidate the latter.

The affair and subsequent marriage to Gun Hagberg was traumatic, but it was a tremendous stimulus to his creativity. Hagberg became the model for many women in his films. As late as 2000, when he provided the screenplay for Liv Ullmann's Faithless, he was still raking over his relationship with her and the feelings of lust, jealousy and anger it engendered.

There is one central paradox - how could someone who wrote so creatively and attentively about childhood be so uninterested in his own children's lives? Anyone who has read The Magic Lantern or seen Fanny And Alexander will realise that Bergman had an uncanny ability to capture a child's-eye view of the world in all its innocence and perversity. Perhaps, though, the only childhood he was interested in was his own.

It was understandable that critics were sometimes wary of him. He claimed to have a black book in which he jotted down the names of all the people he didn't like. There was one famous occasion on which he slugged a reviewer who had panned his work - an action he later regretted.

One shouldn't discount his humour, which was often at his own expense. In The Magic Lantern, Bergman wrote in entertaining, self-deprecating fashion about his chronic stomach problems, his early misadventures in masturbation, his adolescent gawkiness with girls, and his egotism as a young director.

There was something Prospero-like about Bergmanon his island. He would talk without irony about the spirits who surrounded him on Faro. He needed his demons - his fear and rage. "Of course the demons have to be around," he told his friend and fellow film-maker Jorn Donner. "But as long as I am in the studio or theatre, I control the universe and so the demons are automatically kept under control."

■イギリスのロイター通信社の記事。

Film icon Ingmar Bergman dies
Mon Jul 30, 2007 5:54PM BST

Email This Article |Print This Article | RSS
[-] Text [+] By Anna Ringstrom and Sarah Edmonds

STOCKHOLM (Reuters) - Sweden's Ingmar Bergman, who influenced a generation of film-makers with his often stark works about mortality and sexual torment, died on Monday aged 89.

The self-taught director and scriptwriter died in the morning at his home on Faro Island in the Baltic Sea, said Cissi Elwin, chief executive of the Swedish Film Institute.

Sweden and the global film community lamented the death of an icon.

"He was one of the great ones," Jorn Donner, producer of "Fanny and Alexander", Bergman's last work for the big screen which won four Oscars, told Reuters.

Elwin said Bergman, in a wheelchair and seeming very tired, had appeared briefly this month at an annual celebration of his career on Faro Island.

"It's a very big loss today," she said. "It's very, very strange and very unreal because Ingmar Bergman is so much (a part of) Swedish film."

Bergman was famed for films such as "Wild Strawberries", "Scenes From a Marriage" and "Fanny and Alexander", which gave Sweden a reputation for melancholy and made him an acknowledged master of modern cinema.

He made 54 films, 126 theatre productions and 39 radio plays. His cinematic masterpieces often dwelt on sexual confusion, loneliness and the vain search for the meaning of life -- themes he ascribed to a traumatic childhood in which he was beaten by his father, a Lutheran minister.

He told Reuters in a rare interview in 2001 that personal demons tormented and inspired him throughout his life.

"The demons are innumerable, appear at the most inconvenient times and create panic and terror," he said at the time. "But I have learnt that if I can master the negative forces and harness them to my chariot, then they can work to my advantage."

The heavily autobiographical "Fanny and Alexander" tells the story of an upper-class family in the city of Uppsala before World War One.

The boy protagonist Alexander and his sister Fanny are mentally and physically abused by their stepfather -- a bishop modelled on Bergman's father. Alexander at last uses supernatural powers to take a sinister revenge.

HOMAGE

Bergman gained international recognition with "The Seventh Seal", a 1956 film in which a Crusader searching for God plays chess with a personified Death. Film directors all over the world have named him as an inspiration.

Woody Allen idolised him, paying homage to "The Seventh Seal" in his early comedy "Love and Death".

"He was a friend and truly the best director in my lifetime," Allen told Sweden's Aftonbladet newspaper. "I was very sad to hear that he has passed away."

Danish director Bille August, who won the 1992 Palme d'Or at Cannes for "The Best Intentions", a movie based on a script Bergman wrote about his parents, said the Swede was a trusted friend who would listen to his doubts.

"It was a real shock to me because he was the last big director left," August said of Bergman's death.

"He left a big vacuum behind."

Oscar-winning Polish director Andrzej Wajda said it was Bergman's "absolute isolation" that impressed him.

"He created great art, and for us -- movie directors -- he gave hope, a belief, that if we wanted to say something about ourselves, the world would notice," he told Polish news agency

PAP.

At home in Sweden, government and cultural officials and the media also lined up to pay tribute to one of the most famous Swedes.

"His works are immortal," Prime Minister Fredrik Reinfeldt said.

Elwin said the Swedish Film Institute planned a memorial night in August and would invite film historians and colleagues from the acting world to pay tribute to Bergman's career.

He won Academy Awards for best foreign language film in 1960, 1961 and 1983, and a collection of his work was last month added to the UNESCO store of history's greatest archives.

Although he stepped away from the big screen after "Fanny and Alexander", he subsequently directed a number of television productions up to 2003 when he made "Saraband".

Off stage, Bergman's private life often took the limelight. He was married five times to beautiful and gifted women and had liaisons with his leading actresses. Bergman had nine children.

Eventually, he settled on Faro -- or "sheep" -- island off Sweden's southeast coast, where he had shot seven films.

(Additional reporting by Fredrika Bernadotte, Helena Soderpalm and Adam Cox in Stockholm, Terhi Kinnunen in Helsinki and David Cutler in London)

■アメリカのランカスター紙電子版の記事はAP電のもの。

Film Great Ingmar Bergman Dies at 89
By Louise Nordstrom
Associated Press Writer

Published: Jul 30, 2007 9:56 PM EST

STOCKHOLM, Sweden (AP) - Master filmmaker Ingmar Bergman, one of the greatest artists in cinema history, died Monday at his home on an island off the coast of Sweden. He was 89.

Bergman's dozens of works combined deep seriousness, indelible imagery and unexpected flashes of humor in finely written, inventively shot explorations of difficult subjects such as plague and madness.

His vision encompassed the extremes of his beloved Sweden: the claustrophobic gloom of unending winter nights, its glowing summer evenings and the bleak magnificence of the Baltic islet of Faro, where the reclusive artist spent his last years.

Once described by Woody Allen as "probably the greatest film artist ... since the invention of the motion picture camera," Bergman first gained international attention with 1955's "Smiles of a Summer Night," a romantic comedy that inspired the Stephen Sondheim musical "A Little Night Music."

His last work, of about 60, was "Saraband," a made-for-television movie that aired on Swedish public television in December 2003, the year he retired.

Allen said he was "very sorry" to hear of Bergman's death.

"He was a friend and certainly the finest film director of my lifetime," the Web version of Swedish daily Aftonbladet quoted him as saying.

"Saraband" starred Liv Ullmann, the Norwegian actress and director who appeared in nine Bergman films and had a five-year affair, and a daughter, with the director.

The other actor most closely associated with Bergman was Max von Sydow, who appeared in 1957's "The Seventh Seal," an allegorical tale of the Black Plague years as a knight playing chess with the shrouded figure of Death, one of cinema's most famous scenes.

His 1982 film "Fanny and Alexander" won an Oscar for best foreign film. His 1973 "Cries and Whispers" was nominated for Best Picture.

"The world has lost one of its very greatest filmmakers. He taught us all so much throughout his life," said British actor and director Richard Attenborough.

Astrid Soderbergh Widding, president of The Ingmar Bergman Foundation, confirmed the death to The Associated Press, and Swedish journalist Marie Nyrerod said the director died peacefully during his sleep.

Bergman never fully recovered after a hip surgery in October last year, Nyrerod told Swedish broadcaster SVT.

"He was one of the world's biggest personalities. There were (Japanese film director Akira) Kurosawa, (Italy's Federico) Fellini and then Bergman. Now he is also gone," Danish director Bille August told The Associated Press.

"It is a great loss. I am in shock," August said.

Cannes Film Festival director Gilles Jacob called Bergman the "last of the greats, because he proved that cinema can be as profound as literature."

The son of a Lutheran clergyman and a housewife, Ernst Ingmar Bergman was born in Uppsala, Sweden on July 14, 1918, and grew up with a brother and sister in a household of severe discipline that he described in painful detail in the autobiography "The Magic Lantern."

The title comes from his childhood, when his brother got a "magic lantern" — a precursor of the slide-projector — for Christmas. Ingmar was consumed with jealousy, and he managed to acquire the object of his desire by trading it for a hundred tin soldiers.

The apparatus was a spot of joy in an often-cruel young life. Bergman recounted the horror of being locked in a closet and the humiliation of being made to wear a skirt as punishment for wetting his pants.

He broke with his parents at 19 and remained aloof from them, but later in life sought to understand them. The story of their lives was told in the television film "Sunday's Child," directed by his own son Daniel.

The director said he had coped with the authoritarian environment of his childhood by living in a world of fantasy. When he first saw a movie he was greatly moved.

But he said the escape into another world went so far that it took him years to tell reality from fantasy, and Bergman repeatedly described his life as a constant fight against demons, also reflected in his work.

The demons sometimes drove him to great art — as in "Cries and Whispers," the deathbed drama that climaxes when a dying woman cries "I am dead, but I can't leave you." Sometimes they drove him over the top, as in "Hour of the Wolf," where a nightmare-plagued artist meets real-life demons on a lonely island.

It was in the Swedish capital that Bergman broke into the world of drama, starting with a menial job at the Royal Opera House after dropping out of college.

Bergman was hired by the script department of Swedish Film Industry, the country's main production company, as an assistant script writer in 1942.

In 1944, his first original screenplay was filmed by Alf Sjoeberg, the dominant Swedish film director of the time. "Torment" won several awards including the Grand Prize of the 1946 Cannes Film Festival, and soon Bergman was directing an average of two films a year as well as working with stage production.

After the acclaimed "The Seventh Seal," he quickly came up with another success in "Wild Strawberries," in which an elderly professor's car trip to pick up an award is interspersed with dreams.

Other noted films include "Persona," about an actress and her nurse whose identities seem to merge, and "The Autumn Sonata," about a concert pianist and her two daughters, one severely handicapped and the other burdened by her child's drowning.

Though best known internationally for his films, Bergman was also a prominent stage director. He worked at several playhouses in Sweden from the mid-1940s, including the Royal Dramatic Theater in Stockholm which he headed from 1963 to 1966. He staged many plays by the Swedish author August Strindberg, whom he cited as an inspiration.

The influence of Strindberg's grueling and precise psychological dissections could be seen in "Scenes From a Marriage," an intense detailing of the disintegration of a marriage that was released as a feature film in 1974.

Bergman showed his lighter side in the following year's "The Magic Flute," again first produced for TV. It is a fairly straight production of the Mozart opera, enlivened by touches such as repeatedly showing the face of a young girl watching the opera and comically clumsy props and costumes.

Bergman remained active later in life with stage productions and occasional TV shows. He said he still felt a need to direct, although he had no plans to make another feature film.

Bergman, at age 84, started production on "Saraband" — based on the two main characters from "Scenes From a Marriage" — in the fall of 2002.

In a rare news conference, he said he wrote the story after realizing he was "pregnant with a play."

"At first I felt sick, very sick. It was strange. Like Abraham and Sarah, who suddenly realized she was pregnant," he said, referring to biblical characters. "It was lots of fun, suddenly to feel this urge returning."

Bergman waged a fight against real-life tormentors: Sweden's powerful tax authorities.

In 1976, during a rehearsal at the Royal Dramatic Theater, police came to take Bergman away for interrogation about tax evasion. The director, who had left all finances to be handled by a lawyer, was questioned for hours while his home was searched. When released, he was forbidden to leave the country.

The case caused an enormous uproar in the media and Bergman had a mental breakdown that sent him to hospital for over a month. He later was absolved of all accusations and in the end only had to pay some extra taxes.

In his autobiography he admitted to guilt in only one aspect: "I signed papers that I didn't read, even less understood."

The experience made him go into voluntary exile in Germany, to the embarrassment of the Swedish authorities. After nine years, he returned to Stockholm.

The date of Bergman's funeral has not been set, but will be attended by a close group of friends and family, the TT news agency reported.


©2007 The Associated Press

イングマル・ベルイマンのことで思い出すのは、晩年住んでいたスウェーデン南部のフォール島の岬近くの自宅を朝日新聞記者が訪ねる企画だったが、ベルイマン自身マスコミ嫌いもあって会えず、仕方なく関係者に取材して書いた"ある種滑稽な"記事である。その記事を探し出した、15年前の1992年(平成4年)1月26日の朝日新聞日曜版だ。詳細はこちら→「img162.pdf」をダウンロード


もう1作ぐらい作るのかなと筆者などは期待していたが残念である。まだ見ていない映画もあるので、この夏休みに追悼の意味も込めてまとめて見てみたい。人間の偽善、愛と苦悩、憎しみなど神と人間の問題がテーマの、形而上学的な作品を扱っているため、難解な映画監督のレッテルを貼られている。自伝風の作品が色濃く残る秀作揃いだ。筆者的には『ファニーとアレクサンデル』や『叫びと囁き』などが印象深い。もちろん『野いちご』、『第七の封印』『ある結婚の風景』など初期の作品も良いが。最後の『サラバンド』 (2003年 監督 /脚本) はまだ見ていない。
先週の日曜日にたまたま衛星放送の番組表を捲っていたら、またベルイマンの作品が衛星テレビで見れるなとチェックしていたばかりの訃報である。また、またひとり巨匠逝く、か。


2007/07/29

超人の面白読書 28 四方田犬彦著『先生とわたし』 4 最終章 

本書『先生とわたし』には二つの生々しい師弟関係の出来事が書かれている。何れも飲み屋での出来事である。新作映画の試写会後、山の上ホテルのバーで飲んだあと師・由良君美に今度は、君の得意な場所につれてってくれたまえと言われ、新宿に繰り出しゴールデン街の著者の知っている店に入る。そのあとのくだり。

「この人はぼくの文学の先生です」と、わたしはマダムに向かって由良君美を紹介した。
「馬鹿なことをいうな ! 」と言下に否定した。「文学には先生も弟子もない。ただ孤独であることだけが、文学の条件だ。ぼくが君に教えたのは、単に英語で本を読む習慣だけだ」 「面白い先生ねえ」と、マダムがグラスにサントリーホワイトを注ぎながらいった。だがその直後に由良君美が口にした言葉は、先の発言とはまったく矛盾した。というよりも全く常軌を逸したたぐいのものだった。
「マダム、あなたにひとつお願いがあります」彼はカウンターに深々と額をつけ、俯きながらいった。「この者はわたしの可愛い弟子です。この弟子がわざわざこの暴風雨の夜にわたしを誘い、ここに連れてきたということは、けっして疎かに見なしてすむことではありません。マダム、わたしの弟子はあなたに惚れているのでしょう。それを伝えるために、わざわざわたしをここまで連れてきたのです。どうかお願いですから、この弟子の文学修行のために一度寝てやってください」
「まあ、ほんとうに面白い先生ねえ」
二人の間に挟まれて、わたしはどう答えていいのやら途方に暮れていた。(本文P.158〜P.159)

ここまで師・由良君美の恥部を書ける著者も凄いが、まあ、こう言う事を酔った席で言われた方もたまらない−。
そして渋谷のバーで殴られた話。

それが正確に1985年のいつのことであったか、記憶は定かではないが季節はすでに秋に入っていたと思う。わたしが数人の仲間とカウンターで呑んでいると、マダムが「あそに由良先生がいらしてますわよ」と、わたしに教えてくれた。へえっと思って目を向けてみると、髪の長い若い女性をともなって由良君美が呑んでいる。向こうでもわたしの気配に気がついたらしい。そこでわたしは席を立ち、二人のところまで行って挨拶をした。
「きみは誰か ? 」由良君美は詰問するような調子でいった。
「きみは最近、ぼくの悪口ばかりいい回っているそうだな」
わたしが呆気にとられて返答を躊躇っていると、彼は突然に拳骨を振り上げ、わたしの腹を殴りつけた。それから連れの女性に合図をし、さっさと店を出て行ってしまった。(本文P.169〜P.170)

この事件で著者は師・由良君美と訣別するが、本書を書くにあたりこの時傍らにいた女性を調べ上げ、由良君美の「四方田が・・・・・四方田が・・・・・」と、陰鬱に呟いていたことをその女性の口から引き出している。また、この事件のことは夫人にも喋っていたらしく、それは本書のプロローグに詳しい。

そして1989年24年間勤めた東大教養学部英語科を定年退職、高橋康也教授の尽力により名誉教授の称号を得、東洋英和学院大創設に参画。1990年日本民藝館のブレイク展のカタログは実現したが、寿岳文章先生芳名張の註釈、橿原由良哲次財団による由良哲次伝執筆、大修館英米文学史の項目、英文学試論集の刊行、1991年にはエリザベス・シューエル『オルフェウスの声』翻訳、新渡戸稲造『武士道』新訳、スタイナー『バベルの後に』翻訳は叶わず食道癌で61歳で亡くなった。葬式は執り行わず、由良家先祖代々の墓には入らず、富士山の麓の文学者の墓に埋められたという。著者は間奏曲と謳った章でジョージ・スタイナーの『師の教え』(2003年ハーバード大学出版刊、未翻訳)や山折哲雄の『教えること、裏切られること』(2003年講談社現代新書)を読み込み、その師弟論を描く。内村鑑三、夏目漱石、親鸞、柳田國男、柳宗悦、ハイデッカー、フッサール、ハンナ・アーレントやシモーヌ・ヴェイユとナディア・ブーランジェなどこの東西二つの書物に実例として出されている師弟関係のあり方を洞察。ニーチェの『ツァラトゥストラ』の詩の「師とは過ちをおかしやすいものである」という一節を引用しながら、著者はこの言葉が師弟の物語を総括してあまりある含蓄をもっていると結論づけている。由良君美は本当に英語ができたか妖しいと東大教養学部の面接官の話やアメリカの大学に招聘されたときに親友・安東伸介を伴った話やジョージ・スタイナー来日時の座談会には弟子に任した話(この座談会は確か「展望」に載ったのを読んで筆者は、江藤淳などとは全然噛み合わかったことを鮮明に記憶している。最近その辺の事情を調べ直しているが)なども弟子である著者は正直に書いているが、こうも書いている。

外国語の会話能力というのは、つまるところその言語のなかでの生活時間の長さに比例する問題にすぎないということを、わたしは体験的に知っている。よく読みよく思考する者が弁論の場でしばしば消極的だというのも、使用言語の異なるいくつかの大学で教鞭を執ってきたわたしがつとに見聞してきたことである、と。読んでみればわかると実例を出しながら、由良君美の英文にはある種の独自の文体があるとその英語力を認めている。ご安心あれ。当時の英文学者には会話が苦手だった人は結構いたのだ。
 
本書『先生とわたし』は夏目漱石の『こころ』の先生とわたしを彷彿させる、師・由良君美と著者とのある時期を知的素敵に共有した師弟愛の物語であり評伝である。1982年10月号の「英語青年」、西脇順三郎氏追悼号には最初に由良君美の小文が載っている。師・西脇順三郎から「ヨーロッパ学」を受け継いだのが由良君美、その弟子の一人の著者はそこからさらにアジアも見据え、サブカルチャーを学問にしてきた。いま人文諸学が危機に晒されている。そのことは書店のこの分野の本の売れ行きが芳しくないことで分る。やはり傑物不在の時代か−。
種村季弘(筆者もあるときほんの少しお世話になった。清水の夕方前の一杯はいいと言っていたのが懐かしい)、澁澤龍彦(江戸の鬼才若冲の絵を早くから認めていた)そして由良君美。作家・大泉黒石などの異端文学にも目配りし刊行するのに尽力した、稀に見る博覧強記の人文学の巨匠だ。余談だが、髭を生やしたその独特の風貌で有名だった大泉黒石の息子・性格俳優の滉の兄の家が筆者の家の近くにあるらしい。

新潮社は快進撃か−。筆者はこれで立て続けに新潮社の本を2冊も読んだ。このあと芥川龍之介の翻訳者が編んだ『羅生門他短編集』(今年は没後80年ということで芥川龍之介の戦死した次男の文才発掘の本などの関連出版が相次いでいる)を読むつりでいる。序に購入した英文翻訳書は解説、註釈が丁寧で面白い。

2007/07/25

超人の面白読書 28 四方田犬彦著『先生とわたし』 3 

同じく由良君美の高弟の一人、前述の高田宏は賛辞とも嫉妬とも取れる熱い思いを自分のコラムで書いている。四方田犬彦はもう60冊以上は書いていてアクチュアル、特に『モロッコ流謫』、『月島物語』の評伝を絶賛した後、本書を著者の自伝『ハイスクール 1968』に続く「自伝」第二弾と位置づけている。しかしだ、この高田宏もネットで見たら48冊、凄いわ、そのジャンル超え、まさに師・由良君美以上かもしれない。自分のコラムでも書いているが、助手時代の57000冊のタイプ打ちによるカード化の作業はまさに狂気の沙汰、1週間のうち1日位しか寝なかったと書いていた。「魔学」だね。このストックがあるかー。この人も弟子の一人、最近では新聞の書評欄で健筆を奮っている青山学院大学の富山太圭夫の研究室をほんの少し覗かせてもらう機会があったが、これもまた凄いわ、洋書の渦、その合間から顔を出していた。いずれも弟子は活躍中だ。ナルホド。
本文でも出てくるがextraterritorial、deconstructionの訳を「脱領域」、「脱構築」と独創的な訳語を当てたことだけでも由良君美は、人文・社会科学の新たな視座を拓いた先駆者として賛同者をたくさん輩出したが、筆者も当時魅せられた一人だ。何度か辞書なども引いた記憶があるし関連書はかなり無理して買い揃えた。本当に久しぶりに『バベルの後に』(原著:After Babel)の分厚い原書を引っ張りだしたところ多少読んだ形跡はあるみたい。それっきり読み終えた形跡なし、もちろん数ヵ国に通じたジョージ・スタイナーには正直歯が立たなかったのだ。密かに由良君美の翻訳が出るのを待っていたのかもしれない。筆者も多少なりともフォローしていたのだから・・・。また、高山は久保覚という触媒者に助けられて由良君美は青土社、せりか書房、牧神社や思索社などに企画を持ち込んだりしてエディトリアルな面でも時代の寵児だったと回想している。四方田には取材を受けたと言って質問の巧みさとメモの要領良さに感心している。ここには60才の等身大の高田宏のハートがあるように思える。そして周辺にいたもう一人、アカデミックではなく民間に入った小林龍生の感想は些か違っていて冷やかだ。
さて、一通り弟子巡回はこれで終了だ。それにしてもキラ星、秀才揃い、恐れ入りました!
四方田犬彦の本に急いで戻ろう。ここには師・由良君美の生い立ちや背景をたどることで、特に苦学して哲学者になり、神道の家柄故考古学に多大な関心を寄せ自著も書き上げた、保守思想の持ち主、父・哲次(ドイツの哲学者・フッサールの現象学の紹介者。哲学者・西田幾太郎、三木清それに作家・横光利一とは親友だった)を追うことで、また、母方の曾祖父・吉田賢輔が慶應大学の創設者・福澤諭吉と親交のあった人まで緻密に調べ上げて自分がゼミ時代に師・由良君美から聴いた数々の謎を氷解していく。その巧みなまでの文章のうねりを織り交ぜながら。筆者は先に作家・星新一の大作評伝を読んだばかりだがこれまた、のめり込んで真夜中読書に耽ってしまった。これも悲しい物語なのだった。やれブレイクだ、やれダンテにイギリスをはじめヨーロッパの新思潮といろいろと知的装置は施されてはいるが。由良君美の精悍なダンディイズムにはこんな背景があったのかと驚かされる。由良君美自身は東大を受験して失敗、学習院大学で哲学と英文学を修め、大学院は慶応大学の西脇順三郎のゼミに入る。そのゼミには文芸評論家になる前の江藤淳こと江頭淳夫もいたが、ジャーナリズム世界を巧みに遊泳していたため巨匠・西脇順三郎から嫌われていたという。このことは著者・四方田犬彦の就職を巡って師・由良君美の言葉が如実に物語っている(本文P.141〜P.143)。著者はこの事実を大分後になって知ったらしい。〈この項続く〉

2007/07/23

超人の面白読書 28 四方田犬彦著『先生とわたし』 2

毎日新聞の書評を読んだついでにここに出てくる人たちは本書をどう読んだか大変に興味をそそられたので、ネットでちょっと検索してみた。同じ頃由良ゼミの中心、周辺にいた人たちの寸評や書評だ。温度差があって面白い。と言うことは、先生との関わり具合か-。特に東大の阿部准教授にいたっては、由良先生と時の状況を冷静に分析していて、へぇ-とも。そんなに完全な知の伝導師はいないんじゃない、「東大だから」秀才はいるかもしれないが、発想、着眼点のユニークさはどうかな、多少胡散臭くとも良いじゃないか、人間臭くてとつい思ってしまうのは筆者だけだろうか。それでは学問にならないよと言われそうだけれども。言葉はどこまで真実を語りえるか-かのヴィトゲンシュタインではないが-そんな思いを持ったのだ。しかし作者、四方田犬彦はたくさんの仕掛けもしているはずで、シメシメ、ヨモダリュウビジレイクに引っ掛かったわいと内心くすくすと笑っているのではあるまいか。
次は誰だっけ、高山宏首都大学東京教授、WEBの画像を見る限りでは澁澤龍彦張りだ。やはりか、石原都政下の大学、何を況や、だ。しかし四方田犬彦には力が入っている、7年位先輩らしいが書評の主、紀伊國屋書店のWEB PAGE 「書評空間」の書き手でこの勢いで行けばこれからも楽しみだ。彼の本書の評は、あとで。それにしても由良君美を語るには欠かせない弟子だ。本書にも度々登場するし。この本は由良君美の偶像破壊、相対化、人間化、その酒乱と奇行癖の氷解の道程を緻密に再構成した旅なのだ。著者は50を過ぎたいま、専攻分野は違ってしまったが師の呪縛から解き放たれたのだと思う。良い意味で吹っ切れて何かが流れ出したのだろう。〈この項続く〉


2007/07/22

超人の面白読書 28 四方田犬彦著『先生とわたし』

Img155_1本書第5章ウェルギリウスで著者・四方田犬彦は私見と断りながら次のように書く。
由良君美という存在の再検討は、かつては自明とされていた古典的教養が凋落の一途を辿り、もはやアナクロニズムと同義語と化してしまった現在、もう一度人文的教養の再統合を考えるためのモデル創出しなければならない者にとって、小さからぬ意味をもっているのではないだろうか。わたしはゼミの後で由良君美の研究室に成立していた、親密で真剣な解釈共同体を懐かしく思うが、ノスタルジアを超えて、かかる共同体の再構築のために腐心しなければならないと、今では真剣に考えるようになっている。そのとき旧来の師という観念がどのような変貌を遂げることになるかは、まだ予想つかない。だがいずれにせよ、人間に知的世界への欲求が恒常的に存在しているかぎり、師と弟子によって支えられる共同体は、けっして地上から消滅することはないだろう。

由良君美とはかのイギリスの文芸批評家・ジョージ・スタイナーを1960年代にいち早く日本に紹介した学者で、みずから『沈黙と言語』を翻訳したが、翻訳論を扱った『バベルの後に』(亀山謙吉訳で法政大学出版局から1999年に上巻のみ出ているが)の翻訳を終えずに17年前に亡くなった英国の詩人・コーリッジをはじめイギリスロマン派研究家・妖精学他人文学的教養を身につけた、博覧強記の伝説の英文学者で東大教授。フランス文学の澁澤龍彦、ドイツ文学の種村季弘とならび「幻想文学」の三大巨匠と呼ばれた。その教え子が比較文学者・宗教学者・評論家・映画史研究家・四方田犬彦、明治学院大学教授。世にも不思議な親和力の強大な師弟関係かつ愛憎物語。一気に読了。狭い空間だが生身の人間の葛藤劇が見事に活写されていて一時期の新知識、学問潮流史にもなっている。そう、1970年代。
そう言えば1980年代に筆者が勤めていた会社に由良君美の娘さんが広告を取りに来ていた。本日付(2007年7月22日)毎日新聞書評欄には演劇評論家・渡辺保評でこの本の書評が載っていた。筆者の読後感とはまた違った評だ。〈この項も続く>Img156

【William Blake: PLATE90, Beatrice on the Car, Dante and Matilda: 本書の扉から】


超人の面白読書 27 最相葉月著『星新一 1001話をつくった人』 2

最相葉月のノンフィクション大作はこう始まる。

香代子は、新一が鼻歌をうたうのを聞いたことがない。ふたりで冗談をいって笑うこともなければ、感情をあらわにして喧嘩することもない。夫婦は無口であった。

一見どこにでもある家庭の一シーンだが、違っているのはある作家の苦悩がかいま見えることか。
シンイチは睡眠薬を飲みながら未明まで仕事をし夕方には銀座に飲みに行くという日常を続け、家事は妻の香代子に任せ、妻はその作品をいつも雑誌や新聞に発表されたあとで読む。そして20枚以内のショートショートを25年書き続け1001篇を書いたところで休筆宣言するのはシンイチ57歳。「原稿を書かないのがこんなに体にいいとは思わなかったよ」とシンイチは洩らす。60歳代になって白髪が増え酒場でたびたび転倒しがちになり、妻の香代子をはじめ編集者や作家の友人たちが長年飲み続けた酒と睡眠薬が体を蝕んだのではと精神科を受診させるも異常なしだったが、平成6年シンイチ67歳のときに口腔癌の宣言を受ける。余命3年と医師に告げられる。それから3年後の平成9年12月30日午後6時23分東京船員保険病院(現・せんぽ東京高輪病院)で永眠。約10年前のことだ。ちょうどイギリスのダイアナ妃がパリで交通事故死した年、筆者は神田のある会社にいた頃、確か新聞の死亡欄で読んだ。孫たちの結婚に悪い影響が出てはいけないと親戚、知り合いなど一切伏せられていたが、口腔癌のおもな原因は喫煙や飲酒などの生活習慣であり、遺伝性ではないことがわかったのは最近で、だからこのことは本邦初公開だと著者は記す。
妻の香代子から聞いた話にシンイチの遺品にショートショートの傑作「鍵」を想い出すような、晩年かぶっていた英国紳士風の帽子に鍵が縫い付けてあったらしい。銀座のバーのママにそのことを訪ねたところ、地下鉄のホームで生き倒れるになっても自分には家があることを証明するため、などとわらって説明したのだという。シンイチは地下鉄で銀座通いをしていてどんなに遅くとも最終電車で帰宅していた。
著者は取材半年後に伊豆の別荘にあるシンイチの100箱以上の段ボール箱の整理を申し出る。そのなかには星製薬時代も含まれているはずといままでシンイチが随筆などで書いてきたことや妻の香代子にも一切話していないことがあるはずと書く。家には写真とともに直筆の色紙(50歳の頃雑誌の取材で香港に旅したときに占い師から示された言葉で、シンイチのお気に入りでよく頼まれるとこの言葉を書いていたという)が飾られている。著者はそれに目をつけ、東京高等師範附属中学時代の担任の漢学者・鎌田正を著者は訪ねてその色紙の意味を聞いている。宋の蘇軾の「羽化登仙」をふまえたもので、風雲に乗じて昇天して仙人となり、俗界を離れて自由奔放になる心境を意味する古い中国の信仰で漢詩によく現れる言葉だと教えられ、彼の作品は、この言葉のようにまったく奇想天外にて、羽化登仙に一脈通じるものがあるやうに存じます。発想の飛躍ぶり、その奇抜さは父・星一の血筋を引くように思われますとこの90歳を優に超えた老漢学者に感想まで引き出している。

意中生羽翼 筆下起風雲 星新一

意中 羽翼を生じ 筆下 風雲を起こす

こんな風にして序章 帽子は終わる。

さて、シンイチの随筆などにも書かれ何かと大きな存在の父・星一の話だ。
筆者は若い時代に夕刊紙・いわき民報に連載した「いわき百年と星一」を読んでこういう人がいたんだと関心をもったことがある。この本にそのことが書かれていて云十年の時を隔て今その記憶が蘇ってくる。書いていたのが台湾専売局阿片課に所属していた荒川貞三だとは知らなかったが。そして、父・星一の長男、次男の名前に新一、協一という名前をつけた由来も面白い。星製薬の話は後ほど。その前に生い立ちとアメリカ行き、それに新聞発行だ。〈続く〉


2007/07/15

超人の面白読書 27 最相葉月著『星新一 1001話をつくった人』

本書はSF作家・星新一の評伝だが、参考文献を入れると570ページの大部の本を短期間で読んだのは久しぶりである。それほどこのノンフィクション作家は人を惹きつけ読者を魅了した。そのトーンは悲歌、エレジーそのもの、シンイチの唄になっている。シンイチの入院で、父、一の無言のまま横浜港帰国の場面で、シンイチのショートショート量産後のマンネリ、枯渇場面で筆者は何度か涙が零れんばかりだった。否、正直に言えば2,3滴は零れたのだ。最近では珍しい出来事である。著者、最相葉月は何者か、と問いつつこの感動物語の書評を書き始めている。その前にその一。シンイチに見出された作家・新井素子の評が例によって素子節と言おうか、飛んだ日常語で図書新聞に載っていた。そこには多少の照れ隠しさえ感じられる言辞が散りばめられていて書評の類になっていない文章との印象を筆者は持った。因みに、シンイチが自分の蔵書まで寄贈して後継者たらんことを仄めかした江坂遊の『あやしい遊園地』を探し出すも絶版、ようやく図書館から借り出して読んだ。「花火」。シュールなショートショートだ。闘鶏、軍鶏の尾っぽに火をつけ、やがて線香花火化していく様子の、原子爆弾E=MC²の導入よろしく展開するあたりの、発想の斬新さとそれを語る関西弁の妙技にシンイチもオドロキ賞賛した傑作、ナルホド。他にホラーっぽい「地下鉄御堂筋線」、ファンタスティックな「虹細工」もいい。いまや彼、江坂遊のショートショートの数はケータイ小説も含めて2007年1月現在745編(本文P.461)に達するという。これは「恩師」を抜く勢いかも知れない。その前にその二。シンイチの父・星一の故郷、いわき市植田の江栗にある書店にはこの新刊書がたった2冊しか配本がなかったらしい。地元がこの本に関心ないのかも知れないが、2007年3月30日発行で5月20日には5刷の本だ、もっと大々的に宣伝してもよさそうなものだと勝手に思ってしまう。版元はもっと違う販売戦略を考えても、普通ならシンイチの父、星一の出身地のこの地域に多少なりとも重点配本するはずだが。時代錯誤と思われるかも知れないが、大正・昭和前期のホシチェーンを見習ったらいかがか、それとも息子・シンイチの話だから都会、トカイの読者と言いたげ・・・。話しは大分逸れた、最相葉月のシンイチの本に取りかかろう。

 序章    帽子    
第一章   パッカードと残骨
第二章   溶けた鉄 澄んだ空
第三章   解放の時代
第四章   空白の六年間
第五章   円盤と宝石
第六章   ボッコちゃん
第七章   バイロン卿の夢
第八章   思索販売業
第九章   あのころの未来
第十章   頭の大きなロボット
第十一章 カウントダウン1001編
第十二章 東京に原爆を
 終章     鍵
あとがき

これが全編を貫く目次である。著者・最相葉月は『絶対音感』なる書物ですでにノンフィクション分野で評価の高い作家だが、ここでも足で稼いだ取材がものをいっている。130余名の取材を取り付けている。その筆致は淡々としているけれども、事実に裏づけられた証言のモザイクが活字のモノトーンから抜け出しある種の立体化、言わば最相流建築の美を醸し出していると言っても過言ではない。

第十二章 東京に原爆をの章でこんなことを著者はシンイチについて引用している。
ショートショートを淡々と発表し続け、「慾ハナク 決シテ瞋ラズ イツモシズカニワラッテヰル」。作家たちがあれこれと争いを起こしても自分は一切関わらずに「ツマラナイカラヤメロトイヒ」、親や会社からは「デクノボートヨバレ」、作家としての20数年間の仕事も結果的には文学の世界からは「ホメラレモセズ クニモサレズ」(「アメニモマケレズ」)。これは晩年の心境を如実に物語る一節である。シンイチは宮澤賢治と共通点は農芸化学を専攻したぐらいと言っていたらしいが・・・。〈続く〉

クロカル超人の面白翻訳 携帯翻訳 24 前編最終章『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』

お金に対しては全体的に大変上品のようだ。初めは金銭の授受の仕草に私は大いに驚き、また、ちょっと戸惑ったりした。うん、人は絶えざる基本から学ぶのだ・・・。お金の豊富さでいかにオランダとドイツ(逆に国家と比例して)にトラブルをもたらしているか驚いているときに、ここでは単純にいかにお金のことを"排除する"かが分かってまた、驚いている。他のすべてが存在するとき、お金と関係する物は大変実用的に規定されていて外国人でさえ即座に受け入れることができる。私がよく感じることは、物の対処の方法を深く考える必要はないということだ。というのは、すべてはできるだけ楽観的に扱われているからだ。(前編終了)

ある語学雑誌の最新号にドミニク・チータムというイギリス人のコラムが最近の異文化体験を端的に語っていて面白い。このイギリス人は合気道に興味を持って日本に来たが、街を歩いていると合気道をやっている人は細長いバックを持っているので一目で分るが、しかも武道は流行っていないと聞いていたのに、新宿あたりでやたらとその光景を見かけるので不思議に思っていたら、イギリスでは主要なスポーツでないゴルフ、そのバックを持ち歩く光景だったことに驚いたと書いている。また、道路の両側にある溝、バスでいくスキーヤーなどそれなりに知識はあったものの、事実を聞いて勘違いと分った。どちらかと言えば知識が中途半端で偏っていたせいでと反省するが、逆に日本人はイギリス人は誰でもサッカー好きと思われているようだが、私はまるっきりサッカーには興味がないとも言ってその勘違い振りを指摘している。だが、この比較的若い方に属するイギリス人は、誤解と勘違いをして良かったとし、とんでもない勘違いもあったほうが少しぐらいはいい、そのほうがその国の人たちのことを知るのがはるかに楽しくなると結論づけている。その最後の2行の原文は下記の通り(NHK「ビジネス英語」8月号P.123より)。

  But then again, having listed misunderstandings and misconceptions, let me say that I am glad that I had them. Learning about a country, or the people of a country, is so much more fun with a few mad misunderstandings that it would be without them.

そして、筆者は小雑誌に掲載された「スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン」(原題: A linguist came from a small country, Slovenia. 註。タイトル名は編集者)の前編を翻訳したいま、上記のイギリス人の言葉の含蓄を改めて噛みしめている。ほとんど通勤、出張時の移動の電車の中での翻訳だったが、エッセーということもあって専門用語が出て来ない分助かったが、やはり外国語としての英語を理解した上での日本語訳ははたして充分果たせたか、自分たちの国、日本をきちっと認識しているかなど疑問点やら再認識やらが頭を過ぎったことは確かだ。勘違いなどあれば見つけ次第訂正していくつもり。これも良い経験なのだ。

2007/07/11

超人の面白ラーメン紀行 67 盛岡市『柳家』 

超人の面白ラーメン紀行盛岡柳家
盛岡市大通り3丁目のさわや書店3階にある南部ラーメン『柳家』。独特なメニューは以前に紹介した仙台店のコラムですでに書いた。納豆が売りの店、それに最近はキムチとかチーズとか独創的だが筆者的には独走的かー。納豆チャーシューラーメン(900円)を頼んだらキムチ入りになっていた。出てきたラーメンを見て間違いではないかと思わず聞き直したほどだ。確かにもやしのシャキシャキ感はあるけれども・・・。何事もほどほどが良い。むしろ仙台店の納豆味噌ラーメンの方がうまかったか。
盛岡市『柳家』(1)スープ★☆(2)麺★★(3)トッピング★★☆(4)接客・雰囲気★☆(5)価格★★

2007/07/06

超人のドキッとする絵画 7 プラハ国立美術館展 ルーベンスとブリューゲルの時代 Ⅲ  

そして、花と静物のコーナーではフランス・スネイデルス(1579-1657)作「猿のいる静物」、ルーラント・サヴェレイ(1576-1639)作「鳥のいる風景」が構図や色彩面で面白い。これらの絵は初めてである。もし筆者の記憶が正しければの話しだが。最後のコーナーは日々の営みでここにはダーフッィト・レイカールト(孫)(1612-1661)作「農民の家族の祝宴」、存在感のある絵画の一枚、テオドール・ロンバウツ(1597-1637)作「歯抜き屋(にせ医者)」、コルネリス・ド・ワール(1592-1667)作「略奪する兵士のいる風景」が目を引いた。このフランドル派の画家から遅れること100年位後の18世紀、江戸時代の日本ではその得意な構図、色彩で有名な色彩の魔術師・画家、伊藤若冲が活躍していた。つい1ヶ月前に京都でこの若冲展を見る機会があった。16~18世紀の東洋と西洋には静物画一つ取っても細密の極意を堪能させてくれる芸術がここにはあった。手法や画法を超越してー。東と西は当時もあるところでは繋がっていたのだ。
ところで、数字の違いの不安はどう解消されたかー。翌日確認も含めて図書館でこの展覧会を主催した毎日新聞社の2007年6月8日の記事のコピーを取って読んだところで判明。やっぱりね、そうでなければおかしい。今回のブラハ国立美術館展は“70点のうち50点”は日本初公開と書いてあったのだ!だからアルバイト?の係員の生半可かな知識の話しを鵜呑みにしていては危ないのだ。
ちょっとした事実確認を急ぎ過ぎて肝心の絵画鑑賞の印象記が抜けていた。この時代の西洋におけるキリスト教は絵画にも色濃く反映しているけれども、庶民の生活風景が農民、職人と表情豊かに描かれている。動物の、特に犬の動きや表情が時代を超えて微笑ましい。また、細密な静物画も印象的。ブリューゲルの絵画にはもっとその人々の生活を描いたものがあったはずだが・・・。今筆者はBUNKAMURA ザ・ミュージアム出口のショップで購入した分厚いカタログを捲って再度楽しんでいる。
今夜はNIKKAウヰスキー・BLACKのon the rockで乾杯としよう。

Img151Img152        

 


     【写真左: フランス・スネイデルス(1579-1657)作「猿のいる静物」 写真右: テオドール・ロンバウツ(1597-1637)作「歯抜き屋(にせ医者)」 いずれもカタログから】

超人のドキッとする絵画 6 プラハ国立美術館展 ルーベンスとブリューゲルの時代 Ⅱ

生憎雨模様で蒸し蒸しする夕方だったが、館内はひんやりとしていて静けさの漂う別世界。ブリューゲルの遺産のコーナーではペーテルそしてヤン・ブリューゲル作「東方三博士の礼拝」、ヤン・ブリューゲル作「農民のいる村の道」、へイスブレヒト・レイテンス(1586-1656以前)作「きこりのいる冬景色」そしてフランドル派の画家(17世紀初頭)作「バベルの塔」が印象的。ところで、「バベルの塔」をじっくり見ながらボールペンでメモを取っていると、係員の女性が近寄ってきて、恐れ入りますが、ボールペンの使用は万が一そのカスなどが絵にかかると絵の修復が不可能になるためご遠慮くださいと注意された。一瞬ムカついたが、観念してシャーペンに切り替えた。ならば入口等に貼紙ぐらいしておいてもよさそうなもの。気分がよろしくないのだ。その切り返しと言うわけではないが、かつてこのような展覧会がありましたが、いつ、どこでとその時の出品とどう違うのか尋ねてみた。その係員は他の者に聞いてきますので少しお時間をくださいと立ち去った。その間次のコーナーのルーベンスの世界-神々と英雄のコーナーへ移動した。エラスムス・クエリヌス(子)(1607-1677)、ペーテル・パウル・ルーベンス(1577-1640)作(帰属)「カエサルの凱旋」、シャルル・ウォティエ(1650年代と1660年代に活動)作「若いバッコス」がいい。すると、お客さま、と先ほどの女性係員ではなく若い男性(アルバイト?)の係員が近づいて来て、その展覧会は17年前に上野の国立西洋美術館で開催していて、今回はその“70点のうちの20点”は未公開作品と説明してくれた。少なくとも筆者にはそう聞こえた。えっ、なんだ、ほとんどその時に見たものばかりじゃないか、少しガッカリするも、いや、花などの静物画もあるし、ちょっと数字が違うのではと考えながら出展名が書いてあるチラシを他の係員の女性からいただいて次のコーナー、ルーベンスの世界-キリスト教のコーナーへ足を運んだ。
ペーテル・パウル・ルーベンス(1577-1640)作「聖アウグスティヌス」、アブラハム・ヤンセンス(c.1575/76-1632)作「マグダラのマリアの死」ではダ・ヴィンチコードで超有名になった「マグダラのマリア」Img150_4
で少し立ち止まる。肖像画コーナーではペーテル・パウル・ルーベンス作、工房「アンブロージオ・スピノーラ侯の肖像」が目を引き付けた。全体的な色調は黒褐色だ。この16後半の中欧は神聖ローマ帝国、ハプスブルク家から出た皇帝ルドルフ2世の治世時代で政治手腕はイマイチだったが、文化、芸術には力を注いだらしい。その都がブラハ。彼は当時のチェコの芸術家の手本にしようとフランドルの画家やオランダの画家達を優遇したとものの本には書かれているのだ。それにしても、黒褐色は光彩を放っている。<続<>

2007/07/05

超人のドキッとする絵画 5 プラハ国立美術館展 ルーベンスとブリューゲルの時代 Ⅰ

200707041753000 渋谷にあるBUNKAMURA ザ・ミュージアムで今プラハ国立美術館展 ルーベンスとブリューゲルの時代が7月22日まで開催されている。この美術館のある東急百貨店本店の道玄坂2丁目界隈は初めてである。それにしてもこの通りは、若者特に女性の服装、化粧そして匂いがいやに焼き付くつく。ギャルというよりはキャルだ!こういう光景はもはや無国籍のそれ。ニューヨークでもパリでもましてやロンドンでもないだろ。今風若者租界地と言えば当たるだろうか。うつむくかつての青年のため息が聞こえる。【写真上:BUNKAMURA ザ・ミュージアムのある地下憩いの空間】
さて、今回のプラハ国立美術館展 ルーベンスとブリューゲルの時代。仕事を終えた夕方6時に入り事前に終了時間を調べておいての絵画鑑賞だったがやはり時間が気になった。終わってしまえば終了時間15分前。もう少し見ておけば良かったかな、とも思ったが・・・。この多少なりの感情の揺れの真相は後ほど。
フランドル派の画家作(17世紀)「バベルの塔」The Building of the Tower of Babel の超有名な絵の空の色が印象的だった。もちろんブルー。1990年、と言えば17年前になるが、上野にある国立西洋美術館でも似た絵を観たことがある。

Img_0684_5

この絵で思い出されるのがGeorge Steiner ジョージ・スタイナー著『After Babel』(邦訳「バベルの後に<上>言葉と翻訳の諸相」亀山謙吉訳 法政大学出版局 1999年刊。何故か上巻刊行のみ。下巻は未刊 ?)の挿絵。この絵はこの本(原著「After Babel」の見返し部分に'The Tower of Babel' by Peter Bruegel the Elderと記されている。実は筆者の書斎から忘れられかけていた本をひっぱり出した。1975年 Oxford University press , Londonとある。 購入日付は1975年8月24日)今回出品されていないので、詳細は忘れたが別の美術館所蔵のものかも知れない。

Img_0685_3

旧約聖書によれば、この「建設」のあと異なった言語を話していた人々がお互いに理解できなくなった-。言語の混乱である。
プラハ国立美術館展ルーベンスとブリューゲルの時代はこのあと鹿児島市立美術館、山梨県立美術館、奥田元宋・小由女美術館それに愛媛県美術館を巡回する。


2007/07/03

超人のジャーナリスト・アイ 67 毎日新聞「余禄」キューバ カストロ議長 

今となっては昨日、毎日新聞の「余禄」欄。なかなか面白い記事。この「余禄」の英文はと思い、英文毎日を開くも2001年に廃刊。インターネットのごく限られた記事のみの配信らしい。また、朝日にやられたかー。

余録:米中央情報局(CIA)が先週…
 米中央情報局(CIA)が先週、キューバのフィデル・カストロ国家評議会議長の毒殺計画を公表したことに驚かされた。マフィアを使おうとした具体的手口や、実行者が最終的におじけづいたというのも興味深い▲80歳になったカストロ議長はいま病床で死と懸命に闘っている。ソ連崩壊などの危機を乗り越え、「生ける伝説」ともいわれる存在だが、ハリウッドの社会派、オリバー・ストーン監督が02年に長時間インタビューした映画「コマンダンテ(司令官)」(東京、大阪で公開中)は見応えがある▲「死を避けたいか」と問われて「避けられない」と即答。「人生を二度過ごせたらいいと思うか」と聞かれ、「そんな考えを自分は持たないし、また持つべきではない」。独裁者が陥りがちな生への執着からは遠く、知性とユーモアに満ちていた▲今春、現地を訪ねると、広告看板はなく、50年代の米車が走り、時が止まったような街並みは意外と心地よかった。医療と教育は無償で、日本大使館員は「うちの家政婦さんもフロイト流の夢分析をするほど人々の教育レベルは高い。貧しさの問題はあっても、トップは腐っていない」と語っていた▲カストロ議長に象徴されるキューバ社会の生命力は、実際にその地の空気を吸わなくてはわからない。後継者によってキューバは混乱するのではないかという外部の見方に「国民の政治的成熟を信頼している。この点では心配していない」と強調するカストロ議長の姿が印象的だ▲米国が流すキューバ社会のイメージと異なるせいかこの映画は米国内で上映禁止だそうだ。懐の深いはずの国がどうしてと不思議でならないが、そのことが情報は権力によって意図的に偏向されている現実を教えてくれる。

毎日新聞 2007年7月2日 東京朝刊

試しにエキサイトの翻訳でそのまま英文にしたのが下記。正確を検証するには次回。ここでは自動翻訳の妙をとくとご覧あれ。

The extra profit: U.S. Central Intelligence Agency (CIA) is last week etc.
It was surprised by making of U.S. Central Intelligence Agency (CIA) the poisoning plan of President Fidel Castro in Cuba last week public. President Fidel Castro who became *80 years old that it is interesting that a concrete way and the prosecutor who tried to use Mafia were finally scared is fighting against the death hard in the sickbed now. Movie "Comandante (commander)" (Be opening it to the public in Tokyo and Osaka) that a social sect and supervisor Oliver Stone in Hollywood interviewed for a long time in 02 is asked, impressive *"Do you want to ward off death?" and answered promptly though is existence that gets over the crisis of break-up of the Soviet Union etc. , and is said, "Arranged legend", "It is not avoided". It is asked, "Do you think it is good when the life can be spent twice?", and is "I should not not have and have such an idea. "There was no advertising signboard when being call at the locale this spring of * when the intellect and the humour had been filled far from devotion to the life into which the dictator tended to fall, the U.S. car in 50's ran, and the street where time had stopped was unexpectedly comfortable. A Japanese attache : the medical treatment and the education free of charge. 「People's education levels are high also for our housekeeper to analyze the dream of the Freud style. The top is not brain-damaged though there is a problem of poverty. 」As for vitality of the symbolized Cuban society, * President Fidel Castro who was talking doesn't understand the air of the ground actually when not breathing in. Cuba : to a view outside, that is, be confused by the successor. 「The people's political maturities are trusted. It doesn't worry in this respect. 」I hear that this movie is a screening prohibition in the United States because the appearance of President Fidel Castro who emphasizes it and impressive * the United States are different from the image of a Cuban society that throws. That teaches and information teaches the reality incline intentionally by power though the country where the bosom must be deep doesn't mysteriously become why.

Tokyo morning newspaper on Mainichi Shimbun July 2, 2007

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31