« クロカル超人の面白翻訳 携帯翻訳 23 『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』 | トップページ | 超人のドキッとする絵画 5 プラハ国立美術館展 ルーベンスとブリューゲルの時代 Ⅰ »

2007/07/03

超人のジャーナリスト・アイ 67 毎日新聞「余禄」キューバ カストロ議長 

今となっては昨日、毎日新聞の「余禄」欄。なかなか面白い記事。この「余禄」の英文はと思い、英文毎日を開くも2001年に廃刊。インターネットのごく限られた記事のみの配信らしい。また、朝日にやられたかー。

余録:米中央情報局(CIA)が先週…
 米中央情報局(CIA)が先週、キューバのフィデル・カストロ国家評議会議長の毒殺計画を公表したことに驚かされた。マフィアを使おうとした具体的手口や、実行者が最終的におじけづいたというのも興味深い▲80歳になったカストロ議長はいま病床で死と懸命に闘っている。ソ連崩壊などの危機を乗り越え、「生ける伝説」ともいわれる存在だが、ハリウッドの社会派、オリバー・ストーン監督が02年に長時間インタビューした映画「コマンダンテ(司令官)」(東京、大阪で公開中)は見応えがある▲「死を避けたいか」と問われて「避けられない」と即答。「人生を二度過ごせたらいいと思うか」と聞かれ、「そんな考えを自分は持たないし、また持つべきではない」。独裁者が陥りがちな生への執着からは遠く、知性とユーモアに満ちていた▲今春、現地を訪ねると、広告看板はなく、50年代の米車が走り、時が止まったような街並みは意外と心地よかった。医療と教育は無償で、日本大使館員は「うちの家政婦さんもフロイト流の夢分析をするほど人々の教育レベルは高い。貧しさの問題はあっても、トップは腐っていない」と語っていた▲カストロ議長に象徴されるキューバ社会の生命力は、実際にその地の空気を吸わなくてはわからない。後継者によってキューバは混乱するのではないかという外部の見方に「国民の政治的成熟を信頼している。この点では心配していない」と強調するカストロ議長の姿が印象的だ▲米国が流すキューバ社会のイメージと異なるせいかこの映画は米国内で上映禁止だそうだ。懐の深いはずの国がどうしてと不思議でならないが、そのことが情報は権力によって意図的に偏向されている現実を教えてくれる。

毎日新聞 2007年7月2日 東京朝刊

試しにエキサイトの翻訳でそのまま英文にしたのが下記。正確を検証するには次回。ここでは自動翻訳の妙をとくとご覧あれ。

The extra profit: U.S. Central Intelligence Agency (CIA) is last week etc.
It was surprised by making of U.S. Central Intelligence Agency (CIA) the poisoning plan of President Fidel Castro in Cuba last week public. President Fidel Castro who became *80 years old that it is interesting that a concrete way and the prosecutor who tried to use Mafia were finally scared is fighting against the death hard in the sickbed now. Movie "Comandante (commander)" (Be opening it to the public in Tokyo and Osaka) that a social sect and supervisor Oliver Stone in Hollywood interviewed for a long time in 02 is asked, impressive *"Do you want to ward off death?" and answered promptly though is existence that gets over the crisis of break-up of the Soviet Union etc. , and is said, "Arranged legend", "It is not avoided". It is asked, "Do you think it is good when the life can be spent twice?", and is "I should not not have and have such an idea. "There was no advertising signboard when being call at the locale this spring of * when the intellect and the humour had been filled far from devotion to the life into which the dictator tended to fall, the U.S. car in 50's ran, and the street where time had stopped was unexpectedly comfortable. A Japanese attache : the medical treatment and the education free of charge. 「People's education levels are high also for our housekeeper to analyze the dream of the Freud style. The top is not brain-damaged though there is a problem of poverty. 」As for vitality of the symbolized Cuban society, * President Fidel Castro who was talking doesn't understand the air of the ground actually when not breathing in. Cuba : to a view outside, that is, be confused by the successor. 「The people's political maturities are trusted. It doesn't worry in this respect. 」I hear that this movie is a screening prohibition in the United States because the appearance of President Fidel Castro who emphasizes it and impressive * the United States are different from the image of a Cuban society that throws. That teaches and information teaches the reality incline intentionally by power though the country where the bosom must be deep doesn't mysteriously become why.

Tokyo morning newspaper on Mainichi Shimbun July 2, 2007

« クロカル超人の面白翻訳 携帯翻訳 23 『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』 | トップページ | 超人のドキッとする絵画 5 プラハ国立美術館展 ルーベンスとブリューゲルの時代 Ⅰ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« クロカル超人の面白翻訳 携帯翻訳 23 『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』 | トップページ | 超人のドキッとする絵画 5 プラハ国立美術館展 ルーベンスとブリューゲルの時代 Ⅰ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31