« 超人のちょっとした面白雑誌調査 雑誌「暮らしの手帖」 | トップページ | クロカル超人の面白翻訳 携帯翻訳1 『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』 »

2007/05/10

超人の面白ラーメン紀行 64 品川区大崎『平太周 味庵』

200705101301000_1東急池上線大崎広小路駅から右に山手通りを歩いて1、2分のところにあるラーメン専門店『平太周 味庵』。立正大学の真下、JR五反田駅からも歩いてもそう遠くない距離だ。この店は環七ラーメン系で板橋本町の『平太周』で修行した人が店主だそうな。背脂の独特な味がこの店の特徴だ。太麺で脂多めの大盛でと言って注文をしていた中年の男性もいて人気があるみたい、この背脂。筆者は味玉子も入った特製味噌ラーメン(900円)を注文、トッピングのチャーシューは軟らくて美味。スープの味噌味は多少塩っぱいかな。麺はストレート系でもちもち感もありまあまあ。暑かったけれど完食でした。ラーメン650円、味噌らーめん750円、特製ラーメン800円、つけめん750円、つけめん味噌だれ850円。トッピングのチャーシューは300円。このチャーシューは食べてみる価値があるかも。カウンター12席の黒を基調とした木の温もりが感じられる店。
『平太周 味庵』①スープ★★②麺★★③トッピング★ ★☆④接客・雰囲気★☆⑤価格★★☆
ところで、最近「缶詰ラーメン」なる商品が発売されて評判らしい。伸びない性質を利用して麺はこんにゃくを使用、お湯を注がなくとも食べられるらしい。定価300円、最初の7万個は売り切れで100万個以上製造予定とか。ある機械メーカーが新宿の『麺屋 武蔵』と共同開発したらしい。それにしてもうまいのかなぁー。


« 超人のちょっとした面白雑誌調査 雑誌「暮らしの手帖」 | トップページ | クロカル超人の面白翻訳 携帯翻訳1 『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 64 品川区大崎『平太周 味庵』:

« 超人のちょっとした面白雑誌調査 雑誌「暮らしの手帖」 | トップページ | クロカル超人の面白翻訳 携帯翻訳1 『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31