« 超人のジャーナリスト・アイ 62 再び両用車両(DMV)の記事 | トップページ | 5月の詩 『MARUNOUCHI』 »

2007/05/03

超人のジャーナリスト 63 エストニアで旧ソ連碑衝突事件

「占領」か「解放」かの見出しで今日(2007年5月3日)の毎日新聞朝刊「人びと 民族 地球」の欄でエストニアの首都タリンで先月26日から27日にかけて発生した旧ソ連兵の記念碑撤去問題でロシア系住民らと警察官との衝突をきっかけにロシアとエストニアの間の緊張が高まっていると報道。毎日新聞の記事によると、モスクワのエストニア大使館前ではプーチン大統領の親衛隊集団が27日から連日、抗議集会を開き、大使館は2日、主要業務の中断に追い込まれた。エストニア政府は先月26日、今年は初めの国会決議に基づき、タリン中心部にあった旧ソ連兵の記念碑を撤去し、郊外の軍人墓地へ移転する作業を開始した。これに抗議するロシア系住民が同日夕方から記念碑周辺に集まり、解散させようとした警察官と衝突。1人が死亡、市民44人が負傷したほか、一部が暴徒化して市内の商店を襲撃。計約1100人が拘束された。今月8日に移転先での記念碑の除幕式が予定されている。この記念碑はエストニア国民の約3割にあたるロシア系住民とっては第二次大戦後をナチス・ドイツから「解放」した誇りあるソ連の象徴。だが大半のエストニア人には旧ソ連による象徴で、毎年5月9日の戦勝記念日には、記念碑周辺で双方の小競り合いが続いてきた。カリユランド駐露大使は事件後にエストニアを訪れたロシア議員団がエストニア首相辞任を求める声明を発表したことなどに触れ、「ロシアは一方的な態度を取り、建設的に対話を拒否している」と非難。これが記事のあらましだ。ここで思い出されるのは1991年に旧ソ連崩壊後のエストニアの独立回復である。この様子は日本でも連日テレビなどで報道されたので記憶に残っている。確か大学の研究者らが先頭に立ち当時のロシアの圧力にも屈せず独立を勝ち取った。このことが強いては東欧の国々にも独立の波が派生していった経緯がある。そもそも歴史的にも言語、民族も違った隣国の小国を力ずくで押さえつけることは問題だとしても、モザイク的な国の事情を考えると政治、経済、軍事上ではなかなかデリケートな問題も含んでいて、遠くこの東アジアの日本国に住んでいる筆者には一刻も早く平和的解決をと願うばかりなのだが。

この日本国では今日5月3日は戦後憲法制定して60年目の節目の記念日である。護憲か改憲かでゆれるこの国は、ロシア他ヨーロッパで見られる新右翼の台頭まで行かなくとも右傾化の風潮が以前より増加しているようだ。いつか来た道を辿らぬよう平和憲法は守っていかなければと願って止まないのは筆者一人ではないはずである。議論を煮詰めないまま憲法改正へでは解せない。国の進むべく道を為政者ばかりに任せるのではなく、国民投票で賛否を問いながらみんなで考えることだ。毎日新聞の今日の社説は"平和主義を進化させよう"だ。

下記はこの事件を伝えるThe Baltic Times の電子版。

NEWS

Relocated Bronze Soldier to be unveiled May 8 Apr 29, 2007 From wire reports

Estonia’s defense minister Jaak Aaviksoo announced Sunday that the Bronze Soldier monument, whose planned removal from central Tallinn sparked two nights of violence and looting in the city, will be unveiled in its new location on May 8. Photooftheday_1 The unveiling will be part of a solemn ceremony to commemorate the defeat of fascism at the end of World War Two. Representatives from countries that made up the anti-Nazi coalition have been invited to attend the ceremony, and Estonian politicians and war veterans will also be present, the minister added. The unveiling comes in time for May 9, the day Soviet Army veterans traditionally gathered at the Bronze Soldier monument when it was located at Tonismagi, in central Tallinn. Veterans groups had vociferously opposed the monument’s relocation. Archeological work continues at the Tonismagi site to identify the remains of 13 or 14 soldiers who are thought to be buried there. The grave monument is to be placed in a military cemetery near Filtri Street. The minister expressed hope that it will be possible to show the monument on Monday too. The Estonian Defense Ministry said that works to prepare for re-erecting the monument in the military cemetery in Tallinn started on Sunday. It said the cemetery of the defense forces was a respectable place of burial for the soldiers buried at Tonismagi and the only cemetery where it was appropriate to commemorate the war dead, because it has been a final resting place for the military since it was established. The soldiers buried in the cemetery are people of different nationalities, including Estonians, Germans, Russians and Britons. All over the world it is customary that fallen soldiers are buried at a common site regardless of what country's uniform they were wearing, the ministry said. Aaviksoo underlined that the Estonian state respected the memory of all victims and fallen soldiers of World War II and valued highly the contribution of the nations who selflessly fought against aggressive totalitarian regimes in the name of crushing fascism and Nazism. "Likewise Estonia condemns the activity of all those who committed crimes against humanity in its territory and carried out mass repressions," the defense minister said. Russian politicians had been using the controversial relocation of the monument to paint the Estonian state as pro-Nazi. Many Ethnic Estonians, however, wanted the monument relocated because they see it as a symbol of Estonia’s occupation and oppression by the USSR.

MORE NEWS

Saturday night passes calmly in Tallinn

Second night of rioting hits Tallinn

Signatures still needed

Government begins discussing presidential candidates

Latvia draws closer to security referendum

Russia, Estonia, and the EU: the saga of the bronze soldier continues

Latvia no longer dependent on World Bank

City protects historic bar European presidents meet in Riga

Tula offers to receive Bronze Soldiers' remains

« 超人のジャーナリスト・アイ 62 再び両用車両(DMV)の記事 | トップページ | 5月の詩 『MARUNOUCHI』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人のジャーナリスト 63 エストニアで旧ソ連碑衝突事件:

« 超人のジャーナリスト・アイ 62 再び両用車両(DMV)の記事 | トップページ | 5月の詩 『MARUNOUCHI』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31