« 超人のジャーナリスト 63 エストニアで旧ソ連碑衝突事件 | トップページ | 超人の面白読書 26 第10次「早稲田文学」0号などを読む »

2007/05/04

5月の詩 『MARUNOUCHI』

      5月の詩

  MARUNOUCHI  

 麗しき5月とはある有名なドイツの詩人の言葉  今クラシック専門局から溢れ出るドイツ歌曲  そして春の川の調べ チェロ・ソナタ・ト短調  OTTAVA  お- ! タバネタhealing melody  ゴールデンウィークも晴れて  零れ落ちる緑の匂いに負け  喧騒の都会をひたすら歩く  OTTAVA  NEW STYLE NEW LIFE  OTTAVA  ここは丸の内現代の聖ジュンたちのダンス  熱狂する音の饗宴  OTTAVA  MODERN LIFE NEW STYLE  OTTAVA  いつも通勤で東京駅はSUIKA 新丸ビル直通の地下鉄駅はPASMOImg119_1 そして横浜郊外のT駅からはバスモ  OTTAVA  OTTAVA BATABAVA  OLD PAR NEW STYLE  君知るやレモンの花咲く国とはドイツの有名な詩人の言葉  今やドイツでもフランスでもそしてイタリアでもなく  コスモ パスモ マリモ  MARUNOUCHI  OTTAVA  OTTAVA  NEW STYLE NEW LIFE  ドビッシーの牧神の午後  ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン  コノヒビキハ ニホンゴジャナイ  かつて詩人の中原中也はこの界隈の朝の光景を唄って  こう叫ぶ  出て来るわ 出て来るわ ぞっするほどの人ヒトひと  そして70年以上が経って かつてのロンドンのシティを模したビルヂィングは 花でうめつくされ  ポスト ポストモダーンと生まれ変わった  OTTAVA  OTTAVA OTAWA  誕生はいつも受身  WAS BORN    決して無駄骨にしてはならない

« 超人のジャーナリスト 63 エストニアで旧ソ連碑衝突事件 | トップページ | 超人の面白読書 26 第10次「早稲田文学」0号などを読む »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月の詩 『MARUNOUCHI』:

« 超人のジャーナリスト 63 エストニアで旧ソ連碑衝突事件 | トップページ | 超人の面白読書 26 第10次「早稲田文学」0号などを読む »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31