« クロカル超人の面白翻訳 携帯翻訳 12 『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』 | トップページ | 超人の面白翻訳 14 『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』 »

2007/05/27

クロカル超人の面白翻訳 携帯翻訳 13 『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』

大人と比べると子どもは無力だと認めて子どもの話題を始めた。一方では単なる傍観者である誰かの思想のように従おうとすれば、読者を満足させられないだろう。日本はコミックの熱狂ぶりでは世界的に知られている。若者だけではなく大人もレストラン、店や書店などで大概どこでもコミックを読んでいるのだ。これらのコミックにはある種の強調された女性のキャラクターが描かれていて外見はとても子どもっぽいが、性的な内容が重要な役割を演じているのだ。男性のキャラクターは女性のとは性的行動は違って描かれている。多くは従属的で利用されているようだが、暴力が背後にあるようだ。さらに女性のキャラクターはすべて子どものように見える(性的であることが例外だと分かるのは、書店の前や中で見られるのだが、コミックがある特別な区切りがある場所や最初にカバーがビジュアル的かでどの作家の内容かが分かるところでだ)。しかしながら、読者の仲間がむしろ限定的だったりコミックが紐で縛られている事実はこの際考慮しておこう。大人がもっぱらコミックを購入し性的フラストレーションを追いやる生活の手段として使っていると思われる。

« クロカル超人の面白翻訳 携帯翻訳 12 『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』 | トップページ | 超人の面白翻訳 14 『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« クロカル超人の面白翻訳 携帯翻訳 12 『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』 | トップページ | 超人の面白翻訳 14 『スロヴェニア人が見た不思議な国・ニッポン』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31