« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/17

クロカル超人が行く 54 福島県南相馬市小高『埴谷島尾記念文学資料館』

最近合併して南相馬市小高区に住所が変わった浮舟文化会館内の『埴谷島尾記念文学資料館』。20061215_haniya
精神のリレーゾーンと書かれた資料館は、この地にゆかりのある作家・埴谷雄高と島尾敏雄の原稿、作品、写真や身の回りのものをコンパクトに展示している。以前から一度訪ねてみようと思っていたところだが、交通の便が悪くこの地に降りるチャンスがなかったのだ。埴谷雄高が書いた形而上学的小説の『死霊』は、何度か読破を試みたが挫折のまま、それでも「群像」に載った第9章はすぐ買って読んだ。理解できたかは分からない。ぷふぃ、確かドイツ語で記されていた、"存在の不快感というやつ"をこう表現していたね。不思議とこれだけは筆者の脳裏に今もって残っている。カントの『純粋性理性批判』を独房のなかで読破したとか、ドフトエフスキーにどっぷり浸かったとか、戦後すぐには「近代文学」を創刊、真善美社、未来社それに講談社と版元を変えて作家活動を続けた人でしかも難解で知られた作家だ。椎名麟三論、『不合理ゆえ我あり』などもあったね。野球狂で社交ダンスも得意な人でもあった。吉祥寺に住み思想史家・とも親交があったことはこの筆者のブログですでに書いた。
一方、島尾敏雄は特攻隊長の体験からその手の小説と家族の問題特に作家で夫人の島尾ミホさんとの葛藤を描いた『死の棘』はあまりにも有名な小説である。最近ではその夫人が島尾敏雄とのことを描いた小説が話題になった。旅行記もすぐれていて筆者は『夢の影を求めて 東欧紀行』を図書館から借りて途中まで読んだことが記憶に新しい。私小説的で粘着質の文章とひらがなの多様が特徴だが、観察眼と感性が鋭い作家だ。また、ずっと奄美大島に住んだ作家でもある。
この埴谷島尾記念文学資料館は、スペース的にはこじんまりしていて小さいが、作家の生誕、没後などの節目の年、書簡などの新資料発見などを加えた企画展、作家、研究者の講演会、ワークショップの企画次第ではもっと脚光を浴びる日も近いかも知れない。南相馬市になって新たに雑誌「近代文学」同人の一人、英文学者で文芸評論家の荒正人(鹿島出身)の資料も収集しているらしい。ごく最近彼の書簡が出てきて手に入れたと資料館の専門員が話してくれた。期待したい文学資料館だ。20061215haniya_shimao2

追記。立教大学院生の女性が、『埴谷島尾記念文学資料館』の資料を使って2007年10月28日(土)の日本近代文学大会で死霊論、特に代表作『死に至る病』を書いたデンマークの実存哲学者・キルケゴールの影響などを発表するとある親しい先生が言っていた。確か近代文学同人の一人、作家で評論家の山室静の翻訳もあった。

2006/12/14

超人の面白ラーメン紀行 55 福島市『山岸家』

なかなかユニークなラーメン屋を福島市内で発見。この超人の面白ラーメン紀行連載でも珍しい出来事だ。駅構内のインフォメーションコーナーで美味いラーメン店を紹介されて入ったにもかかわらず、筆者は食べずに近くにある別のラーメン屋(麺家くさび)に入って豚骨味噌ラーメン20061213_fukushima_1
を食べたことだ。この‘ユニーク’なラーメン屋の場所は、JR福島駅西口を降りてレンガ通りを左折し、一つ目の辻を右折して少し行った左側にある。徒歩で5、6分か。少し長め目の赤暖簾が目印。さて、顛末はこうだ。昼過ぎの午後1時半頃に観光マップを見ながら場所を見つけてその店に入った。全部で10席のカウンターだけのこぢんまりした今風の店だが、奥の席4席は埋まっていたのでいつもの癖で左端のカウンターの席に座ろうとしていた。ここでアクションが。若そうな店主が「こちらでお願いします」と半ば強引にカウンターの座っている人の脇に座れと言ってきた。荷物があったので躊躇して多少ずらして座った。するとシンジラレナイ。「駄目なら食べてもらわなくても結構、出て行ってください」と宣ったのだ。おーぅ、何と強きなラーメン屋と呆れるやら客あしらいのできない、とんだ勘違い野郎と筆者は怒り心頭。こう宣われた以上筆者にも最低限の男の意地がある。「強きな商売をしているな、偉そうに」と店主に向かって言い放ってそこを立ち去った。こんな店二度と来るかとカンカンブツブツ。あるのだ、、商売の鉄則を忘れた自信たっぴりの強きな商売しているラーメン屋が、実際に。この若そうな店主には何か忘れているものがあるかも。このあとタクシーに乗ってタクシードライバーにこの店の話をしたところ、「へえ、そんなとんでもない店があるんですか」と言っていた。何を隠そうこのタクシードライバーの名字が「山岸」、ユニークなラーメン屋の名前も『山岸家』(ひょっとしたらあの池袋『大勝軒』の流れ ? 親父さんの名字が山岸だし・・・。この店も東池袋再開発でこの12月で閉店するそうな)、Nec_0001_1
これは偶然だった。そういう訳で今回は評価の★はない。

吹く風や暖冬半ばの麺嵐

2006/12/09

クロカル超人が行く 53 浅草と台場・新名所散策

摂氏5度の東京は下町・浅草。寒中の雨は痛いが、久し振りの下町散策とあって心は躍っていました。雷門Kaminarimon_2
には欧米系の外国人はもちろんのこと博多弁、名古屋弁、東北弁が飛び交い、さらに中国語や韓国語というアジア系外国人の言葉まで飛び跳ねていました、さすが国際都市否エリア、浅草。なぜか、そこには郷愁・ノスタリジアと昔と変わらない人々の息吹があるのかも知れません。江戸、明治、大正、昭和そして戦後の古き良き時代の雰囲気がここにはあります。老舗の蕎麦屋、うどん屋、駄菓子屋、靴屋に鞄屋などなど。それに紙屋他・・・。レトロ調が今受けているのです。そして、どぜうの『駒形』。Komagata_061209_2
1801年創業で最初はどぜう鍋・どぜう汁そして二代目はくじら鍋を売り出して繁盛するも、文化3年(1806年)の江戸の大火によって店が類焼、四文字の"どぢやう"では縁起が悪いと"どぜう"の奇数字の三文字に改め、これが当たったらしいのです。ところで、筆者は土曜日曜は予約が一杯ですと電話で断られましたが、ダメもとで押しかけてみたところ、早い時間だったせいか運良く入れました。ラッキーの一言です。何せ食べ終えて変える頃にはやはり並んでいましたからね。定番のどぜう鍋Dozeu_1
を食しました。小型七輪の上に底の浅い小さな鍋にタレとどじょう、それに丸く刻んだ長ネギを山盛りかけてしばし煮込みます。もう食べごろですよ、と言われ一齧り、その食感の良いこと、美味いの一言でした。一緒に行ったI氏はネギをこれでもかこれでもかと継ぎ足してはお代わりをとる始末。なかなかここまでやる人も珍しいですが、よっぽどネギが好きだったみたい。
茣蓙の上に長板が置かれそこに並んであるいは向かい合って座ります。この光景は普通の食べ物屋と違って目線が低く、江戸時代の庶民の食空間を彷彿させます。昔懐かしいくじらベーコン950円もありました。メニューはどぜうなべ1,650円、柳川なべ1,450円、どぜう汁350円、どぜういかだ焼(二串)900円、どぜう唐揚げ750円、どぜう骨せんべい500円などとくじら、とりつくね焼や江戸風卵焼きなどの一品料理もあります。

さて、筆者たちはこのあと"江戸"つながりでお台場にある『大江戸温泉物語』Oedoに出かけました。一度はお出で、とはどこかの宣伝文句じゃありませんが、このベイエリアの新名所は江戸情緒と安らぎの一瞬を過ごすには最適でした。天候と時間帯では客入りも違います。この広いタイムスリップした江戸アミューズメントパーク風ホットスプリングは、露天風呂、足湯、黄金風呂他多彩な風呂を演出、また食べ物屋もいろいろ、おみやげ屋もさまざまで二階にはまた、ゆったりとして寛げる空間も持ち合わせた都会のちょっとしたオアシス的な温泉場です。ここには街のお風呂屋さんとは違って若い人たちと外国人が目立ちましたね。筆者などその光景を座って眺めていると、斬新な模様の浴衣でその傍を歩く若い女性の姿は、艶っぽく感じられたほどでした。Oedo2


どせう鍋湯気立ちてみる冬景色

2006/12/03

超人の初冬に想う詩 『師走』

  師走

師走。
今までの生暖かい風が
嘘のように冷たく
北国では積雪の便り
場面展開よろしく
くっきりと

師走。
昔坊さんが忙しく走っていたらしい
今は子供たちが死を急ぎすぎる
ココロがあるのに心を無くして
彷徨っている

師走。
教育の再生がなんじゃ
大人たちはテツガクをなくして久しいが
おカネには人一倍ヤカマシイのに
最低限のココロがコロコロと
転げ落ちて

師走。
無頼派の小説の題が響く
トカトントン
トカトントン

そのリフレーンの可笑しさよ

(2006年12月3日 記)

超人の美味しい食べ物発見 1 ケーキ & アップル

最近美味しかった食べ物のショート・ショート。
一つはチーズケーキ。ケーキは今やSWEETSの代表格であるわあるわ、しかもバリエーションたっぷり。今や街中に溢れていて女性たちの小腹を満たし続けている現代の化け物、洋菓子の王様だ。そんな中、この明治の館のチーズケーキ「ニルバーナ」Dscf0454は、デンマーク製のチーズを使った手作りの古典的な味が楽しめるクルーミーなケーキ。誕生日にと一役買った代物、おいしゅうーございました。

もう一つは林檎。Dscf0473_2かじると血が出るんですよ、のあのリンゴだ。ニューヨークの別名Big Apple も、その昔郊外で大きなりんごが獲れて町で売られていたことからこの名称が付けられたらしい。りんご追分、林檎の歌、リンゴスター、えっ、これはご愛嬌。つい最近食した林檎は、M先生がわざわざ弘前から送って下さった心温まる代物、品種は「富士」、これが最高に美味。フルーツ類は滅多に食べない筆者もこの味にはお手上げの状態。その食感は抜群、美味しさが後に残るから不思議だ。思わずカメラでパチリ。おいしゅうーございました。

追記。つい先ほど小野果樹園・こだわりの林檎一箱が届きました。M先生からの第二弾です。ありがとうございました。家人も美味しい美味しいと連発でした。(2008年12月13日 記)200812131413000


« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31