« 超人のジャーナリスト・アイ 52 アメリカ大統領中間選挙 民主党の勝利  | トップページ | クロカル超人の北欧文学散歩 9 Ibsen year 2006 『我々にとってのイプセン』を聴きに早稲田大学小野記念講堂へ イプセンが求めた幸福の段階についてそしてハプニングもあって・・・ »

2006/11/10

超人の面白ラーメン紀行 53 神保町『さぶちゃん』

Hanchan_nec_0087神保町の交差点を水道橋方面に向かって左に曲がった一角にあります小さなラーメン屋、それが知る人ぞ知る元祖半ちゃんらーめんの『さぶちゃん』。いつも決まって5,6人は並んでいるので、ちょっと迷ってもすぐ分かります。しかもほとんどが中高年の男性、これも不思議ですが。筆者は常連ではありませんが、この界隈に来ると何となく寄りたくなります。うむ、隣の『いもや』の天丼もたまにはいいかなと思いながら、10分位並んで7席で一杯の小さな店に入りました。アシスタントとともに白シャツ姿の体格のいい、海坊主みたいな(ちょっと言葉は悪いですが)店主が黙々と注文の品を捌いていました。これは30年前と少しも変わっていない仕草。変わったと言えば、この店主が老けたことぐらいでしょう。定番の半ちゃんらーめんは600円、醤油ラーメンであっさりそれに大きなチャーシューとメンマが乗った、一見どこにでもあるラーメンですが、そこがポイント、多少甘さが残る出汁になっているのです。その黄色いストレート系細麺がまた、この出汁に絶妙に合うのです。半分のチャーハンも添えてこの値段なのだから納得です。狭いながらも楽しみな、ちょっと前のラーメン屋なのです。その他4品。らーめん500円、ちゃーしゅーめん700円、大盛らーめん580円、ちゃーはん600円。
読者諸兄の何人かは食べたことがあるところかも知れませんね。
『さぶちゃん』Hanchan2_nec_0086

①スープ★★☆②麺★★★③トッピング★★☆④接客・雰囲気★★⑤価格★★★

半チャン食べたさ一心秋暖簾

« 超人のジャーナリスト・アイ 52 アメリカ大統領中間選挙 民主党の勝利  | トップページ | クロカル超人の北欧文学散歩 9 Ibsen year 2006 『我々にとってのイプセン』を聴きに早稲田大学小野記念講堂へ イプセンが求めた幸福の段階についてそしてハプニングもあって・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 53 神保町『さぶちゃん』:

« 超人のジャーナリスト・アイ 52 アメリカ大統領中間選挙 民主党の勝利  | トップページ | クロカル超人の北欧文学散歩 9 Ibsen year 2006 『我々にとってのイプセン』を聴きに早稲田大学小野記念講堂へ イプセンが求めた幸福の段階についてそしてハプニングもあって・・・ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31