« クロカル超人が行く 50 宮城県・松島 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 48 ちょっと気になった新聞広告 »

2006/10/20

超人の面白ラーメン紀行 51 仙台 『柳家仙台店』

  約一ヵ月振りでのラーメン面白紀行の登場です。この一ヵ月間は食べてはいましたが書き記すほどのインパクトがなかったということでしょう。
  さて、今回は出張中の仙台でひょんなことで口コミで知ったラーメン専門店です。本店は盛岡だそうですが、仙台駅東口ヨドバシカメラから徒歩2分のところにあります『柳家』。Nec_0079_1この店は2006年6月開店の比較的新しい店で、メニューは7品全て白味噌ベースが特徴のラーメン店です。なっとう700円、マーボーなっとう880円、キムチなっとう880円、蔵王850円、青葉城750円、七夕に焼肉といったラインナップ、地の利を生かしたユニークなメニューになっています。筆者はなっとうラーメンNec_0078_1
を注文しました。この看板ラーメンは、何と言っても納豆と白味噌をベースにした独特の風味を備えたスープにあります。多少納豆の臭さはするもののそれほどきつくなく、炒めて多少シャキシャキ感のする、やや大目のモヤシと細切れの豚肉それにすりつぶした納豆が少々トッピングしてあり、黄色いストレート系の麺とも馴染んであっさりとした中にコクのある味を出していました。もともと味噌は豆から出来ていますので驚くには値しませんが、この絶妙な味の競演は食べた人をしばし沈黙させてしまう魔力があるかも知れません。ここにはトッピングでは定番の玉子とか海苔がありませんでした。忘れていました、あのチャーシューもありませんでしたね。それでも手応えは十分でしょう。店内はコの字型のカウンターに12席、テーブルひとつの計20席と小さい。午後2時頃で8人はいましたでしょうか。筆者同様どこからか聞き付けて来た若い人もいたみたい。アイディア一杯の小さな店に幸あれ、です。読者諸兄は一度お試しあれ。
① スープ★★★ ② 麺★★☆ ③ トッピング★★☆ ④ 接客・雰囲気★★ ⑤価格 ★★★

« クロカル超人が行く 50 宮城県・松島 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 48 ちょっと気になった新聞広告 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 51 仙台 『柳家仙台店』:

« クロカル超人が行く 50 宮城県・松島 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 48 ちょっと気になった新聞広告 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31