« 超人のジャーナリスト・アイ 46 作家・横溝正史の生原稿5000枚発見 | トップページ | 超人の面白読書 22 刈部 直著『』(岩波新書) 3  »

2006/10/13

超人のジャーナリスト・アイ 47 ノーベル文学賞 トルコのオルハン・パルク氏に    

  今年のノーベル文学賞にイスラム社会における表現・言論の自由を主張してきたトルコ人作家オルハン・パムク氏(54才)に贈るとスウェーデン・アカデミーが12日に発表したと今日の毎日新聞朝刊が伝えている。村上春樹も有力な候補者だっらしい。代表作のひとつに16世紀末イスタンブールの細密画師の世界を舞台に文明間の衝突を描いた大作『わたしの名は紅』(和久井路子訳・藤原書店)がある。筆者は知らなんだ。また、トルコでオスマン帝国崩壊時にアルメニア人大量殺害があったと主張、この発言で国家侮辱罪に問われるなど反骨の言論活動で知られている。1982年、『ジゥヴデット氏と息子たち』でデビュー、トルコで最も権威のある文学賞「オルハン・ケマル賞」を受賞。『静かな家』(1983年)、『白い家』(1985年)、『黒い書』(1990年)など話題作を発表した。トルコでノーベル文学賞候補の最右翼の作家だった。『雪』も2006年3月に同じ出版社から邦訳された。
筆者はちょっと時間があったので神田神保町の書店、書泉と東京堂(三省堂は改装中で閉店)に寄って邦訳された本について訊いてみたが、版元品切れで18日に重版出来との答えが返って来た。手にとって読みたいと思ったが残念である。しばし待てということだろうか。Pamuk2


【写真:2006年10月12日付スウェーデンの有力紙ダーゲンスニーヘーテル紙の電子版から喜びのOrhan Pamuk氏】


追記。2007年2月23日付毎日新聞夕刊に載った翻訳者和久井路子氏の記事。
Wakui_3


« 超人のジャーナリスト・アイ 46 作家・横溝正史の生原稿5000枚発見 | トップページ | 超人の面白読書 22 刈部 直著『』(岩波新書) 3  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人のジャーナリスト・アイ 46 作家・横溝正史の生原稿5000枚発見 | トップページ | 超人の面白読書 22 刈部 直著『』(岩波新書) 3  »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31