« 超人の面白読書 22 刈部 直著『』(岩波新書) 3  | トップページ | クロカル超人が行く 48 福島県・二本松 »

2006/10/15

超人の新聞書評欄斜め読み 1

  第一回目は日経新聞読書欄(2006年10月15日)この一冊からと読売新聞書評欄(2006年10月6日)から。
①橘木俊詔・浦川邦夫著『日本の貧困研究』(東大出版会 3200円)

「格差問題」の本が相次いでいる中、その仕掛け人の一人である著者の最新のデータを用いた研究成果がこの本。先進諸国の中で日本の貧困率がアメリカに次いで高いという事実は衝撃できかもしれないと評者の岩井八郎・京大教授は書くが、ここでいう貧困とは、可処分所得の中央値の半分以下として操作的に定義された概念であるという。「家族とのコミュニケーション」が欠如している人ほど、生活満足度が低く、自分の階層を低く評価し、主観的に貧困だと判断するという分析結果が面白いらしい。現在の貧困が、一時的な状態なのか、それとも長期的なのか、貧困層に入れ替わりはあるのか、具体的なデータによる評価が求められる。現在のの貧困層には、苦境を乗り切るための支えが失われてしまったのかもしれない、新たなドラマが生まれる余地はあるのだろうかと評者は疑問を投げかけている。

②橋本健二著『階級社会』(講談社選書メチエ 1500円)

 日本の学者たちは「階級」という言葉を避け「階層」や「無階級社会」などといいつづけ、いままた「階級」をさけ「格差」を使用するという著者の階級(隠蔽への)ルサンチマン(立腹)が基調となっている。そこで著者は、「社会階層と移動全国調査」などを独自に分析することにより、現代日本の階級を「資本家階級」(従業員5人以上)「旧中間階級」(従業員規定5人未満)「新中間階級」(専門・管理・事務)「労働者階級」(それ以外の被雇用者)の四階級から成り立っているとする。格差論を徹底して追及するなら階級社会論はさけてとおれないことをつきつけた技ありの本と書いたのは評者の教育社会史分野で有名な竹内洋関大教授。
  ところで、この社会学者、橋本健二氏にはユニークな社会調査方法があることを毎日新聞10月5日の夕刊の記事で読んだ。居酒屋から日本の格差社会が見えると独自の記号、たとえばM4Sntと手帳にメモって定点観測をしている。M40は男性40代、Sはスーツ、ntはネクタイというように記号で表して調査するらしい。その客層をデータベース化している。これは昭和の初めの考現学を提唱した今和次郎に倣っているとは社会学者の橋本健二氏。呑みながらも仕事をしている感じで酔えないのじゃないのかなぁとは筆者の率直な感想ではある。

« 超人の面白読書 22 刈部 直著『』(岩波新書) 3  | トップページ | クロカル超人が行く 48 福島県・二本松 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の新聞書評欄斜め読み 1:

« 超人の面白読書 22 刈部 直著『』(岩波新書) 3  | トップページ | クロカル超人が行く 48 福島県・二本松 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31