« 超人のニューヨーク フォトレター | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 50 京都 『高安』     »

2006/09/12

超人の美術館めぐり 滋賀県立美術館 イサム・ノグチ展

超人の美術館めぐり滋賀県美術館

イサム・ノグチ展が今滋賀県立美術館で開かれている。その昔ニューヨークのクイーンズにあるイサム・ノグチの美術館に行く機会を逃した筆者だが、今回はたまたま開催館を見つけて駆け足で展示品を観た。照明器具のデザイン、庭園デザインでも知れたスケールの大きな彫刻家だ。その中で一番最後に展示されていた、1989年作の〈真夜中の太陽〉赤と黒のスウェーデン産花崗岩(横浜市美術館蔵)が出色。Isamu_noguchi
その他テーマ別に70点が展示されている。9月18日まで。そのあとは高松市立美術館で開催。筆者はこの照明器具のデザインを観たかった。それで入口前にあったものを許可を得て撮ったのがこの写真。

« 超人のニューヨーク フォトレター | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 50 京都 『高安』     »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の美術館めぐり 滋賀県立美術館 イサム・ノグチ展:

« 超人のニューヨーク フォトレター | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 50 京都 『高安』     »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31