« 超人のジャーナリスト・アイ 33 最近の日刊ゲンダイの記事から『悪党芭蕉』 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 43 『横浜西口大勝軒』 »

2006/07/01

クロカル超人のニューヨーク面白回想記 2

07_01_1_1

筆者が第1回目のニューヨーク面白回想記を書いてから8ヶ月が経ちました。その時は米欧回覧実記の現代語訳を図書館から借りてきて内容を一部紹介しましたが、まだまだ触りのところでした。この米欧回覧実記と比較しながらの回想記は次回に譲るとして、今回はほとんど忘れかけていたニューヨーク地下鉄の路線地図が出て来ましたのでその話に触れながら少し書いてみましょう。
1988年の暮れも暮れ、12月28日の昼頃成田空港から直行便で11時間後にニューヨークに到着。会社の忘年会を終えてすぐに飛行機に乗ったせいか、疲労の度合いは増していましたが、そこは楽しみ百倍のニューヨーク行、気持ちはすでにニューヨークの街を風を切って闊歩している姿でした。夕方、ジョン・エフ・ケネディ国際空港に到着したわけですが、ここで今まで経験したことがない不思議な情景に出くわします。飛行機の中では日本人が多く、同じような顔付きでしたが、到着ロビーを出ますとさあ大変、言葉は英語、服装は派手っぽく、デカイ人たち、中には髭を生やし黒ずくめの服装でその異様さに圧倒されながらもあの親子は帽子他から判断してユダヤ人、日本人っぽい人でも服装他でやはり中国人か、と中国語を話しているのを聴いて判る始末。それだけここは世界のあらゆるところから人が引っ切り無しに集まってくるところ。いわゆる異文化接触というやつです。
友人H氏のいるQueens区のアパートは、マンハッタンの中心街midtown(これと同じ名前の新たなビジネス・アミューズメント街が2007年春に六本木防衛庁跡地に出現する予定。巨大なアメリカ型のビル群、六本木ヒルズとは歩いても10分もかからない距離)から地下鉄N lineに乗り20分位の距離。確か初めてのニューヨーク行は友人H氏と彼の下宿先のルーマニア人のジン爺さんの運転で迎えに来てもらいました。こちらに来る季節はいつもクリスマスが終わってすぐの3日後位なので、家々にはまだクリスマスのイルミネーション(最近では日本の家々にもこのような風景がより身近に見られるようになりました)がきれいに飾られていてちょっとメルヘンチックになりました。
当時の地下鉄はまだ落書きが名物になっていた頃で、黒色青色などのスプレーで電車のドア付近にこれでもかこれでもかと読むのに苦労するほどの文字で書かれていました。筆者には何と汚い電車だと憤慨するほどでしたが、これもニューヨークの文化なのだとカンネンしました。地下鉄に乗るには地下鉄専用のコイン(日本の五円玉に似ています)、トークンを(今はカード式だそうな)購入して例の丸い棒を押しのけてホームに入ります。確か時刻表はあったと思いましたが、5,6分おきには電車が来るのであまり待たずに乗ることができます。また、よく気をつけて乗らないと行き先が間違ってとんでもない方向に行ってしまいます。それだけここの地下鉄の路線は複雑です。ニューヨークの地下鉄が去年の暮れか今年の初めか創業100年になるのを記念してその特集をある英字週刊紙が組んだ記事を読んだことがあります。今手元にありませんので詳細を書けないのが残念です。その歴史は官営から民営への複雑な鉄道の歴史でもあります。ところで、友人H氏のアパート近くの地下鉄36Ave(Washington Ave)駅からクウィーンズボロ経由でニューヨーク市立図書館のある5th Avenue 駅で降りてこのManhattanのmidtown、uptownそしてdowntownを徘徊するのが筆者にとってはとても便利なルートでした。青森市と同じ緯度にあるニューヨーク、冬は寒い、あの地下から吹き上げる蒸気は冬のニューヨークの風物詩ですが、ともかく地下鉄駅から出たら早足で歩くに限ります。そして、トイレを探すのにも苦労しますが、それは百貨店に入るのが一番でした。そうして、本屋を、MoMA、グッケンハイム美術館やメトロポリタン美術館それにブロードウェイのミュージカルなどを見て廻ったのでした。
地下鉄Times Square 駅近くのイタリアン・カフェ「スバーロ」ではベーコンエッグとパンそれにスープとコーヒーでよく朝食を取りましたね。ファーストフード店で値段も手頃。この店は六本木交差点近くに支店も出しましたが、2,3年前に行ってみたらすでにシアトル系のカフェ店に取って代わられていました。この地下鉄路線図は筆者が持ち歩いて使い古したもの。ところどころに蛍光ペンで塗り潰して印をつけた跡などがあります。地下鉄はさすがに真夜中は走る時間間隔が一時間に一本位になりますが一日中運行しています。一度などは午前3時頃電車に乗りましたが、陽気に唄を唄っているいる人から寄付を募る箱を持って歩く人などまで賑やかでした。でも、アフリカ系アメリカ人も多かったせいか、ちょっとした恐怖を感じたね。銃を携帯できる国柄ですから。

【写真右上:1992年1月2日撮影したブロードウェイ付近。ネガをもとに最新のスキャンで復元したもの】


Img003

【写真左:地下鉄路線図。2001.9.11以前の地図ですからWorld Trade Centerの文字が見えます】

« 超人のジャーナリスト・アイ 33 最近の日刊ゲンダイの記事から『悪党芭蕉』 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 43 『横浜西口大勝軒』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人のニューヨーク面白回想記 2:

« 超人のジャーナリスト・アイ 33 最近の日刊ゲンダイの記事から『悪党芭蕉』 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 43 『横浜西口大勝軒』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31