« 超人の面白ラーメン紀行 40 品達 | トップページ | 超人の面白読書余話 森鷗外『舞姫』のモデルについて »

2006/06/04

珍しい北欧料理の店紹介 5 老舗のデンマーク料理店『スカンディヤ』

Nec_0012_3

 6月の空は梅雨空、とは打って変わって珍しく晴れ渡っていたこの日、森鴎外の『舞姫』のモデルとされるエリーゼ・ヴィーゲルトの足跡をある当時の新聞で見つけたあと、横浜港大桟橋に向かった。明治21年頃の様子がどうだったか思いを巡らせたかったからだ。その帰り道久し振りにデンマーク料理の老舗『スカンディヤ』
で昼食を取った。以前から多少高い料理とは知っていたが、今回は思い切って入ってみた。老舗の貫禄なのか室内は落ち着いている。重厚な窓際のカーテンの間からは陽が入り、壁に飾られた北欧の彫刻、北欧の国旗など色鮮やかな文様と呼応し明暗のコントラストよろしく大人のシックな雰囲気を演出していた。レストランそしてバーでもあるこの店は、1階が比較的低額な食事、2階はやや高額な食事と別れていて午前11時から夜12時まで開いている超有名レストランなのだ。ユーミンや桃井かおりなども訪れてたらしい。らしい、と書いたのはブログやHPで見たからなのだ。そう言えば女性客が多かったみたい。筆者は一人だったので人馴れしてはっきりした女性店員にそれならカウンターの右端に座れとばかりに半ば強制的に案内された。使いこなされた感じのピカピカした真鋳の手摺に手をやり座るや否や撮ったのがこの写真。
Nec_0010
デンマーク製のオープンサンドも良いが、なぜかナン、ニンジン、ジャガイモと野菜が豊富な特製カレーとアイスコーヒーを頼んだ。(1300円)大きなお皿に供されカレーの盛りが普通より少ないかな、と一瞬庶民の顔が覗いたが美味しかった。ここでカレーを食べるとは思いもつかなんだ。メニューにあったし安かったからね・・・。
この『スカンディヤ』作成のアラカルトメニューは、うすピンクのA4用紙ペラにあっさりと書かれたシンプルなものだが、メニューの種類は豊富で55種類ある。1階スカンディアガーデンではランチメニューは仔牛のカツレツ(ハムチーズ入り)、デニッシュオープンサンド(3種類盛り合わせ/プチケーキ付)、ハンバークステーキ、魚料理が1,300円、サーロンステーキ1,900円、お二人様より前菜7種類、魚肉料理5種類、アイスクリームそれにコーヒーか紅茶がついたスモーガスボードお一人様5,250円、前菜・魚・肉料理合わせて7種類、コーヒーか紅茶つきお一人様3,675円。ディナーコースは2名様よりスモーガスボード、スペシャルディナー、美食家のディナーとディナーコースはお一人様6,300円~10,500円位。何度も本場デンマークに行って修行を積んでいる名シェフ、荒川さんの料理は美味しいとの評判。意外と思ったのが北欧料理定番のサーモン料理Scandia_samon
だけではなく、デンマーク人もよく食べるらしいうなぎ料理もあるのだ。また、ここから徒歩5,6分の横浜スタジアム近くには知る人ぞ知る国際色豊かな老舗の『船員バー』がある。明治の初めに考案されたと言われる有名なカクテル、゜ヨコハマ゛なども飲める(NHK BS2のLive番組「神奈川特集」で紹介していた、ね)。
Scandia_unagi_2【写真右上&右下:サーモンとうなぎ料理はいずれもHPから】
またまた紹介。中区山下町156にあるここの『スカンディア』(横浜市中区海岸通り1-1 TEL045-201-2262)と同じ経営の船員バー『コペンハーゲン』(TEL045-681-6069)それにノルウェーアクアヴィットとノルウェー料理が楽しめるバー『ニューノルゲ』(TEL045-662-2309)。いやー、その昔この辺をハシゴしたねぇー。いずれも中華街の外れにあるのでここから歩いて行ける距離。


« 超人の面白ラーメン紀行 40 品達 | トップページ | 超人の面白読書余話 森鷗外『舞姫』のモデルについて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人の面白ラーメン紀行 40 品達 | トップページ | 超人の面白読書余話 森鷗外『舞姫』のモデルについて »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31