« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/31

超人の花見 鎌倉鶴岡八幡宮

  今日も花冷えのする日ですが、今週は季節はずれの寒波到来で関西出張中でも大阪では温度が下がり冬並みの寒さ、しかも雨、京都では雪まで舞う始末。吉野の千本山桜を一度見たいと思っていたが、この天気では満開にはあと2週間位はかかるらしく諦めた。で、鎌倉へ足を運んだ次第。

源氏池花見するには肌寒く

HatosabureiDscf0333_1
Dscf0327_1Dscf0332_1Dscf0336Dscf0335_1

追記。2006年4月16日付毎日新聞朝刊コラム"時代の風"に掲載された作家・瀬戸内寂聴の文章に有名な西行の和歌が引用されている。勿論、今年の嵯峨の桜は格別美しかったとの感慨と寂庵の花見のあとの篝火に思いを馳せてこの地と縁の深い西行法師を思ったのだろうか。ちょっとその前に、"花の香や嵯峨のともし火消ゆるとき" とさりげなく蕪村をそっと据えるあたりなかなかのリテラシー戦略家の顔も覗くね、とは筆者の勝手な想像だが・・・。

 春風の花を散らすと見る夢はさめても胸のさわぐなりけり

 願わくは花の下にて春死なんそのきさらぎの望月のころ

 仏には桜の花をたてまつれわが後の世を人とぶらはば

2006/03/25

超人の最新文学渉猟 フリーペーパー化した新生『早稲田文学』など

 東大出版会のPR誌「UP」の最新号で雑誌『早稲田文学』Nec_0038_1
がフリーペーパーに変身したとの記事を見つけてどういうことかなと不思議に思っていたところ、3月19日付日経新聞書評欄の活字の海でこの新生文芸誌「WB」(隔月刊、無料配布誌)に言及している。その記事によれば、昨年11月に”創刊”された時の発行部数は一万部だったが、注文が相次いだために増刷し二万部印刷して最近その最新号の第3号が出た。「文学のすそ野を広げたい」(市川ディレクター)との狙いはその連載コラムにも表れているらしい。早速直接定期購読を申し込んでこの画期的な雑誌を手にしてみた。表紙の上半分は目次で下半分には巻頭を飾って芥川賞作家のモブ・ノリオ「スローガン」が掲載されている。「R25」ではないが、20ページ強の薄い雑誌だが執筆人は他の文芸誌にも劣らない。レイアウトの工夫もあり内容は盛りだくさんだ。ちょっとごじゃごじゃし過ぎの感は歪めないか。創刊号は大西巨人、角田光代、重松清、斉藤美奈子、島田雅彦、絓秀実、渡部直己など早稲田OB他多彩。第二号は巻頭は余白や広告も含めたページ全体を作品化する奇妙な新人と紹介されている萩田洋文の「アホリズム」、翻訳家・青山南、漫画家・大塚英志、横田創他筆者も知らない若手作家なども登場していて賑やかだ。そして最新号の第三号はというと巻頭は伊藤比呂美の「昔の人の今の声」(古文に倣ったような文体と文章、そして古典から取った題材、その内容の不気味さと異様な光景につい引き込まれてしまって一気に読んでしまった)、三田誠広、山田詠美他。「現代作家が選ぶ世界の名作」では島田雅彦が寺田寅彦を、津島佑子がフランシス・バーネットの小公子を、山田詠美が獅子文六を取り上げていて面白い。全体的には重厚さはないが文学の面白さやエキスを味わえる。話題性のある小説を掲載できるかがこの雑誌の課題と日経新聞の囲み記事は結んでいる。また「早稲田文学」が生まれ変わった背景には、厳しい台所事情もあった。運営資金のほとんどは年間一千万円の大学からの補助金頼みで執筆者の原稿料は4百字詰原稿用紙で一枚あたり500円ときわめて安かった。フリーペーパー化に伴い、ページ数を五分の一の20ページ強に減らすことで、他の文芸雑誌並みに原稿料を払えるようになったとその背景にも言及している。斉藤美奈子の雪国の読み方(ちょっと無理のある読み方、いや意地悪な読み方かな)評論家・渡部直己のソシュールなど帰りの電車の中で読んでみて面白かった。この気軽さが良いのだ。愉しい文学が溢れている「早稲田文学」、頑張れとエールを送りたい。最近読んでいないが「三田文学」の反応はどうかな。気になるところではある。

もう一つの話題はアメリカで文芸誌創刊号に日本特集を組んだ話。毎日新聞が3月22日付の夕刊で報じているもの。国際的な文芸雑誌『ザ・パリス・レビュー』の元編集長ブリジット・ヒューズさんが編集長の季刊文芸雑誌『ア・パブリック・スペース』。(柴田元幸東大教授とローランド・ケルツ東大講師も編集に携わっている)創刊号は224ページでそのうち50ページ弱が日本特集に割かれた由。阿部和重「馬小屋の乙女」(『グランド・フィナーレ』所収)、中原昌也「血で描かれた野獣の自画像」(『マリ&フィフィの虐殺ソングブック』所収)、小川洋子「バックストローク」(『まぶた』所収)の3編を収録。編集方針は「あらゆる人に開かれている雑誌」で日本から見た米国、米国から見た日本・・・・・・双方向の視点で文学作品を読み解くことができるよう工夫を凝らしたという。
筆者もずっと前からこの双方向の視点を考えていて最近ある試みを実行しているところだ。まずはこの雑誌を読んでみようと年間購読を申し込んだばかり。4冊で60米ドル。今日のレートで約7,230円。Amazon.co.jpではまだ取引なしだ。この雑誌の来るのが楽しみである。ちょっとその前に・・・内容をA Public SpaceのWebsiteで覗いてみよう。

What is A Public Space? It's a new magazine. It's fiction that matters. It's opinion, argument, investigation. It looks at other cultures and how those cultures look at ours. It's a literary magazine that gives you the stories behind the news. It's a conversation about fiction and poetry and their place in our lives.
a_public_space_coverntents

The debut issue is: Charles D'Ambrosio, Kelly Link, Anna Deavere Smith, Haruki Murakami, Marilynne Robinson, Rick Moody, Yoko Ogawa, Motoyuki Shibata, John Haskell, Lucy Raven, Peter Gizzi, Matthea Harvey, Antoine Wilson, Peter Orner, Ian Chillag, Eamon Grennan, Jeremy Glazier, and others. On: Superheroes, Hollywood in the McCarthy Era, translating grapefruit into Japanese, New Jersey porn, Tutsi women, the coal mines of West Virginia, Chekhov, Galileo, Salinger, that weird guy who lives down the street, Bertolt Brecht, digging a hole to China, and more. See the full Table of Contents.
Ask for A Public Space at your favorite bookseller, purchase the issue online now or subscribe and get a year or two in your mailbox at a special discounted rate. Join our mailing list for updates on the magazine and events nationwide.
If You See Something, Say Something is our forum for writers to sound off on topics that fascinate, baffle, or just plain annoy them. In a piece from the first installment, Rick Moody gives his take on the recent James Frey and J. T. Leroy literary scandals, and the media's role in fueling them. Read the full story.

2006 A Public Space Literary Projects, Inc.

a_public_space_contents

追記。フリーペーパーも継続し『早稲田文学』が今秋、季刊で復刊とは2007年4月25日付毎日新聞夕刊の記事の見出し。1891年に坪内逍遥によって創刊された老舗雑誌の『早稲田文学』が、今年秋から第10次『早稲田文学』(季刊)として再出発する。隔月刊のフリーペーパーも続投するらしい。復刊に先立ち、第10次0号を4月25日に発行。川上未映子、中原昌也、青山真治、青木淳悟、向井豊昭らの新作を紹介。斉藤美奈子と森達也の対談も掲載している(2007年5月2日 記)。

2006/03/21

超人のTVスポーツ観戦 WBC 決勝戦 日本VSキューバ

  世界地域別対抗戦ワールト・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝戦で日本はキューバを10-6で破って優勝、世界一、初代の王者に。テレビで野球観戦はこのところなかった事で久しぶりの興奮、感動でした。午前11時前からテレビに釘付け、果たしてどうかな、勝てるかなと思いながらハラハラドキドキしながらつい4時頃まで観てしまいました。Oh Japanの日本チームは、1回に一死満塁で押し出し、デッドボール、2点タイムリーヒットなどで一挙4点が入り、8回にはキューバ打線の連打を浴びて1点差に迫られるも9回、またもやイチローのヒット、代打福留選手(準決勝で代打でいきなりホームランの大活躍その後の日本チームに弾みをつけた)の活躍などで加点し、メジャーリーガー・大塚投手の好救援もあって栄えある優勝を果たしました。プレッシャーなのか内野のミスが目立って、実際手に汗を握る場面が何度かありましたが。テレビで野球観戦も力が入ったりして疲れますが、王監督率いる日本チームはよくやりました。本当におめでとうと言いたいな。今日の日本での野球での盛り上がりは最高かもね。5時、6時台の各局のテレビは、このWBCでの日本の優勝をこれでもかこれでもかと放映していましたもの。今大会はメジャーリーガーがいる強豪ドミニカなどと組まないようなアメリカ有利のシステム、ピッチャーの投球数(95球)、報酬の問題でメジャーの審判員を登用することが出来ず、"ディビット損"みたいな誤審する審判などいろいろと課題も多いみたい。まぁ、第一回目のWBC、これからですよ。それにしても松井秀樹ではなくイチロー、かくも熱く燃えていましたね。その発言に米語風のにほんごを多用しながら。SAMURAI-。
王監督もめずらしく熱かったです。諸君はすばらしい。今日は思い切ってやろうぜと世界一の美酒を浴びるセレモニーの挨拶での言葉が筆者としては印象的でした。

桜ジャパン急場凌いで美酒に酔う

great !great ! great ! great !great ! great ! great !great ! great ! great !great ! great ! great !great ! great ! great !great ! great ! great !great ! great ! great !great ! great ! great !great ! great ! great !great ! great ! great !great ! great ! great !great ! great ! great !great ! great ! great !great ! great ! great ! great ! great ! great !great ! great ! great !great ! great ! sugoi !


ohjapan


日本、WBC初代王者に…決勝でキューバ破る

WBC優勝を決め、胴上げで宙に舞う王監督=中嶋基樹撮影
 
 【サンディエゴ(米カリフォルニア州)=小石川弘幸】野球の国・地域別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」は20日(日本時間21日)、決勝が行われ、日本は10―6でキューバを破り、初代王者に輝いた。

 日本は一回に押し出しと今江(ロッテ)の適時打で4点先制。八回に1点差とされたが、大塚(レンジャーズ)が好救援。九回に追加点を挙げて、世界の頂点に立った。

          ◇

 【一回表】日本は一死満塁から多村(横浜)の押し出し死球で1点を先制すると、二死後、小笠原(日本ハム)の押し出し四球で2点目。さらに今江(ロッテ)が中前へ2点適時打を放ち、一挙4点を先行した。

 【一回裏】キューバは、日本先発の松坂(西武)から、先頭のパレが本塁打を放って1点を返した。

 【五回表】日本は先頭イチロー(マリナーズ)の左翼線への二塁打を皮切りに、松中(ソフトバンク)、多村の3連打で1点。さらに一死二、三塁から小笠原の犠飛で加点した。

 【五回裏】日本は松坂から2番手の渡辺俊(ロッテ)へ。松坂は四回まで毎回安打を許しながらも、初回の1点に抑えた。

 【六回裏】キューバは一死一塁から3連続短長打で2得点。一死一、三塁と日本の渡辺俊を攻めたが併殺で加点ならず。

 【八回裏】キューバは一死一塁からセペダが左越えへ2ランを放ち、1点差に迫った。

 【九回表】日本はイチローの適時打、代打・福留(中日)の2点適時打などで4点を挙げた。

 【九回裏】日本は八回途中から救援した大塚(レンジャーズ)の力投で逃げ切った。

 【日本の決勝までの足どり】

 ▽1次リーグ

 ○18-2中国(8回コールド)

 ○14-3台湾(7回コールド)

 ●2-3韓国

 ▽2次リーグ

 ●3-4X米国(9回サヨナラ)

 ○6-1メキシコ

 ●1-2韓国

 ▽準決勝

 ○6-0韓国
(読売新聞) - 3月21日16時6分更新

■本日のWBCのホームぺージの記事。
wbc

2006年3月21日 17:46:00


Team Japan celebrates with the World Baseball Classic trophy. (Chris Carlson/AP)Japan crowned Classic's first champ
Starter Matsuzaka claims tournament's MVP award
By Barry M. Bloom / MLB.com


• Get Japan championship gear
• Box score
SAN DIEGO -- Baseball fans around the globe have long been clamoring for an authentic world champion. Finally they have one.

Japan is the winner of the inaugural World Baseball Classic. And now, baseball is not only spoken here, it is spoken everywhere.

The Japanese put the crowning touch on the 17-day tournament that was played in Tokyo, Arizona, Florida, Puerto Rico and Southern California with the climax coming on Monday night at PETCO Park.

Final score: Japan 10, Cuba 6.

The tournament captured the fancy and frenzy of fans everywhere, particularly in the Caribbean and Asian nations, whose teams made it to the final games. And Japanese pitcher Daisuke Matsuzaka was named the MVP.

"The intensity in the stands as well as the intensity on the playing field was absolutely remarkable, and I'm not sure that going into it you could have felt that," Commissioner Bud Selig said about the legacy of the Classic, the first international baseball tournament to include Major League players. "I'm very confident that this will be the platform that we use to take this sport internationally to the dimension that I want to take it and believe that we will."

Selig was right on the mark. The game Monday drew 42,696 and the three sellout crowds in San Diego -- for the semifinal games and the final -- brought the 39-game tournament total to 737,112.

Monday's game was the biggest in Japanese baseball history, and the first time they vanquished Cuba when all the marbles were on the line.

A big reason for Japan's victory was Matsuzaka, who after shutting down the Cubans for four innings on Monday, finished the tournament 3-0 with a 1.38 ERA -- two earned runs in 13 innings pitched.


Cooperstown Bound
A host of items celebrating the first World Baseball Classic, won by Japan, will now enter the National Baseball Hall of Fame.
Item Role in finals
Spikes Worn by manager Sadaharu Oh
Team Japan jersey Worn by MVP Daisuke Matsuzaka
Baseball cap Worn by slugger Nobuhiko Matsunaka
Batting helmet Worn by Ichiro Suzuki
Warm-up jacket Worn by pitcher Koji Uehara
Heretofore, Japan had lost the gold-medal game to Cuba in the 1996 Atlanta Summer Olympics and dropped a semifinal contest to the Cubans four years later in Australia. In Athens, though the two teams didn't face in the medal round, Japan beat Cuba during pool play, and Matsuzaka pitched into the ninth inning and earned the win.

"When I was told two days ago by the manager that I would be starting the final game, it really fired me up," Matsuzaka said. "This was the first time for me to face the Cubans since the Athens Olympics. They always have these intimidating hitters, but I wasn't scared to pitch against them."

The Japanese have a silver and two bronze baseball Olympic medals. And Monday night, they finally walked away with the gold.

With legends Sadaharu Oh managing the team and Ichiro Suzuki in right field, the Japanese finished 5-3 in the tournament, defeating archrivals Korea and Cuba during the past three days.

During both games, Ichiro was dropped to third in the lineup, and he finished the tournament hitting .364 (12-for-33) with hits in each of Japan's eight games.

Asked if he had turned it up a notch in San Diego, Ichiro said: "It was probably not a good thing for me to think, but I didn't care if I got injured. That's how much I wanted to win the championship."

The tournament wasn't without some grief for the Japanese. Japan lost to the U.S. in the opening game of the second round when plate umpire Bob Davidson negated what would've been its fourth run when he called Tsuyoshi Nishioka out for not tagging up on a sacrifice fly, overturning a call made by his colleague, second base umpire Brian Knight. But the Americans were later eliminated by Mexico, and Japan survived a tiebreaker to make it into the final games, where its starting pitching was flawless.

On Saturday, Koji Uehara held Korea on three hits for seven innings as Japan defeated the Koreans, 6-0. On Monday, Matsuzaka whiffed five, allowed only four hits and a single run, which came on Eduardo Paret's homer to lead off the bottom of the first inning.

At that juncture, the Japanese were already leading, 4-0.

"We had the lead, and I knew we had other pitchers to come behind me," Matsuzaka said. "So I wanted to throw my hardest on every pitch."

The Japanese scored four times in the top of the first against three Cuban hurlers and hit only one ball out of the infield -- Toshiaki Iame's dribbler of a single up the middle that scored a pair of runs.

In all fairness, Cuba had used two of its best pitchers to defeat the Dominican Republic, 3-1, on Saturday -- Yadel Marti and Pedro Lazo. Ormani Romero started against the Japanese, lasting four batters and 23 pitches.

But the Cubans refused to go down quietly, despite trailing by as much as five runs, 6-1, going into the bottom of the sixth inning and 10-5 heading into the bottom of the ninth.

The Japanese committed three late errors and Frederich Cepeda hit a two-run, eighth-inning homer to pull the Cubans within one, 6-5. For a moment it looked like a thriller, but the Japanese ended the drama by batting around and scoring four runs in the top of the ninth to tie up the first Classic with a neat little ribbon, as Akinori Otsuka pitched the final 1 2/3 innings to earn the save.

For the Japanese, there was a moment of instant elation, and then a moment of recognition that the run of this particular team was already over. But that moment will last long in the heart of every Japanese baseball fan, said Oh, who may have topped his all-world leading 868 homers as a player with this single win as a manager.

"The fans have been supporting us so much," Oh said. "That's why we were able to accomplish this. So we'd like to share this great moment with all them back home, and those who were here."

Barry M. Bloom is a national reporter for MLB.com.

■The New York Times の2006年3月21日の記事。

Japan 10, Cuba 6
Japan, and Its Fans, Embrace New Title of World Champion
Chang W. Lee/The New York TimesSadaharu Oh, Japan's manager, was thrown into the air by his players after their victory in the first World Baseball Classic.

By JACK CURRY
Published: March 21, 2006
SAN DIEGO, March 20 — The white flags with the solitary red circles were scattered around Petco Park, growing more and more prominent with each inning. Every time Japan scored another run or made another slick play Monday night, the fans raised those cherished flags, shook them and waved them. Then they waited.

Skip to next paragraph
World Baseball Classic
Scores | Schedule
Rosters | Television
News | Odds

M.L.B.
Spring Schedule/Scores
Standings: A.L. | N.L.
Statistics: A.L. | N.L.
Teams Reports
Discuss M.L.B.

Todd Warshaw/European Pressphoto Agency
Japan defeated Cuba, 10-6, in the first World Baseball Classic championship in San Diego.
Could this drama really become a dream come true? Could Japan really be the class of the World Baseball Classic? The fluttering flags offered the answer. They almost never stopped flying, the Japanese almost never stopped repelling Cuba during a 10-6 victory, and they snatched the championship of this inaugural event.

So Japan, which qualified for the semifinals only after the United States was surprisingly eliminated with a loss to Mexico, ended Cuba's refreshing ride through the tournament. The Cubans were almost not allowed to compete, but they were given permission, and the mysterious men in red performed admirably against some teams loaded with major league players.

But the Cubans could not solve Daisuke Matsuzaka, who stifled them on one run over four innings, and they could not overcome Japan. Matsuzaka, who throws a 94-mile-an-hour fastball and has a slight hesitation in his delivery, surrendered a leadoff home run and then retired 12 of the next 15 batters. He had three of Japan's five victories and was named the tournament's most valuable player.

"Well, it was my first experience to pitch in the game with the world championship on the line," Matsuzaka said. "I was going to feel a lot of pressure, as this is something you wouldn't be able to buy. But I did not feel much of it once I got on the mound."

The Cubans trailed by 4-0 and by 6-1, but they scored two in the sixth and two more in the eighth on Frederich Cepeda's home run to crawl to one run down. As one fan held a "Cuba Campeón" sign, Akinori Otsuka of the Texas Rangers emerged to get two crucial outs in the eighth. Then Japan scored four times in the ninth, and Cuba's chances for a fantastic finish fizzled in front of 42,696 fans.

Otsuka struck out Yulieski Gourriel to end the game, causing the Japanese players to fling their gloves and hug each other between the mound and first base. The players formed a circle, lifted the legendary Sadaharu Oh, their 65-year old manager, off the ground and tossed him in the air — a tradition the Japanese follow after winning a title.

"I thought I would never, never get a chance to manage a team like this," Oh said.

After Manager Higinio Velez decided Ormari Romero was dependable enough to start perhaps the most important game in Cuban baseball history, he inexplicably replaced Romero after only 23 pitches. Romero permitted two infield singles and a walk to the first four batters to fill the bases and, suddenly, he was gone.

The Cubans have had relievers warming up in the first inning in other games, but this seemed like a hasty decision. Romero was clearly irked about being replaced. He walked behind the mound and waved his hand at Jose Elosegui, the pitching coach. Vicyohandry Odelin, who looks and pitches like Tom Gordon's twin, followed Romero.

Odelin could have started, but the Cubans skipped him because he allowed three home runs in a 6-3 loss to Japan in the 2004 Athens Olympics. Odelin did not give up any homers to Japan this time, but he did not come close to getting out of the delicate situation, either.

Odelin plunked Hitoshi Tamura in the elbow with his fourth pitch to force in Japan's first run. After a strikeout, Odelin walked Michihiro Ogasawara on a close 3-2 pitch to push in the second run. Toshiaki Imae followed by slapping a slider for a two-run single that that gave Japan a 4-0 lead.

When Eduardo Paret smashed a leadoff home run for the Cubans, he pumped his fist rounding first. Maybe the Cubans could immediately erase the deficit. Well, maybe not. Matsuzaka allowed three more hits through the fourth.

Japan scored two runs in the fifth for a 6-1 cushion, but Cuba rebounded with two in the sixth. The Cubans had runners on first and third with one out, but Shunsuke Watanabe induced Yoandy Garlobo into a double play.

When organizers first applied for a license for Cuba to participate, the Treasury Department denied the request because the Cubans would have received American money. That would have violated the United States' trade embargo against Cuba.

The organizers applied for a second license that guaranteed Cuba would not receive money. Five weeks after the denial, President Bush ordered his staff to settle the issue, and a license was granted.

Under tournament regulations, every team except Cuba received at least 1 percent of the net profits. Those percentages rose as teams advanced, with Japan receiving 10 percent as the champion. The money that Cuba would have received will be donated to charity.

Despite having only two major leaguers, Japan won the tournament. Despite having no major leaguers, Cuba finished second. The United States feels it has the best players in the world. In this tournament, that was untrue. Japan, as the flying flags showed, was the class of this classic

2006/03/18

超人の面白ラーメン紀行 36 旭川ラーメン 『みづの』

  落語家の春風亭小朝が今朝の日本テレビの番組で言っていました生姜ラーメンの店。旭川ラーメン『みづの』。この店の東京支店を出そうと小朝が企んでいるみたい。行ったことがありませんので、ここはグルメウォーカーHPからの引用です。どんな味でしょうか、ショウガねぇーなんちゃってっ。筆者も機会がありましたら行ってみたいですね。

生姜ラーメンみづのmizuno_noren


しょうがらーめん みづの
価格は2004年3月時点のものです。

ラーメン
ショウガの風味がクセになる!
トンコツベースのサラリとした口当たりのスープに、ストレートで歯ごたえのある細麺が入ったあっさり味が評判。開店以来受け継がれた味わいは、地元客のみならず休日には札幌や帯広からも食べに来る人がいるほど。

生姜ラーメン 540円。トンコツのまろやかな味のスープに、すり下ろしたショウガがたっぷり。食欲をそそる香りと麺の歯ごたえ、スキッとした後味が食欲をそそる!

 店舗DATA - 生姜ラーメンみづの -
住所 北海道旭川市常盤通2
TEL 0166-22-5637
営業時間 10:00~20:30、(日)11:00~18:30
休日 不定休
座席 26席
駐車場 なし
平均予算 [昼]540円
交通アクセス JR旭川駅からあさでん81番末広・医大線などで5分、(停)常盤公園前下車すぐ

ramen_mizuno



2006/03/17

超人の面白ラーメン紀行 35  文京区湯島『大喜』

  味噌ラーメンなのか醤油ラーメンなのか常連さんの間で噂のラーメン店『大喜』(テレビではそう紹介していました)。春の嵐が去った翌日、しかも風が強くて時折歩いていても倒されそうになるほどの日ですが、筆者は本郷から途中石川啄木の碑を見ながら湯島3丁目まで歩いてこの店に来ました。すでに並んでいて9番目の位置、外にあった券売機で煮干味のみそらーめん780円を買い求めました。意外と早くカウンターの左端に座り待つこと5分、出て来たのが下の写真の味噌らーめん。このスープは香りがありましたが、途中水を飲まなければならないほど濃厚、とろとろでした。麺はストレート系、太平打ち麺で硬め、あれっ、軟らかい味噌煮込みウドンを食べてるのかな、と一瞬錯覚するほどでしたね。良く煮込んだチャーシューが細切れで入っていたり、半熟玉子、青菜、もやしに刻みネギが中央に鎮座して入っていて、これがこの太平打ち麺と味噌スープとの相性の良いコンビネーションを形成しています。昼15食の限定メニューになっていますが、もうこの時間大分人が入っていていつ終了するのか食べながら気にしていましたが、中国系のアクセントのあるアルバイト風の女性の声でまだまだオーダーは通っていました。ちょっと不思議なくらい・・・。狭い厨房は3人の男性が仕切り、二人用、4人用テーブルがひとつあとはカウンターで15人が入れば一杯。勿論この昼時間は絶えず外に並んでいて店員の指示に従って中に入る仕組みらしい。らーめん680円、うめしおらーめん780円、ちゃーしゅーらーめん950円、たんたんめん850円(夜のみ10食限定)、ごはん100円、餃子7ケ400円他。
これでこの3日間の昼は恵比寿の『味噌丸』、横浜相鉄ジョイナス地下『札幌や』それにここの『大喜』と味噌ラーメン三連発、筆者はやはり白味噌ベースの『札幌や』が性に合うかな。
『大喜』①スープ★★☆②麺★★③トッピング★★☆④接客・雰囲気★★☆⑤価格★★★

200603171223000.jpg 春嵐天神下の味噌撹乱

2006/03/15

超人の面白ラーメン紀行 34 渋谷区恵比寿『味噌丸』

 恵比寿はラーメン激戦区として有名でよくテレビなどで紹介されていますが、駅近くの恵比寿南二丁目辺りで見つけました味噌ラーメン専門店の『味噌丸』。カウンター15席の小さな店ですが(昼時のせいかほとんど満席状態)、味噌にこだわり、米糖白味噌とゴマ他をブレンドしてできたまろやかな味噌ラーメンが売り。濃い味噌味仕立てのため薄味の方はうすめるスープがあるということで頼んでみました。量が多少多かったせいか味噌本来の味から離れてうすめはうすめしかも味噌バターを頼んでいたので、まろやかな味を通り越してただ薄味化してしまいましたね。ストレート系のやや太め平打ち麺風で軟らか、トッピングはいつものそれと違います。チャーシュー、海苔や支那竹が見当たりません。代わりにほうれん草、キャベツ、人参ともやしの面々。勿論玉子はオプションです。味噌と相性が良いのでしょう。筆者としては正直言ってもの足りませんでした。味噌ラーメンには思い入れが人一倍強い人間としては、ちょっと失敗ガッガリであります。ゴマと胡椒を懸命に入れましたが後のまつりでした。味噌ラーメンは700円、味噌バター800円、ネギ味噌ラーメン850円他。
『味噌丸』①スープ★★☆②麺★★③トッピング★★④接客・雰囲気★★☆⑤価格★★☆
200603151255000.jpg 春なのに黄身見えず今味噌誰に

2006/03/10

超人の美術館めぐり 『川崎市岡本太郎美術館』

200603091234000.jpg

 "芸術は爆発だ"や職業は人間だ"のフレーズで有名な画家岡本太郎の作品が展示されている『岡本太郎美術館』。東京青山にもアトリエとして使っていました場所が生前そのままに絵の具、絵筆、それに未完の絵画とかが整理されて記念館として残っていますが。川崎市生田緑地の一角日本民家園の近くにこの美術館はありますが、代表的な彫刻「母の塔」を施した概観のすばらしさに比べて中に入って観た有名な「森の掟」「痛ましき腕」などの絵画、彫刻それにTARO賞の現代芸術コンテンポラリーアートの作品はあるもののちょっと物足りなさを感じました。作品が全て揃っているわけではなかったような感じを素人なりに受けました。この日は100人位の小学生の団体に出くわしましたが、小学生たちが外で食事中に筆者は駆け足で回って退散した次第。それにしても大阪の万博記念公園の岡本太郎作の「太陽の塔」は、人類の平和への願いをシンボル化していると思いますが、行くたびにでかいなぁー、目立つなぁーと素朴に思いますよ。最近は若い世代にも人気があるらしく、テレビでも人と作品が放映されていますね。

超人の面白ラーメン紀行 33 川崎市『なんつっ亭』

200603101113000.jpg
 雨で気温6度しか上がらない寒い日は、なんたってラーメンを食べて暖まることに限ります。というわけでJR川崎駅ビルBE地下一階にあるラーメンコーナー・ラーメンSymphonyの『なんつっ亭』(本店は秦野市)を偶然見つけて入りました(あっ、そうです。オーナー自ら作ったマー油入りスープを毎朝運んで来ているらしい。確かテレビでやっていましたね)。熊本ラーメンの老舗で修行して神奈川県秦野市で産声を上げて9年、その独特の黒いスープは今や市民権を得、品川駅近くの店舗をはじめここ川崎まで展開するまでに成長したようです。テレビなどではすでに何回か紹介されたあのマー油(ニンニクをベースにした独自の製法で作られた油)の入った黒っぽいラーメン店で名前も何かふざけていますよね。なんちゃってじゃなくて「なんつっ亭」なのですから。券売機でらーめん680円を買って一番目のカウンターの席に着くと、寸胴鍋が並ぶ比較的広い厨房からハチマキをした男衆のいらっしゃい、いらっしゃいと威勢の良い声が飛び込んで来ました。この店は元気がいいなぁとは筆者の率直な印象。メニュー、チラシのラーメン食法などを見てうちに例のラーメンが出てきました。第一印象はいやにどんぶりが小さい、ということでしたね。普通のどんぶりよりも一回り小さいサイズでした。麺を食べてみるとこれが最近食べたラーメンのなかではストレート系でしたが硬め、歯触りがちょっとあったね。もやし、刻みネギそれに海苔のトッピングはまあ普通のそれ、ところがちゃーしゅーは軟らかくてとろける感じで美味でした。マー油入り白濁スープは最後まで飲み干しましたが、後で喉元にニンニク油が残りました。ちょっと味が濃いのかも知れません。全体的にパンチの効いたラーメンと言ったところでしょうか。テーブル2つとカウンター席で30人が入れば一杯の店。評価の分かれる店かもね。メニューはねぎらぁーめん880円、ちゃーしゅーめん880円、つけ麺780円など。
このラーメンコーナー・ラーメンSymphonyには、この他中華そば いまむら、くにがみ屋、めじろ、らぁーめん大山それにあの塩 ラーメンの本丸亭もあります。
①スープ★★☆②麺★★☆③トッピング★★☆④接客・雰囲気★★☆⑤価格★★★

2006/03/04

クロカル超人が行く 42 小田原 曽我梅林

soga_bairin
このところ寒暖の差が激しく暖かいのか、寒いのか時々わからへんのや。ほんまに身体の調子がおかしくなりそうや。そんななか小田原城の公園では曽我梅林が七分咲き、その梅林に吊るされた短冊が風に揺られてゆわゆよよーん。晴れ、曇りそして雨の変わりやすい天気でしかも吐く息が白く見えて寒ーい一日でした。こんな日でもそれなりに人がいましたね。老夫婦、年配の女性仲間、カップルそれに子供連れの日本と外国人の夫婦など。

タモリさん、この梅何分咲きでしょう ?
そうね、乳部裂きかもね。
これって、トレビアなりますか。
とっ、取れ美案 !

2006/03/03

超人の面白ラーメン紀行 32 平塚市『ひでたん』

 今日は3月3日、弥生の節句「雛祭り」(写真は小田原市立図書館のウィンドウのなかに飾られていた手作り紙ひな人形)。hinamatsuri
幼少時に雛人形を箱から取り出して飾り付けをしたものです。それも大きな雛壇-これは確か祖父が手作りで作った新しい雛壇-でぼんぼりをつけて明かりを灯すまで結構時間がかかったことを思い出しました。もう遥か昔の出来事です・・・。
そう、ラーメン面白紀行でした。本日登場のラーメン店は、平塚市平塚4丁目のそば屋『ひでたん』。
hidetan昼食にと思い、平塚郵便局の前からタクシーで出向きましたが、まだ開いていなく準備中の札。はて、困ったなと確か開店は11時半のはず、電話して聞いてみようとかけた途端、店のシャッターが突然開きました。この日の開店時間は20分遅れの11時50分でした。勿論一番乗りです。店に入ってちょっとビックリ、大木の切り株などの材質を活かした椅子など内装は和で統一されていたからです。筆者は、おしながきの一番目にあった塩そば細麺(もう一つの麺はいったんも麺と言って平打ち麺のこと)一杯600円と自家製餃子一枚300円を頼みました。10分後位に出て来た塩そばのスープを一啜り、 あっ、これはニボシだなと呟きました。細麺は茹で加減は丁度良く美味、トッピングはちょっと固めのチャーシュー、ナルト、支那竹、刻みネギそれに青物の春菊多少。そう、海苔もありました。よく煮込んだ味付け玉子はオプションでしたね。、筆者の後から店に入って来ました高校生3人組、それに子供連れの女性二人はこの玉子を頼んでいました。塩味のスープはニボシの味が強くて本来のあのまろやかでコクのある味には程遠い感じでした。厚木の『本丸亭『』とはやはり味に開きがあったことは歪めませんね。手作りの餃子は小さめですが軟らかくて美味。眼光鋭い若い男性とアシストっぽい男性がやっている17席の狭い粋な店。この店はものの本では高水準の評価でしたが、実際に食べた筆者のそれは? でしたね。店を出て隣の家の桃の花を観て一句。
『ひでたん』①スープ★★②麺★★★③トッピング★★③接客・雰囲気★★④価格★★★

hidetan 桃の花隣のスープはズボシ味

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31