« 超人の美術館めぐり 『川崎市岡本太郎美術館』 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 35  文京区湯島『大喜』 »

2006/03/15

超人の面白ラーメン紀行 34 渋谷区恵比寿『味噌丸』

 恵比寿はラーメン激戦区として有名でよくテレビなどで紹介されていますが、駅近くの恵比寿南二丁目辺りで見つけました味噌ラーメン専門店の『味噌丸』。カウンター15席の小さな店ですが(昼時のせいかほとんど満席状態)、味噌にこだわり、米糖白味噌とゴマ他をブレンドしてできたまろやかな味噌ラーメンが売り。濃い味噌味仕立てのため薄味の方はうすめるスープがあるということで頼んでみました。量が多少多かったせいか味噌本来の味から離れてうすめはうすめしかも味噌バターを頼んでいたので、まろやかな味を通り越してただ薄味化してしまいましたね。ストレート系のやや太め平打ち麺風で軟らか、トッピングはいつものそれと違います。チャーシュー、海苔や支那竹が見当たりません。代わりにほうれん草、キャベツ、人参ともやしの面々。勿論玉子はオプションです。味噌と相性が良いのでしょう。筆者としては正直言ってもの足りませんでした。味噌ラーメンには思い入れが人一倍強い人間としては、ちょっと失敗ガッガリであります。ゴマと胡椒を懸命に入れましたが後のまつりでした。味噌ラーメンは700円、味噌バター800円、ネギ味噌ラーメン850円他。
『味噌丸』①スープ★★☆②麺★★③トッピング★★④接客・雰囲気★★☆⑤価格★★☆
200603151255000.jpg 春なのに黄身見えず今味噌誰に

« 超人の美術館めぐり 『川崎市岡本太郎美術館』 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 35  文京区湯島『大喜』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 34 渋谷区恵比寿『味噌丸』:

« 超人の美術館めぐり 『川崎市岡本太郎美術館』 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 35  文京区湯島『大喜』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31