« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/26

超人のKYOTO MEMOIRS

 映画『SAYURI』考のコラムの余談で京都の元芸者で今はスナックのママさんがアメリカの大学に招聘されたことを書きましたが、先週その貴重な話を聴く機会に恵まれました。
アメリカ・ワシントン州 Walla Walla(Walla Wallaとはネイティブ・アメリカン語で多くの小さい川という意味だそうです)にあるWhitman CollegeのSheehan Galleryなどで2006年1月17日から2月17日までの1ヶ月間日本紹介のイベントが開催されました。ウィットマン大学のアキラ・ロバート・タケモト教授らの主催で典型的な日本の伝統文化の和紙作り、浮世絵などの印刷技術、芸者パフォーマンスそれに京都と茶道などを紹介・講義するというもの。この企画に参画したママさんから頂きましたパンフレットを紐解くと次のようなスケジュールだっようです。題して"KYOTO MEMOIRS"。DSCF0320_sh01

Saturday,January 21 Watoji: The Art of Japanese Books and Scrolls Lecture and exhibition tour led by the 2006 Freeman Guest Artist in Residence,Atsuko Iketa, Master Book and Scroll Maker from Kyoto,Japan with Professor Akira Takemoto, Chair of the Asian Studies Program at Whitman College.
Sunday,January 22 Washi: The Art of Japanese Papermaking Lecture and exhibit tour led by the2006 Freeman Guest Artist in Residence,Kayo Toko, Master Papermaker from Osaka, Japan with Professor Akira Takemoto, Chair of the Asian Studies Program at Whitman College and Professor Keiko Hara, Whitman College Department of Art.
Saturday, January 28 Surimono: The Art of Japanese Prints lecture and exhibit tour led by Professor Keiko Hara with Maki Yamashita.
Thursday,Feburary 2 Memoirs of a Geisha: An Evening with Ihashi Hatsuko Ihashi Hatsuko is a former geisha from Gion,Kyoto.
Saturday, Feburary 11 Kyoto and the Tea Ceremony Lecture and exihibition tour by Professor Akira Takemoto
この間Sheehan GalleryではHoen Nishiyama作の絵画 A Full Moon Over the Eastern Hills, ca.1860を展示。DSCF0284

このWhitman Collegeのアキラ・ロナルド・タケモト先生の誘いでこの企画に参画したママさんの話では、すでに50年前当時の芸妓時代の写真geisha_ihashi_hatsuko
や着物それに帯などを箪笥などから探して送ったそうです。短期間で用意しなければならなく大変でしたとの事。講義もして来たそうで、アメリカの学生さんは熱心で質疑応答の時間では鋭い質問も出たそうです。このイベントは近々DVDで製作されアキラ・ロバート・タケモト先生も5月に来日するそうです。食事もサーモンなど魚介類がとても新鮮で美味しかった由。これはアメリカの小さな大学の異文化交流のプログラムの一環、この大学のweb siteを見るといろいろと文化交流のプログラムがあって活発のようです。Crossing boundries: West-Eastを掲げて。ここの大学の学生さんも大学のプログラムの一環で日本の京都にもしばしば来ているそうです。卒業して日本とアメリカの架け橋の仕事に携わる人もいるのかな。
 ところで、映画『SAYURI』については芸者の着付けなどに違和感はあるものの仕方ないね、あんなもんよとママさんが感想をポツリ、やはり原作の方がいいねとも。ママさんから見せてもらった写真の中にあの有名な作家、司馬遼太郎さんも写っていたのがこれ。何かの記念で学者先生と撮った写真でしょう。geisha2_
このママさん、芸者はねえ、むしろ芸妓(geiko、ゲイコ)と言ってほしいわ、と夜が更けかけた京都の祇園の店で最後に一言。50年前の昔の話ですしねぇー。筆者としてはオーラルヒストリーの醍醐味を味わった思いでした。

このイベントを開催したWhitman Collegeのweb site:

Making Paper, Making Books:
Exploring the World of Water Ink and Paper in Japan
Freeman East Asian Studies at Whitman College
Spring 2006
Handcrafted Japanese paper (washi) has served as an important element in traditional Japanese art and architecture. Hand-molded from the bark fibers of paper mulberry, washi has been prized for its strength and delicacy. In rooms for the Japanese tea ceremony, in the making of books and scrolls, and in the realm of multi-colored ukiyoe prints, finely crafted washi have provided generations of Japanese artists, calligraphers, and performers with a medium filled with rich colors and complex textures. In the spring of 2006, two guest artists, a master bookmaker and scroll preserver and a master papermaker will offer special classes that will introduce students to the world of paper and bookmaking. Then, in the summer of 2006, a generous grant will allow ten students to observe traditional book and paper makers in Kyoto and Tokyo and to make paper at two historic papermaking villages in Echizen and Tokushima. Through a combination of courses, public lectures, demonstrations, and a special exhibit in January, we will explore the world of water ink and paper in Japan.

THE FREEMAN FOUNDATION
AND WHITMAN COLLEGE'S ASIAN STUDIES PROGRAM
The Freeman East Asia Program is made possible by a grant from the Freeman Foundation to promote and develop the East Asian studies program at Whitman College. The goal of the program is to expose students of all interests and backgrounds to a broad range of topics pertaining to East Asia. All students are eligible and encouraged to apply.

FACULTY
Professor Keiko Hara, Whitman College Department of Art

Professor Akira R. Takemoto, Whitman College Program in Japanese Studies

Atsuo Ikuta, Master of Traditional Book and Scroll Making

Kayo Toko, Master Japanese paper maker

Maki Yamashita, Special Assistant and Translator

SPECIAL COURSES FOR SPRING 2006
Emaki: An Introduction to the Art of Japanese Narrative Scrolls known as makimono.
This class will explore the Japanese tradition of unrolling handscrolls that illustrate Buddhist and secular stories with a sequence of paintings. We will begin with an introduction to the world of classical Japanese tale literature (setsuwa) and trace how many of these stories--both historical and legendary--of monks and nuns, of the nobility and of the warriors, and of demons and animals, inspired artists to create picture books. With this background, we will ask students to switch their energies to the process of making handscrolls. Students will learn the vocabulary for the art of making handscrolls; then step-by-step, they will be introduced to traditional techniques that will lead to the making of traditional Emaki. Students who elect to enroll in this course have an option to apply to the Freeman Study Tour Program. This program is limited to ten students who will have the opportunity to travel for two weeks to Japan in May-June, 2006. Participation in the Kyoto tour is not required for course enrollment. Art studio majors may elect this as ArtS 302. Fee: $85. Ikuta and Takemoto.

Watoji: An Introduction to Traditional Japanese Bookmaking.
Accordion folds, long scrolls, pages that form pouches, and pages that flutter like butterfly wings: these are the names of pages that make up traditional Japanese books. The class will begin an introduction to the art and the history of the handmade book in Japan. Students will learn traditional Japanese bookbinding terms and they will learn a variety of traditional bookbinding techniques. They will also undertake both traditional and contemporary bookbinding projects. The class will also have the opportunity see examples of variety of rare handmade books from Japan. Students who elect to enroll in this course have an option to apply to the Freeman Study Tour Program. This program is limited to ten students who will have the opportunity to travel for two weeks to Japan in May-June, 2006 . Participation in the Kyoto tour is not required for course enrollment. Art studio majors may elect this as ArtS 302. Fee: $85. Ikuta and Yamashita.

Washi: An Introduction to the Art of Traditional Japanese Papermaking.
This will be an opportunity for students to learn the vocabulary and the techniques for producing traditional handmade Japanese paper. Students will learn about traditional fibers and learn how to free them from impurities by soaking, scraping, washing, and boiling. By practicing the careful and studied techniques of Japanese papermaking, students will understand some important aesthetic ideas that have influence Japanese art and culture. Historically, calligraphers, painters, woodblock printers, and makers of Japanese screens have treasured handmade paper. This class will explore the fibers, the tools, and the techniques important in creating unique sheets of handmade paper. Students who elect to enroll in this course have an option to apply to the Freeman Study Tour Program. This program is limited to ten students who will have the opportunity to travel for two weeks to Japan in May-June, 2006 . Participation in the Kyoto tour is not required for course enrollment. Art studio majors may elect this as ArtS 302. Fee: $85. Toko and Yamashita.

Installation Work with Washi
Students in this class will not only learn the vocabulary and the techniques for producing traditional handmade Japanese paper, but they will develop and work on a variety of advanced projects. By examining how Washi was used in traditional arts and crafts in Japan, students will explore both traditional and contemporary ideas to develop installation projects both large and small. Students who elect to enroll in this course have an option to apply to the Freeman Study Tour Program. This program is limited to ten students who will have the opportunity to travel for two weeks to Japan in May-June, 2006 . Participation in the Kyoto tour is not required for course enrollment. Art studio majors may elect this as ArtS 422. Fee: $85. Toko and Hara

SHEEHAN GALLERY EXHIBITION
"Kyoto Memoirs: Moon, Bridges, and Geisha Along the Kamo River"

This exhibit, curated by Keiko Hara and Akira R. Takemoto, will highlight traditional hanging scrolls, paintings, and books that focus on life along Kyoto's Kamo River in the 17th to the early 20th centuries. In addition to this collection by Atsuo Ikuta, a master of traditional Japanese book and scroll making, the exhibit will also feature the work of Toko Kayo, an artist known for her skills in Japanese paper making. The show will also feature two handmade books. "Distant Rain" a book by Tess Gallagher and Jakucho Setouchi will be produced by Keiko Hara, Atsuo Ikuta, and Maki Yamashita. "Reading the Vimalakirti Sutra" a book by the late Nagao Gadjin will be translated by Akira Takemoto and produced by Atsuo Ikuta and Maki Yamashita. Demonstrations of the tea ceremony, introductions to the classical culture of Kyoto, demonstrations of book and papermaking, and talks on Geishas along the Kamo River will serve to provide background for a full appreciation of the exhibition. The exhibit will open on January 17, 2006. The opening reception will be on January 20.

SUMMER FIELD STUDY:
Making Paper Making Books in Japan
The Whitman program will culminate in a two-week summer field trip to observe traditional book and paper makers in Kyoto and Tokyo and to make paper at two historic papermaking villages in Echizen and Tokushima (Tentative dates, May 28- June 12, 2006). In addition to visiting the workshops of book and paper makers in Kyoto, students will have opportunities to explore the ancient and cultural capital of Japan and to visit gardens and temples not normally open to ordinary tourists. In Tokyo, Japan's modern capital, a Japanese professor of architecture will conduct a walking tour that will help students appreciate Tokyo's buildings and experience the vibrant pop culture of Japan. They will also visit the workshops of Tokyo papermakers and bookmakers. The program will conclude with trips to traditional papermaking villages in Echizen and in Tokushima on the island of Shikoku where students will make paper under the guidance of master papermakers. The trip will provide students with a dramatic introduction to both traditional and modern Japan and allow students to focus on the history and cultural significance of book and paper making in Japan. Professor Hara and Takemoto will guide students to these sites and conduct on-site discussions that will prepare them to make paper and books in Japan.

Applicants for the summer program must enroll in at least one of the courses listed in this pamphlet. Because of generous funding from the Freeman Foundation, successful candidates will earn a grant that will cover all program expenses for the two-week trip to Japan. The goal of the program is to expose students of all interests and backgrounds to Japan. All students are eligible and encouraged to apply.

APPLICATION DEADLINE
Applications for the summer program are available through the Study Abroad Office. The deadline for submission is October 7, 2005, including receipt of two letters of recommendation. Applicants for the summer program must enroll in at least one of the courses listed in this pamphlet. Applications will be reviewed in mid October, and the 10 successful applicants and 3 alternates will be notified by October 21, in time for spring semester pre-registration (November 4-11, 2005). If you have any questions please contact Professor Takemoto at takemoto@whitman.edu or Professor Hara at harak@whitman.edu.




Studying Japanese
Introduction
Japanese Language Classes
Utsukushii Moji
Getting Help
Language Learning Center
Japanese Studies
Minor
Japanese Related Courses
The Carlstrom Award
Asian Studies
Japan at Whitman
Tekisuijuku
Studying in Japan
Teaching in Japan

本漁りをひとつ。百万遍は京大近くの古本屋で絶版本の岩波文庫版滝井孝作著『無限抱擁』(200円)を発見、ヤッタと思いながら、序にストリンドベリイ作小宮豊隆訳『父』(500円、これは掘り出し物 !)田山花袋著『蒲団・一兵卒』(100円)と中勘介作『銀の匙』(200円)を4冊1000円で買い込みました。その中の二冊は以前に買って読んだものもありましたが・・・。谷崎潤一郎作品ナビなぞ知りませんでしたが、すでにその文庫本を買い込み面白く読んでいて、またかと多少鞄の中身が重くなるのを感じながら。(ーー;)
tanizaki 【写真左:湯河原町立図書館にあった佐藤隆司氏寄贈の谷崎作品展示コーナー 2006年3月3日筆者写す】

追記。この記事を書いてから2年半近くが経とうとしているが、1ヶ月半ほど前に毎日新聞朝刊の人欄(2008年6月21日)で浅草初の外国人芸者 紗幸(さゆき)さんの記事を読んだ。オーストラリアメルボルン出身の女性で英国オックスフォード大大学院経営学修士、社会人類学博士号を取った、テレビのフリープロデューサーだ。日本をテーマにした番組を制作、英国で放送されているらしい。初来日は15歳での交換留学生、『Memoirs of a Geisha』の影響で実地体験を決意。昨年4月から置屋に入り、礼儀作法や日本舞踊などの修行を積み、料亭で仲居見習いまで体験したという。正座が一番苦労したとこの記事に書かれているが、日本の慶応大も出ていて、年齢は非公開だそうな。それなりの年ではないかと邪推してみたくなる―。興味ある方はアクセスしてみてはいかが。http://www.sayuki.net/
(2008年8月3日 記)

2006/02/18

超人のジャーナリスト・アイ 26 『SAYURI』考

 このコラムで2005年7月、8月と2006年1月に取り上げたスピルバーグ演出・ロブ・マーシャル監督チャン・ツィイー主演の『SAYURI』について、2006年2月18日付毎日新聞の世界の目Global View 欄でトム・プレート氏(米カリフォルニア大ロサンゼルス校教授)が「SAYURI」を巡る論争で配役論争に言及している。昨年のアジアで最も失望させられたことは、日中間の憎しみが再燃したことだったと書き、両国関係が近い将来、改善する見通しは少ないとし、対立の根源が両国の国民の中にあるという厳しい政治的現実に縛られている思いかもしれないとその証拠にこの映画の配役を巡る論争を上げている。この映画は芸者文化と日本の慣習を研究したベストセラーが原作だ。しかし、映画監督や製作会社は研究者ではない。ハリウッドには芸術をうむために芸術があるのではなく、カネのために芸術がある。映画の主演女優3人はすべて中国系だ。チャン・ツィイー、ミシェル・ヨー、コン・リーが日本人の代わりに役を得たが、あまり驚くことではない。ハリウッドの配役基準は、歴史的・民族的な意味でなく興行収入を追求することだ。しかし、この作品は中国人と日本人の間に新たな民族主義的憎悪の火をつけた。インターネット上では、この配役は誤りで俳優に対する人権侵害だと騒いでいる。香港の英字紙は特集記事で、中国のネットで書き立てられている内容を引用した。「チャン・ツィイーはどうして芸者の役を演じられたのか。なぜ恋人役の日本人俳優とキスできたのか」。これは中国人だけの怒りで、日本人は芸者役に一人も日本人女優がいないことに憤慨した。チャンは日本人ではないが、並外れた才能を持つ。スターの座をつかむのを批判するのは、女優に競争心を持たないよう求めるようなものだし、ロブ・マーシャル監督を非難するのは、ハリウッドの監督であるのを忘れよと言っているのと同じことである。立派な女優なら、日本人でなかろうと構わないではないか。日本人女優に公正を期すなら、両民族の怒りを静めるために日本人の役を演じるよう運動しよう。そうなっても日本人と中国人の違いに気づく米国人は、ほとんどいない。
これがこのコラムのほぼ全文。微妙なニュアンスをカットした、いかにも米国人らしい言説ではある。これは日本を舞台にしたアメリカ人が作った映画で、たまたま監督の目にかなった中国系の女優が主演ということに過ぎない。ディテールの大まかさは別としてこの映画のメッセージを読み取ることの方が映画を楽しむことに相応しいと筆者は思うのだ。ま、両国間のギクシャクの問題としてこのコラムニストが象徴的に取り上げたことかも知れないが。

余談ですが、映画「SAYURI」の影響かも知れませんが、京都の祇園の元芸者でスナックのママさんがアメリカの大学に招聘されて近々行ってきますと今年の年賀状に書いてありました。

2006/02/17

超人のジャーナリスト・アイ 25 フランスの現代作家ル・クレジオ来日の記事など

 現代フランス文学の巨匠の一人、ル・クレジオさんle_crejio
が、東京外国語大学でのシンポジウムの講演で39年振りに来日したと毎日新聞2月16日付夕刊の記事。えっ、あのル・クレジオと筆者はその記事の見出しを見てサプラズ。
『調書』、『悪魔祓い』など1970年代初期に読んだ記憶がある作家ですが、なかなか凝った本作りで手触り感や内容の斬新さに新鮮さを感じたものだ。確か訳者は豊崎光一 ? 勿論彼の本を良く解って読んでいたかは怪しいです。やや大型の本で白い紙と黒い活字のコントラスが目に焼きついていて、その作家のエッセーもカリブ海の話とか文化人類学的なフィールドぽかったかな。筆者の記憶に間違いがなければの話ですが。
なかなか面白い記事でしたので紹介します。筆者も夕方銀座にいましたが、ル・クレジオ氏も久々に見た日本の感想について「銀座を歩くと高速道路が通り、高いビルが林のように建っていて、円盤のようなヘリコプターが飛び交っている。SF漫画のようだ。その一方で、先祖崇拝のような風習があるのは、驚くべきこと」。また「銀座で道に迷って、英語のできそうな女性にたずねたら『あの人についていけば行けますよ』と言われて、モダンな街の中なのに森の中で案内されているようで、妙な感覚でした」と。筆者も銀座4丁目から数寄屋橋方面を歩いていましたら、大柄なイタリア人っぽい男性が、外資系のブランドの建物が知りたかったのか通りがかった日本人の女性に場所を訊いていて、あそこはアルマニーニ、その角を左に曲がったところとその女性はジェスチャー交えて英語で答えていましたね。ル・クレジオ氏的な感受性はなかったと思いますが・・・。
現在はアメリカのニューメキシコ在住でアイヌにも関心を持っているという。今回のシンポジウム講演の前に友人の作家・津島佑子氏と北海道を訪れて2日間、アイヌの人々の話を聞いた由。シンポは立ち見も含む300人が参加。四方田犬彦・明治学院大学教授、代表作の一つ『黄金探索者』の訳者、中地義和・東大教授、今福龍太・東京外国語大学教授と津島佑子氏が講演、彼自身の最新作朗読などを含めて8時間に及んだとのこと。
講演では作者の役割や読者の関係について「作家はマイノリティーで、読者がいないと成り立たない弱い存在。作家の武器である言葉はちっぽけなものだが、読者との間には魔術的な力が働くことがある。状況に働きかけて政治的影響力を持つこともできる」などと語ったと毎日新聞が報じていました。

 ところで、今筆者が読んでいる雑誌と本を二つ三つ。『ニューズウィーク』最新号(February13,2006)は最近の日本事情を4ページにわたって特集しています(題してTURNING UN-JAPANESE)。なかなか視点が面白いかな。光文社新書『下流社会』はマーケティングのプロが日本の当世若者気質と動向を意識調査などのデータから読み取り分析してみせた本。かつての中流意識は消え下流社会が出現していると書いています。65万部も売れていて、今話題の本です。翻訳ものではスウェーデンの文化人類学者が書いた『スウェーデン人』、移民他を扱っていてなかなかの好著。それと平易な日常言語で書かれていて面白い、現代スウェーデンの作家でklippbokの名手Stig Claessonの"Liv och kärlek"(Albert Bonniers Förlag,2005)。短編、ショート・エッセーはこれかなと思う本ですね。

2006/02/11

超人のジャーナリスト・アイ 24

同潤会アパート跡地に建築家・安藤忠雄設計の住宅・商業施設『表参道ヒルズ』が開業。そのニュース記事を共同通信社の配信から。

表参道ヒルズがオープン 約千人が来店

 オープンした表参道ヒルズに入る買い物客ら=11日午前、東京・表参道omotesando_hills

 
 東京・表参道の同潤会青山アパート跡地を再開発した住宅・商業施設「表参道ヒルズ」が11日、オープンした。ファッションの街・表参道の新たな名所として開業後1年で来館者1000万人、売り上げ150億円を見込んでいる。表参道沿いには開店前から約1000人の客が並び、予定より15分早い午前10時45分に開店すると、人気ブランドの限定商品などを求めて、一斉に店内に駆け込んだ。その後も入場制限が長く続き、周辺は入店を待つ客でにぎわった。
 青山アパートは関東大震災後の1927年に完成し、当時は日本の最先端の建築といわれた。老朽化により建て替えが決まり、森ビルが中心となって開発。2003年8月から工事を始め、総事業費は189億円。

2007年春には防衛庁跡地に『六本木ミッドタウン』という街が出現するらしい。

2006/02/10

超人の面白ラーメン紀行 31 厚木市『らー麺本丸亭』

 ついにか、とうとうかミーハーの筆者は、先週の土曜日に日本テレビで放映していたラーメンランキング33位なる番組で堂々第一位のラーメン店『ラー麺本丸亭』honmarutei
に行って来ました。。やっと場所を見つけて並びましたが、44番目。どの位の時間並ぶのかなぁーと半ば覚悟しながら、寒い中を並びました。待ち時間は外1時間32分、中に入って11分の1時間43分程。その間昨日買った新書版を60ページは読みましたが。それにしても長かったし寒かったね。残念ながら後から並んだ10人まででスープ終了のため、打ち切りカットされました。1時間43分後、いい加減お腹も空いて来た頃で待つ間すでに頼んでおいた店の一押しの塩ラーメンと小混ぜごはんを食べました。もちろん12分後には完食です。一言で言えば、透明感があってあっさり系、しかもコクがあります。究極の塩ラーメンと言ったら大袈裟でしょうかー。九州は対馬の焼アゴなどをミックスした和風仕立てのスープは、後に引かずちょっぴり塩味が効いていてまろやか、絶品に近い味でしょうか。あっさりし過ぎか否かは、個人の好みですね。醤油ベースのあの中村屋に似ています。トッピングのチャーシューも大きく2枚、これも軟らかくて美味。あとは春菊(これが特徴。原産はイタリア、中国から日本へ入ってきた滋養効果のある野菜)と刻みネギと至ってあっさりです。この店にはラーメントッピングの常連の3点セットの海苔、もやしそれに玉子はありませんでした。その代わり水餃子が一個入ってました。これが塩ラーメンの持ち味なのでしょうか。麺は栃木県佐野市から毎日直送している青竹平打ち手打ち麺で思ったより軟らか。筆者は歯応えが多少あるやや硬目の麺の方を好みますが。厨房は髭を生やした厳しそうな初老っぽい店主(丸鶏一羽、鴨肉、鴨ガラを入れて煮込んで出来る清湯スープをベースに和風ダシを二三種加えてブレンドするというような手の入れようです。この店主はワンクール終えると一休みするのかいなくなります)、修業中に見えた男性二人それに注文受け、レジ他を濃い顔の若い女性-スープの残量であと何人可能か、何度か外に出て来ては人数を確認していました-が担当していました。10人が入れば一杯のカウンターだけの店です。昼は11時から15時、夜は18時から21時(120杯)までで、スープがなくなり次第終了です。2月から定休日は火曜日と水曜日だそうです。今のところこの店は勝ち組でしょう。効果が一過性なことは良くありますが、それにしてもテレビの影響はすごいなと改めて思い知らされました。
帰り際の出来事ひとつ。筆者は「らー麺本丸亭」を出た後、麺が少し軟らか過ぎないか、チャーシューは美味かったななど反芻しながら小田急線本厚木駅に向かっていました。すると、スープ打ち切りでラーメンが食べられなかったショクニン風の若い二人の男性の一人に突然声をかけられました。初めは何か聞こえているな程度でしたが、二度目ははっきりと解りました。おっちゃん、ラーメン美味しかったか、と。ま、ねと筆者。いゃ、美味かったかなと思わず訂正して言ってしまった筆者。畜生、食べたかったな、食べたかったよと残念がるやら悔しがるやら・・・。その二人は10分歩いてきたのにと駅の方へ引き返して行きました。その間3分。
本丸亭塩ラーメンは税込735円です。その他鶏ラーメン840円、本丸梅しらす塩らー麺945円、餃子420円など。混ぜごはん105円などもあります。場所は小田急線本厚木駅東口より徒歩約10分。神奈川県厚木市幸町4-10。TEL046-227-3360

 さて、この店はラーメン通が行く10か条に当てはまるでしょうか。①めんを茹でる釜が大きい、家庭用の小さめの釜では熱量不足でダメ、②茹で上がっためんは、掬い網を使っている、③丼は小さめである、④近くにラーメン激戦地がある、⑤店構えがあまり広くなく、せいぜい15席ぐらい、⑥メニューは単純明快で少ない、⑦個性派の研究熱心な主人がいる、⑧特にチャーシューに拘りがある、⑨仕込み分が売り切れたら、閉店してしまう、⑩家族だけ、または、アルバイトの小人数で切り盛りしている。

『ラー麺本丸亭』①スープ★★★②麺★★☆③トッピング★★☆④雰囲気・接客★★☆⑤価格★★★

寒空に待つ甲斐あるや出汁の妙 200602101412000.jpg

2006/02/09

超人の文学散歩 茅ヶ崎市『開高健記念館』

200602091218000.jpg

 今日は比較的暖かく歩いていますと汗が出るほどでした。サザンの地元、チャコの海岸物語の近く茅ケ崎市海岸南6丁目には没後18年になります『開高健記念館』があります。作家開高健は寿屋(現サントリー)の宣伝部員として30年代にコマーシャルを手掛け、昭和33年に『裸の王様』で第38回芥川賞受賞しています。その後、べトナム戦争の最中に戦地取材し『ベトナム戦記』を朝日新聞社より刊行し、『玉、砕ける』で川端康成文学賞受賞。大食漢、釣愛好家としても知られ行動する作家として有名でした。”入ってきて人生と叫び 出ていって死と叫ぶ”の碑がこの写真の中央に見えます。確か福井県立大学(つい2日前に亡くなりました経済学者・都留重人のコレクションがあります)がある近くの松岡町にも縁があって(確か父親の実家)よく来ていたそうです。来られた時などは地元の越前ガニなど豪華な料理が出されてはペロリと平らげたそうです。この話は地元の人に聞きました。筆者は雑誌プレイボーイの人生相談での回答が今にして思えば印象的。『開高健記念館』は本日はなぜかCLOSEDでした。パンフレットにはそうは書いてありませんでしたが。仕方なくせめて写真でもと撮ったのがこれ。

追記。丸善のPR誌『學鐙』最新号(2006年春号)を読んでいて開高健記念館に書いてあった”入ってきて人生と叫び 出ていって死と叫ぶ”の出処が判りました。フランスのオゾーヌ・ド・シャンセルの『笑殺小辞典』なかの四行詩の次の語句らしい。文芸評論家・紅野敏郎の「學鐙」を読むの窪田般彌に言及した記事で発見。

  人は登場して、泣き叫ぶ、
  これが生。
  人は泣き叫んで、出てゆく
  それが死だ。

超人のジャーナリスト・アイ 23 続

フランスの風刺週刊誌が掲載、イスラム預言者の漫画
2006.02.08
Web posted at: 19:40 JST
- CNN/REUTERS

パリ――フランスの風刺週刊誌「シャルリー・エブド」は8日、デンマーク紙が昨秋、載せたイスラム教の預言者ムハンマドの風刺漫画12点を表紙などに掲載した。言論の自由を支持するためとしており、一番最後のページにはキリスト教を風刺する漫画も付け加えている。


フランスのイスラム団体は同誌による預言者の風刺漫画掲載を阻止するため、法廷に訴えていたが、裁判所が7日、これを退けていた。


同誌は論説で、漫画を紹介する理由を説明し、「過激派が原則の問題で、脅しや恐怖などの手段で民主主義から譲歩を導き出す時、民主主義の意味はない」などと述べた。


ロイター通信は、同誌筋の情報として、編集事務所や一部スタッフは警察に警備、保護されていると伝えた。

■ノルウェーの全国紙 Aftenposten紙の2006年2月9日の記事。
Emergency aid affected
Major Norwegian humanitarian aid organizations are suspending their efforts in some Muslim nations in the wake of violent protests related to caricatures of the prophet Mohammed.
Related stories:
Hebron observers evacuated - 08.02.2006
Muslim groups apologize for violence - 08.02.2006
Norwegians more skeptical of Islam - 08.02.2006
Embassies on high alert - 06.02.2006
Local Muslim leaders to help settle conflict - 03.02.2006
Norwegians told to leave Gaza - 30.01.2006
Norwegian flag burned in Gaza - 30.01.2006
Norwegian Muslims want blasphemy law - 01.02.2006
Danish Mohammed cartoons circulate - 01.02.2006
Palestinian groups threaten Norwegians - 02.02.2006
A serious threat - 02.02.2006
Call for control - 02.02.2006
Demonstrators storm embassy building in Jakarta - 03.02.2006
Pakistan condemns Mohammed cartoons - 03.02.2006
The Red Cross, Norwegian Peoples Aid (NPA), Norwegian Church Aid (NCA) and the Norwegian Refugee Council are modifying their aid efforts in several countries as a result of the protests over published caricatures of the prophet Mohammed, NRK (Norwegian Broadcasting) reports.

Several Norwegian aid organizations said Thursday that they would continue their efforts in Pakistan and other Muslim nations despite recent violent protests.

"We are continuing our work at full strength and as normally as possible. We are not scaling down. No one has been called home, but some have been temporarily relocated," said NCA foreign chief Knut Christiansen.

The NCA cooperates with Muslim partners and with religious leaders in several nations, including Pakistan and Sudan.

The Norwegian Red Cross also emphasized that their work to help earthquake victims in Pakistan, along with other aid projects, would continue as normal, though workers in Indonesia's Aceh province and Lebanon had been pulled out for the time being.

Danish aid organizations are also withdrawing from Muslim nations.

"It is tragic that this has come in the way, but we must first and foremost think about the safety of our workers," said Thomas Ravn-Pedersen, information chief for DanChurchAid.

The situation is historic for Nordic aid organizations, which have never before been the target of such rage.

■スウェーデンの新聞 ダーゲンス・ニーヘーテル紙の2006年2月8日の関連記事。

Muhammedkarikatyrerna

Skicka Skriv ut Textstorlek
Publicerad 8 februari 22:12
Höjd säkerhet i Libanon inför muslimsk högtid

Michael Winiarski
BEIRUT. Under torsdagen samlas minst en miljon libaneser i flera städer för att högtidlighålla Ashura, årets kanske största religiösa högtidsdag för hela världens shiamuslimer. Mitt under pågående global kris efter publiceringen av Muhammed-bilderna är det en potentiellt explosiv händelse.


Hadj-Ibrahim Khreis.
Förstora bilden


Muhammedkarikatyrerna

Senaste nytt
• Så tycker läsarna
• Svenskstött biståndsprogram stoppas
• Ärkebiskop K G Hammar fördömer Muhammedkarikatyrerna
• Rice anklagar Iran och Syrien
• Strid på Jyllands-Posten om Förintelsekarikatyr


Fakta
• Frågor och svar om Muhammedkarikatyrerna
• Frågor och svar om publiceringen av Jyllands-Postens Muhammedbilder


Ledare
• Niklas Ekdal: Danmarks sak blir vår
• Konsten att försvara det man inte gillar


Kultur
• Yttrandefriheten förvrängs
• Vägval ur den onda cirkeln
• NY Times om svensk integration
• De brænder min ambassade
• Konfrontation ­eller provokation


Insidan
• "Båda sidor har rätt - och fel"


Externa länkar
• Jyllands-Posten
• Udenrigsministeriet
• al-Jazira
• France Soir
• Die Welt
• Sveriges muslimska råd

I den shiamuslimska stadsdelen Dahiye i södra Beirut pågår förberedelserna för Ashura-högtiden för fullt. Under stora banderoller med texter av typ "Muhammed, vi är redo att göra allt du ber oss om!" och "Muhammed, Guds sändebud ger oss segern!" och beskyddade av några dussintal kalashnikovbehängda Hizbollah-män ägnar sig hantverkarna åt att bygga upp scener, läktare och talartribuner för massmötet.

Säkerheten är uppskruvad, men inget tyder på någon större nervositet för att något kommer att urarta. Det av USA och EU terroriststämplade partiet Hizbollah, som "äger" arrangemanget här i Beirut, har garanterat att det inte ska ske några våldsexcesser av det slag som nyligen riktats mot danska beskickningar i Damaskus, Beirut och Teheran. Det enda våld som väntas förekomma är symboliskt, och ibland verkligt, i form av olika slags självplågeri.

Ashura är sorglig tillställning, eftersom den högtidlighålls till minne av att profeten Muhammeds dotterson, imamen Hussein, dog martyrdöden denna dag år för mer än 1 300 år sedan. Det var på den tionde dagen av månaden Muharram som imam Hussein dödades i strid mot den "onde kalifen" Yazid i öknen utanför Kerbala i nuvarande Irak. Husseins huvud höggs av och spetsades på en påle som fördes till Damaskus.

Därför går processionerna i sorgens tecken, och alla är klädda i svart.

- Jag älskar Hussein, därför att han var profetens barnbarn, säger Hadj-Ibrahim Khreis, som äger en mindre livsmedelsbutik i Dahiye. Som förledet i hans namn avslöjar har han gjort pilgrimsfärden till Mecka, och han har också besökt den heliga staden Kerbala.

- Det är självklart för mig att delta i Ashura. Jag tror på att Hussein står vid himmelens port, och därför kan han hjälpa oss in.

Men han kommer inte att slå sig själv på riktigt under processionen.

- Nej det har utfärdats en fatwa som förbjuder oss att spilla vårt blod, i stället ska man donera blod till behövande.

- Plötsligt skakas huset av en häftig åsksmäll som följs av en häftig regnskur. Vi skyndar över till sheikh Hussein Sarhan, en hög shiamuslimsk präst, som tar emot i sitt rum som är fyllt med böcker och bilder av de iranska ayatollorna Khomeini och Khamenei.

Hussein Sarhan berättar om Ashuras betydelse för muslimer. Han jämför den med de kristnas påsk, den årliga åminnelsen av Jesu död och uppståndelse.

Detta är en återkommande revolution mot förtrycket, för det goda, vilket imam Hussein stod för. Vi firar Ashura för att visa vår lojalitet mot Muhammed, eftersom Hussein var hans värdige efterträdare

■デンマークの新聞 Jyllands-Posten紙の2006年2月8日の関連記事。

The editor's dilemma
Interview by Pierre Collignon, published on the 5th of February 2006
Editor Carsten Juste's decision to print 12 drawings depicting the Prophet Mohammed has released an unprecedented storm of protests directed against Denmark. On Monday night, Juste issued an apology for having hurt the feelings of Muslims around the world. But what exactly does this apology mean? And when it comes to satirizing Islam, how much further can we expect the Jylland-Posten boss to go in the future?

JP extra
Relaterede artikler
Honourable Fellow Citizens of the Muslim World
Chronology
The story behind the drawings
The editor and the 12 cartoons

--------------------------------------------------------------------------------
During the first four months after greenlighting publication of the Mohammed drawings, editor-in-chief Carsten Juste categorically refused to allow the word `apology' to pass his lips.
Daily newspaper Jyllands-Posten cannot, and will not, offer an apology for publishing 12 drawings of the prophet Mohammed. `To do so would be to fail the many generations before us who have fought for freedom of expression,' Juste repeated time and again.

On Monday night, however, a new message was released from the newspaper boss's corner office at Ravnsbjerg Bakke, just outside the city of Aarhus. In a statement addressed to the: `Honourable fellow citizens of the Muslim world' - the statement now acknowledged that the drawings, despite not being in conflict with Danish law, had 'indisputably' offended many Muslims, 'for which we must apologise'.

Juste himself characterizes use of the word `apology' as a `semantic manoeuvre' and emphasises that his newspaper's position in the Mohammed dispute remains the same as always:

`Part one is that we maintain our freedom of expression. We will never apologise for that. Therefore we cannot apologise for publishing the drawings. Part two is that we regret offending the many Muslims who took offence. What's new is that we have now simply added an apology to part two.'

For Juste, it was the escalation of the affair over last weekend that became the decisive factor: Danish citizens in the Middle East felt their lives were being threatened.

The decisive factor for Juste was an escalation of the situation over the weekend. Danes in the Middle East feared for their lives.

`This is what tipped the scales,' says the Jylland-Posten's editor-in-chief.

A group of representatives from the Danish media were in Jordan's capital, Amman, on Monday, participating in a deal Danish news bureau Ritzau is negotiating with its Jordanian counterpart, Petra. This meant that news bureau bosses from most of the Middle East met together with ambassadors and the leader of the Danish-Egyptian Institute for Dialogue, Jakob Skovgaard-Petersen.

According to Juste this meeting presented the `perfect opportunity' to deliver a message to the entire Middle East in one go. That evening, Skovgaard-Petersen planned to make a speech. Why not use the occasion to read out a new statement from 'the Danish newspaper with the notorious drawings'?

`I sent the material over in the first instance in Danish. I had of course written that we regretted offending Muslims - that that had not been our intention. But they wanted to know why I hadn't written `apologise' instead. 'Arabs believe that the word `regret' is too weak, but they know what an apology is.' I sat here in my office considering this advice. I was well aware that by following it I could be giving the impression we had apologised for everything, when in fact we had not. I thought to myself, if this is a way of offering a small contribution, a way of helping to solve what was becoming an increasingly violent problem, then we'll do it. It won't hurt us. So I pressed the button.'

Has the prime minister or any other leaders from the Danish business world been in touch asking you to come forward with an apology?

`No, they haven't. They seem to be smart enough to know when it's best to leave something alone.'

According to one expert in rhetoric, Christian Kock, your apology does not constitute a real apology. He compares it with a situation where you left a rake out on a garden path, which hit your neighbour when he trod on it. You apologise that the neighbour hit himself. But you won't apologise for having left the rake upturned ...

`I see the comparison, but I don't think many others, aside from Christian Kock, can. The bottom line is, this was the recommendation I received from experts within this cultural area and in the Arabic language.'

Normally a person simply apologises for something he or she has done. You don't normally apologise for other people being upset about it. In this context, what is your newspaper's apology really worth?

`We apologise for having offended Muslims - that must easy to understand. But there wasn't much time, and I wanted to have a statement ready by that evening. It needed to go quickly, so there wasn't time to call in Christian Kock.'

Some imams have demanded not just an apology, but an undertaking that Jyllands-Posten will not publish drawings of the Prophet again. Can you promise that?

`No, I can definitely not promise not to do it again. It could be that we won't do it again, but we can't make that a promise. If we did, we would be curbing freedom of expression.'

But will you do it again?

`I have already said that we will take a break, but of course I cannot rule out that if a situation comes along where it seems relevant to do it, then we must do it.'

What is today's editorial line in relation to satirical drawings of Islam and the prophet Mohammed in Jyllands-Posten?

`The editorial policy is that we will not rule out the possibility of publishing drawings of Mohammed in a relevant context. One can see that the drawing of Mohammed with a bomb in his turban particularly sticks in their caw. We would be very unlikely to publish a drawing like that.'

Why not?

`Because so many people were offended by that one drawing in particular. That tells us that if that really is the case, then we have ethical standards ordering us to be cautious.'

Should the newspaper be more careful about satirising Islam as opposed to Christianity?

`Today we should, but we ought also to be honest and remember that a few years ago were equally considerate of devout Christians. The position that you don't publish drawings highly likely to offend certain beliefs is nothing new. We have held this position for many years. There are a lot of our illustrators who know what it's like to have me reject their drawings.'

So you're saying that we should be more cautious in regards to Islam than in regards to Christianity?

`Christianity has developed a certain lifestyle in the secular modern society, and that means that these kinds of problems generally don't appear nowadays.'

Could you consider the possibility that the newspaper might, in smaller doses, be able to accustom Muslims to satire? One could possibly publish the drawing with the bomb in 20 years?

`I have my doubts. In a way I can also understand the indignation. We wouldn't want Jesus drawn in highly compromising situations. I don't believe that the bomb drawing was highly compromising. Terrorists address themselves to Mohammed, and in my eyes the drawing was therefore a depiction of fundamentalists' own abuse of the image of Mohammed.'

If you won't publish these kinds of drawings again, does that mean you have learnt something from all of this?

`You could say that, and in the end there's no harm in saying it. We have done the same thing in many other situations with Christians. I have learned from my conversations with Muslims that their relationship with Mohammed is similar to a loving relationship. It is a kind of relationship we ordinary cultural Christians simply can't imagine.'

Will this result in less freedom of expression at the newspaper?

`It will not result in less freedom of expression than we had when we rejected depictions of Christian figures that clearly went over the line.'

If the goal for you and the newspaper is to strike a blow for freedom of expression, hasn't it ended badly?

`No, not directly, but we really cannot answer yet. We have demonstrated that there is self-censorship in Denmark. We have clearly shown that illustrators, artists, journalists, and the like practice self-censorship, and that they see the Muslim segment of the population as a group to which one must pay particular regard.'

What does the fight consist of now for the newspaper?

`There is an ongoing battle to be waged on behalf of freedom of expression. But sometimes we need to adjust the way we use this freedom, for example in relation to Muslims.'

But if you said that you would not publish the bomb drawing again, haven't you then given in to the conflict?

`No. I may have grown wiser on this point, but that doesn't mean we give up the battle. What I will fight for is that we can continue to question religious dogmas, traditions, and forces of habit. If we can't do that, society comes to a standstill.'

At one point you said to Berlingske Tidende newspaper that the opposition had won.

`True. It was almost a deep sigh of relief. When you look at it coldly and matter-of-factly, you have to admit that publishing the drawings created so much trouble, insecurity, threats and rebellion, I can hardly imagine any Danish newspaper will approach the problem in the same way we did for at least the next generation.'

Over the past week, a number of European newspapers have published the drawings in support of freedom of expression. Maybe it's not so hopeless as your sigh could have led us to believe?

`Better late than never. You can't expect these foreign newspapers to get involved in our domestic debates. I have criticised a large part of the Danish daily press for having done too little. They've been busier trying to find out if Jyllands-Posten had ulterior motives, than they have been with defending freedom of expression. It quickly became clear that what should have been a trifling matter developed into a case involving some of Western society's most precious principles. What I would have liked is some solidarity from the rest of the domestic press in the name of freedom of expression.'

Who are you thinking of specifically?

`I'm thinking specifically about our two rival morning newspapers, Berlingske Tidende and Politiken. They say their mission is to forge popular opinion. But I think we can agree they have failed.'

If you had known what was going to happen, would you have published the drawings?

`This is a hypothetical question based on hindsight, but if I knew Danes living abroad might become endangered, then I wouldn't do it. I don't think any editor-in-chief would. The stakes get simply too high. I probably would have suggested that we attack this as a journalistic challenge in another way.'

Would you say that you regret it?

`No. I don't regret anything. Newspapers must be written forwards, if I may rephrase our good friend Kierkegaard.'

Jyllands-Posten's cultural editor, Flemming Rose, said on Wednesday on television that he disagrees with you on this point. He would still have published the drawings, even knowing what it could lead to. Is there a split in the newspaper's leadership?

`I spoke with Flemming Rose about this issue afterwards, It's built on a misunderstanding. We agree that in the ultimate hypothesis, where we knew for sure human lives were at stake, then we would have acted differently. That said, Flemming Rose has made a great contribution to explaining the newspaper's point of view, and has the right to his own opinion.'

Are you satisfied with the way the newspaper has communicated its position throughout this situation?

`You can't do this kind of thing without misunderstandings. People misunderstand. Nevertheless opinion polls are showing a massive majority of the population support us, so the outlook is not completely bleak.'


超人のジャーナリスト・アイ 23

混迷深まる風刺画問題 各国指導者ら相次ぎ発言
2006.02.09
Web posted at: 20:51 JST
- CNN

(CNN) 欧州各紙がイスラム教の預言者ムハンマドの風刺漫画を掲載し、イスラム教徒の抗議デモが世界各地に広がっている問題で、ブッシュ米大統領は各国政府に事態沈静化を呼びかけ、ライス米国務長官はシリアとイラン両国政府の対応を批判した。


ライス長官は、訪米したイスラエルのリブニ外相との合同記者会見で、「シリアとイランは故意にイスラム教徒の感情を煽り、風刺画問題を自国に都合良く利用している」と述べた。


AP通信によると、イラン政府は9日、「100%ウソの主張」とこれに反発。シリアのムスタファ駐米大使はライス長官の主張を否定するとともに、風刺画とは無関係のイスラエルや米国の政策に矛先を向け、「反西側諸国感情を煽っているのはイラク情勢と、(イスラエルによる)ヨルダン川西岸やガザ地区の占領だ」とコメントした。


8日現在、一連の抗議デモでは少なくとも10人の死亡が確認されている。ブッシュ米大統領は8日午前、ヨルダンのアブドラ国王とともに、デモが開催された各国指導者に事態への積極的取り組みを求めた。ブッシュ大統領が暴力鎮圧や各国施設および大使館職員の保護などを呼びかける一方、アブドラ国王は預言者への中傷と同様に暴力を非難する姿勢を表明し、デモ参加者らが思慮深く平和的に抗議の意思を明確に伝える必要性を指摘した。


一方、風刺画が最初に掲載されたデンマークのラスムセン首相は、イスラム諸国がデンマークを「非寛容なイスラムの敵」と誤解していると主張したものの、言論の自由下での出版物について政府の謝罪は不要との認識を表明した。デンマークには人種差別的および侮辱的な表現を禁じる法律が整備されているため、国内紙に損害賠償を求める場合は訴訟を起こすべきだととしている。


しかし、デンマーク製品の不買運動やデンマークへの渡航中止など、イスラム諸国の反発は収まる気配がない。アラブ首長国連邦では風刺画のコピーを学生に配布した大学教授が解雇され、ナハヤン教育相が「教授の行為は言論の自由と無関係」と容認の構えを示した。


レバノンの首都ベイルートでは9日、イスラム教シーア派の重要な宗教行事「アシュラ」の参加者が、風刺漫画掲載に抗議し、デモ行進。イラン、シリアに近いとされるイスラム強硬派組織ヒズボラが絡む行進で、主催者発表で約70万人、治安当局は約40万人が参加したとしている。ただ、警官との衝突などの混乱はなかった。


フランスのシラク大統領は、メディア各社に対して人々の信仰を傷つけないよう呼びかけるとともに、「明らかに挑発的な」報道を非難。欧州安保協力機構(OSCE)の議長国ベルギーのデフフト外相は暴力的抗議デモの終結を強く求め、言論の自由と信仰・文化の尊重の間でバランスを取る必要性を訴えた。デフフト外相はまた、風刺画によって暴力は正当化できず、正当化されることもないとの認識を示した。


イラクのルバイエ顧問(国家安全保障担当)は、風刺画掲載に反対の意向を表明する一方、イスラム教やイスラム教徒の評価を傷つけるとして、風刺画を利用して暴力を煽っている過激派を支持しない姿勢を強調した。


こうしたなか、風刺画を昨年9月に最初に掲載したデンマーク紙ユランズ・ポステンの文化担当編集者は、風刺画と今回の問題が直接関係しているとの認識はないとコメント。デンマークのイスラム指導者らが中東を訪問した際に問題を誇張して伝え、デンマークへの反発感情を煽ったことが、死者が出るなど悲劇的事態に発展した抗議デモの発端だとしている。

2006/02/04

超人の今流行の人気ラーメン店ランキング

■いま流行の人気のラーメン店※食べに行ったところの評価は★印で★3つが最高。

①『らーめん本丸亭』 神奈川県厚木市。小田急線本厚木駅徒歩約10分。塩ラーメンが絶品。美味。チャーシューもOK。ちょっと並ぶのがツライ。2月10日のコラム参照。★★★

②『麺処くるり』 東京都千代田区市ヶ谷。JR市ヶ谷駅5番出口徒歩5,6分。開店2年目、背油が独特 ★★☆

③『きら星』 東京都武蔵野市。武蔵境駅南口 濃厚豚骨のストレートに鰹フック→2008年7月5日訪問予定が突然変更→未訪

④『大喜』 東京都文京区湯島3-47-2 塩、醤油ベースのスープが独特 ★★
ここの煮干味味噌らーめんは濃厚で強烈、麺も太くて硬め。チャーシューめんはお奨めかも。(筆者は食べてないが味噌らーめんに入っていたチャーシューは軟らかで美味そうに見えたから)

⑤『なんつっ亭』 神奈川県秦野市。小田急線渋沢駅徒歩5分。マー油が特長の黒いラーメン
川崎駅ビルBE地下1階のラーメンSymphonyにある支店でマー油入り黒いラーメンを食す。ちゃーしゅーは柔らくて美味、麺は硬め。パンチの効いたラーメン。3月10日のコラム参照。★★☆
              
⑥『地雷源』 東京都杉並区。地下鉄丸の内線方南町駅徒歩10分の店。スープが命なので昼3時間営業が限界らしい。→2008年6月28日訪問。★★☆

⑦『中村屋』 神奈川県高座渋谷。小田急線高座渋谷駅下車5分。2年前のラーメン日本一の店。、冬限定評判の汁とカブを組み合わせたラーメンもあり ★★★ 小田急海老名駅近くに姉妹店あり。

⑧『13湯麺』 千葉県松戸市新京成線沿い。→未訪

⑨『ぼたん』 東京都文京区大塚。JR大塚駅みずほ銀行近くにある博多長浜ラーメンの店。トッピングのばくだんが有名。→未訪

⑩『雷文』 東京都町田市本町田、バスで5,6分 名物お母さんと醤油ラーメン ★★       

⑪『潤』 東京都大田区蒲田5-20-7 新潟燕三条の背油が特長の店→未訪

⑫『万里』 栃木県佐野市、JR佐野駅下車、行列のできるラーメン店が目印、自家製の空気が入った独特の麺→未訪

⑬『青葉』 東京都中野区中野5-58-1→2008年7月5日訪問。★★☆ 

⑭『生粋』 東京都豊島区池袋2 マルイシティの近く、さんまなどで出汁を取る独特の魚貝系スープ→未訪

⑮『一幅』 東京都渋谷区本町6-6-4 京王線初台駅から徒歩15分。味噌ラーメンがウリ。★★☆
             
以上が2006年2月4日午後に日本テレビの番組で放送していたラーメン33位のうちの上位15店をピックアップ。読者諸兄はこのうち何軒食べたかな ? ラーメン店も進化している。うむ(^_^.)  

いろんな情報をもとに番外編のラーメン店をその都度追加していきたい。
1. 『一寸亭』 東京都台東区谷中 谷中銀座 醤油ベースのとろみついた「もやしそば」、林家正蔵も時々通う店
→未訪
2. 『えにし』 東京都品川区戸越。戸越銀座にある店。塩ラーメン600円。本来のラーメン作りをめざし2年前に恵比寿から戸越へ→未訪、尋ねてみようと途中で気が変わり、五反田のラーメン店に行ってしまった。
3 『旅の途中』 東京都杉並区高円寺銀座。住宅街にある客席6席ながら勉強熱心な若い店主のいる店。→未訪。行ってみたいラーメン店。醤油ラーメン800円など(追記1。2006年2月19日 追記2。2007年12月22日 追記3。2008年7月6日) 


  

クロカル超人が行く 41 サッポロ 冬点景

kouri
すすきの中央通りに飾り付けられる雪像用の氷。すでに雪像作りに取り掛かかっていた人たちもいました。氷塊は青味がかっていて神秘的でした。

setsuzou
すすきのから大通りまで地下鉄に乗り出口14番から地上に上がると、札幌のシンボルタワーである『テレビ塔』があります。今はその周辺は雪祭りの特設会場。その近くに日清食品のキャラクターを雪像したものがこれ。若い中国人の観光客にも人気なのか写真をパチリパチリと撮られていました。

kinokuniya_sapporoten
サッポロは今やブック戦争といわれるくらいJR札幌駅には弘栄堂、旭屋書店、三省堂書店それに紀伊國屋書店と大型の書店が目白押しです。その一角を担って去年4月に札幌駅の北側、ヨドバシカメラの近くにオープンした新生紀伊國屋書店。路面に面した店舗が奏したのか売り上げは順調と関係者が言っていました。

mogura_ramen
今回ラーメン食べ歩きは意外と出来ませんでしたが、元祖ラーメン横丁と新ラーメン横丁の店をひとつずつピックアップして食べてみました。結果は昼食べた店は散々。これなら今風の創作っぽいラーメンでも十分いける、と思った次第。味噌ラーメン一杯の価格は700円、この辺の相場かも知れません。あっさり系だがコクがありませんでした。ここの女将さんが呼び込みをしていたのにはサプライズ。店での盗み聞き、曰く。外国の観光客の一同にいつ予約したらよいか聞かれたので夜より昼の方が空いていますと。厨房にいる主人は黙々と仕事中。訛りの強い肝っ玉母さん風に見えました。その時は客は筆者一人、呼び込みしても知らん顔で通り過ぎていく人たちは、一番奥の店に吸い取られるように入って行ったような気がしました。しかし、通り抜ける路地かなとも思い、食べ終わって玄関を出るとすぐにその店の方を見渡して納得。確かに一杯でしたね。ああ、失敗したと嘆くことしきり。時すでに遅し、です。

gojogen_ramen
ついにか行列のできる超有名なラーメン店『らーめん五丈原』が生ラーメンに生まれ変わりJR札幌駅などで売られていました。今回『らーめん五丈原』には食べに行けませんでしたので、コンパクトになったそのラーメンを見つけて本当に早いなと驚くのもつかの間、手に取り値段を見て二度ビックリ。なんと味噌ラーメン一袋560円と高額なのだ。買い込んだその生ラーメンがいま筆者の手許にあります(後記。日曜日に食べましたが、やはり美味でした。ちょっと値段が、ねぇー)。
馬鹿なのか 馬鹿なのかオヌシ 麺喰らい

さて、サッポロ 冬点景の佳境に入ります。出張の最後に起こった出来事です。
仕事の途中、大通りのJTBで18時30分発ANA76便羽田行が定刻通り運行するか確認を取り、JR札幌駅17時25分の快速電車に乗れば18時01分に千歳空港に着くことを改札で駅員に確かめたところまではごく普通にことが運びました。やれやれこれで無事帰宅できると思いながら、5番ホームの階段を上って来る電車を待っていました。待つ列の終わりが分からないほどホームは客で溢れていました。すると、ホームに次のようなアナウンスが流れました。18時22分頃雪のため旭川発エアポート行の快速電車は5分ほど遅れて18時30分頃札幌駅に到着になりますとね。嫌な予感、ちょっとヤバイなとの思いが瞬時に走りました。その快速電車は実際には18時40分頃に到着、出発したのはそれから12,3分後の18時52頃でした。いやー、飛行機出発時刻に間に合うか微妙になってきました。車中そのことが気になりだし乗っている人たちもそうかなと思い、少しあたりを見渡しました。もちろんそれ相応の人たちはいましたが、内心までは解りません。当然ですが。そうこうするうちに快速電車は18時25分にエアポート駅に着き、荷物を抱えながら急いで階段を上り、今度は走って、ようやく全日空のカウンターに辿り着きました。一週間前に携帯電話で購入したチケットを見せたら、多少の手続きが必要です、すでに18時30分の便は定刻の発車で手続きは終了していますとそのカウンターの受付の女性従業員がノタマウタのだ。これには筆者も激怒、こちらがミスした訳ではなくJRの快速電車が24分も遅れて到着したのだから、飛行機も遅らしてなぜ発車ができないのかと詰め寄りました。すると、どうです、お客様のチケットは切り替えできないチケットです。本来なら全額お支払い頂いてお乗り頂ければなりません。時間に余裕を持ってお越し下さいと、ね。時間に余裕を持って来ているのにだ、一時間も二時間も待ってから乗れという論理なのか、それほど余裕ある現代人がいるかね。便は1時間おきに出ているのにですよ。こちらはビジネスで来ているのだ、しかもだ、10分前には搭乗手続きを済ませて下さいとチケットには書いてあるではないか。結局、もったいぶった言い方で次の便の19時25分発の飛行機のチケットを出され羽田に21時頃に着きました。
陸と空の競争と言ってもJR側と航空会社のコミュニケーションの取り方の悪さには呆れるばかりだ、しかもだ、この遅れた快速電車乗って来た乗客もいるはずと言えば、すでに300人は乗船済み、あとは今並んでいますとの物言い、誤る様子などなく悪いのはお客の方だと言わんばかり。天候、エンジントラブル、金属疲労、管制官とのパイロットのやり取りのミス、ニアミスなどなど今やトラブルのデパートと言われる航空会社はもっと顧客満足度とは何か、本当のサービスとは何か考えて対応して欲しいものです。一企業の論理を押し付けるのではなく、本来の原因がどこにあってその対応を巡って可能な限り、しかも誠意ある応対をして頂きたいと思います。今回のJRの24分の遅れの件は、飛行機の発着に支障を来たす範囲だと考えられるし、そのために遅れてきたお客に何らかのアナウンスが車内でまた、空港内で事前に取られてしかるべきだと思います。もし300人ではなく10人位しか乗船していなかったら、本当に発車しますか。それこそ採算が取れず待ってから発車するはずです。数の論理ではなく企業のエゴがここには見え隠れしてるのです。納得できないから責任者をだしてくれといってでてきたその女性の対応もJRの遅れは聞いています、しかし飛行機は定刻に発車しました、とね。被害にあっている人たちにもっと耳を傾けるのが本当のサービスてしょう。その日の夕刊には東京ー札幌間にスカイマークが参入することでANAも大幅値下げで対抗との記事も出ていた矢先。ANA、憤懣やる哉です。

2006/02/03

超人の面白ラーメン紀行 30 続

雪混じりの夕方、すすきのは新ラーメン横丁の前で中国からの観光客の集団に出くわしました。ツアーコンダクターが何か説明していました。その間中国語が御一行様の間で飛びかっていましたね。昨日の朝日新聞によると、中国政府は更なる中国語普及に力を入れるべく孔子学院を設立、協力国の機関には教材の提供をしていくそうです。今の7千万人から2010年には1億人にしたい考えらしい。それはともかくこの新ラーメン横丁にはもぐら、赤れんが、つばさ、匠家、我流るそして金のどんぶりの6店舗が狭い路地に犇めき合っています。ニューウェイブのラーメン店かも知れません。入り口近くの『もぐら』にはすでに客が一杯。湯気が立ちこめていましたね。まだ早い時間でしたのでぶらぶら歩いただけでした。

200602021725000.jpg

超人の面白ラーメン紀行 30 札幌市『特一富屋』

一年振りの札幌です。地下鉄中の島駅近くの店で知人と新鮮な魚料理など和食を堪能した後、久し振りにラーメン横丁(元祖の方)に繰り出しました。16軒あるラーメン店のひとつ『特一富屋』は、午後11時を廻っても人集り、カウンターとテーブル席ほぼ満員、地図を持っていた観光客もいたりして賑やかでした。早速定番の味噌ラーメンをを注文しました。麺はストレート系、トッピングももやしにチャーシュウとごく普通のラーメンでしたが、いや、待てよ、この味は魚系の甘さがあるなと食べているうちに気づきました。最初はアルコールが多少入ってるせいかと思いましたが、不思議に思って客が退けたときに元相撲取りの店の主人に恐る恐る尋ねてみました。すると、出汁は鯖系で旭川ラーメンの何々ラーメンの系列だと応えてくれました。旭川ラーメンの名称を言っていましたが残念ながら失念してしまいました。いつもこんな調子ですよと客の退け具合を見ながらポツリ。その体格と表情からは想像しにくい謙遜な語りには筆者もホロリ。かつて52年前に札幌をリポートした花森安治のラーメンを連呼した週刊朝日の記事があってその文章が耳元に残っていました。ああ、ここが南2条西3丁目の公楽辺りと冷えるSAPPORO・SUSUKINOの夜をラーメン完食で堪能した次第。
『特一富屋』1.スープ★★☆2.麺★★☆ 3.トッピング★★4.雰囲気・接客★★ 5.価格★★☆

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31