« 超人の面白ラーメン紀行 30 札幌市『特一富屋』 | トップページ | クロカル超人が行く 41 サッポロ 冬点景 »

2006/02/03

超人の面白ラーメン紀行 30 続

雪混じりの夕方、すすきのは新ラーメン横丁の前で中国からの観光客の集団に出くわしました。ツアーコンダクターが何か説明していました。その間中国語が御一行様の間で飛びかっていましたね。昨日の朝日新聞によると、中国政府は更なる中国語普及に力を入れるべく孔子学院を設立、協力国の機関には教材の提供をしていくそうです。今の7千万人から2010年には1億人にしたい考えらしい。それはともかくこの新ラーメン横丁にはもぐら、赤れんが、つばさ、匠家、我流るそして金のどんぶりの6店舗が狭い路地に犇めき合っています。ニューウェイブのラーメン店かも知れません。入り口近くの『もぐら』にはすでに客が一杯。湯気が立ちこめていましたね。まだ早い時間でしたのでぶらぶら歩いただけでした。

200602021725000.jpg

« 超人の面白ラーメン紀行 30 札幌市『特一富屋』 | トップページ | クロカル超人が行く 41 サッポロ 冬点景 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 30 続:

« 超人の面白ラーメン紀行 30 札幌市『特一富屋』 | トップページ | クロカル超人が行く 41 サッポロ 冬点景 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31