« 学術先端情報ー学術mini情報誌『PS Journal』の紹介 3 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 30 札幌市『特一富屋』 »

2006/01/21

超人が見た雪景色

 1月21日土曜日、大学入試センター試験日のこの日横浜では11cmの積雪がありました。寒い一日でほとんど家の中に閉じ籠り、テレビを見たりパソコンをいじったりして過ごしていました。水戸で17cm、東京の大手町で9cmと関東地方の平野部でも5年振りの本格的な雪化粧。たまには雪も良いかと思いきや、これが何日か続いては堪らないね。今年の冬は冬将軍の一足早い到来で特に日本海側、山間部の地域ではメートル単位で積雪、雪下ろしなどの作業中に犠牲になった年寄りが多く、すでに100余名の人が亡くなっています。また、雪で遮断されて孤立した新潟県の村もあったり、長野県と新潟県の県境の地域では自衛隊に出動を要請して除雪作業行っているところなど各地で雪被害が相次いで出ている模様。これも異常気象のせいか。今年の冬は寒気団がいつもよりズレていて日本に到来する回数が多いとか。
 風説などの証券法違反の疑いでホリエモンのライブドアーの子会社に東京地検による家宅捜索が入ったり、今度はBSE問題で安全性が問われていたアメリカ産牛肉の輸入再開で背骨等が混じっていたことで輸入再禁止が出されたりと芳しくないニュースが目に留まる今日この頃。いずれも透明性が問われていると思いますね。
これはちょっと外に出たついでに撮った写真。右側の写真で思い出したのは10代の頃、スウェーデンから届いたペンパルの新聞の切り抜きにもこんな写真がありました。

DSCF0235DSCF0238
降る雪や 飛んで目に入る 寒さかな  


« 学術先端情報ー学術mini情報誌『PS Journal』の紹介 3 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 30 札幌市『特一富屋』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人が見た雪景色:

« 学術先端情報ー学術mini情報誌『PS Journal』の紹介 3 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 30 札幌市『特一富屋』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31