« 超人の面白読書 15 岡田哲著『ラーメンの誕生』 | トップページ | 超人のドキッとする絵画 2 »

2005/12/06

超人のドキッとする絵画 1 妖艶の画家・岡本神草

Img016
岡本神草作『拳を打てる三人の舞妓の習作』(1920年/大正9年)。舞妓の目をとくと御覧あれ。妖艶な女性表現ですが、でも何故か慈悲深い。仏像の投影か、この画家が好んだダ・ウ゛ィンチの手法の具現か?さて、この夭折の日本人画家に去来したものは、いまもって疑問は尽きない。その妖艶さの深さと同じく・・・。
また、別の絵には引き裂かれた謎の物語があるらしい。その話とは・・・。

京都国立近代美術館に収められている岡本神草・作『拳を打てる三人の舞妓の習作』。


« 超人の面白読書 15 岡田哲著『ラーメンの誕生』 | トップページ | 超人のドキッとする絵画 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人のドキッとする絵画 1 妖艶の画家・岡本神草:

« 超人の面白読書 15 岡田哲著『ラーメンの誕生』 | トップページ | 超人のドキッとする絵画 2 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31