« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/29

超人のとっておきの映像 3 京都

京都の地下鉄烏丸線四条駅で見つけた池坊学院研究コースの作品。晩晩秋の生け花です。フランスかな、生け花が静かなブームと何かに書いてありました。フォルム、色彩そして陰影、どれも良いです。特に陰影のある背景が良いです。

200511291111000.jpg

2005/11/27

超人のとっておきの映像 2 横浜

晩秋に色を添える柿。実はある女性がおねだりしてもらってきた柿です。柿と言えば渋柿、ではありません。柿の種、柿の種、柿の種・・・と言って笑わせていましたあのねのねのそれでもありません。正岡子規のあまりに有名な句が浮かびます。

柿 喰えば 鐘が鳴るなり 法隆寺

200511270955000.jpg

2005/11/25

超人の面白ラーメン紀行 28 続

200511251705000.jpg 秋深し 煙にまみれ 麺通し 

 この写真が銀河高原ビールですが、1本350円です。地ビールの勝ち組でしょ。ちょっと市販のものよりライト系、たまには違った味も良いものです。
 さて、頼んだ味噌ラーメンは、スープはほど良くコクがありますが、スープの量が上品さを保つためでしょか、筆者には少なかったみたい。麺は限りなくそばに近い形ですが、うどんぽくもあり不思議な麺でしたね。トッピングはごく普通の半熟卵、海苔、刻みネギそれに軟らかくて味のあるチャーシューでした。
店内は10人で目一杯の個人回りしたカウンターだけの席。店主は多少職人っぽいか、無愛想でしたね。夕方早い時間のせいかも知れませんが、客は筆者一人でした。まず店に入って煙が充満していたのにはちょっとビックリしましたが(原因が何だか分かりませんが、店主が慌てて換気扇を回していました)、また、水が出て来なかったことに不思議に思って食べ終わった後催促しますと、ビールを出したのでついっと言い訳をしていました。蛇足ですが、スープを飲み干す寸前ににぼしの味がどっと出て来ましたね。その時東京駅地下街にある旭川ラーメンの味を想い出しまして思わず、うむ・ um・ (+_+)。(+_+)。(+_+)。
『みかくや』①スープ★★☆②麺★★③トッピング★★☆④対応・雰囲気☆⑤価格★★

超人の面白ラーメン紀行 28 藤沢市『みかくや』

 化学調味料を一切使っていないこだわりのラーメン店が、小田急江ノ島線六会日大前駅東口から徒歩8分のところにあります。38種類の食材を一覧しました冊子がおいてあるあたりはその表れでしょうか。醤油はヤマサの無添加大豆、鰹節、鯖節、砂糖はガーリックシュガーというブラジル産、かんすいは中国内モンゴル産、小麦粉は北米産、メンマは台湾産・・・と言った具合。最後の38番目の食材はバターでした。味噌バターとして使うのだと思いますが、これはごく普通の森永のバターでしたね。前書きが多少長くなりましたが、店の名前は『みかくや』、注文しましたラーメンは味噌ラーメンです。価格は800円。今読んでいますにラーメンの丼の記述がありまして、その中にラーメンの丼には利休型牡丹、扇型、梅型それに百合型の4種類あるそうです。ここのラーメン店のは珍しく扇型でした。その特徴は、麺のボリュームより質が強調されていることにあると書かれています。券売機で注文のラーメン他を購入して味噌ラーメンを頼んだ訳なのですが、その他に銀河高原ビール1本も頼みました。
to be continued.

200511251711000.jpg

2005/11/24

超人の面白ラーメン紀行 27 大井町『味香美』

200511241312000.jpg  期待して 食べたラーメン 飛んだ
 
JR京浜東北線大井町駅東口から徒歩3分のところにある『味香美』は、カウンターだけ20人が入れば一杯の小さなラーメン店です。この店は味噌ラーメンが評判を呼んで今年5月中華料理店からラーメン店に鞍替えしたばかり。昼のピーク時を少し過ぎた頃入りましたが、客は男女合わせて10名ほどいました。評判と聞いてつかさず白味噌ラーメンを注文。とろりとした白湯スープと自家製の中細平打ち麺、トッピングは玉ネギ、挽肉、ピーマン、茸、コーンそれに珍しく絹サヤなども入って具だくさんですが、とろりっぽくて、また白味噌のスープが油っぽくて結構シツコイ。これには筆者も閉口しました。期待していたのに正直言ってちょっと残念でした。今日はこのところの急な寒さとは打って変わってぼかぼか陽気でそのせいかどうかは知りませんが、注文間違いの‘’ぽか‘’をやらかしていますとは店の肝っ玉かあさんの苦笑しながらの弁。それに合いづちを打っている人の好さそうな店主、この二人は筆者には名コンビと映りました。余計なお世話かも知れませんが、厨房には娘さん始め6人、狭い場所にしては多すぎないでしょうか。確かにこの時間帯では満杯にはならないと思いますが、客入りは良いようです。挨拶他テキパキしていて雰囲気も良いです。つけ面、餃子、ちゃんぽん、皿うどんとメニューは多彩。アッサリした小さめのおにぎりがサービス。惜しかったね。あの白味噌のスープ、何とかもっとあっさり風にできないものでしょうか。この点ではトッピングはあまりない横浜西口の『札幌や』の方が旨いですね。具は、この間食べた『初代けいすけ』と似ているようです。あっ、そう、忘れていました。チャーシューはやわらかくて美味でした。営業時間AM11時~PM11時。土曜定休日。
『味香美』①スープ★★☆②麺★★☆③トッピング★★★④応対・雰囲気★★★⑤価格★★☆
mikame_onigiri
                                         【写真右:サービスのおにぎり】

2005/11/23

超人のバーチャル的紅葉見

紅葉を見に出かけてみました。何処へかって? um,um.でも内なるところもあるかな。というわけで紅葉の見所を三ヶ所探してみました。もちろんネットでです。ご鑑賞あれ。

箱根の紅葉は芦ノ湖から始まり、強羅、仙石原、小涌谷と移っていく。芦ノ湖では遊覧船やハイキングで紅葉が楽しめる。強羅公園の上にある強羅の箱根美術館は建物のまわりが苔庭、竹庭になっており、箱根で最も美しく紅葉が映えるポイント。また、宮城野温泉から仙石原に向かう国道138号線沿いや強羅から芦之湯にかけての国道1号線沿いでは、ドライブがてらに紅葉を見られ、三河屋旅館に併設する庭園「蓬來園」(入園自由)のものは特に見事だ。

(11/17現在)
hakone
芦ノ湖、仙石原は終わり。強羅、小湧谷の蓬莱園は見頃を迎えている。
色づきはじめ…(芦ノ湖、仙石原)10月下旬 (強羅、小涌谷)11月上旬 (塔之沢)11月中旬
一番の見ごろ…(芦ノ湖、仙石原)11月上旬 (強羅、小涌谷)11月中旬 (塔之沢)11月下旬

☆箱根 アクセス&DATA

【所在地】箱根町
【交通(鉄道1)】(強羅)JRまたは小田急小田原駅から箱根登山鉄道約50分
【交通(鉄道2)】(芦ノ湖)JRまたは小田急小田原駅からバス約1時間
【交通(車1)】(強羅)東名高速厚木ICから小田原厚木道路終点下車、国道1号経由約25分
【交通(車2)】(芦ノ湖)東名高速厚木ICから小田原厚木道路終点下車、国道1号経由約40分
【駐車場】有料
【交通注意事項】小涌谷、塔之沢には駐車場がありません。
【問合せ先1】0460-5-5700(箱根町観光協会)
いまが最後のチャンスかもね。
竜頭の滝は、湯滝を経て奥日光戦場ヶ原を流れてきた湯川が中禅寺湖に注ぐ手前にある滝。滝つぼ付近が大きな岩によって二分されていて、そのようすが龍の頭に似ていることからこの名前がついた。高さは210mあり、周辺の紅葉は色鮮やかで、被写体としても人気。また、標高1269mにある中禅寺湖の周辺にはカエデ、ウルシ、ブナ、ミズナラ、カツラなどがあり、赤や黄色に色づいた葉が湖面に映える。遊覧船からゆっくり眺めるのも、湖畔を散策して楽しむのもいい。
nikko

色づきはじめ…(中禅寺湖湖畔)10月初旬 (竜頭の滝)9月下旬
一番の見ごろ…(中禅寺湖)10月中旬~10月下旬 (竜頭の滝)10月上旬~10月中旬
カエデ、ツツジ、ナナカマドなど
☆日光(中禅寺湖湖畔、竜頭の滝) アクセス&DATA

【所在地】日光市中宮祠
【交通(鉄道1)】(竜頭の滝)JR・東武鉄道日光駅から東武バス湯元温泉行き約1時間「竜頭の滝」下車徒歩約2分
【交通(鉄道2)】(中禅寺湖)JR・東武鉄道日光駅から東武バス中禅寺温泉または湯元温泉行き約50分「中禅寺温泉」下車徒歩約5分
【交通(車1)】(竜頭の滝)日光宇都宮道路清滝ICから奥日光方面へ約25km
【交通(車2)】(中禅寺湖)日光宇都宮道路清滝ICから奥日光方面へ約15km
【駐車場】有料
【問合せ先1】0288-54-2496(日光観光協会 8:30~17:00 無休)
【問合せ先2】0288-53-4511(日光観光協会東武日光駅構内観光案内所 8:30~17:00 無休)
もう終わったかな。この写真は圧巻だよね。

京都・長岡京市・光明寺◆紅葉の見ごろ:11月中旬~下旬
kyoto_momiji


ずっと歩いていたいほど美しい 100mもの真紅のトンネルへ!
法然上人のもとで出家した熊谷次郎直実が創建した西山浄土宗の総本山。境内に入って左手に続く参道をはじめ、総門や女人坂の上に、色付いたヤマモミジが重なり合い、息をのむ美しさに。11/26(土)、27(日)には露店が並ぶ「秋のもみじまつり」も開催される。

■紅葉DATA
種類●ヤマモミジ約500本、イロハモミジ約500本などが境内に色付く

■住所: 長岡京市粟生西条ノ内26-1
■電話: 075-955-0002
■営業時間: 9:00~16:30(入山~16:00)
■休日: なし
■料金: 境内無料※11/12(土)~12/4(日)500
■交通アクセス: (J)長岡京駅西口より阪急バス22・23系統西陣町行約20分(停)光明寺から西へ。徒歩2分
■HP: http://www.komyo-ji.com/
今週末には夜店も出て賑わうかもね。
【Walker plusサイトから】
超人の呟き。今週末には紅葉を見に鎌倉にでも出かけてみるか。本物を鑑賞しにね。

2005/11/20

超人のジャーナリスト・アイ 22 

The Japan Times Weelly最新号にThe Da Vinci Code の著者、Dan Brown氏の次回作 Secrets of the Widowの話がSPINOFF OF THE UNRELEASED Riding Brown's new Code taleというタイトルで掲載されていて、これがなかなか面白い。
davinci_code

書く資料は断片的に集めていても、時間が足りなくついつい書かずに終わってしまっていた今日この頃、2週間振りで筆を取った次第。身近な話題から言えば、ミーハー的だが東京国際マラソンで久し振りに優勝した高橋尚子、ゴルフで優勝して賞金女王に再び躍り出た宮里藍のインタビューには世知辛い今の時代にあって清々しいではありませんか。拍手を送りたい。これに比べて宮崎での世界の覇者タイガー・ウッズはプレイオフ4回戦で横井に辛うじて勝った程度。髭を生やしたタイガー・ウッズは一段と逞しくはなっていたが。小生はコンピュータと朝から葛藤していて、今日のゴルフ練習は中止・・・。嗚呼 !積まれた本があちこちにある。あっ、これも読まなくっちゃと焦っては、新聞、雑誌類の紙片を読んだだけで次に行けないのだ。

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31