« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/26

超人のジャーナリスト・アイ 20 その後のハリケーン「リタ」報道

The New York Times のハリケーン「リタ」、その後の報道

rita2

Hurricane Slams Into Gulf Coast; Flooding Begins Hurricane Rita caused far less damage than officials had feared, and there were no reported deaths connected to the storm.
Photo:Water covered Route 87 on the east side of Port Arthur, Tex., when Hurricane Rita hit land.
追記。その後ハリケーン「サタン」が中南米を襲い、その影響でメキシコ、エクアドル、グワテマラなど中南米の国々で死傷者がたくさん出た模様。ハリケーンの愛称は、年間発生することを予め見込んで名称が付けられているらしく、今年は発生件数が多すぎ、残りはほんのわずかとか。ハリケーンがそれ以上発生した場合には、ギリシャ文字のABCのαβγをつけるのが慣わしらしい。そんなに発生して欲しくないね。洪水はわが魂に及びとはある作家の小説の題名だが・・・。

続報。先週もハリケーン『ウィルマ』が発生し、メキシコとフロリダ半島を襲った。その後もメキシコ湾上に発生し、ついに名前をαとつけたと報道された。もう来ないことを願うばかりだ。

2005/09/24

超人のジャーナリスト・アイ 19 アメリカのハリケーン「リタ」報道

2005年9月24日付スウェーデンの有力紙Dagens Nyheter電子版のアメリカのハリケーン「リタ」の記事。
waterstop425

"Rita" närmar sig Texas

VÄRLDEN. Kategori-3-orkanen "Ritas" centrum väntades slå in vid sjutiden på lördagmorgonen svensk tid nära Port Arthur, Texas. Räddningsmanskapet varnar för att regionen kommer att drabbas av livshotande vattenmassor på över sex meter.
Samtidigt har översvämningar till följd av orkanen redan förorsakat ett nytt katastrofalt bakslag för New OrleansRITASAT202

ハリケーン「リタ」テキサスに接近

世界。スウェーデン時間土曜午前7時頃、勢力を示すカテゴリー3レベルのハリケーン「リタ」の中心が、テキサス州ポートアーサー近くを包むと予想されている。地域は6メートルの高さ以上の水量にさらされると救助隊は警告している。
同時にすでにニューオーリンズに向け新しい破壊的な反撃を引き起こしているハリケーンで洪水になるとダーゲンスニーヘーテル紙の電子版はトップで伝えている。

追記。その後「リタ」は勢力を弱め熱帯性低気圧になり、ルイジアナ州とアーカンソー州の境付近を北進中。局地的に竜巻が発生し、ミシシッピーでは一人が巻き込まれ死亡。家屋の破壊や浸水はルイジアナ州とテキサス州を中心に、120万戸が停電した。再び堤防が決壊したニューオーリンズでは復興に影響が出るのは必至とみられている。ポートアーサーにあるバレロ・エナジーの製油所では冷却塔が損壊し、修復に少なくとも2週間はかかる模様と朝日新聞電子版はCNNの報道として伝えている。【2005年9月25日午後8時現在】
ちょっと前の「カトリーナ」よりは被害は少ないようですが、それにしても2度も襲われるとは自然災害は怖いです。翻って日本では台風17号が関東地方に近づきましたが、幸いに東に逸れたみたい。ハリケーン、台風、インド近くのサイクロンも発生していて、まだまだ予断を許さない様子。ルーマニア辺りでも洪水が出ていて地球規模。怖い、コワイです。


本日のThe New York Times電子版のトップ記事はハリケーン「リタ」報道。

23ncd-storm184Photo:Ashley Gilberston for The New York Times
Water flowed over a levee and flooded the Ninth Ward District of New Orleans.

Storm Lashes Coast; Levees Breached in New Orleans
By SHAILA DEWAN and JERE LONGMAN
The hurricane's projected path veered slightly to the east, potentially striking land east of Houston and Galveston, Tex.

Floods Reclaim Neighborhoods That Are Already Ravaged
By JERE LONGMAN and MICHAEL BRICK
The waters returned to the Lower Ninth Ward in New Orleans, but this time, there was little left for them to destroy.

CNNの記事。

「リタ」上陸迫る、住民数百万が避難、一部地域で既に被害
2005.09.24
Web posted at: 13:52 JST
- CNN/AP
CNN200509230010

ヒューストン――メキシコ湾岸を進む大型ハリケーン「リタ」は23日、テキサス、ルイジアナ両州境へ24日早朝にも上陸する勢いだが、両州の海岸部は強風、雨に襲われ、家屋浸水などの被害が早くも出始めた。一部地域では、住民の救出作業も始まった。リタの「上陸地点」は、テキサス州ポートアーサー市近くと予想されている。


同市の人口は約5万8000人で、石油産業、化学工場が多い。これら施設の被害も懸念されている。オスカー・オルティズ市長によると、住民の大多数は既に避難を終えている。米ハリケーンセンターのマックス・メイフィールド所長は23日夜、断定は出来ないとしながらも、リタの上陸後、両州での強風、降雨は数日間続く恐れがあると指摘した。


テキサス、ルイジアナ両州行政当局は23日までに、メキシコ湾岸地域の住民約200万人に避難するよう指示した。AP通信は、両州の海岸沿いに住む少なくとも280万人が避難した、と伝えた。


ポートアーサー市の西部にあり、当初、リタの上陸コースに当たるともみられていたテキサス州の大都市ヒューストンでは数十万人規模が脱出。道路の渋滞も起きており、車を12時間走らせ、進んだ距離はわずか72キロとの例も出ている。北へ逃れる車が目立つという。ガソリンが切れたり、故障した車も数百台に達している。

フランスのLe Monde紙の報道。
h_9_ill_692431_ritaniv3

L'ouragan Rita souffle sur les côtes américanes
Plus d'un million de personnes ont déjà quitté la région de Houston, alors que le cyclone Rita s'apprête à toucher la ville. Vendredi soir, il s'est légèrement affaibli et semble se diriger vers la Louisiane. Dans la panique des évacuations, l'incendie accidentel d'un autobus a fait vingt morts et plusieurs blessés. A La Nouvelle-Orléans, une digue a cédé, inondant totalement un quartier.


Zoom L'industrie pétrolière du golfe du Mexique est paralysée
Eclairage L'île de Galveston risque d'être dévastée comme en 1900
Portfolio | Infographie | Edition spéciale

朝日新聞電子版平成17年9月24日14時のハリケーン「リタ」の記事。

ハリケーン「リタ」、米南部直撃へ 避難300万人にも
2005年09月24日14時01分

 米本土に接近中の大型ハリケーン「リタ」は23日、暴風の勢いは中程度の「カテゴリー3」に下がったが、いぜんとして強い勢力を保ちながら24日未明(日本時間は同日夕)に南部テキサス、ルイジアナ両州の境界付近に上陸する見通しだ。メキシコ湾沿いの広い地域で風雨が強まり、避難者は300万人近くに達したとの見方も出ている。ハリケーン「カトリーナ」で壊滅的な被害を受けたニューオーリンズでは、リタが東寄りの進路をとったことから、再び堤防が決壊して市内の一部が浸水している。

 リタは23日午後11時(日本時間24日午後1時)現在、中心気圧が931ヘクトパスカル、中心付近の風速は秒速54メートル。テキサス・ルイジアナの州境の沖合約80キロを時速約20キロの速度で北西に進んでいる。勢力は最高の「カテゴリー5」から弱まって「3」になった。

 上陸の際は約4.5メートルの高波が懸念され、場所によっては降り始めから600ミリを超える豪雨の可能性も指摘されている。直撃が予想される主な州境の都市はテキサス州ポートアーサーやボーモント、ルイジアナ州レークチャールズなど。ポートアーサー(人口約5万8000)はニューオーリンズと同様に湖に面しているので、大半が冠水する危険が高いと当局はみる。住民の9割は避難した模様だ。1900年の大型ハリケーンで水没して6000人以上が犠牲になったテキサス州のガルベストン郡(人口約27万)では、停電した市の中心部で火災が発生。強風にあおられて消火活動が難航している。

 テキサス州当局は6000戸の住宅が損壊し、1万6000人が住居を失い、被害総額は83億ドル(約9000億円)と予想。同州のペリー知事は23日「この2日間で270万人が避難した」と話した。隣のルイジアナ州と合わせて避難者は計300万人に達するとみられている。ヒューストン市のホワイト市長も「避難の段階は終わった。脱出しなかった人たちは、今いる場所で安全を確保すべきだ」と、最寄りの避難所で待機するよう呼びかけた。

 前日は避難する車で大渋滞したヒューストンから北に向かう幹線道路は交通量が激減した。地元テレビ局は「ガソリンが切れかけた車が200台近く、道路脇で救援を12時間も待っている」などと伝えている。複数のガソリンスタンドで順番待ちの客らの間でけんかがあったという。

 現地視察で23日にテキサスを訪れる予定だったブッシュ大統領は「現地の救援準備を妨害しないため」として現地入りを中止。救援活動を指揮するコロラド州の北方軍司令部の視察に切り替えた。



2005/09/19

クロカル超人のジャーナリスト・アイ 18 大学事情 1 

大学は今、明治以来と言っても過言ではない大きな曲がり角にさしかかっています。2007年には統計上志願者全員が入学可能になる時代がやって来るからです(2007年春には現役志願者が65万人余と04年より5.6%減少。浪人も3分の1近くの4万6000人まで激減し、全志願者は69万9000人に。微減となる合格者総数と同数になる。私立大学や短大ではすでに定員割れなどに苦しむケースも出ており、法人化した国立大学や公立大学も含め、日本の大学は一層厳しい経営を迫られることになるとは2005年6月20日付の日経新聞)。しかし、有名な大学とそうでない大学との格差があり、二極分解が起ることは必至と言われています。また、社会のニーズの変化と少子化、国公立大学の独立法人化、通常予算の削減化と競争原理に基づく傾斜配分、産学協同等による新たな収入源の確保、学生・院生の学力低下問題、研究者の学問レベルの向上等々今や大学を取り巻く環境は激変しています。テキスト、副読本、辞典、学術専門書、学術限定資料等を刊行してきた学術専門出版社にとっても大学は大きな市場でした。少なくとも今までは。今特に人文社会科学分野においては予算等の削減に伴い研究費が大幅に減ってきています。競争原理に基づく科研費などはありますが。それでも今役立つもの、あるいは目に見える結果にはお金を出しますが、基礎学問等人間形成に役立つものには排除の方向で進んでいます最近の大学は、実利主義を標榜する薄っぺらな人材を輩出する大学に成り下がってしまうように筆者には思えてなりません。英語の水準を上げるためにTOEIC等の英語検定試験を受けさせては国立大学間の競争を煽っているみたいですし、また、大学の教職員も必至なのは大学に行って各種プロジェクトの立ち上げを見れば解かります。まるで専修学校みたいです。本来なら日本はこれからの時代、尚更教養と専門性を身につけた人間が育っていかなければこのグローバル化の時代に伍していけない筈なのですが。TOP30、COE、特色GPなどの大型プロジェクトは動いていますが、文科省は高等教育と研究水準を上げるためにももっと幅広く予算をつけるべきではないでしょうか。

2005/09/14

クロカル超人が行く 39 鎌倉 ②

yuigahama
強風っぽい風が鎌倉・由比ガ浜にも吹いていました。それでもウィンドサーファーたちはいましたね。若いのか若くないのか後姿の長い髪を濡らした女のちょっと色ぽっかったこと。海辺を走る国道何号線かの信号を横断して身近に見る海、久し振りです。思わずLa mer !

クロカル超人が行く 38 鎌倉 ①

台風14号が去った9月中旬頃から夏の暑さが戻ったかのように連日暑い。そんな中、久しぶりに鎌倉は長谷の大仏に行ってきました。と言っても仕事の合間でですが。以前に奈良の東大寺の大仏を観たときから気になっておりましたので実現できて悦しいです。東大寺の大仏と違って柔和で穏やかかな。目、鼻もと、唇、胸などが特にそうです。建立は700年以上前、長い年月に晒されても尚青銅色の輝きを失っていない高徳院の大仏様は、観る者に感動を与えて止みません。慈悲深さが伝わって来そうです。今日の30度以上超す蒸し暑さでは、鎌倉の大仏様も大汗をかかれてさぞかし参っているのではないでしょうか?
daibutsu_yoko
kamakura_daibutsu 大仏に 吹かせてよいざ エコの風

 

todaiji_daibutsu
奈良の東大寺の大仏

鎌倉の大仏様と奈良の大仏様の違いは? お解りですか?トンチじゃないんですから、屋外と屋内なんて答えないで下さいね。ウム(^.^) それにしても四角いのは似てますね。

2005/09/11

超人のジャーナリスト・アイ 17  直近のニュースをよむ

今日9月11日は、『アメリカ同時多発テロ事件』から丸4年。この9・11事件以前と以後ではアメリカ人の意識が大きく変わったと言われている。この日事故現場の「グランド・ゼロ」では女優たちが犠牲者のメッセージを朗読する追悼式が行われていると午後7時のニュースで伝えていた。当時の模様を書いた拙文がある。

ショート・ショット 2 「アメリカ同時多発テロ事件」

 それは映画のワンシーンを想わせる戦慄の一瞬だった。21世紀初頭の新たな挑戦とも言うべき恐ろしい出来事が2001年9月11日午後10時半過ぎアメリカで起きた。航空機による実行犯も自爆するという前代未聞の同時多発テロ事件である。経済繁栄の象徴であるニューヨークの世界貿易センタービル、他方、軍事力の中枢であるワシントンの国防総省ビルでの民間機が乗客巻き添えにした激突爆破―。テレビ報道で見る限りでは地獄絵そのものだ。特に2棟の世界貿易センタービルが飛行機激突後一時間後に崩壊した映像はショッキングそのものだ。この貿易センタービル惨劇の死者は96名、行方不明者は4972人とニューヨーク市のジュリアーニ市長が発表。救出は難航し、46万トンの瓦礫を運び出すには相当の日数が掛かる模様。アフガニスタンに潜伏中のこのテロの首謀者と見られているイスラム教過激派オサマ・ビンラディン氏に対しブッシュ政権の報復が来週火曜日にも空爆という形で起こるとの緊張が走り始めている。(平成13年9月16日 記)    
 その後この事件は「9・11」事件と、また、アタックされたワールドトレーディングセンターの崩壊現場は、「グランドゼロ」と呼ばれて歴史に深く刻まれることになった。犠牲者はその後ニューヨーク市当局者のカウントの違いが何回か露呈され結局死者・行方不明者合わせて2992二人と報道された。このテロ事件の首謀者オサマ・ビンラディンはまだ捕まっていない。アメリカの空爆中に死亡したとか、他国に逃亡したとかいろいろと憶測が流れている。 
 アフガニスタン攻撃は10月上旬に開始され、11月下旬にアルカイダの首都カブールは陥落し終結。カルガイ議長の許新生アフガニスタンが誕生した。その20数年の戦争の爪跡は深く、荒廃した国の復興は容易ではない。(平成14年5月6日 記)
  
 この跡地にテロ攻撃に備え耐久性を高めた、高さ1776フィート(約540メートル)の超高層タワー「フリーダム・タワー」が建設される予定と。そのテロ強化の反面、今回ハリケーン「カトリーナ」がアメリカ南部のフロリダ、ルイジアナ、ミシシッピー、アリゾナの各州を襲った大災害でブッシュ政権がその対応の遅れー特にThe Federal Emergency Management Agency(FEMA)連邦緊急事態管理局の初動の遅れーで政権を揺り動かしかねない事態が生じている。アメリカの影を皮肉にも露呈した形になってしまった特にジャズの町、New Orleansは、被害が大きくなるにつれ悲惨だ。地元の警察、消防も手におえない救助、救援、支援、復旧作業が滞ってしまったのだ。汚染他衛生状態も悪化していることも伝えられているが、一刻も早い復興を願うばかりだ。大きな施設などに避難を余儀なくされている市民たちの呼び名が、当事者から非難されてマスコミで問題になっている。refugeeは政治的意味合いが強くevacueeという中性的な言葉を選んで使っていると。なかなかデリケートな問題ではあるようだ。
写真はアメリカのニュース週刊誌『TIME』2005年9月2日号Special issue、"American Tragedy" の表紙と特集記事の一部。time_tragedytimeneworleans


翻って日本の総選挙。自民党圧勝の勢いとテレビの報道特番は伝えている。郵政民営化一本やりの党が大勝利である。何かこれでいいのか日本の政治と言いたいなあ。


超人のジャーナリスト・アイ 新聞・雑誌拾い読み 16 翻訳家・工藤幸雄氏のインタビュー記事

kudo_asahi
昨日の朝日新聞夕刊を東京駅から帰宅途中の電車の中で読んでいたら、文芸物では有名な朝日新聞編集委員の由里幸子氏のインタビュー記事が目に留まった。インタビューの相手は今年前半何度か読んでこのコラムでもお馴染みのポーランド文学者・工藤幸雄氏。『ぼくの翻訳人生』『ワルシャワの七年』『ぼくとポーランドのことなど』『ブルーノ・シュルツ全集』他著書多数の老翻訳者である。ちょうど図書館から何度か借りては返している島尾敏雄著『東欧紀行』(552ページもあって読むのを躊躇していたことは確かだが)を行きの電車で続きを読んでたばかり。比較的漢字は少ないが、意識の流れではないがうねるような文体を、ああ、そうだ、雑誌『文藝』に連載されてもう30年にもなるかなと思い出しつつ忍耐強く、また、読み進んだところだった。こういった偶然もあるのだ。8月31日は、旧ソ連・東欧の民主化の先がけとなった自主管理労組「連帯」結成から25周年。81年から91年まで友人たちと刊行した「ポーランド月報」に係わり、その「連帯」支援運動は日本だけと。小国が自由を叫ぶときは、抑圧をはねのけるためにすごいエネルギーがいる。そういう力量をポーランド人は持っていると確信していた由。最近もアンジェイ・ワイダ監督が19世紀の喜劇を映画化した「仕返し」のセリフの翻訳を手がけたが、前ほどポーランドに関心を持たれないのが残念だとこの老翻訳家は嘆く。満州生まれでもう満州には帰れないが、ポーランドがその代わりになったと最近の心境を語っている。ひょうひょうとした感じだ。

2005/09/05

クロカル超人のニュース速報

大型の台風14号の影響で昨夜局地的大雨の東京、埼玉、神奈川で冠水。死者も出た模様。
image001.jpg

超人の面白読書 14 2004年度ノーベル文学賞受賞エルフリーデ・イェリネク著『したい気分』

Jerinek
9月、そろそろ今年のノーベル文学賞が発表される時期。1年遅れで筆者は、2004年度ノーベル文学賞受賞オーストリアの作家、Elfriede Jelinek エルフリーデ・イェリネクNec_0045
(【朝日新聞2005年2月7日付夕刊から。訳者が撮影したもの】)
著、中込啓子/リタ・ブリール訳『したい気分』(原題"Lust"、1989年刊)を読み始めている。訳者あとがきでもなかなか解り難い、現代オーストリア文学界のプリマドンナの代表作品と書かれている。夫との性的生活に堪えられず逃亡、やがて息子を殺すに至る女の生活。メタファー、メトニュミー、言葉遊びなどを駆使したポストモダンの愛の小説とは出版社・鳥影社の帯。5年も翻訳に時間がかかった由。男女の愛の力関係の序列化や富める者と貧しき者の序列化を排除するというメッセージが込められ、マルキシズムの思想よりは、むしろポスト構造主義のメッセージの方がこの長編小説の本質を表しているとは訳者の弁。
カーテンのヴェールが、自分の家にいる女とそのほかの人たちとの間に掛かっている。この人たちはもやはり自分の住居と自分の気質を持っている。貧しい人たちなのだ、で始まり、いっそのこと彼女たちの子供のへその緒みたいに、時間をむさぼるように食べてしまうのがいいのだろうか ? 殺人と死と ! でも今はあなた方しばらく休息していてね ! で終わる。327ページ。可能性に挑戦、それは読む筆者にも同じだ。

2005/09/04

クロカル超人のジャーナリスト・アイ 新聞・雑誌拾い読み 15 新聞書評欄探訪・短評

2005年8月29日、アメリカの南部ルイジアナ、ミシシッピー、アラバマの3州を襲ったハリケーン『カトリーナ』。1900年以来の大災害で被害総額は日本円で11兆円と推定され膨大だ。各メディアはその報道を連日伝えているが、取り残された地域住民の避難生活は悲惨そのもの。略奪、暴動も起っており、家等を奪われた人たちは行き場を無くし助けを求めて動けない状態と。石油精製基地もあり、90%は操業停止状態でガソリンの高騰も懸念され、アメリカのブッシュ政権の危機管理能力がまさしく問われている。一部には対応が遅すぎるとの住民等の批判も出ていて苛立ちが募っているとのテレビ報道もある。ジャズの町ニューオーリンズは、海からの高波、川の氾濫、それに湖の防波堤も決壊したため町のほとんどが浸水。事前に非難勧告が出て100万人以上が他地域に車などで避難していたにもかかわらず、車も持てない貧民層などが取り残され、ここが富めるアメリカかと言えないほど、まるで発展途上国並みの様相を呈していると各メディアは報じている。テレビで観ている限りでは旧約聖書に出てくるノアの大洪水そのものー。今年アジアではスマトラの津波災害、日本では中越地震と、また、ヨーロッパではスイス、オーストリア近辺での洪水、スペイン、フランス、ポルトガルでの山火事、中国での水害とこのところ自然災害が相次いでいる。これも地球温暖化現象の一因と言えるかも知れない。市長の陣頭指揮は胸を打つが、アメリカ政府の対応が多少遅いように見受けられたのは筆者一人だけではないだろう。町の浸水を防ぐには防波堤の修復が肝心、土嚢、コンクリート船(以前にこのコラムで広島で防波堤として立派に活躍しているとのことを書いたが)他緊急堰き止め作業が急務だが、嬉しいことに干拓工法では先進国でその蓄積があるオランダがこの地域の防波堤修復に一躍買うとのニュースもある。何よりも被災者の救出と早い今後の復興を願って止まない。皆さん、できるだけ支援しましょう。

昨夜半から日本でも大型台風14号の影響か、首都圏で局地的大雨。東京の多摩、中野では床下浸水、杉並、世田谷、板橋、埼玉の所沢、狭山、和光市他、神奈川の川崎でも被害が出ている。2005年9月5日午前2時半現在。


■書評欄の短評


①若島 正評『驚異の百科事典男』 A・ジェイコブズ著(文春文庫・1200円)
アメリカの出版社で雑誌編集者をしている35歳の男が、あるとき一念発起して、『ブリタニカ百科事典』の通読を 思い立ち、全32巻、3万3千ページ、6万5千項目を1年で成し遂げたという話。A-akからZywiec(ポーランドの南部中央の町、このコラムにも以前書いた町)まで。結局はこれでほんの少しだけ賢くなったのだろうと、また書物の効用とはこういうことだろうと書評子。この手の話はたくさんある。ある英語学者は辞書を一ページ一ページ暗記しては食べてしまったとか、ある作家は広辞苑を丸々一冊読破したとか。でも面白いかもね。読んでみたくなる?
【「毎日新聞2005年9月4日」から】

②評者・新谷尚紀『②『西周と日本の近代』島根県立大学西周研究会編(ぺりかん社・5800円)
「哲学」、「概念」、「主観」、「演繹」などの訳語で有名な西周。津和野藩出身でオランダに留学して後明治新政府に出仕、日本の近代化の基礎を築いた哲学者で、また、軍人勅諭の起草者でもある。福沢諭吉から丸山真男とつながる儒教否定の文脈だけから読むものではなく、「近代儒学」というアジア的な新視点からの見直しが必要で、今後西周の評価を革新させていく魁の一書といっていいと評価している書評子。筆者は森鴎外の周辺を今読んでいるが、この西周は確か森鴎外の仲人をやった人 ? この哲学者で想い出されるのはある日蘭交渉史 が専門の研究者でオランダ留学時代の西周を研究テーマにしていた。研究室で西周の達筆なオランダ語の自筆原稿を見せてもらったことがある。この哲学者についてはやさしく書かれた本がもっとあってもよい。
 【「読売新聞2005年9月4日から】

③現代詩手帖特集版『塚本邦雄の宇宙ー詩魂玲瓏』(思潮社・2400円)
革命家作詞家に凭りかかられてすこしづつ液化してゆくピアノ
 6月に亡くなった前衛短歌運動の旗手的存在の塚本邦雄の代表作500首と、岡井隆、辻井喬、篠弘、小池 光 による座談会などを掲載。塚本邦雄氏と言えば、最晩年全集刊行中に近畿大学文芸学科の研究室でお会いして、文部省が漢字制限をしたからおかしいと、その長身から発せられる早口で多弁なのには驚いたほど。これは読んでみたい雑誌。
 【「読売新聞2005年9月4日から】
 
④今を読み解く 岐路に立つ公立ミュージアム 東京大学教授 木下直之
ここ何年か前から叫ばれている問題にこの社会史家がコメントしている記事。今春、長崎歴史文化博物館の指 定管理者を乃村工芸社が落札したニュースは衝撃的で、多くの公立博物館・美術館では、同社に展示業務を 委託し、当然のごとく学芸員が指示を出してきたのだが、立場は逆転、今度は同社が学芸員を募集し、採用するこ とになった。また、芦屋市立美術博物館もNPOに委託に向けて動き出したとニュースに書評子は驚いている。江戸博、東博、川崎ミュージアムなども新聞等でその運営方法が話題になったばかり。一昨年の地方自冶法改正で加速され、同法第244条にいう「公の施設」の運営が、民間にも開かれたからだという。博物館・美術館が冬の時代、参入可能となった民間が春とすれば、今が季節はどちらなのか見極めるのは利用者だと書評子は言う。
 『指定管理者制度で何が変わるか』、『博物館の誕生』、『こんなに面白い東京国立博物館』、『美術カタログ論』が簡潔に紹介されている。その中で関秀夫著『博物館の誕生』(2005年、岩波新書)は、幕末にイギリスに留学した薩摩藩士町田久成が、明治政府の中枢で大英博物館をモデルにした博物館構想を実現させようとした足跡をさぐる。結果は町田の通りに行かずの帝室博物館ができ、戦後の国立博物館、2001年には独立行政法人国立博物館となって現在に至っている由。岐路に立つ博物館・美術館は今は自問し再考すべく時であると結ぶ。
 バブルの産物の如く言われて久しい公立の美術館・博物館は、これからは法人税などの税収も見込みにくい時代、利用者をもっとひきつける魅力ある構想、展示を創り出してほしいものだ。石川県立美術館の良い例もあるのだから。
【「日経新聞2005年9月4日」から】


« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31