« 超人の最新ニュースウォッチング『ロンドン同時多発テロ』 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 21 仙台市『千代ラーメン』 »

2005/07/18

超人のTVスポーツ観戦『全英オープンゴルフ』を観る

200507180223000.jpg
【写真はタイガー・ウッズの優勝・表彰式のシーンのテレビ画面をカメラ付携帯電話で撮ったもの】

男子ゴルフの第134回全英オープン選手権は17日、スコットランドはセントアンドリュースのオールドコース(7279ャ-ド、パ-72)で最終ラウンドを行い、激闘の末2位に5打差をつけて逃げ切り、通算14アンダーを出してタイガー・ウッズが優勝。2位は9アンダーの地元スコットランドのコリン・モンゴメリー、3位タイは8アンダーのスペインのホセ・マリア・オラサバルとフレッド・カブルス。日本勢は高山忠洋の4アンダ−で21位タイが最高。41位タイが2アンダーの藤田寛之。丸山は残念ながら予選落ちでした。(ちょっとだらしないですね)それにしてもタイガー・ウッズは強い。ダブルグランドスラム達成したのですから。解説者で実況中継もしていた青木功は、今後束ねて出てこないとタイガーに勝てなくなるのではとその力量を素直に認めています。3日間午前3時過ぎまでー途中半ば居眠りしながらでしたがーテレビ観戦はさすがシンドイですが、一流選手の試合には興味がそそるし、興奮もするしまた、学ぶことも多いですね。前回とは違ってそんなに荒れた天候ではなかったみたい。頻繁に変わる風向き、、深そうでしかも数多い名物ポットバンカー、比較的高いブッシュ、小高い山か丘かわかりにくいアンジレーション、それら全てが曲者でプロゴルファーの高度な技術とメンタリティーが要求されるから尚更、この大会を盛り上げているかも知れない。それにしてもタイガー・ウッズの大胆で力強いドライバー(350ヤードも飛ぶんです)、セカンドからのアイアンの正確なショット(185ヤードのある距離を9番アイアンで打つ !)、ラインの読みの正確さなど運動能力を超える神業さえ時折見せてくれました。また、中盤手前多少追い上げられるシーンがあって混戦か、逃げ切りかの瀬戸際のシーンでは挑戦者がダボになったりして自滅していく中、タイガーは一人果敢にリードを続けるその技術力に勝るとも劣らないメンタリティーでも観ている者を感服させました。今回勇退したジャック・ニコラウスに続く"聖地の覇者"が、18番最終ホールで無理せずパーセーブを決めて帽子を脱ぎ軽く会釈して観衆に応えているあたり、それは、去年の不振を払拭し一回りも大きくなり自信満ちたタイガー・ウッズそのもの。多くの観衆は拍手でもって称賛を称えました。タイガー・ウッズの白い歯がこぼれ、母(7月7日のロンドンでのテロ事件では現場近くのビルにいたとか)、妻そして家族に悦びを分かち合う抱擁は印象的。この難しい名門ゴルフコースを見事に読み切って優勝した者でも、いろんなコースがあるのでそれを想定しながらこれからも練習し続けていくとの求道者の顔も覗かせているとはある新聞社の記事。
ギャラリーは一日4万人以上で史上最高とか。勿論第一回目が1860年の歴史と伝統の名門ゴルフ場。プロゴルファーなら誰でも憧れるセントアンドリュース!下手な筆者でも一度は行ってみたいな?因みに優勝賞金は1億4400万円。st


 【写真右:帝王ジャック・ニコラウスも3日目に勇退記念に通ったSt.Andrewsの有名なbridge。テレビ朝日のHPより】

« 超人の最新ニュースウォッチング『ロンドン同時多発テロ』 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 21 仙台市『千代ラーメン』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人のTVスポーツ観戦『全英オープンゴルフ』を観る:

« 超人の最新ニュースウォッチング『ロンドン同時多発テロ』 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 21 仙台市『千代ラーメン』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31