« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/31

超人の面白読書 2 洋書 Memoirs of a Geisha written by Arthur Gollden

photo:an illustration from "Memoirs of a Geisha" sashie
At length I heard the maids greeting someone in the front entrance hall bellow,and Mother went down the stairs. When she came back a few minutes later she wasn't escorting Dr. Crab at all,but a much younger man with smooth silver hair,carrying a leather bag.
"This is the girl,"Mother said to him.
I bowed to the young doctor,who bowed back to me.
"Ma'am,"he said to Mother,"Where shall we ...?"
Mother told him the room we were in would be fine. The way she closed the door,I knew something unpleasant was about to happen. She began by untying my obi and folding it on the table. Then she slipped the kimono from my shoulders and hung it on the stand in the corner. I stood in my yellow underrobe as calmly as I knew how,but in a moment Mother began to untie the waistband that held my underrobe shut.
I couldn't quite stop myself from putting my arms in her way-though she pushed them aside just as the Baron had done, which gave me a sick feeling. Afer she'd removed the waistband,she reached inside and pulled out my koshimaki-once again,just as it had happened in Hokone. I didn't like this a bit,but instead of pulling open my robe as the Baron had,she refolded it around me and told me to lie down on the mats.
The doctor knelt at my feet and, after apologizing,peeled open my underrobe to expose my legs. Mameha had told me a little about mizuage,but it seemed to me I was about to learn more.
Had the bidding ended,and this young doctor emerged the winner ? What about Dr.Crab and Nobu ? It even crossed my mind that Mother might be intentionally sabotaging Mameha's plans. The young doctor adjusted my legs and reached between them with his hand,which I had noticed was smooth and graceful like the Chairman's. I felt so humiliated and exposed that I had to cover my face. I wanted to draw my legs together,
but I was afraid anything that made his task more difficult would only prolong the encounter. So I lay with my eyes pinched shut, holding my breath. I felt as little Taku must have felt the time he choked on a needle,and Auntie held his jaws open while Mother put her finger down his throat. At one point I think the doctor had both of his hands between my legs; but at last he took them away,and folded my robe shut.
When I opend my eyes, I saw him wiping his hands on a cloth.
"The girl is intact,"he said.
"Well, that's fine news !" Mother replied."And will there be much blood ?"
"There shouldn't be any blood at all. I only examined her visually."
"No, I mean during mizuage.
"I couldn't say. The usual amount, I should expect."
When the young silver-haired doctor had taken his leave, Mother helped me dress and instructed me to sit at the table. Then without any warning, she grabbed my earlobe and pulled it so hard I cried out.
She helped me like that,with my head close to hers,while she said;
"You're a very expensive commodity,little girl, I underestimated you. I'm lucky nothing has happened. But you may be very sure I'm going to watch you more closely in the future. What a man wants from you, a man will pay dearly to get. Do you follow me ?"
"Yes,ma'am !"I said. Of course, I would have said yes to anything, considering how hard she was pulling on my ear.
"If you give a man freely what he ought to pay for, you'll be cheating this okiya. You'll owe money, and I'll take it from you. And I'm not just talking about this !" Here mother made a gruesome noise with her free hand-rubbing her fingers against her palm to make a squishing sound.
"Men will pay for that," she went on. "But they'll pay just to chat with you too. If I find you sneaking off to meet, even if it's just for a little talk..." "And here she finished her thought by giving another sharp tug on my earlobe before letting it go.(from P.272-P.274)

to be continued


2005/07/30

超人の面白読書 洋書 Memoirs of a Geisha by Arthur Golden

geisha
Memoirs of a Geisha, a novel by Arthur Golden Alfred A. Knopf New York 1997 First editon
arthur_golden 【写真左:novelist Arthur Golden 写真右:Memoirs of a Geisha の原書初版本表紙】


TRANSLATOR'S NOTE

One evening in the spring of 1936,when I was a boy of fourteen,my father took me to a dance performance in Kyoto. I remember only two things about it. The first is that he and I were the only Westerners in the audience;we had come from our home in the Netherlands only a few weeks ealier,so I had not yet adjusted to the cultural isolation and still felt it acutely.The second is how pleased I was,after
months of intensive study of Japanese language,to find that I could now understand fragments of the conversations I overheard. As for the young Japanese women dancing on the stage before me,I remember nothing of them except a vague impression of brightly colored kimono. I certainly had no way of knowing that a time and place as far away as New York City nearly fifty years in the future,one among them would become my good friend and would dictate her extraordinary memoirs to me.
As a historian,I have always regarded memoirs as source material.A memoir provides a record not so much of the memoirist as of the memoirrist's world.It must differ from biogaphy in that a memoirrist can never achieve the perspective that a biographer possesses as a matter of course....

Chapter one

Suppose that you and I were sitting in a quiet room overlooking a garden,chatting and sipping at our cups of green tea while we tallked about something that had happened a long while ago,....


Chapter thirty-five

But now I know that our world is no more permanent than a wave rising on the ocean.Whatever our struggles and triumphs,however we may suffer them,all too soon they bleed into a wash,just like watery ink on paper.

斎藤孝の本をはじめあらすじ本が売れているらしい。しかも出版社の意向に反してビジネスパーソンが読んでいるという。ここでも1997年に出た"Memoirs of a Geisha" のさわりの部分を原書から引用してみた。
小説は、オランダ人の歴史家が、京都の祇園で一世を風靡した後にアメリカに移住した芸妓、ニッタ・サユリと知り合い、彼女の前半生を18ヶ月にわたって口述筆記するという仕立てで、1930年代頃の京都は祇園の花街を舞台にした一人の女の成長物語。苛めながらも見事に舞妓から芸妓に変身を遂げ成長し水揚げ代の最高額を記録するまでになる。何故に今頃になってこの本を読破してみようと考えたか。スティーブン・スピルバーグが映画化し今年12月23日に公開する映画で話題になっていて、主演は中国人だが、渡辺謙、役所広司、桃井かおり、工藤夕貴などの日本人俳優も出演するからか。答えはNONである。この本には筆者なりの発見と思い入れがあるからに他ならない。翻訳は2年後の1999年11月に小川高義訳・邦題『さゆり』で文藝春秋社から上下二冊本で刊行された。
この翻訳者・小川高義氏は、2000年にピューリッツアー賞を受賞したロンドン出身でニューヨーク在住のインド系作家ジュンパラヒリ Jumpa Lahhiri の処女短編集『停電の夜に』を翻訳した人。筆者も途中まで読んでそのままにしていた新潮文庫。ネットで調べているうちに思い出したみたい。そして、この翻訳者に関して雑誌『翻訳通信』2003年10月号に興味深い記事を見つけた。以下その雑誌からの引用。

須藤朱美氏よる名訳解説。

小川高義訳『さゆり』

「へえ、おかあさん、これから気張らせてもらいます」
「もう初桃さんを怒らせんといてや。ほかの子ぉかて、あんじょうやってますのや。あんたにできひんことあらへんえ」
「へえ、おかあさん……ええと、一つだけ聞いてもよろしおすやろか。うちの姉の行き先を知ってはる人おへんのか、ずっと気になって、あの、手紙でも出したい思うてまして」
(アーサー・ゴールデン著小川高義訳『さゆり』文藝春秋社p71~72)

 いっさいの前情報なしに上のセリフを読んで、はたしてこの文章に英語の原著があり、それを日本語に翻したものだとピンとくる方がおられるでしょうか。もしいらっしゃるとしたら、おそらくその方は卓抜なる日本語力をお持ちであり、わたくしのごとき若造にはとうてい到達しえない境地にふみこまれている方か、でなければ、翻訳というものは英語ができればおのずとなしえる生業だと、いささか勘違いされている方だとしか言いようがありません。それほどまでに小川氏の訳は美しい日本語で訳されています。さっそく例を挙げて検証したいとおもいます。

ほかの科目では、おカボも三味線ほどの体たらくではありませんでしたので、見ているほうも救われました。たとえば舞のお稽古ですと、全員そろって動きますので、一人だけ目立つということがありません。それにおカボも下の下というわけではなく、ぎこちないながらに、どことなく味のある動きをしていたように思います。
(上巻p82)

It was a relief to me that Pumpkin’s other classes weren’t as painful to watch as the first one had been. In the dance class, for example, the students practiced the moves in unison, with the result that no one stood out. Pumpkin wasn’t by any means the worst dancer, and even had a certain awkward grace in the way she moved.
(原文ペーパーバック版p57)

 『さゆり』の訳には特筆すべき特徴が二点あります。一つは、まえから順に訳しながら日本的論理展開で訳されていること。もう一つは日本的情緒を含む言葉で英語臭を完全に消していること。

 この話の舞台は京都の祇園です。訳書を手にした場合、おおかた日本人が日本語で日本を舞台にした小説を読むのですから、ほんの少しの英語臭さでも鼻につきます。しかし小川氏の訳は日本人の論理と言葉を軸にして、そこからぶれることなく訳しているために嫌悪感を抱かせる要素が微塵もありません。

 上の訳文からは<It…that~>や<as…as>の構文・論理展開がまったく透けていません。そのかわりに「体たらく」「見ているほうも」など、言葉尻で探しても原文には見当たらない単語がならんでいます。また日本語にはない完了形、<the first one had been>の部分は時制ではなく比較のようなかたちで英文の言わんとしている内容を簡潔に伝えています。

 なにより驚くのは「下の下」という言葉です。原文はと言えば<the worst dancer>となっています。最上級は「最も~」と訳すものだと中学生のころに教わりますし、最上級が出てくれば英文和訳の際にはどこかの宗教かとおもうほどみな意を一つにして「最も…」と書きはじめますが、はたして普段ものを書いたり話したりするときに「最も…」というフレーズがどれほど口を付いて出てくる機会がありましょうか。英語ではとにかく比較級だの最上級だのがよく出てきますが、必ずしも「~より上」、「一番~」と言いたいのではなく、単に強調しているにすぎないことが往々にしてあります。いちいち比較級、最上級に訳していたら読者は読む気が失せます。それほど比較級、最上級は英文で頻出し、日本語の文脈に馴染まないものです。それをさらりと訳す小川氏の「下の下」という言葉の発想はただただ感服するばかりです。

 次の例を見てみましょう。

まことに粋をきわめたというべき美しさでしたが、それもそのはず、私が知らなかっただけのことで、日本でも指折りの格式あるお茶屋さんに来ていたのでした。いいえ、お茶を飲みに行く店ではございません。男の方が芸者をあげてお遊びになるところがお茶屋なのです。
(上巻p115)

It was exquisitely lovely― as indeed it should have been; because although I didn’t know it, I was seeing for the first time one of the most exclusive teahouses in all of Japan. And a teahouse isn’t for tea, you see; it’s the place where men go to be entertained by geisha.
(原文ペーパーバック版p81)

上の英文は私たち日本人に馴染みにくい、つまり直訳をしたのでは作者の言わんとすることがまったく伝わらない文章です。

まず一つは<as indeed it should have been>。直訳すると「事実、お茶屋は美しかったはずであるように」となりますが、一体なにを言おうとしているのか読むほうには伝わりません。ひっかかるのは<当然を表すshould>です。ここに<強調のindeed>が加わると下手な訳者は決まって「事実、……べきである」と、わかったようなわからないような、字面だけなんとも偉そうな訳文をつくるものです。原文でこれだけ短いのですから、やはり日本語でもさらりと流したいところなのですが、助動詞・完了形・強調などの要素を頭でこねくりまわしているうちにいびつで冗漫な訳文以外浮かばなくなります。

ところが小川氏はこの部分を「それもそのはず」の一言で英語の持つ要素を簡潔に表現しています。こういった訳出の仕方は、まず学校では教わりませんし、辞書や翻訳指南書にも載っていないでしょう。多読・精読の訓練を積んだ者のもとにミューズが降りてきた、そんな神秘的な力さえ感じられます。こういう文章の訳で訳者の力量というものが浮き彫りになる気がします。

 次は<one of the most exclusive teahouses>という箇所です。私事になりますが、中学校でこの<one of the 最上級>という構文を「一番○○なもののうちの一つ」と訳すものだと習ったとき、どうしても腑に落ちないことがありました。「一番○○なものって、一つじゃないの。そのうちの一つということは、一番○○なものというのはそんなにたくさんあるものなの。だとしたら最上級ってなに?」中学生だったわたくしの頭はパニック寸前でした。おそらく先生に質問しにいったとはおもうのですが、「ああ、なるほど」と感じた記憶が残っていないので適当にあしらわれてしまったのでしょう。わたくしの方でも「どういうことかよくはわからないけれど、要は『一番○○なもののうちの一つ』と書いておけばテストで丸をもらえるらしい」と最小限の労力で、この<one of the最上級>問題を一件落着させてしまいました。

それから十年後、「この<one of the最上級>は物理的な関係を表しているのではない。<very>の強調である」と、とある識者に教わりました。そのときは十年来封印されていた呪縛が解かれた心持ちでした。なるほど、解釈の仕方は分かりました。しかし翻訳者として訳すのであればこれをどういった言葉で表現すればよいのでしょうか。以来、<one of the最上級>をひとはどう訳すのかとひそかに気にしていましたが、納得できるものには出会えませんでした。ところが『さゆり』でため息のでるような表現に出会ったのです。

 <one of the most exclusive teahouses in all of Japan>の部分を直訳すれば、「日本中で一番高級なお茶屋のうちの一つ」となります。<one of the最上級>を<veryの強調として訳しても、せいぜい「日本で非常に高級なお茶屋のうちの一つ」といったところでしょう。ところが小川氏の訳文では<one of the最上級>の部分を、作者が日本人であったらまさにこう書いただろうという言葉で表現しています。「日本でも指折りの(格式あるお茶屋さん)」は、原文の意味をきちんと伝えた日本語的表現であり、ほのかな日本的情緒さえ漂わせています。わずかな英語臭も感じられないことに驚かずにはいられません。

この言い回しは<one of the最上級>がでてきたらいつでも使えるというものではなく、この文脈だからこそ輝きを発した表現でしょう。応用性のごく低いものです。ただし<one of the最上級>をこれほどうまく訳している訳本にいまだわたくしは出会ったことがありません。「いや、それはほめすぎだ」と言う方がいらっしゃいましたら、ためしにこちらの原書を一ページ訳してみてください。小川氏のようにするりと繊細な日本語で訳出できる方は、そうはおられないでしょう。

 そして訳の技術とは関係のないところかもしれませんが、小川氏の訳書『さゆり』はどの頁を開いても日本語の活字本として、その見た目が美しいこと。原書ではなく訳書で読む価値のある本がここにあります。

著者アーサー・ゴールデンはTennessee州Chattanooga生まれ、Harvard Collegeで日本美術史を専攻、Columbia University で日本史(室町時代)の修士号を取得。日本の出版社に14ヶ月勤め、帰国後Boston Universityで小説作法の修士号を取得した。現在はMassachusetts州Brooklineで妻と二人の子どもと暮す。The New York Times紙のオーナーであるザルツバーガー家の係累。この本が処女出版である。これが200万部以上売れて大ベストセラーになとなり、26ヶ国語以上に翻訳されている。歌手のマドンナもこの本を読んでゲイシャスタイルに熱を上げた一人。
ところで、雑誌などに出たこの本の紹介、書評とは別に個人のコラムで面白い書評があったので引用してみる。

vendredi 14 Novembre 2003
auteur : Mlle.C
さゆり
アーサー・ゴールデン著 小川高義訳『さゆり』上・下巻(文藝春秋)読了。

パリの書店で山積みになっていたのを見かけたのが数年前のこと。
そのときは「…どうせまた間違った日本観(フジヤマゲイシャエキゾチックジャッパーン系)が描かれているのだろうな…」と思いながら通り過ぎたのであるが、実際に読んでみるとなかなかよく調べてある。人名などの固有名詞がときどき不自然であることを除けば、日本人が書いたと言われても信じてしまうかもしれない「自然さ」である。もちろん、芸妓たちの台詞をすべて京詞であらわしたのみならず、状況に応じてgeishaを「舞妓」「芸妓」、okiyaを「屋形」などと訳し分けた訳者の功績も大きいだろう。

実際、構想十年を要したというこの作品の良さはその正確さ、自然さに尽きるのであって、小説としては凡作であると言わざるをえない。全体に橋田壽賀子調大河ドラマといった趣で、主人公のさゆりも苦難に耐えるだけの辛抱強さは持ち合わせているものの、自ら運命を切り開いていくタイプではない。流されるままに流されていると、いつのまにか周囲が助け船を出してくれて生き延びるという塩梅である。主人公としての魅力は薄い。
海外でベストセラーになったのも「おしん」が受けたのと同じような感じだったのではないだろうか。日本では、「日本人からみても不自然ではない」ということで過大評価されている部分もあるように思う。

ところで、謝辞で触れられている「祇園のしきたりや芸妓の暮らしについてレクチャーしてくれた女性」というのは、かつて名妓として名を馳せ、勝新太郎の愛人としても知られた岩崎峰子さんのことである。その峰子さんがゴールデンを訴えた。名前を出さないことを条件とした取材協力だったのに約束を破られた、のみならず、描かれた芸妓の姿が、偏見に満ちた日本女性像の枠を出ないものであったことに憤慨したからだという。
彼女の自伝も読んだことがあるが、京のいけずここに極まれり!といった感じの本で、あまりいい印象は受けなかった。とはいえ、「芸は売っても身は売らぬ」芸妓としての誇りには感嘆したものである。
その峰子さんが、芸の研鑽に打ちこむでもなく、旦那にすがって生きていくだけの存在として書かれた芸妓像に憤慨したのも無理はない。

しかし、峰子さんが一番反応したのはおそらく「水揚げ」のシーンではなかったかと推測される。法外な花代と引き替えにさゆりの処女が競り落とされるくだりである。
その気持ちは分からないでもない。外国人(時には同胞でも)の中には、いまだに花街に隠微なイメージを抱いている者が多く、私もそれを不満に思っていた。
しかし、これは実際どうなんだろうか。もちろんきょうび舞妓芸妓が娼婦だと思っている日本人はいないだろうし、「水揚げ」なるものが実質的には存在しないことも、ちょっと詳しい人なら知っているはずだ。
ただ、「さゆり」の舞台は戦前である。赤線廃止前。舞妓が後ろ盾としての旦那を持つことはあっただろうし、そうなれば身を任せずに済んだとも思えないのである。少なくとも、峰子さんが言うように「舞妓は伝統的に公家の子女がなるもの」だったとは到底信じ難い。

舞妓の数は年々減っているようで、京都に行っても本物の舞妓さんを見ることは滅多にない。いると思ったら観光客が扮した偽舞妓だった、ということがほとんどだ。
私が初めて本物の舞妓さんを目の当たりにしたのは、ちょうど一年前の今頃、円山公園近くの料亭でのことである。廊下ですれ違った舞妓さんは、私よりはるかに年少で、あどけなささえ残していた。酔客の無遠慮な笑い声が漏れ聞こえる部屋に入っていく、その姿を見送りながら、思わず心の中で「お仕事頑張ってね」と呟いたのであった。

to be continued.

.


学術先端情報-学術mini情報誌「PS JOURNAL」の紹介 続

学術mini情報誌「PS JOURNAL」 季刊 (発行・編集 日本図書センターP&S journal刊行委員会 無料


Img010

2004年 第4号 特集 研究者の現在 Ⅲ
【目次】

■『非戦論』について 文芸評論家     富岡幸一郎

■行政史料と個人情報   専修大学助教授   永江雅和  

■『普遍性』をめぐって     駿河台大学教授      北原仁

■島崎藤村研究の現状と文学を読むことの意義
                    宮城学院女子大学教授  伊狩弘

■嘉永6年のできごと         関東学院大学教授   矢嶋道文  

■植民地鉄道史研究の現在     奈良大学助教授     三木理史

■金融史研究の現在         名古屋市立大学講師  横山和輝

島崎藤村研究の現状と文学を読むことの意義
 
伊狩 弘(宮城学院女子大学教授/日本近現代文学)

  昨年、島崎藤村の『沈黙』という短編について考えてみた。この小説は渡仏する直前の藤村が、幽界の緑雨に語りかけるかたちで二人の交情を懐古した小説である。藤村と緑雨というとあまり親和感がなさそうだが、調べてみるとそうでもない。この交友は藤村の新たな一面を照らし出す契機でもある。そしてそこから一つの疑問に突き当たった。それは一葉の亡くなった明治29年11月23日ころ、藤村は緑雨とともに一葉宅を弔問し、葬儀をめぐって緑雨と邦が話すのを聞いたように書かれていることだ。これは果たして虚構なのかどうか。東北学院の教師をしていた藤村のもとに一葉危篤の知らせが行くわけはない。また母親のぬいが10月25日にコレラで死去、埋骨のため馬籠に帰省し、仙台に戻ったのは11月の10日頃だと思われるので、その後2週間足らずでまた上京したとは一般的に考えにくい。が、ここで秀雄の留守宅の様子を勘案する必要がある。秀雄は明治27年に下獄していた。留守宅には母親ぬいと嫁の松江(36歳)、いさ子(9歳)と周爾(1歳)そして友弥(27歳)が残った。友弥がどういう人間だったか考えると、ぬいが死んだ後、松江と友弥の間にどのような葛藤が生じたか、容易に想像がつく。そもそも友弥は放浪の挙句に悪病を負って馬籠に舞い戻った、その時すでに不埒な行いをしたことが窺える。『家』(上巻四)に徴してみる。
宗蔵の話が出ると、実は口唇(くちびる)を噛んで、彼様いふ我儘な、手数の掛る、他所(よそ)から病気を背負つて転がり込んで来たやうな兄弟は、自分の重荷に堪へられないといふ語気を泄(もら)した。そればかりではない、実が宗蔵を嫌ひ始めたのは、一度宗蔵が落魄(らくはく)した姿に成つて故郷の方へ帰つて行つた時からであつた。其頃は母とお倉とで家の留守をして居た。お倉は未だ若かつた。
 上に引いたように「未だ若かつた」松江に対して友弥が何をしようとしたか明白である。そして東京では、夫は獄中、藤村は仙台に移り住み、頼みの母親が頓死したわけだから残された松江が恐慌を来したのも当然だと思われる。友弥の出生の疑惑なども嫌悪感の要因になったかもしれない。そこで松江は仕方なく藤村にSOSを発信した。友弥をどこかへ連れて行くか、藤村が戻って監視するか、いずれにせよ一緒に暮らすことはできないと。このような想像は穿ち過ぎとは言えないと思う。仕方なく藤村は友弥に自重を求めるべく上京し、たまたま一葉の訃報に接したのではないか。『家』によれば、やがて秀雄は結婚したばかりの藤村夫婦に友弥の世話を
させようとしたが、それも松江の希望ではなかったかと思われる。厄介者の友弥はその後よそに預けられ廃人となって歿した。
 文学を読み学ぶことは以上のように人間の奥深い実態を考えることでもある。日本の近代文学史では一部の作家を除けば大概は惨憺たる人生の上に作品が成立した。ただし藤村は、葛西善蔵や嘉村礒多などの破滅型作家のように自身が破滅するのではなく、家族親戚の破滅的人生を糧にして文学を紡ぎ出しながら自分は超然と文壇の最高位に立った。そのために芥川からは「老獪な偽善者」と言われ、谷崎ほかの作家から毛嫌いされた。
 話を元へ戻すと藤村は友弥の性行を知っていながら、母親ぬいが同居していることを頼みにして仙台へ赴任したのであろう。その仙台行きは『奥の細道』を気取るものだった。藤村は赴任してすぐに松島に詣でている。「わが松島に入りしは九月十九日にして旧暦八月の十三日にあたれり。十三夜の月を心あてにして、仙台を発し塩釜に向ひしころは、東天ほのかに白うして加ふるに覚束なき雲行なりければ、汽車の窓より鶏鳴を聞きて、かのさよの中山の馬上ならねど、残夢未ださめやらずして塩釜に下りぬ。」(『一葉舟』所収「松島だより」)という冒頭が如実に示しているとおりで、ここには透谷の松島紀行ほどの詩魂は見られない。関西漂白の旅がやはりそうだったように、藤村は漂泊の詩人に身を準えた。そして幾ばくもなく母がコレラで死に、永昌寺での葬儀と埋葬のため馬籠に帰省した。そのあたりを「木曾谿日記」(『一葉舟』所収)に見ると、母の亡くなったという知らせは藤村が支倉町の借家に布施淡一家とともに住んでいた頃、たまたま布施は写生旅行に出ており、藤村はD氏(Dという頭文字からは土井晩翠かと思われるが、あるいは川合山月であろうか)とともに広瀬川畔を散策、一見亭という茶屋で一献傾けて帰宅した、その時であったという。「仙台で眺めのあるのは、ことに秋だ、とりわけて空のながめが麗しい。(中略)十月の末には秋風が赤くなつた柿の樹の葉を吹いて、庭に栗の落つる音もおもしろい。東北の秋色、これも擅((ほしい))まゝに楽む自分の身には、また得意の一つであつた。」とある。私は仙台に住んでかなり長くなるけれども、仙台の秋空がよそに比べて特に趣深いと感じたことはなく、栗の落ちる音を聞いたこともない。藤村の風流意識の産物であろう。
 「ハヽビヤウキスグコイ」の電報で藤村はその晩の12時40分発の夜汽車で上野に向かった。約12時間かかつて翌日の昼過ぎに到着した我が家は消毒のために入れない。母の亡骸は本所の避病院に収容されていた。その夜、遺骸は火葬場で荼毘にふされ、藤村は遺骨を携えて今度は名古屋・中津川経由で満15年ぶりに馬籠に帰郷した。紙数も尽きたが、このように藤村は芭蕉の紀行文めかして母の死を書いたが、もしかすると母の密通の結果生れた子かもしれない友弥の存在はここでも捨象されていた。一つの疑問の根は掘ってみると案外深かったのである。


Img009

2005年 第5号 特集Ⅳ  若手研究者を中心に

【目次】

■市民(地球市民)育成への挑戦   東京国際大学教授   下羽友樹

■インターネット情報源の検索演習 昭和女子大学教授   大串夏身

■閲覧者から見た資料館
東京大学大学院経済学研究科日本経済国際共同研究センター研究機関研究員  高嶋修一

■大学史編纂雑感           青山学院大学助手   鈴木勇一郎

■日本の「負の遺産」を考える   千葉科学大学非常勤講師  中川洋

■山形県櫛引町黒川の資料調査から 
                日本大学通信教育部インストラクター 桜井昭男

■歴史データベース研究開発の一事例
                独立法人平和祈念事業特別基金   小坂肇
Img008


2005年 第6号 特集 研究者の現在Ⅴ 経済史を中心に

【目次】

■綿業史研究の現状と問題点    大阪大学教授       阿部武司

■二分法的経済社会認識の錯誤  大阪市立大学教授    大島真理夫

■もうひとつの研究活動        立教大学教授       及川慶喜

■古書店で出会った資料や蔵書がおしえてくれたもの
                       浦和大学教授       寺脇隆夫

■カフェーと文化運動          関西大学助教授    増田周子

■志士と由緒     仏教大学・京都産業大学非常勤講師  笹部昌利

■イギリスでの出来事         龍谷大学助教授      佐々木淳

   

2005/07/29

超人の面白ラーメン紀行 22 東京都千代田区神田『万世神田駅店』

気温34度の東京神田。歩くたびに汗がどっと出て、横断歩道ではまるでヒートアイランド現象さながらの様相。 そんな中、久し振りに『万世』のパーコーラーメンをJR神田駅南口徒歩1分の万世ラーメンコーナーで食べた。(価格 750円)体調がイマイチの筆者だが、懐かしい味に接したことが嬉しい。何せ何十年と食べ続けているのだから。そのパーコーの外側のサクサク感と内側のジューシーさ、肉汁ぽっくて多少甘ったるい醤油ベースのスープ、支那竹、ほうれん草に名前の忘れた一品。いずれもシンプルで変わらぬ味。店によっては微妙に味が違うが。たとえばここの神田店と有楽町店などが典型的かな。しかし今のラーメンブーム以前のとんかつっぽい豚の排骨、これが美味いと神田は交通博物館近くの万世橋寄りにある本店地下にもしばしば通ったものだ。かつて雑誌『朝日ジャーナル』のコラムで評論家川本三郎に、この排骨麺を食できるとは何と至福のときかと言わしめた代物。特にちょっと辛い胡椒をかけて味わう舌の感触が忘れられない。以前ほどコクがないスープ、もう少しコシが欲しいストレート系太麺、見た目の色彩も欲しいトッピング、元気がない厨房、ホールの従業員、もう少し安くても良い価格と、筆者基準の評定からは残念ながら緊張感があまりなさそうだ。この日は暑かったせいもあるかも知れないが、もうちょっと品質改良、店の模様替えなど創意工夫して頑張って欲しいな。ファンはいるのだから・・・。
『万世神田駅店』①スープ★★②麺★★③トッピング★★☆④雰囲気・接客★☆⑤価格★★

夏神田 涼むビルにも 麺喰らい

200507291332000.jpg

追記。久し振りにに用事があって『万世神田駅店』でパーコー麺を食した。驚くなかれ、2年ほど前と比べて店が活気づいていた。内装は黒を基調に大人なのムードでシックに、メニューは一品料理も増やし豊富にそしてちょっと華やかそうな女性従業員を前面に出して変身したのだ。粋な居酒屋風ラーメン店への転調である。ここには以前と違って心地よいリズムが感じられた。客も入っていた。へぇーである(2007年6月7日 記)。

2005/07/24

クロカル超人の最新読書案内①岡田哲著『ラーメン誕生』②網野善彦著『日本の歴史をよみなおす』③林博史著『BC級戦犯裁判』

最近買い込んだ書籍。raumentanjou
一冊目は岡田哲著『ラーメン誕生』(2002年1月刊 P.234 定価720+税  ちくま新書)。たまたまブックオフで見つけた本ですが、著者は『とんかつの誕生』、『コムギ粉の食文化史』、『カステラ文化史全書』などの著作をもつ食文化史研究家。中国めん料理の発達小史、日本のめん食文化の歩み、ラーメンへの芽生え、料理書にみるラーメンへの変遷、ラーメンの魅力を探る、日本が生んだ世界のラーメン、こだわりの味・くせになる味、ラーメンと日本人からなるとっても面白くためになる本です。巻末の参考文献、家庭向け料理書にみるらーめんへの変遷、ラーメン年表も参考になるし興味深い。通勤、出張の電車のなかで気軽に読めて、なるほどと唸ることしばしば。更なるラーメン道追求には恰好の書です。前半は歴史を紐解くあたり、多少忍耐が必要ですが、それもラーメンを深く知ればこその通過点です。筆者としてはラーメン食べ歩き最中、こんな本が欲しかったからハマリました。読了するまであと少し。
ところで、今流行りのラーメン店最新ニュース。超人気ラーメン店中野の「青葉」店主が監禁・暴行された事件にはビックリ、SURPRISE。この店へは筆者は残念ながらまだ入っていません。噂は聞いておりますが。スープの味を守るにも一苦労あって有名店は大変らしい。ラーメン戦争はエスカレートしていますが、生き残るのも大変。たかがラーメン、されどラーメン、です。

amino
二冊目の網野善彦著『日本の歴史をよみなおす』(2005年7月刊 P.499 定価1200+税 ちくま学芸文庫)は、網野史学のエッセンスが詰まった本。文字について、貨幣と商業・金融、畏怖と賎視、女性をめぐって、天皇と「日本」の国号、日本の社会は農業社会か、海からみた日本列島、荘園・公領の世界、悪党・海賊と商人・金融業者、日本の社会を考えなおすからなり、著者は日本中世史、日本海民史専攻の著名な歴史家。著作は『蒙古来襲』、『日本中世の非農業民と天皇』、『無縁・公界・楽』、『日本社会の歴史(上・中・下)』など多数。今までの歴史観を覆すその独特な歴史観は"網野史学"と呼ばれ多くのファンをもったが、惜しくも1年前の2004年に亡くなっています。折りしも歴史教科書問題でゆれている日本、中国、韓国。権力者や支配者におもねった歴史ばかりではなく民衆からの歴史を考えることが必要かも知れません。筆者は多少読んできましたが、思い切って通読してみようと企んで手に取った次第。

bcranking
三冊目は林博史著『BC級戦犯裁判』(2005年6月刊 P.218 定価740+税 岩波新書)。現代史専攻の著者が最近、日本社会は冷静さを失い、排外的なナショナリズムや他者へのバッシングが横行しています。日本の戦争責任への自覚も、戦争への抵抗感も薄れてきています。そんなときだからこそ、日本自らの過去と現在を冷静にかつ自己反省的にみつめることが必要だと思いますと、本書のあとがきで記しています。戦後60年の節目の8月はもう間近、ちょっとは考えてみようと読み始めています。
参考:PS JOURNAL 2004 SUMMER 第3号 林博史小論「研究者の現在 Ⅱ ジェンダーの視点からの軍隊・戦争研究」(2005年1月23日付記事)以下内容は転載。

ジェンダーの視点からの軍隊・戦争研究
                    

林博史(関東学院大学教授/現代史)

これまで日本軍の戦争犯罪・戦争責任についていろいろ調べ書いてきた。マレー半島での日本軍による華僑虐殺、東南アジアへの侵略、イギリスによる対日戦犯裁判をはじめとするBC級戦犯裁判、日本軍「慰安婦」、沖縄戦、戦争犯罪・戦争責任問題、など。調査で回ったのは、中国、北朝鮮、韓国、マレーシア、シンガポール、沖縄などの現地(資料館や大学も含めて)とイギリス、アメリカの公文書館、図書館などである。それらの研究は基本的には日本軍の問題だが、戦犯裁判はそれにとどまらず連合国の戦中戦後政策でもあるので、第2次大戦期から戦後冷戦期の各国の政治外交安全保障政策も勉強せざるをえない。当然、日本の戦前戦中戦後の近現代史は必須である。しかし日本のことしか知らないのでは日本のことをきちんと理解できない。特に日本史研究者はそういう傾向が強いので(外国史研究者は逆に日本のことを知らなさ過ぎるが)、アジア―米英―日本という複合的な観点で考えようとしてきた。
最近、米軍についての資料を集めている。今日、米軍が世界中で戦争をおこし、他国の女性たちを貶めているからには、やはり米軍をきちんと分析批判する必要があると思うのだが、自衛隊サイドの軍隊のための軍事研究者や軍事マニアを除くと、平和の視点からの軍隊・戦争研究がきわめて遅れている。特にジェンダーの視点で考えてみたいと思い、米軍の性問題に対する政策をテーマとして取り上げている。 アメリカの国立公文書館では現在、1950年代の途中まで、米軍(陸軍)の世界各地への派遣軍の資料を見ることができる。資料によっては60年代も公開されつつある。売買春、性病、性犯罪、同性愛、軍紀など性問題といってもいろいろなアプローチの仕方があるが、米軍がそうした性に対してどのように考え、対応してきたのかを19世紀末からたどっている。19世紀末というのはハワイ併合や米西戦争、義和団事件などによって、ハワイ、フィリピン、中国、パナマ、プエルトリコ、キューバなど各地に米軍が駐留をはじめたときだからである。戦後の日本や沖縄、韓国、フィリピン、タイなどアジア各地を占領あるいは駐留した米軍による性犯罪や買春などは大きな問題であったし、いまもそうである。かつての日本軍も国内では遊郭を利用し、海外では慰安所を作って女性たちを性奴隷として扱っていたが、その日本軍がやっていたことはどれほど世界的に共通のものであり、どれほど独自のものなのか、日米両軍を見ているといろいろ見えてくる。米軍資料のなかのどこにそうした関係資料があるのか、最初は手探りで調べ(もちろんアーキビストからは貴重な手がかりを教えてもらったが)、たくさんの資料を請求してもハズレだったことも多かったが、この4年ほど何度も公文書館に通ったので、そうした関係資料が含まれているファイルの見当がつくようになった。それらの資料を読みながら、米軍の性への対応が西欧や日本とはかなり異なったものであることがようやくわかってきた。日本軍慰安婦問題が1990年代に大きく取り上げられるようになり、その問題にかかわるようになったが、フェミニズムの議論から多くのことを学び、ジェンダーの視点の重要さをようやく理解できるようになった。そのこともこうしたテーマを取り上げようと考えた理由である。ほかにアカデミズムへの失望もある。たとえば日本の平和学会は1990年代を通じて日本の戦争犯罪や戦争責任問題をほとんどまったく取り上げなかったし、ジェンダーの視点が欠けていると思われるような企画が多かった。ようやく戦争と性暴力を大会で取り上げたのは2000年のことだった。日本の平和学は軍隊や戦争そのものを研究しようとしてこなかった。これは日本の平和思想・運動にも共通する致命的な欠陥であるだろう。歴史学会のなかでも侵略戦争への反省のうえに研究を進めているはずの歴史学研究会も90年代を通じて(その後も)、戦争責任問題や慰安婦問題を大会で取り上げようとしなかった。日本が突きつけられた戦争責任問題、とりわけその中の慰安婦問題を取り上げようとしない日本の平和学や歴史学とはいったい……。
女性国際戦犯法廷を開催したバウネット・ジャパンの企画である『「慰安婦」・戦時性暴力の実態』(緑風出版)の東南アジア編の責任編集者になったときにあらためて気がついたのは、東南アジア史研究者がほとんどこの問題を無視していることだった。結局、東南アジア編を執筆したのはほとんどがアカデミズムとは関係のない市民たちだった。そこで私は編者として次のようなことを書いた。「ところで奇妙なことに東南アジアを専門とする研究者はほとんど、日本軍の性暴力あるいは戦争犯罪・戦争責任について研究しようとしないし、被害者の声に対しても冷淡な現状がある。アカデミズムの中に閉じこもり、無難なテーマを取り上げて「業績」をあげ、大学のポストを確保するしか関心のない「学者」たちに対して、バウネットに参加してきた市民の力によって初めて本書の第Ⅱ部(東南アジア編のこと)が可能になった。」けっして全否定するつもりはないが、しかし戦争犯罪・戦争責任あるいは戦時性暴力について取り組む研究者の少なさをいつもながら痛感する。私は、アカデミズムの構成員に向かって語るのではなく、被害者の痛みに共感し現実を克服しようと努力している人々に向かって、その人々と一緒に歩きながら語りたいと思う。

2005/07/23

超人の面白読書 12 三嶋善之著『詩集 標本』

 Img021_1
久し振りに本当に久し振りに詩集を読んだ。福井在住の詩人三嶋善之の第2詩集『標本』(2002年11月刊 砂子屋書房 P.118 定価2,625円)である。かつては現代詩手帖とか詩誌、詩集も大分読んでいたが、30代後半頃からあまり読まなくなっていた。と同時に現代詩がその役割と方向性を喪ったかのようにその独自の世界を構築しては難解に晦渋に言葉のなかへ、内向きに蠢いていたような気がする。当然詩の売れ行きはごく一部の詩人を除いては芳しくないし、それは大書店の詩集の棚を覗けば一目瞭然。ところが、ここ何年か様相は違って来ているような感じを受ける。現代詩を含めた詩が哲学書と同様に新たな読み直し、時代の雰囲気を感じ始めているようだ。
そんな社会的コンテクストの中で、この詩集を手に取ってまず感じたことは、若い時分の瑞々しさは多少ないかも知れないが、哀感の漂う低音が響いていて優しさの織り成すページになっているということだ。連作標本と題した11篇をはじめ、十九になった頃、南国土佐高知をあとにして、腸に、水仙、横浜、銀杏、テロの日など30篇がここには収められているが、亀、クラゲ、蟹、海老、かぶと虫、夜鷹、蛾などの生物への閉じ込めたもの(=標本)への偏愛(?)と閉じ込めたく(=標本にしたい)なるほどの愛おしいまなざし、遠出したときの心象スケッチ、故郷と家族への想いと自分への労わりがこの中年に達した著者の感性モーメントの確かさを思わざるをえない。生と死の凝視、人生の哀歌とも言うべき主調が感じられる所以だ。諧謔が時折顔を覗かせるものの、やはり何と言ってもこの詩の持ち味はペーソスだ。著者の視線はどこにあるか ? 天空へか、海の、山のかなたへか、あるいは限りなく地球の中へかは、読者は一読すれば感得できるかもしれない。筆者はこの詩集を持ち歩きながら最近ずっとそのことを考えていたのだった。本文から1,2編引用してみよう。

標本 1

川のそばの小学校の
校長室に
亀の標本がある
百五十年生きて
亀は標本になっている

国と国の親善のために
交換される
鹿


川のそばの小学校の
児童が整列して
わかれの歌をうたう
鹿は啼く おお
鹿は啼く 

母馬と子馬が離れるほろんこ市
母馬は肉になるんだと
子馬はだからこれでお別れだと
鹿は啼く おお
人も泣く


地上は
生と死で一杯だ

おまけに
秋だ
とても寒い秋だ


敦賀
 

海岸通りに拡がる
松原
胸の中一杯に
波が押し寄せて

敦賀
古い港町
波は眠らない
ざぶりと砂を移動させる


子供の頃
目隠しをして
すいかを割った

母は若く
父は
厚い胸板に
首に浮き輪を引っ掛けて
笑っていた

両親に逢いたい
不意にそう思う

二人は
向こうで
仲良く住んでいるだろうか

僕の事を
どう思っているのだろうか


著者はあとがきで主として詩誌『螺旋』に発表したものをまとめたと書いている。第一詩集『相聞』では母の死、この詩集では父の死に遭遇した由。そして33歳の処女詩集から18年が経過、51歳の作品である。時代は確実に時を刻み、感性は鈍くなるのが普通の人間、言語感覚が多少古いのが気になるが、瑞々しさを保つ秘訣がこの著者にはあるのかも知れない。清楚な装丁もいい。
蛇足ですが、筆者の6月4日の記事を参照していただければ理解が深まるかも知れません。
そして、この記事を校正していたとき、まさしく地の方から生物の怒りではないが、大きな揺れを感じました。
震度4以上の地震でした。クワバラ クワバラ。

2005/07/22

クロカル角川超人のキャラクター『Frogy』君

FROG2FROG2FROG2FROG2FROG2


クロカル角川超人のキャラクター『Frogy』君です。frogに小さい、可愛いの意味の接尾辞yを付けた超人の造語です。Frogy、フロジィー。皆さん、可愛がって下さいね。ケロヨンじゃありません。(^.^)

の詩人・草野心平はこう書いています。
蛙はでつかい自然の賛嘆者である
蛙はどぶ臭いプロレタリヤトである
蛙は明朗性なアナルシスト
地べたに生きる天国である

あるいは

冬眠 ●

あるいは

ぎやわろっぎやわろっぎやわろろろろりっ
ぎやわろっぎやわろっぎやわろろろろりっ
ぎやわろっぎやわろっぎやわろろろろりっ
ぎやわろっぎやわろっぎやわろろろろりっ
ぎやわろっぎやわろっぎやわろろろろりっ
ぎやわろっぎやわろっぎやわろろろろりっ
ぎやわろっぎやわろっぎやわろろろろりっ
ぎやわろっぎやわろっぎやわろろろろりっ
ぎやわろっぎやわろっぎやわろろろろりっ
ぎやわろっぎやわろっぎやわろろろろりっ
ぎやわろっぎやわろっぎやわろろろろりっ
ぎやわろっぎやわろっぎやわろろろろりっ
ぎやわろっぎやわろっぎやわろろろろりっ
ぎやわろっぎやわろっぎやわろろろろりっ
ぎやわろっぎやわろっぎやわろろろろりっ
ぎやわろっぎやわろっぎやわろろろろりっ
ぎやわろっぎやわろっぎやわろろろろりっ
ぎやわろっぎやわろっぎやわろろろろりっ
ぎやわろっぎやわろっぎやわろろろろりっ
ぎやわろっぎやわろっぎやわろろろろりっ
ぎやわろっぎやわろっぎやわろろろろりっ


岩波文庫版『草野心平詩集』よりshinpei


草野心平生誕101年特集号(『現代詩手帖2004年6月』)
超人流の詩、『Frogy』賛歌はというとこうです。
ゐるゐるゐるゐるゐるゐるゐるゐるゐる
ゐるゐるゐるゐるゐるゐるゐるゐるゐる
ゐるゐるゐるゐるゐるゐるゐるゐるゐる
ゐるゐるゐるゐるゐるゐるゐるゐるゐる
ゐるゐるゐるゐるゐるゐるゐるゐるゐる
ゐるゐるゐるゐるゐるゐるゐるゐるゐる
ゐるゐるゐるゐるゐるゐるゐるゐるゐる
ふろふろふろふろふろふろふろぎぃぎぃ
●● ●● ●● ●● ●● ●●
暑いね 暑いね 鰻だね 土用だ土曜だ
ふろふろふろふろふろふろふろぎぃぎぃ
地球に優しい、かね ちきゅうにやさしく、ね
FROG2ケロッ‥
ah! mottainai ah!mottainai-ne
ぼくの身体は緑に染まる
ケロケロロッ‥
  


2005/07/18

超人の面白ラーメン紀行 21 仙台市『千代ラーメン』

200507151310000
仙台は瑞宝殿入口近くにある『千代ラーメン』。人の良さそうな店主と奥さんの庶民的なラーメン店ですが、大きなどんぶりに多めのスープはなかなかなもの。具は多少硬めのチャーシュー2枚、味はまあまあ、海苔、もやし、ネギはトッピングの定番。ここでは佃煮の昆布が多少入っていました。味噌ラーメンを頼んだのですが、あっさりしている分佃煮昆布が味を引き出しているようで相性が好い。麺はストレート系中細。正直言ってスープはイマイチ。みそ支那ラーメン一杯の値段は630円で手頃。その他支那ラーメン、580円、ねぎラーメン、チャーシューメン、冷やし中華は830円など。昼過ぎでしたが、女性客が5,6人、店主に勝手に休まないでと苦情を言える間柄の常連それに30代の男性かな。仙台は知る人ぞ知るラーメン激戦区、教えられて国分町他いくつか食べ歩きましたが、これっていうラーメン店には未だ出くわしていないみたい。

『千代ラーメン』 ①スープ★★☆②麺★★☆③トッピング★☆④接客・雰囲気★★★⑤価格★★★

超人のTVスポーツ観戦『全英オープンゴルフ』を観る

200507180223000.jpg
【写真はタイガー・ウッズの優勝・表彰式のシーンのテレビ画面をカメラ付携帯電話で撮ったもの】

男子ゴルフの第134回全英オープン選手権は17日、スコットランドはセントアンドリュースのオールドコース(7279ャ-ド、パ-72)で最終ラウンドを行い、激闘の末2位に5打差をつけて逃げ切り、通算14アンダーを出してタイガー・ウッズが優勝。2位は9アンダーの地元スコットランドのコリン・モンゴメリー、3位タイは8アンダーのスペインのホセ・マリア・オラサバルとフレッド・カブルス。日本勢は高山忠洋の4アンダ−で21位タイが最高。41位タイが2アンダーの藤田寛之。丸山は残念ながら予選落ちでした。(ちょっとだらしないですね)それにしてもタイガー・ウッズは強い。ダブルグランドスラム達成したのですから。解説者で実況中継もしていた青木功は、今後束ねて出てこないとタイガーに勝てなくなるのではとその力量を素直に認めています。3日間午前3時過ぎまでー途中半ば居眠りしながらでしたがーテレビ観戦はさすがシンドイですが、一流選手の試合には興味がそそるし、興奮もするしまた、学ぶことも多いですね。前回とは違ってそんなに荒れた天候ではなかったみたい。頻繁に変わる風向き、、深そうでしかも数多い名物ポットバンカー、比較的高いブッシュ、小高い山か丘かわかりにくいアンジレーション、それら全てが曲者でプロゴルファーの高度な技術とメンタリティーが要求されるから尚更、この大会を盛り上げているかも知れない。それにしてもタイガー・ウッズの大胆で力強いドライバー(350ヤードも飛ぶんです)、セカンドからのアイアンの正確なショット(185ヤードのある距離を9番アイアンで打つ !)、ラインの読みの正確さなど運動能力を超える神業さえ時折見せてくれました。また、中盤手前多少追い上げられるシーンがあって混戦か、逃げ切りかの瀬戸際のシーンでは挑戦者がダボになったりして自滅していく中、タイガーは一人果敢にリードを続けるその技術力に勝るとも劣らないメンタリティーでも観ている者を感服させました。今回勇退したジャック・ニコラウスに続く"聖地の覇者"が、18番最終ホールで無理せずパーセーブを決めて帽子を脱ぎ軽く会釈して観衆に応えているあたり、それは、去年の不振を払拭し一回りも大きくなり自信満ちたタイガー・ウッズそのもの。多くの観衆は拍手でもって称賛を称えました。タイガー・ウッズの白い歯がこぼれ、母(7月7日のロンドンでのテロ事件では現場近くのビルにいたとか)、妻そして家族に悦びを分かち合う抱擁は印象的。この難しい名門ゴルフコースを見事に読み切って優勝した者でも、いろんなコースがあるのでそれを想定しながらこれからも練習し続けていくとの求道者の顔も覗かせているとはある新聞社の記事。
ギャラリーは一日4万人以上で史上最高とか。勿論第一回目が1860年の歴史と伝統の名門ゴルフ場。プロゴルファーなら誰でも憧れるセントアンドリュース!下手な筆者でも一度は行ってみたいな?因みに優勝賞金は1億4400万円。st


 【写真右:帝王ジャック・ニコラウスも3日目に勇退記念に通ったSt.Andrewsの有名なbridge。テレビ朝日のHPより】

2005/07/10

超人の最新ニュースウォッチング『ロンドン同時多発テロ』

london_bombing_maplondon_bombing_kings_crosslondon_bombing_buslondon_bombing_rescue日本では七夕の2005年7月7日、ロンドンの金融街シティーの東、リバプールストリート駅近く、ラッセルスクエア-キングスクロス駅間、エッジウェアロード駅、タビストックスクエア付近で現地時間午前8時51分(日本時間午後5時51分)から9時47分にかけて地下鉄車両、2階建てバスで同時爆破テロが起きて、死者49人、負傷者700人以上が出ました。行方不明者も20人以上いるらしく悲惨な事態。折りしも主要国首脳会議(G8)がスコットランドのグレンイーグルスで開催直後、アルカイダの犯行と関係者は断定しています。またしても同時多発テロです。市民が狙われたのは至極残念です。今日あたりも事件後現場を走るバスと乗客の恐怖などBBCがテレビで報道しておりまのしたが、惨いの一言に尽きます。【写真はいずれも朝日新聞の携帯サイトから】

2005/07/07

クロカル超人の北欧文学散歩 7 北欧近代文学作家展

hokuou_
ストリンドベリイ、ラーゲルレーヴ、イプセン、ビョルンソン、ハムスン、アンデルセン、ラーゲルクヴィスト、ラックスネス、トペリウスそしてトーベ・ヤンソンなど日本の自然主義文学はもちろん、現代文学にも影響を与えた北欧近代文学の作家(現代文学の作家も含まれている)の展示会が東海大学付属図書館11号館1階分館展示室で7月16日まで開催されています。この催し物を知ったのは偶然。以前に北欧現代文学の諸相を6回にわたって翻訳しましたが、北欧近代文学の作家は現代文学の作家よりも馴染みが深いと思います。
andersen
アンデルセンは生誕200年の今年いろいろな催し物があちこちで行われていますし、北欧映画の巨匠、ベルイマンはstrindberg
ストリンドベリイの影響を多大に受けていると言われています。その昔筆者は、山室静著『北欧文学の世界』(東海大学出版会,1969)や同じ著者で紀伊国屋新書などで北欧文学に触れました。
小規模ですが、このような良い企画展をこれからも続けていってもらいたいですね。
lagerkvist
写真左はLagerkvistの"Barabbas"。その昔スウェーデン語のテキストで使いましたね。内容は哲学的で難解。最近他の作品"Sibyllan"が「巫女」の題名で山下泰文訳で刊行されているようです(2002年、岩波文庫)。

クロカル超人が行く 35 平塚の『七夕祭』

200507071010000.jpg 【写真は今年話題のNHKの大河ドラマ『義経』、その義経と弁慶の飾りつけがしてあるメインストリート】
7月7日は七夕。天の川の両岸の星が年一度相会する日。湘南平塚七夕祭りは、今年で55回目、すっかり夏の風物詩として定着し、何十万人の人が関東近辺から訪れて来るが、そもそもは戦後の焼野原から立ち直り、その復活を祝ったことから始まっているそうな。”織女し 舟乗りすらし まそかがみ 清き月夜に 雲立ち渡る”大伴家持

2005/07/03

超人の面白読書 11 ハインリッヒ・シュリーマン著『シュリーマン旅行記 清国・日本』続

6月25日付でシュリーマンの『日本旅行記』の書評の前編を書き終えた月曜日の朝、出勤途中の電車の中で日経新聞朝刊を見てSURPRISE。その新聞のインタビュー記事、「領空侵犯」の欄で元東証理事長の長岡實氏が明治の庶民に志を学ぶの中でシュリーマンの旅行記に言及していたからだ。偶然と言えば偶然なのだが。『日本人が世界でいちばん清潔な国民だ』『教育はヨーロッパの文明国家以上にも行き渡っている。男も女もみなかな仮名と漢字で読み書きができる』と明治になる3年前に来日したシュリーマンのことを書いていた。その他ハリスの通訳ヒュースケン、モース、チェンバレンなどが当時日本をどう見ていたかが熱く語られていた。

さて、続きだ。6月24日から29日、シュリーマン一行は江戸に入る。途中茶屋で休むが、16杯頼んだ日本茶(駕籠人足他を連れ立っていた)、代金は1分(2.5フラン)。ミルクも砂糖も入れないで飲む緑茶に不満で、牛乳やバターも知られていなく、食べるのは動物性食品の海産物に限られていると半ば吐き捨てるように書いている。梅雨時なので流石雨にはマイッテいたかも。江戸のすべての道は、パリの大通りのように砂利で舗装されている。もっとも狭い道で幅7メートル、商業地域の平均的な道幅は14メートルくらい、大名の屋敷町はというと道幅20メートルから40メートルもあると具体的に書いている。参勤交代制にも言及して400家以上の大名、その20人は1石が7.3フランとすれば平均年収は4,562,100フランで、また、大名加賀前田加賀守は20,806,710フラン、大名薩摩松平薩摩守は13,161,840フラン、そして大名陸奥仙台松平陸奥守は10,829,800フランなどと江戸で公布された公式目録を参照して書いていることが驚きだ。
愛宕山に登り、大君の城〔江戸城〕(〔〕は訳者註)を眺め日本の家屋の襖、障子に言及するかと思えば、増上寺の墓地、御台場あたりの日本の蒸気船も見ている。猫は尾っぽが1インチしかない、犬はペテルスベルグ、コンスタンティノープル、カイロ、カルカッタ、デリー、それに北京では粗暴だが、日本の犬はおとなしく吼えもせず道の真中に寝そべっていると観察の鋭さを滲ませている。そして幕末の事件を詳述する。1861年のアメリカ公使館付通訳ヒュースケン暗殺事件の舞台・済海寺、オランダ公使館のあった長応寺、最初のイギリス公使宿館としてオールコック卿等が駐在した僊源亭・東禅寺(1861年、62年と二度の殺傷事件で、ここには玄関の柱等に現在でも刀創や弾のあとが残っているー本文P.131)など。浅草観音寺では今の仲見世辺りと思うが、商業地域を歩き、漆器、錦絵の盆、日本刀、木彫、下駄屋、傘屋、提灯屋、教養書や孔子、孟子の聖典を売っている本屋などを見て回っては人々の唐人!唐人!の叫びに相当(筆者の想像)気にしている様子も書かれていて興味がつきない。浅草観音寺の中を見て次のように書くシュリーマン。日本の宗教について、民衆の生活の中に真の宗教心は浸透しておらず、また上流階級はむしろ懐疑的であると確信し、ここでは宗教儀式と民衆の娯楽とが奇妙な具合に混じり合っているのであると指摘するあたり、ちょっとぎょっとしてしまう。独楽回しには感嘆し外国興行を推めたりする。また、団子坂にある苗床と公園、王子の茶屋(現在の扇屋か?とは訳者註)に遊び、深川八幡宮、ヒュースケンの墓のある赤羽の寺(現在の麻布・四ノ橋近くの光林寺、住職は道心の発露からヒュースケンやイギリス公使館通訳の義僕伝吉の屍体を引き取り手厚く葬ったというー訳者註)の公園など精力的に訪ね歩いた。当時の首都の人口は250万人を超えないだろうとぺリー司令官の秘書のち総領事館員のポートマン氏の考えを引用している。そして横浜外国人居留地のグラヴァー氏の住まいを称えて終わっている。第7章は短い「日本文明論」でもし文明という言葉が物質文明を指すなら、日本人は、工芸品において最高の完成度に達しているし、男も女もみなかな仮名と漢字で読み書きができると書き、一方でオメツケという忌まわしい諜報機関があることや外国貨幣をメキシコ・ピアストルしか認めず法外な兌換率にかなり怒っている。人間シュリーマンの面目躍如か。それにしても観察眼が鋭い。何回か同じところを読み返してもそうだ。幕末・日本の様子がリアリスティックに描かれていて映画にでもしたら面白い。
1865年9月2日横浜港からサンフランシスコへ、洋上50日の間にこの見聞記を書く。8月7日午前7時45分から11時にかけて北緯43°9′、西経149°42′27、まさしくペテルスブルグの対蹠点を通過したところでこの本は終わる。
前半清国の項では、万里の長城に登った印象とやたらに衛生が良くないこと意外とりたてて記すに足りず、ただ読み通した。あとがきが30ページは長く少々ウンザリでしたが、参考になったことも事実。訳者の日本語もこなれていて読みやすい。ちょうど140年前の今の梅雨時期、この大金持ちのシュリーマンはマルコ・ポーロの『ジパング』に魅せられこの極東の地まで何故にやってきたのか、ただ単なる好奇心かそれとも ? 好著の一冊だ。

schlieman ロシア商人時代のシュリーマン

2005/07/02

超人の面白ラーメン紀行 20 神奈川県大和市『中村屋』

小田急江ノ島線高座渋谷駅徒歩5分にある有名ラーメン店『中村屋』。改札左の線路沿いを直進、2つ目の踏み切りの右にある道つきあたりのジャスコの右側。nakamuraya_map
3年ほど前に小田急相模原駅近くである葬式があった帰り際に、同じく葬式に出ていたある書店の営業部長さんと駅で出会い、この辺に美味しいラーメン屋がないか訊いて同僚と尋ねたのが、そもそもこの店を知ったきっかけです。遅い昼飯と思って尋ねて入ろうとすると、もしもし、みなさん並んでますよ、すると二三軒隣りのビルの奥の方まで70人位は並んでいるではありませんか。驚いてこれでは時間がかかって食べられないとその時は食べるのを諦めました。それ以来の訪問です。その間、去年の暮れの日テレのラーメンランキングで堂々第一位になるなど若き天才肌店主の超有名なラーメン店『中村屋』。再訪時ジャスコの廻りを探していたら通りすぎてしまったらしく一巡して夕方6時頃入店。何故なら行列が出来ているはずと勝手な思い込みが筆者にはあったからで(最初の訪問で印象が強烈だった)、見当たらないので可笑しいな、可笑しいなと思って歩いているうちに通り過ぎてしまったらしいのだ。
この時間筆者が一番乗り。ちょっと拍子抜けの感禁じ得ず、4人の若いサーファーっぽい男性陣にいらっしゃいっの連発で歓迎されながら入ったのは良いが、カウンターはちょっと狭いかと思い座るのを躊躇しながら結局は、誰も入っていなかったのでテーブルへ、そして出されたメニューを覗き込みました。白地に黒のシンプルなメニューでそんなに品数は多くはない。細麺(700円)、韓国麺(800円)、炭火チャーシュー麺(900円)、特中村屋(950円)、味付卵(100円)、燻製卵(150円)、鶏油(50円)など。筆者は定番の醤油ラーメンを注文、すると店員があっさりかこってりかスープの種類を選んで下さいと言われたのであっさりスープを選び、しばしどんなのが出てくるのか待ちました。ここでは【麺】は極太、太、普通、細、極細と、【ちぢれ】はちぢれ、ストレート、【スープ】はこってり、普通、あっさり、【脂の量】は多い、普通、少ないと客の好みに応じて選べるきめ細かいサービスを行っているのだ。
出て来たたラーメンでまずは半透明の鶏がらスープに舌鼓。するとどうでしょう、あっさりはあっさりですが、コクのある、口の中がふわっとするまろみのあるスープ、ちょっと物足りなさが感じられましたが、あの横須賀で食べた"支那そば"とはこれこそ鶏がらと言っても「がら」が違いますね。雲泥の差が感じられます。何と言えばいいか、スマート・クールと言えば誉め過ぎかー。麺は平打ちストレート麺、柔らかでスープとの絡みが絶妙、トッピングは炭火焼きのチャーシューが一味違って旨みを引き出していて、あとはほうれん草、刻みネギ少々に支那竹、それに味付卵が一片添えられています。全体的に量は少なめ、筆者にはもう少し欲しかったな。完食寸前にニンニクの味が塊として出てきたのは驚きでしたが、始めによくかき混ぜたほうが良かったのかも知れません。あっさりしていて美味でした ! 350mlの缶ビールは冷えたグラスに注いで350円。 nakamuraya_raumen

最初の懸念は10数分後には物の見事に吹っ飛びました。若い女性、OL風、中年の男性、女性二人組、学生など次から次へと入ってくるではありませんか。食べ終わって帰るときには外に用意されている椅子に待ちの状態が出てしまっていました。いや、凄い。恐るべし『中村屋』 !! カウンター9席、テーブル12席の計21席、和で統一されたシンプルなデザインの店内なのですが、ワイドなテレビにはサーフィンの映像とレゲエのミュージックが奏でる今風のクリエイティブな店。寄せ書きが正面に貼ってあって何かなと思ってこの店のホームページを見て納得、取材に来た人たちの寄せ書きだったのだ。勝ち組みの誇りか、誇示か。これからも初心忘れず変わらない味をお願いしますと言いたいね。
2004年9月9日開業でまもなく5周年。平日AM11:30~PM9:00 休日AM10:30~PM9:00 定休日水曜日(但しスープ終了次第営業終了) 最近海老名市中央2-5-41で海老名店もオープン。18:00~23:00 定休日火曜・水曜日
nakamuraya_kanban

『中村屋』①スープ★★★②麺★★★③トッピング★★★④接客・雰囲気★★★⑤価格★★☆


2005/07/01

超人の面白ラーメン紀行 19 横須賀市『中華そば』

200506301232000.jpg

京浜急行横須賀中央駅徒歩5分のところにある『支那そばや』は、自家製麺と鶏がらスープが特徴の店。昼時なので客はまあまあ入っていました。醤油ラーメンを注文しましたが、間違って後に注文したカウンターの男性に行ってしまいました。が、ここのウェトレスは良心的、スカサズお客さん、申し訳ありません。すぐ出来上がりますから、今しばらくお待ちくださいと丁寧に謝って来ました。渋谷のどこかのラーメン店とは客対応に雲泥の差がありました。鶏がら醤油スープはコクが余りなく塩っぱい、麺は自家製ストレート系細麺でまあまあいけます。トッピングは海苔、青ネギ、支那竹、チャーシュー1枚。これで一杯700円は多少高いかな。他にチャーシュー麺、900円、塩ラーメン、700円、みそラーメンは750円他。つけ麺もあります。営業時間はAM11:30〜AM4:30。

『中華そばや』(1)スープ★★(2)麺★★☆(3)トッピング★★☆(4)接客・雰囲気★★☆(5)価格★★☆

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31